ハデなオバサンに見えない、痛々しくないマツエクオーダーは?【40代の時短メイク】

「マツエク(まつ毛エクステンション)は、時短美容の強い味方!」と信じてやまない40代女性の皆さん、こんにちは。時短美容家の並木まきです。

メークの手間を減らせるし、スッピンでも“それなり”の顔でいられるから、もはや欠かせない美習慣になっている女性だって多いであろう“マツエク”。

け・れ・ど……! 40代のまつ毛がやたらに目立ちすぎてしまうと、ただの“若作り”に見えがち。年齢相応のマツエクならばともかく、単純にまつ毛ばかりを強調しても【40代の時短美容】とは言い難いのです。

その他の時短メイクのコツはこちら

40代のマツエクは痛々しい!?

メンテナンスさえ欠かさなければ、マスカラを塗らなくともインパクトのある目元になれるのがマツエクの醍醐味。メークに手間をかけたくない女性には、うってつけの美習慣です。

しかし、40代ともなると、長さや太さに配慮しなければ、ただの“若作り独女”にしか見えないという残念な落とし穴も。

そう、「いかにもマツエク」な仕上がりでは、目元だけが悪目立ちしてしまい「若見えを狙いすぎてて痛々しい……」なんて周囲に残念な印象を与えている人もいるのです。

40代の時短美容は、“わざとらしくないさりげなさ”を演出できてこそ「成功」なだけに、マツエクも若い頃と同じではダメ。

 

40代の美しさを最大限に引き出すマツエクオーダー

「アラフォー」と呼ばれる世代がマツエクで美しさを引き出すなら、自然な目元を心がけて。

毛質は軽めの「ロイヤルセーブル」「セーブル」を選び、細さはもっとも細い「0.1」(mm)で、ひたすらナチュラルなボリュームアップを意識するのが正解です。

もともと顔立ちが強い女性ならともかくとして、一般的な日本人女性の40代フェイスに、「0.15」や「0.2」など、インパクトの強いオーダーはややリスキー。まつ毛だけが悪目立ちし、不自然な印象になりやすいのです。

そのため、どんなに太くても「0.12」が限度。

日本人女性の自まつ毛は、平均して0.1~0.12mmほどの太さと言われるだけに、自まつ毛よりも太い人工毛では一気に不自然になりやすく、年齢によってまつ毛が細くなりがちな40代女性ならなおのこと、細めのオーダーが自然に。

毛が太くなるほどに、「いかにもマツエクを付けています!」という“必死さ”が際立つので、年齢相応な顔にはわざとらしく映るのです。

さらに“長さ”も、やや控えめが正解。

もっとも長い部分でも「10mm」を限界にすると、自然なボリュームアップが叶い、40代の目元がナチュラルに盛れます。

 

ですが、「マツエクをやめる」という選択肢も

40代の時短美容では「盛りすぎは必死なイメージが強調される」だけに、いっそのことマツエクをやめるという選択肢も実はアリ。

筆者は、8年間ものあいだ2~3週間に1度のメンテナンスを欠かさなかったマツエクを、アラフォーを境に「一旦やめてみる」という決断を下したばかりです。

その理由は、ひとえに「不自然なまつ毛は、メーク時間は短縮できても40代の時短美容にはならない」との結論に至ったから。

20代やアラサーの頃とは異なる肌、どうしても劣化が気になる顔の各パーツとのバランスを見て、“ナチュラルなまつ毛のためのマスカラ再開”を決めました。

マツエクをやめても“まつ毛美容液”は欠かさないよう、自まつ毛のケアには気を配りつつも、しばらく“年齢相応のまつ毛”で勝負することにしたのです。

長年のマツエク習慣からサヨナラした直後は、「マスカラの手間が増える分、メークの時間が増えた」と、時短美容とは逆行した感覚にも陥りましたが、マツエクという“人工”の重みがなくなった分、目元が軽くなり“まぶた”が開きやすくなるメリットを実感。

年齢を重ねるにつれて重力のせいで“まぶた”が下がってきがちなだけに、これは嬉しい発見でした。

当然ながら、“マツエクサロンに通う時間”も省けるようになり、マスカラの手間を加えたとしても結果として“時短美容”に。

時間とお金をかけて“不自然な顔”をつくるくらいなら、「やめてしまう」のも立派な美容法なのです。

 

“年齢相応のキレイ”を求める40代の美意識には、“やりすぎ”だけは避けたいところ。

もちろん、友人の結婚式など“写真映え”を第一に考えたいときにはマツエクに頼る選択肢もアリだけれど、日々の“キレイ”はもっとナチュラルなほうが美しさは際立つ。

キレイになるためのマツエクなのに“必死な印象”を加速させることにだけはならないよう、目元の印象は常にアップデートを心がけて。

 

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

40代はゼッタイNG!オバサン顔一直線の口紅の選び方

2017年は様々なブランドから口もとを薄づきに仕上げるアイテムが登場しています。ひと塗りすればまるで唇を染め上げたように唇になじみ落ちにくいティントタイプのものや、…

40代にふさわしいアイラインの引き方とは?3つのNG例と対策方法

アイラインを引くと、目元にシャキッとしたインパクトが出るけれど「40代の目元にふさわしい描きかたができている?」と聞かれれば「イマイチ自信がない」という方も少なく…

もともと美人じゃなくても! 「美人見え」させる4つの秘訣【40代からの美容道】

世の中、美人は約2割といわれています。残る7割が普通で、1割がブスなのだとか……。きびしい話ですが、8割のかたは美人ではないということです。美人か否かはもともとの顔立…

