「若く見える前髪」はこう作る。知れば一生使える前髪の法則!(前編)

「似合う髪型がわからない」「切りたいんだけど、どのくらい切ればいいかがわからない」「いつもひとつ結びになっちゃう」…

インスタで4万フォロワー以上のアカウント、日本髪型研究所・似合う髪型コンサルタントの篠原龍さん(@nihon_kamigata_kenkyujyo)。「似合う髪型のつくりかた」がいま話題です。

 

このシリーズの記事一覧

 

篠原さん「夏のあいだは暑さ対策で前髪をなくしていた人もいると思いますが、涼しくなってくると、また悩み始めている人も多いのではないでしょうか」

星「あ~~、前髪作るかどうしようか問題ですね!」

篠原さん「はい。僕も前髪についてはよく質問をいただきます。そこで、今回は『前髪と目』についてのベーシックレッスンです」

 

前髪がないと目が細く見える?

篠原さん「前髪がないと、目が離れて見えます。また、目が一重に近くなり、目の下が短く見えます」

星「前髪があると、その逆になるんですね。目が寄って見えて、目が二重に。そして目の下は長く見える…」

篠原さん「そうです。野球部の高校生って、みんな目が細く見えるのは坊主で前髪がないせいですね」

 

前髪を作ると目が寄って見えるのはナゼ?

 

 

篠原さん「目頭側に前髪があると目の錯覚で目が寄って見えます。目尻側にあっても寄って見えるのですが、どちらかというと目頭に髪があるほうがよって見えます」

星「ん~?ちょっとピンとこないです」

篠原さん「アニメで目の間に髪がある女の子が多い理由はこれなんですけれど、キャラの写真はさすがに載せられませんからね~。実際の写真で見てみましょう」

篠原さん「前髪を中央に寄せると目が寄って見えるという例です。前髪がない場合、右よりも目が離れて見えます」

星「こんなに変わるとは…ビックリです」

次ページ▶▶前髪を作るなら「こう」すればステキに! 覚えておけば一生得する簡単メソッド

続きを読む

       

■「更年期とお仕事のしんどさ」について教えてください!■
回答はコチラから

     

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク