見た目マイナス2℃!小顔に見える40代のおだんごヘア

梅雨から夏に活躍するおだんごヘアですが、丸顔やエラが目立つからイヤという人も多いのではないでしょうか。

しかし、うねって広がった髪をおろしているほうが頭が大きく見えてバランスが悪く、さらにはだらしない印象に。

スッキリと髪をまとめたほうが、実はさわやかで顔も引き締まって見えるんです。

デイリーだけでなく、これからの季節なら浴衣にもマッチするおだんごヘアをぜひ覚えてください。

 

リフトアップもできるタイトなおだんごヘア

 

まずはフォーマルな席にも活用できるシンプルなおだんごヘアをご紹介します。

サイドとえり足をタイトにまとめることで上品な雰囲気に。また、サイドをキュッとあげることで、ほおや目尻が自然と引っ張られて顔がシャープに見えます。

サイドがタイトな分、おだんごはふんわりとさせるのがポイントです。毛量が少ない、猫っ毛という人も逆毛を立ててからまとめれば、ボリューム感のあるおだんごになりますよ。

つくり方は…

中間から毛先までをゆるく巻いておくとまとめやすくなる。ブラシで髪を集め、耳より少し高い位置にひとつで結ぶ。2~3束に分けて、それぞれ根元近くに逆毛を立てる。

 

逆毛を立てたら毛束をひとつにまとめ、ゴムを軸にして巻きつける。毛束をねじりながら巻きつけるのがポイント。

 

巻きつけたら毛先をピンで留める。頭皮側の毛束と巻きつけた毛束をピン先で挟むのがコツ。3~4カ所ピンをさすとしっかりと留まる。毛束をつまんで形を整えたら完成。

 

頼れるイイ女に見せる片寄せおだんごヘア

 

ほんの少しゆるさを加えたおだんごヘアはお仕事シーンにマッチ。前髪やおくれ毛で女性らしいやわらかさを演出するのがポイントです。耳横からおだんごを見せることで、華やかな印象に。さらに、サイドにボリュームがあることで顔が小さく見える効果も。

前髪がある人は、全ておろすよりも斜めに流してキリッと見せるとバランスよく決まります。

つくり方は…

もみあげの上にひと束残し、髪全体を左に寄せてまとめる。毛先だけでも髪を巻いておくとまとまりがよくなり、ピンで留めやすくなる。ワックスもしっかりともみ込んでおきましょう。

 

毛束をゴムに巻きつけてピンで留めるだけ。飛び出てくる短い毛を指でつまんで散らせば、無造作感が出る。おくれ毛を耳にかけて完成。

 

オフの日はゴムだけでまとめたゆるっとおだんごヘア

ピン使いが苦手な人でもトライできる無造作ヘア。くしゅっとした質感を出すには、アイロンで髪の根元からしっかりと巻くことが大切。全体を巻くのは時間がかかってめんどう、上手に巻けないという人も表面だけは巻いておきましょう。

クセ毛の人は、ワックスをしっかりともみ込むことでくしゃっとした質感が際立ち、巻かなくても無造作ヘアがつくれます。

たっぷりと残した前髪が頬を削る役割りをしていますが、だらしなく見える不安もありますよね。でも、安心してください。ワックスをもみ込んでツヤを出せば簡単に解消できます。パサつきは不潔に見えるのでNGですよ。

つくり方は…

髪全体をアイロンで巻いたら、前髪を8:2で分ける。8側の前髪を残し、それ以外の髪を反対側に寄せてまとめてゴムで結ぶ。結んだ毛束をゴムに巻きつけながらくしゃっと丸める。

 

丸めた毛束を飾り付きのゴムで留める。残しておいた前髪の半分くらいを耳にかけると、重くならずにおしゃれに見える。

 

どのスタイルもうなじがスッキリと見えるので、浴衣にもお似合いです。

夏祭りや屋形船デートなどにも活用してみてください。

 

おだんごヘアや浴衣ヘアのバリエーションはココでチェック

 

40代になると定番のシンプルなアレンジばかりになってしまいますが、まだまだおしゃれ現役世代なので、色々なヘアスタイルを楽しみたいですよね。

大人なら知っておきたい冠婚葬祭でのヘアマナーから、デイリーでも活躍するカジュアルなアレンジまでわかる「およばれヘアアレンジのABC」。

今さら聞けないアイロン使いのコツやピンのさし方、くるりんぱのプロセスなど基本も充実しています。

おだんごヘアや浴衣&着物ヘアもバリエーション豊富に掲載しているので、ぜひ参考にして下さい。

 

およばれヘアアレンジのABC』主婦の友社・刊 980円+税

Amazon(印刷版)はこちら

今すぐ読めるAmazonキンドル版はこちら

楽天ブックスはこちら

hontoはこちら

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

一つ結びをおしゃれアレンジにする秘訣って?

