見た目マイナス2℃!小顔に見える40代のおだんごヘア

梅雨から夏に活躍するおだんごヘアですが、丸顔やエラが目立つからイヤという人も多いのではないでしょうか。

しかし、うねって広がった髪をおろしているほうが頭が大きく見えてバランスが悪く、さらにはだらしない印象に。

スッキリと髪をまとめたほうが、実はさわやかで顔も引き締まって見えるんです。

デイリーだけでなく、これからの季節なら浴衣にもマッチするおだんごヘアをぜひ覚えてください。

 

リフトアップもできるタイトなおだんごヘア

 

まずはフォーマルな席にも活用できるシンプルなおだんごヘアをご紹介します。

サイドとえり足をタイトにまとめることで上品な雰囲気に。また、サイドをキュッとあげることで、ほおや目尻が自然と引っ張られて顔がシャープに見えます。

サイドがタイトな分、おだんごはふんわりとさせるのがポイントです。毛量が少ない、猫っ毛という人も逆毛を立ててからまとめれば、ボリューム感のあるおだんごになりますよ。

つくり方は…

中間から毛先までをゆるく巻いておくとまとめやすくなる。ブラシで髪を集め、耳より少し高い位置にひとつで結ぶ。2~3束に分けて、それぞれ根元近くに逆毛を立てる。

 

逆毛を立てたら毛束をひとつにまとめ、ゴムを軸にして巻きつける。毛束をねじりながら巻きつけるのがポイント。

 

巻きつけたら毛先をピンで留める。頭皮側の毛束と巻きつけた毛束をピン先で挟むのがコツ。3~4カ所ピンをさすとしっかりと留まる。毛束をつまんで形を整えたら完成。

 

頼れるイイ女に見せる片寄せおだんごヘア

 

ほんの少しゆるさを加えたおだんごヘアはお仕事シーンにマッチ。前髪やおくれ毛で女性らしいやわらかさを演出するのがポイントです。耳横からおだんごを見せることで、華やかな印象に。さらに、サイドにボリュームがあることで顔が小さく見える効果も。

前髪がある人は、全ておろすよりも斜めに流してキリッと見せるとバランスよく決まります。

つくり方は…

もみあげの上にひと束残し、髪全体を左に寄せてまとめる。毛先だけでも髪を巻いておくとまとまりがよくなり、ピンで留めやすくなる。ワックスもしっかりともみ込んでおきましょう。

 

毛束をゴムに巻きつけてピンで留めるだけ。飛び出てくる短い毛を指でつまんで散らせば、無造作感が出る。おくれ毛を耳にかけて完成。

 

オフの日はゴムだけでまとめたゆるっとおだんごヘア

ピン使いが苦手な人でもトライできる無造作ヘア。くしゅっとした質感を出すには、アイロンで髪の根元からしっかりと巻くことが大切。全体を巻くのは時間がかかってめんどう、上手に巻けないという人も表面だけは巻いておきましょう。

クセ毛の人は、ワックスをしっかりともみ込むことでくしゃっとした質感が際立ち、巻かなくても無造作ヘアがつくれます。

たっぷりと残した前髪が頬を削る役割りをしていますが、だらしなく見える不安もありますよね。でも、安心してください。ワックスをもみ込んでツヤを出せば簡単に解消できます。パサつきは不潔に見えるのでNGですよ。

つくり方は…

髪全体をアイロンで巻いたら、前髪を8:2で分ける。8側の前髪を残し、それ以外の髪を反対側に寄せてまとめてゴムで結ぶ。結んだ毛束をゴムに巻きつけながらくしゃっと丸める。

 

丸めた毛束を飾り付きのゴムで留める。残しておいた前髪の半分くらいを耳にかけると、重くならずにおしゃれに見える。

 

どのスタイルもうなじがスッキリと見えるので、浴衣にもお似合いです。

夏祭りや屋形船デートなどにも活用してみてください。

 

おだんごヘアや浴衣ヘアのバリエーションはココでチェック

 

40代になると定番のシンプルなアレンジばかりになってしまいますが、まだまだおしゃれ現役世代なので、色々なヘアスタイルを楽しみたいですよね。

大人なら知っておきたい冠婚葬祭でのヘアマナーから、デイリーでも活躍するカジュアルなアレンジまでわかる「およばれヘアアレンジのABC」。

今さら聞けないアイロン使いのコツやピンのさし方、くるりんぱのプロセスなど基本も充実しています。

おだんごヘアや浴衣&着物ヘアもバリエーション豊富に掲載しているので、ぜひ参考にして下さい。

 

およばれヘアアレンジのABC』主婦の友社・刊 980円+税

Amazon(印刷版)はこちら

今すぐ読めるAmazonキンドル版はこちら

楽天ブックスはこちら

hontoはこちら

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

一つ結びをおしゃれアレンジにする秘訣って?

