「好き」という気持ちを大切に、フリーランスで働くということ|人気イラストレーター、柿崎こうこさん

2022.10.14 WORK

『私らしく、働くということ』で見つける、これからの働き方のヒント①

 

会社員、自営業、パート。独身、既婚、シングルマザー…。働き方も、暮らし方も千差万別。正解も不正解もないし、「自分は自分」。そうとは思いつつも、自分の暮らしや働き方は「人と比べて」どうなのだろう。「自分らしい」って、なんだろう。誰しもが、そんな思いを抱いたことがあるのではないでしょうか。

 

40~60代の働く女性14人に取材をした書籍、「私らしく、働くということ」(主婦の友社)は、そんなモヤっとした気持ちを少し晴らしてくれる1冊かもしれません。

 

登場するのは、ひとり暮らしかシングルマザー。自分や家族の家計を支えながら、「自分らしい働き方」をかなえている人たちです。それぞれが語る仕事のこと、人生のターニングポイント、日々の暮らしやお金のこと。そしてたどりついた「自分らしい働き方」は、一人で暮らす人にも、そうでない人にも生きるヒントを教えてくれるはず。

 

そして、14人のストーリーを読むと、一口で「働く」といっても、人それぞれ大事にしていること、こだわっていること、仕事に対する考え方も少しずつ違っていました。

そんな中、20代から同じ仕事を続けキャリアを積み、「好き」という気持ちを大切にしているのが、イラストレーターの柿崎こうこさん。

好きだからこそ、一生現役でいたいし、つらいことも乗り越えられる

CHAPTER1に登場するフリーのイラストレーターの柿崎こうこさんは、26歳のとき百貨店勤務からイラストレーターに転身。現在は、雑誌、書籍、広告媒体などのイラストを手掛けるほか、自らの暮らしをつづったエッセイも出版しています。

イラストレーターとして働き始めて26年になる柿崎さんですが、「自分が好きでやりたいこと、得意なことを仕事にできている。こんな幸運なことはない」と言います。また、これまで辞めたいと思ったこともなく、“一生現役”でいたいとも話していました。

そう聞くと、とても順風満帆に仕事を続けてきたのだろう。そんなふうに思えますが、「好きだからこそ、つらいことも受け入れられた」とも。いいことばかりではなくつらいことやイヤな出来事もあったけれど、「好き」な仕事だから、乗り越えられたそうです。

どんな仕事もいいことばかりではありませんが、イヤなことに目を向けてしまえば、モチベーションは下がってしまいます。でも、いいことに焦点を当てれば前向きに捉えられるし、イヤなことも帳消しにできる。そういった考え方も、「好きなことを一生の仕事にする」ためのコツなのかもしれません。

バランスを崩した30代、40代。住まいや環境を変えて、気持ちを切り替え

また、過去には仕事をセーブしていた時期もあるそうです。それが、30代の後半。
35歳で結婚し、41歳で離婚。その間は、仕事と家庭のバランスがかみ合わず、苦しい思いをしたそう。さらに40代は方向性に悩んだグレーの時期。でも、50歳を目前に「自分の足で立つ」と決めて、気持ちを切り替えることに。

“いろいろ”ある中で、気持ちのスイッチを切り替えて前に進んでいく姿勢は、「なんだかうまくいかない」などと悩んでいる人に、一歩前に踏み出すきっかけや勇気と与えてくれるはず。また、柿崎さんはこの時、都心の1LDKから少し郊外の3LDKの部屋に引っ越して心機一転。住まいや環境を変えることも、切り替えの後押しするひとつの方法かもしれません。

現在、50代の柿崎さんは、今年に入ってYouTubeのVlog(動画のBlog)配信にも挑戦。新しいツールを活用することにも積極的です。また、「一生現役でいられるように心身を整えておきたい」という思いから、漢方やお灸、整体、空手を取り入れたり、愛猫との生活を楽しんだりも。
「好きなことを、すこやかに、長く続ける」。そんな働き方を目指したい人は、ぜひ参考にしてください。

文/柿沼曜子

 

■書籍情報

私らしく、働くということ

書名:私らしく、働くということ

出版社名:主婦の友社

判型・ページ数:A5判・128ページ

定価:1,540円(税込)

ISBN:9784074523405

出版年月日:2022年8月25日

続きを読む

       

【編集部からアンケート】40代、50代女性にお伺いします。更年期症状はありますか?
回答はコチラから

     

スポンサーリンク

この記事を書いたのは
主婦の友社 OTONA SALONE編集部

スポンサーリンク

スポンサーリンク