40代にふさわしいアイラインの引き方とは? 3つのNG例と対策方法(後編)

今回は、デンジャラスな3大アイラインについてお話していきます。後編です。

<<前ページ:目力美人になり損ねる原因はコレなんです。ついやりがちなNGアイラインとは

 

NG2:目尻が下がり気味で長いアイライン

 

アイラインは、目尻を長めに仕上げると色っぽい雰囲気になりますが、下がり気味のラインで仕上げてしまうと、全体の印象が下に向いてしまい“老け見え”を招くことが!

40代の顔は、重力の影響もあってやや“たるみ”が出始めていますから、目尻のラインまで下げてしまうと、全体的に“下へ・下へ”の印象が加速します。

目尻を下げて描くテクニックは、“つり目”の女性がタレ目に見せるには便利な方法ですが、顔の印象が全体的に“下がった感じ”に見えやすいので、40代以降はできるだけ避けたほうが無難なのです。

目元の印象を和らげたい場合には、下げ気味に描いたラインの長さを短く仕上げてみて。

 

目を大きく見せるどころか、逆効果…?

スポンサーリンク

この記事を書いたのは
時短美容家 並木まき

スポンサーリンク

スポンサーリンク