シンプルな一つ結びは無難ですが、ただ結ぶだけでは“疲れたおばさん”になりがちという落とし穴が。そこで、手間をかけずにできるおしゃれなひとつ結びの方法をご紹介します…

その髪で5歳老け見え!40代女性が今すぐやめるべき「シャンプー後の3大NG習慣」

実年齢よりもみずみずしい印象を与える「若見えの美髪」を育みたい40代女性は多いはずです。しかし、どんなに美髪ケアに意識を向けていたとしても、ちょっとしたNG習慣のせ…

1つ結びもサマになる!「ぎりぎり結べるボブ」がいま40代に人気

年齢を重ねるとトレンドのヘアスタイルよりも扱いやすさを重視する傾向に。髪悩みも増えてきますから、当然といえば当然ですよね。「扱いやすさ」には乾かしやすい、スタイ…

ひと手間で「オバ髪」解消! 40代のヘアアレンジ4選

40歳を過ぎると、肌の衰えだけでなく、髪の老化も一気に加速。その影響なのか、これまで通りのヘアスタイルに違和感を感じてきた……。そんな感覚に陥ったアラフォー女性、多…

脱オバさん! 結局40代女性に一番似合う最強ヘアって?【特集オトナの髪悩み】

オトナサローネで「脱オバさん」ファッション連載を担当する私は、実は元美容師です。ファッション誌でライターを始めるまでは、実家が美容師だったこともあり、美容師の国…

明日からできる!「オバサンひとつ結び」を回避するお手軽3テク

ここ数年、アレンジヘアがブームですが、ゆるふわな無造作ヘアは40代になると挑戦しにくくなりますよね。何かと忙しく、鏡をゆっくり見られない朝は手っ取り早くゴムでひと…

40代の「きちんと美くるりんぱ」、100均のアレで5秒でできます!

40代は、若い子のようなゆるふわアレンジがとたんにオバサンのボサボサ髪に見えてしまいます。だからといってタイトにひっつめれば、よけいにオバサン見え。また、こう雨の…

「めんどくさがり40代」でもOK!簡単ヘアアレンジ3つのコツ

アラフォーになると結婚式や二次会に呼ばれる機会は少なくなってきますが、パーティなどおよばれシーンでのヘアスタイルはいくつになっても悩みのタネ。セルフアレンジでも…

「顔のたるみ」をカバー!女っぷりも上がる40代の前髪とは

学生のころ、前髪が決まらないと1日憂うつな気分になっていました。今はさほど気にしませんが(笑)、やはり前髪は女性にとって命ともいえるパーツではないでしょうか。ヘ…

40代が使ってると最悪に痛い!ヘアアクセと髪のお道具

一歩外に出るとふき出す汗。駅に着くころには背中はびっしょりですよね。ボディだけでなく、もちろん頭皮も大量に汗をかいています。放っておくとニオイの元になるだけでな…

頭皮がたるむと5歳老け見え?40代マスト「カンタン頭皮ケア」3つの新意識

アラサー女子たちの悩みは目元のシワが多いようですが、アラフォーになると気になるのはほうれい線。年々深くなってきたなと感じるにっくき線は頬のたるみが原因です。ハリを出す美容液やクリームを使ったり、マッサ…

まとめ髪が「疲れたオバさん」にならない40代のヘアアレンジって?

結婚式などお呼ばれの際はヘアサロンでセットをお願いするという人は多いと思います。40代になると同窓会のためにセットにくる人が増えるんだとか。張り切りすぎるのは恥ずかしいけれど、いつも通りも「オバさんにな…

前髪を変えるだけ!「老け見え」と「朝のめんどくさい」を解決する方法

「髪は女の命」。このフレーズを何度書いただろうというくらい、これまで使ってきましたが、「髪」というよりも「前髪は女の命」だなと最近気づきました。顔の印象を左右するのは前髪(顔まわりも含む)だし、もちろ…

暑いけど寒い!「冷房疲れ」のだるさを予防するあたためワザ5つ

例年、昼間しかクーラーを使っていなかった私もさすがにこの暑さには勝てず、ほぼ1日中クーラーを使っています。電気代を見るのが怖いのですが、一番怖いのは体の冷え。冷房による体のだるさを感じている人も多いの…

話題のパウダースタイリング剤。果たして「40代のオバ髪」を救えるのか!?

40代の髪悩みといえば白髪と薄毛(ボリューム不足)。私も白髪には悩まされ、定期的にサロンで染めてもらっていますが、次々と生えてくる白髪に追いつかなくなっている今日この頃…。毛量が多く、まだボリューム不足…

若づくりは痛い! 40代「オトナのポニーテール」の正解とは?

40代になって凝ったアレンジをすると「ムリしちゃって」「若づくりじゃない?」と思われそうで、無難なひとつ結びに落ち着いてしまいがち。素敵に見えるアレンジはないかとテレビや雑誌で日々、40代の芸能人やモデル…

ゴム1本なのに「オバサンぽくない」3分まとめ髪。40代が生活感を出さないおくれ毛のコツ

「今日は30度か、ちょっと涼しいな」と感覚がおかしくなっている今日この頃。暑い暑いと言っていても気温が下がるわけではないので、いかに暑さをしのぐかを考えるようになりました。日傘をさしたり、涼しい素材の服…

40代が使ってると最悪に痛い!ヘアアクセと髪のお道具

一歩外に出るとふき出す汗。駅に着くころには背中はびっしょりですよね。ボディだけでなく、もちろん頭皮も大量に汗をかいています。放っておくとニオイの元になるだけでなく、抜け毛などのトラブルも招きますから、…

頭皮の日焼けはオバ髪のもと!でも、頭皮の保湿ケアってどうすれば?

年々、夏の暑さが増しているなと感じていましたが今年は「暑い」という言葉では足りないくらいですね。できれば外出したくないのですが、そうはいかないのが現実。ギラギラと照りつける太陽の下を歩くには徹底した紫…

40代でも痛くないロングヘア!「Sカール」でつくるオトナ髪って

特別なお手入れをしなくてもツヤツヤで、ハリ・コシがあった頃はヘアスタイルの選択肢が多くありましたが、髪の老化が進む40代になると一気に狭まる気がしませんか?髪質の変化や「40代にもなってロングは痛い」とい…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事