ゲッ、むしろ大損してたかも?「意味なし」「勘違い」3大節約

 

節約しているつもりが損している?

頑張って稼いだお給料は、大切に使いたいですね。「節約しているはずなのに、なぜかお金が貯まらない」と思っている人は、節約方法を見直してみましょう。勘違いの節約術は、お得どころかかえって損。今回は、そんな勘違い節約のワースト3をお伝えします。

 

■「食品のまとめ買い」はお財布にもダイエットにもNG

まとめ買いは節約の定番。ただし、買うものによります。水やストッキング、洗剤など、すぐに悪くならないものは無駄になりにくいのですが、食品のまとめ買いはやめましょう。たとえば、1個120円のトマトが3300円で売っていたとします。3個買うのはお得でしょうか。2個は食べても1個は使い切れなかったら、1100円で買ったつもりが結局150円になってしまうのと同じです。しかも、食材がたくさんあると、いつもより消費ペースが上がりがち。つい食べ過ぎてしまうので、ダイエットにも食品のまとめ買いは大敵です。

 

■「セール」に行ってもその場の雰囲気にだまされないで

洋服や靴を買う時は、できるだけセールを利用する、と決めている人も多いでしょう。今シーズン買い足すアイテムをリストアップしておいて、セールで安くなってから買うのは賢いやり方です。ところが、安いからと言って普段は着ないようなものまで買うのは損。セール会場にはお客さんがつい買ってしまいたくなるように、様々な工夫が凝らされています。掘り出し物、一点物、訳あり物、今から30分だけのタイムセール……。「買わなきゃ損」と思ってしまう仕掛けが満載ですが、どんなに安くても着る機会がない服は、買ったら損です。アウトレットモールやフリーマーケットでも同じこと。雰囲気に乗せられて、余計なものまで買わないようにしましょう。

 

■「クレジットカード」は使い方次第で損になる

インターネットショッピングでも、今や欠かせないアイテムになりつつあるクレジットカード。便利なだけではなく、支払い額に応じてポイントが付くので、カード払いはお得に思えます。還元率の高いカードや、ポイントアップになるキャンペーンは見逃せないですね。しかし、支払いを何から何までクレジットカードにするのは危険です。クレジットカードの最大の問題点は、お金の収支が分かりにくくなってしまうこと。クレジットカードで買物をすると、実際の支払いは翌月以降なので、その月ごとの収入範囲で支出をやりくりできたのかが分かりにくいのです。分からないままクレジットカードを使っていると、いつの間にか利用額が増え、気づいたときには分割払いやリボルビング払いを多用、ポイント以上の利息を支払うことになってしまいかねません。ポイント還元があるからと言って、使えば使うほどお得と考えるのは禁物です。

 

節約術は山ほどありますが、2つの種類に分けられます。ひとつは、「節約」を売り文句に何かを買ってもらおうとするもの。もうひとつは、本当の節約です。本当の節約術を見極めて、毎日の暮らしに取り入れたいですね。

 

FPCafe登録パートナー   タケイ啓子

 

 

スポンサーリンク

なぜかお金が貯まらない人の3大理由「スタバ」「コンビニ」あと1つは?

特に無駄づかいをしていないのになかなかお金が貯まらない…という人は多いようです。私のところにも「無駄づかいをしていないのにお金が貯まらない…」という相談で訪れる人…

お弁当越えのコスパ!「ランチ1回140円」で済ませる裏ワザ

お弁当vs外食ランチの差は一ヶ月どれくらい?仕事もプライベートも何かと忙しい40代。朝早く起きてお弁当づくりするのは大変です。話題のお店でご褒美ランチを楽しむことは…

年収300万と400万では結構違う?「お金の貯め方」のコツ

私のところには「無駄遣いを減らしたい」「お金を貯めたい、増やしたい」というご相談でやってくる40代女性が多いのですが、年収によって「お金の貯め方」のコツは違います…

「1000万円貯蓄する人が買わないもの」とは?ごくごく普通な3つの答え

貯蓄をするなら、1000万円を目標にする人が増えています。40代で、1000万円以上の貯蓄がある人は20.2%*。この数字からは、決して無理な金額ではないようにも思えます。し…

通勤にバス定期券を買うと月に2,390円も損?知らなかった「バス特」活用

通勤にバスを利用している方も多いのではないでしょうか。バスも会社から定期代が支給されているから、と鉄道と同様に定期券を購入していませんか。実は損をしているかもし…

元国税芸人が見てきた「お金持ちが絶対やっていない」7つのこと

仕事が忙しくてお金のことなんて気にしていられない、気にはなるけどどうしていいかわからない、損をするのは嫌だけど積極的に調べたり聞いたりするのは億劫、そう考える女…

40代は借金世代!? 40代の平均「住宅ローン」残高とは

40代で住宅ローンを抱えている人の平均残高はいくらくらいなのだろう? 先日、アラフォーのときに都内の2LDKマンションを購入した知人の40代後半独女が「今年じゅうには住…

ほったらかしでも貯まる!「お財布を休ませる」方法って?