あの人痛々しい…!老け見えするリップの「3大おばさんカラー」

口紅は、それひとつでさまざまなルックが楽しめるから、メイクでは重要なカギを握るアイテム。ところが! せっかくのリップメイクなのに、ご自身のイメージと合っていなか…

40代が「痛々しくならない」マツエクのベストオーダー5原則!【40代の時短美容】

40代女性がマツエク(まつ毛エクステンション)をすると、ときとして“やりすぎ”な雰囲気が醸し出されます。メイクの手間を減らせるから“時短美容”にはなるけれど、年齢不相…

スッピンよりおばさん見えする!?「失敗」メイク3つ【40代の時短美容】

メイクで“キレイ”を引き出すつもりが、“おばさん”な仕上がり!これ、40代女性にとっては「最もショック」と言っても過言ではない事態ですよね。「メイクは時短で済ませたい…

外見は綺麗なのに…「おばさんだよね」と言われる40代女性の3大NGな仕草

外見が美しくても、周りから「おばさんだよね」と言われちゃう残念な40代女性もいらっしゃいます。メイクやファッションに気を使っていても、ちょっとした仕草のせいで「や…

一瞬で華やぎ肌が手に入る「シェーディング」【40代の時短美容】

みなさん、こんにちは。時短美容家の並木まきです。今回から、「40代の時短美容」についてお話していきます。初回にあたる今回は、40代前後になると急激に気になりだす“く…

ヴァセリンvs.ニベア…アラフォーの手荒れに効いたのはどっち? ガチンコで検証!

毎年、冬になると圧倒的人気を誇るプチプラ保湿コスメは、今のところ『ニベア』と『ヴァセリン』が“二大巨頭”と言っても過言ではないかもしれません。どちらも年齢とともに…

ニベア青缶とチューブ、美容通の「使い分けアイディア」あれこれ

アラフォー女性の乾燥をコスパよくフォローしてくれる『ニベア』には、オーソドックスな「青缶」のほかに、持ち運びに便利な「チューブタイプ」もあります。中身はまったく…

まさかの「昭和な女」がモテる?ミドル世代男性を魅了する40代女性とは

つい先日のこと、ミドルなバツイチ男性とお話していたら「俺はさー、次に結婚するならやっぱり、“昭和な女”がいいんだよな」なんて話題になり、その場にいた男性陣が「いいよね」などと賛同しまくる事態に。その場に…

「ふーん」って言ってない? 男女関係すさまじい破壊力の3ワードはこれ

言葉はときに、ものすごい破壊力をもちます。一度でも、深い仲にある男性から「この女性は、失礼だ!」「俺にはこんな女は、無理だ!」と思われてしまえば、その後もネガティブなイメージがつきまといがち。男性の抱…

知らない間に肌が焼ける人は、たぶんファンデの塗り方が悪いはず。盲点3つ

日差しが強まってきて、日焼け対策にも意識が高まるシーズンの到来です。手や足などのUV対策のほか、40歳を過ぎると意外と気になるのが、ファンデーションまわりのUV対策。うっかり焼いてしまい、シミを加速させる原…

忙しい朝もOK!手脚にすばやく確実に日焼け止めを塗る裏ワザ

これからの季節、デイリーのお手入れで欠かせないもののひとつが“日焼け止め”です。年齢を重ねた肌に限らず、紫外線は美肌の大敵だけに、春先からは毎日の日焼け止めが欠かせなくなります。また、若い頃には「焼く派…

1つでも持ってたら超オバサン!今すぐ捨てて「たんすのこやしコスメ」7つ

「あの人、バブルメイクって感じ」などと陰でウワサされるのは、ちょっと避けたいと感じていらっしゃる40代50代女性もいらっしゃるのではないでしょうか。近年はバブリーなスタイルよりも、ナチュラルで清楚な透明感…

男性ウケ悪すぎ!「さすがにダサいだろ」と沈黙される40代の春メイク3つ

装いを春仕様にチェンジしたのに、男性から「この女性は、ダサい!」なんて思われてしまったら、かなりガッカリです。しかし女性の間で流行しているメイクやファッションを、心底から理解できずに首を傾げている男性…

春はマイナス3歳!「自然なぱっちり目」をつくる40代のテク3つ

「春になったら、老けた」ではなく「春になったら、若返った」と思いたい私たち世代にとって、この時期はメイクのアップデートにも“若見え”を意識したい頃合いです。手っ取り早く「マイナス3歳!」を目指すなら、怠…

あっ…使ってた! スキンケア下手な女ほど持ってる「呪いの10アイテム」

知らない間に、スキンケアが下手になっていた……なんて展開は、できるだけ避けたいのが多くの女性の本音です。しかし、コスメやお道具をアップデートしないままでいると、いつの間にかスキンケア下手に陥っていること…

この春思い切って変えるべき!「優しい女」に見える40代メイクは

初対面で「あの人、意地悪そう!」なんて思われるのは、誰しもが避けたいもの。ところで春は、新しい出会いの季節でもあるだけに、初めてお会いした方にネガティブな印象を与えるメイクだけは避けたいところ。新人の…

即イメチェン! 40代が「3D・4D・5Dマツエク」をオーダーするコツって?

新年度を迎え「外見をちょっとイメチェンしたい」と思っていらっしゃる女性も少なくない時期。これまでとは違う自分に出会いたくなると「そうだ、そろそろマツエク(まつ毛エクステンション)に挑戦してみようかしら…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

BEAUTYに関する最新記事