まだ30代なのに、もしやプレ更年期?気になる「閉経」の平均年齢は? 生理はいつまであるの?(後編)

まだ30代なのに、もしやプレ更年期?

 

 

最近よく耳にする「プレ更年期」。実は正式な医学用語ではありません。いわゆる更年期世代と言えば45~55歳をさしますが、最近、それよりも下の世代で「まるで更年期みたい」と思えるような症状に悩まされる人が増えてきました。

 

プレ更年期の症状

・生理不順になる

・疲れが取れない

・ちょっとしたことで落ち込んでしまう

・やけにイラッとする

 

プレ更年期を引きおこす原因のひとつとして、卵巣機能の低下があげられます。卵巣機能が低下すると、女性ホルモンのバランスが乱れて体調にも変化をきたすのです。女性ホルモンの中でも体調に大きく関与するのが、エストロゲン。エストロゲンは、20~30代前半がピークで、30代後半からゆるやかに減り始めます。このことが、更年期に似た「なんとなく調子が悪い」という症状につながるわけ。

 

更年期世代の女性も、それよりも若い世代の女性も、心配な症状がある場合は、まずは産婦人科を受診。内診が嫌だと思う人もいるかもしれませんが、初診から必ずするというものではありません。症状や状態に応じて必要であれば、行います。

 

今のうちから信頼のおける産婦人科医と良い関係を築いておくと、生涯に渡って安心です。また心身の不調は、ライフスタイルや食生活を見直す良いチャンス。よりヘルシーに、イキイキと生活を楽しめるよう自分ケアをしてみませんか。

 

1 2

スポンサーリンク

この記事を書いたのは
OTONA SALONE編集部 鵜沢みな子

スポンサーリンク

スポンサーリンク