シンプルな一つ結びは無難ですが、ただ結ぶだけでは“疲れたおばさん”になりがちという落とし穴が。そこで、手間をかけずにできるおしゃれなひとつ結びの方法をご紹介します…

前髪セットで目元を明るく魅力的に。40代に似合う前髪セット術3つ

アイラインが描きにくくなった、目尻にしわが増えた、目の下がくすんできた……。アラフォーになると目元の悩みがぐっと増えてきます。マッサージやコスメでたるみやシワを食…

1つ結びもサマになる!「ぎりぎり結べるボブ」がいま40代に人気

年齢を重ねるとトレンドのヘアスタイルよりも扱いやすさを重視する傾向に。髪悩みも増えてきますから、当然といえば当然ですよね。「扱いやすさ」には乾かしやすい、スタイ…

ひと手間で「オバ髪」解消! 40代のヘアアレンジ4選

40歳を過ぎると、肌の衰えだけでなく、髪の老化も一気に加速。その影響なのか、これまで通りのヘアスタイルに違和感を感じてきた……。そんな感覚に陥ったアラフォー女性、多…

元CA・クラブママ直伝、華やかな「後頭部盛りヘア」アレンジの作り方

女性の印象を大きく左右するヘアスタイル。髪そのもののケアも大事だけれど、シルエットやボリュームも重要課題。今回は、意外に見落としがちなアノ部分に注目しました。相…

明日からできる!「オバサンひとつ結び」を回避するお手軽3テク

ここ数年、アレンジヘアがブームですが、ゆるふわな無造作ヘアは40代になると挑戦しにくくなりますよね。何かと忙しく、鏡をゆっくり見られない朝は手っ取り早くゴムでひと…

「顔のたるみ」をカバー!女っぷりも上がる40代の前髪とは

学生のころ、前髪が決まらないと1日憂うつな気分になっていました。今はさほど気にしませんが(笑)、やはり前髪は女性にとって命ともいえるパーツではないでしょうか。ヘ…

40代の「きちんと美くるりんぱ」、100均のアレで5秒でできます!

40代は、若い子のようなゆるふわアレンジがとたんにオバサンのボサボサ髪に見えてしまいます。だからといってタイトにひっつめれば、よけいにオバサン見え。また、こう雨の…

「めんどくさがり40代」でもOK!簡単ヘアアレンジ3つのコツ

アラフォーになると結婚式や二次会に呼ばれる機会は少なくなってきますが、パーティなどおよばれシーンでのヘアスタイルはいくつになっても悩みのタネ。セルフアレンジでも…

白髪が目立たない!薄毛もカバー!40代のアレンジ裏テク

ヘアアレンジをして仕上がりを鏡でチェックしたとき、「あれ!?」と焦ったことありませんか?ちらりとのぞく白髪、分け目がやけに目立つ、頭頂部が貧弱……。若い気分でいても…

脱いでもスッキリおしゃれ!帽子の日のまとめ髪簡単アレンジ

気温が上昇し紫外線が気になる季節がやってきました。UV対策として日傘や帽子の出番ですが、帽子って40代には難しいアイテムですよね。おしゃれを格上げしてくれる小物とわかっていても、かぶり方やヘアスタイルに悩…

白髪が簡単に隠せた!おすすめヘアファンデーション3品&失敗しない使い方5点

白髪があるかないかで見た目年齢にかなりの差が出てしまうアラフォー世代。定期的に染めている人も多いと思いますが、数日たてば髪がのびてきて生え際が白くなってきますよね。そして、さあ出かけようという時に限っ…

40代の春は軽やかヘアにしたい!人気のショートスタイル3選

鏡を見て老けたな、なんか古臭い? 顔がくすんでいる…と感じたら髪を切る合図です。それに、春になるとなぜだか髪を切りたくなる衝動、ありますよね。もちろんメイクのアップデートも必要ですが、髪型を変えるだけ…

オバサンぽさ倍増、そのバサっとした髪が若返るケア最新5選

お肌のカサカサ、髪のパサパサは年齢よりも老けて見える要因のひとつ。特に乾燥する冬はお手入れに力が入りますが、寒さがゆるむと気もゆるみがちになりますよね。アラフォーにもなれば季節を問わず乾燥との闘いです…

40代50代こそ前髪作って。「白髪飛び出し」もカバーできちゃう!

なぜか、頭頂部や顔周りに集中して生えてくる白髪。鏡を見ると、分け目からピョンピョン元気に飛び出して気になります。もちろん毛穴が傷つくので抜くのはNG。染めるといっても、気になるときってたいてい朝、鏡を見…

「誘われる女」になりたい?くびれヘアでアラフォーの色気を放出

「40代=おばさん」の時代はひと昔。今はファッションもヘア&メイクも手を抜かず、おばさんというイメージから遠い人が多いように感じます。おしゃれだけでなく、恋愛だって現役世代。といっても、男性の気を引こう…

「自分で見えない部分」の白髪に困る人、3COINSで今すぐコレ買って!

ひろたかおりさんの【男の本音】で取り上げられていましたが、男性が気になっているのはスタイルよりも髪の毛とのこと。女性よりも背が高い人が多いわけですから、立ち話なんかしているときには自然と頭頂部に目がい…

「いつもひっつめ地味40代」が急にきれいになるふわレイヤーって?

大寒波の襲来でまだまだ厳しい寒さが続きますが、ファッション業界はすでに春。もちろん、ヘアだって春の装いに移行中です。美容師さんたちに春のトレンドを聞くと「レイヤーはマストですね」と答えが返ってきました…

美容師が実践!今日からできる「冬のパサつき毛先」予防策5

外も室内も空気がカラカラに乾き、お肌だけでなく髪の乾燥が気になりますよね。パサパサ状態を放っておくとキューティクルがはがれやすくなり、さらにうるおい不足に!うるおいが失われた髪では、実年齢よりも老けて…

「頑張りがくない40代」ゆるふわヘアは毛先カールが叶えてくれる

ここ数年、外国人のようなクセ毛風パーマが人気です。といっても、外国人風って?という感じですが、YOUさんのようなヘアといったほうがアラフォーにはわかりやすいかもしれません。マネしたいヘアとして上位にラン…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

BEAUTYに関する最新記事