触れない日はないといえるお財布。私たちも休みがないと疲れ切ってパワーがなくなってしまうように、お財布も休みがないとお金が貯まるパワーがなくなってしまいます。お金…

気付けば貯金が300万円!年収300万円会社員が実行した3つのルール

貯金とは、「楽しみの先延ばし」です。お金を使わないでいることは、何かを我慢することになります。たとえば、新しい服とか、新しい家電とか。そういったものを得られる楽…

年収400万と500万、年間貯金額はこんなに違った!100万貯めるコツ

どうもお金が貯まらない、自分はムダ遣いばかりしている、そんな風に感じている方も多いのではないでしょうか? 昇給があまりされなくなった現代において、となりの人はど…

航空券を安く押さえる㊙テクとは?海外旅行をお安く安全に楽しむコツ5選

JTBの発表によれば、2019年の夏休みに海外旅行をする人は299万人、前年比3.5%増の見込みとのことです。人気は台湾、ハワイ、グアムなど、ショッピングやアクティビティが充実していて、しかも比較的安全なところが…

夫婦で2,000万円!?【一生独身の女性の老後のお金】はいくら必要?

「老後資金として2000万円の蓄えが必要」、2019年6月に金融庁の金融審議会がまとめた報告書が話題になっています。年金だけでは足りないと政府が認めたということ? 今から2000万円も貯められない! など不安を感…

【我慢不要で1年で100万貯まる】40代独身女性におすすめの節約術10選

40代の独身女性が節約をするには、「とにかくガマン」の力技的な方法は不向きです。ストレスが溜まりますし、長続きできません。大切なお金は、使うべきところでは使い、締めるところはしっかり締めていきたいですね…

ご祝儀の相場は◯◯円!オトナ世代の【冠婚葬祭で包むお金】の平均

大人のお付き合いに、冠婚葬祭のご挨拶は欠かせません。お祝いやおくやみなど、自分の思いを相手に伝えられるようにと考えると、包む金額はなかなか悩ましいものではないでしょうか。今回は、冠婚葬祭に包む金額の相…

おひとりさまの1ヶ月の貯蓄平均値は約3万円!貯蓄を倍増させるには?

人生100年時代。シングルの女性が老後のために必要な貯蓄は、2000万円とも3000万円とも言われています。しかし、思うように貯まらないと感じている人も少なくありません。そこで今回は、今の貯蓄を一気に倍増させる…

貯金の上手な県は○○だった!貯蓄ができる都道府県ランキング

県民性、という言葉があるように、都道府県ごとに異なる個性があります。性格や行動パターン、考え方などの傾向は、その地域であれば当たり前のことが、別の場所ではそうではない、ということも。ソニー生命保険が発…

お金が貯まらない人ほど知らない!貯金の基本5つ

貯金を始めて意識したのは、何歳くらいだったでしょうか。お金を貯めて欲しかったものを買うのは、ワクワクするような、もったいないような、なんとも複雑な気持ちになります。そんな「貯金初心者」から年月を経ても…

レジ前で1秒「コレ」を考えるだけでお金が貯まる?

お金を貯めたいからと言って、とにかく何も買わずにガマンする、というやり方はオススメできません。そんな方法はお金よりもストレスがたまり、長続きできないばかりか、反動で爆買いに走ってしまうリスクもあります…

意外とそんなに大変じゃない⁉あと3万円収入アップする方法

今の収入に大きな不満があるわけではなくても、あともう少し、月に3万円の収入がプラスされたらいいのに、と思うことはありませんか。あと3万円あれば、欲しいものをもっと楽に買えたり、貯蓄を増やせたり、と想像が…

簡単な事だけど、やるだけで全然違う!幸せをよぶ、3つのマネー習慣

ほんの小さなことでも、習慣にすることで大きな違いが生まれることはよくあります。マネー習慣も同じこと。ムダづかいをしないため、不要な照明を消すことや、歯磨きの時に水を出しっぱなしにしないなどはすでに実行…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

MONEYに関する最新記事