モラハラ不倫夫と離婚して10年以上経過。現在の恋のお相手は…?【なぜりこ#104/みほの場合】おかわり編②

2023.01.22 LOVE

3組に1組が離婚すると言われる現代。誰にとっても離婚は起こり得ることであり、決して他人事ではありません。40代既婚のイラストレーターすぎうらゆうさんと編集アキヤが、結婚よりもはるかにエネルギーを消費する人生のビッグウエーブをしなやかに乗り越えたつわ者をお招きして、離婚の実態にグイグイ迫り、知見を深めていく「なぜ彼女は離婚したのか?」。

 

ネガティブにとらえられがちな離婚。でもその荒波を越えた経験によって、自分らしく生きられるようになった女性もたくさんいます。離婚を前向きな選択肢の1つとしてとらえるのが、今を生きる女性たちのリアルなのです。

今回は、反響があった「みほさん編」の離婚後のエピソードを「おかわり編」としてお届けします。

▶▶「なぜりこ」記事一覧はコチラ

【なぜ彼女は離婚したのか?#104・みほ編】

スポンサーリンク


【次のページ】離婚を経験するも今は幸せなみほさんが、娘さんに対して気がかりなこととは?

 

スポンサーリンク


新年あけましておめでとうございます!
おみくじは小吉のすぎうら です。
いつも読んで頂きありがとうございます!
みほさんの「組み合わせ次第!」が深い! 名言爆誕!
ではではまた来週お会いしましょう〜。
******

【次の話】▶▶1月28日12時更新予定!お楽しみに~

◀◀【前の話】「なんだか複雑。離婚後、しばらくして娘が元夫に会うのを嫌がるように…」

◀◀【みほさん編】最初から読む「もしも山口達也激似のイケメンに出会ったら…?それは落ちるでしょう、恋に」

◀【なぜりこ連載】第一話へ

******

◆離婚体験記「なぜりこ」にご協力していただける方を募集しています。

壮絶離婚~円満離婚までジャンルは問いません。

あなたの離婚体験をお聞かせください>>こちらから

続きを読む

       

【編集部からアンケート】更年期の「サイン」、あなたは何で気づきましたか?
回答はコチラから

     

スポンサーリンク

スポンサーリンク