宮前真樹さん監修!髪が見違える贅沢なオリーブオイルシャンプー

40代女性が必ず何かしら困りごとを抱えている髪まわり。お金や健康問題よりは悩みサイズが小型かもしれませんが、でもボディブローのように地味に積もりがちです。

ハリもコシも一気に低下、なのに白髪だけは元気。全体のボリュームが落ちているから、まとめても貧相になり、かといってアレンジすればすぐ落ち武者風になる。

どうすればいいの!

 

「どうすればいいかわからない」人にこそ!

坂梨カズさん(左)、宮前真樹さん(右)

これまでテキトウにシャンプーを済ませ、ざっとコンディショナーをつけて流してきた人ほど、「いいもの」をきちんと使ったときの明らかな違いに気づけるかもしれません。そもそも今後、私たちの髪が勝手につやつやのサラサラに戻ってくれることはありません。作物を育てる畑、頭皮のケアは本当に重要。

 

そんな髪迷い世代にオススメしたいのが、美養サラダ/料理研究家の宮前真樹さん、トータルビューティプロデューサーの坂梨カズさんが監修した、「オールインワンなのにノンシリコン」の贅沢なシャンプー。

 

これ1本でシャンプー・コンディショナー・洗い流すトリートメントの代わりとして使える「オールインワン」。しかも、世界初のインワンでノンシリコン!

 

使い方はシャンプーと同じですが、泡立たないのが大きな特徴です。「これで本当に汚れが落ちるの?」と戸惑うかもしれませんが、大丈夫。セミロングで6プッシュ(1プッシュで0.3ml)を髪になじませて、30秒から1分ほど置きます。頭皮中心に髪になじませてから、丁寧に洗い流すだけ!

 

「私はちょっと置いてから洗っています。そのあとのコシがちょっと違います」と宮前さん。

 

また、坂梨さんによれば、置いている間にオススメなのが頭皮のマッサージ。顔のリフトアップ効果も狙います。

 

毛先までシャンプーをなじませながら、指先を使って上へ上へあがれあがれと唱えながら、バレーボールのトスのようにマッサージ。これ、50歳を過ぎると結構違うんですって。

 

サンプルを試用してみましたが、実際「あれっ、これで洗えてるの?」とちょっと不安になるような感覚でした。使用感はおおむねフェイス用のミルククレンジングと同じ。

 

まず手にとって髪に伸ばした瞬間、この素晴らしい香りに圧倒されます。柑橘好きなら大好きな、ヴァーベナライクな地中海っぽい香り!

 

次に、洗髪後の抜け毛が抜群に少ないのも驚くことでしょう。普段のシャンプーでは片手にこんもりと抜ける毛が、このシャンプーでは5本6本と数えられる程度に。いったい、普段どれだけ髪をこすって引きちぎっているの?と、恐ろしくなりました……。

 

そして気になる洗い上がりは、重たくも軽くもない、「あるがままの髪」。ああ、私の髪って、そういえば若い頃こういう感じだったかも? というような、素の髪に戻してもらった感覚です。これを毎日使い続ければ、うねりも縮みもない美ロングになれそう……。

チェントンツェ エクストラオリーブオイルヘアクレンジング (2017年8月発売)  250ml 6,000円+税/味とサイエンス

 

原料として使われているチェントンツェのオリーブオイルは、イタリア・シチリア産。モナコ王室でも使われている高級オイルです。

 

シチリア西部に位置する農場では、オーナーのチェントンツェ氏が1953年以来有機農法による栽培を守り続けています。放し飼いのロバや犬、亀や鳥が遊ぶ自然あふれる土地には、なんと樹齢1000年を越えるシンボルツリーがあるのだそう。髪のハリ、コシと抗酸化力を高めるため、宮前真樹さん監修のベジミックスを配合。ゴボウ根エキス(スカルプケア・育毛)、パセリエキス(皮膚や髪の抗酸化)、キュウリ果実エキス(艶・ハリなど)、たっぷりのポリフェノールでスカルプケアを。

 

「上品な食材にあう」チェントンツェ

ちなみに、このチェントンツェのオイルそのものはどういう味なのか、テイスティング方法も教えてもらいました。

1・カップを傾けて回し、内側にオイルを広げる
2・カップを手の平で包み、全体をあたたて香りを広げる
3・まず香りだけをを嗅いでみる。香りが違うということに気づきます
4・口に含み、喉の奥に空気を送り、鼻腔に香りを広げて味を楽しむ

 

チェントンツェ オーガニックEVオリーブオイル 500ml 5,500円+税/味とサイエンス

チェントンツェのオリーブオイルは、口に含んだときのやさしいトーンが特徴。「みずみずしい」と言ってもいい、優しいエレガントさは、さまざまな料理に合います。やさしいサラダや、魚、上品な食材にオススメなのだそう。

 

その土地だからこそ生産できる、限られた上質の原料を使い、手間暇かけて作られたもの。身体の中にも、外にも、たっぷりとこうした「いいもの」を使って、寄る年波を上手に越えていきましょう!

問い合わせ先・味とサイエンス

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

一つ結びをおしゃれアレンジにする秘訣って?

シンプルな一つ結びは無難ですが、ただ結ぶだけでは“疲れたおばさん”になりがちという落とし穴が。そこで、手間をかけずにできるおしゃれなひとつ結びの方法をご紹介します…

前髪セットで目元を明るく魅力的に。40代に似合う前髪セット術3つ

アイラインが描きにくくなった、目尻にしわが増えた、目の下がくすんできた……。アラフォーになると目元の悩みがぐっと増えてきます。マッサージやコスメでたるみやシワを食…

1つ結びもサマになる!「ぎりぎり結べるボブ」がいま40代に人気

年齢を重ねるとトレンドのヘアスタイルよりも扱いやすさを重視する傾向に。髪悩みも増えてきますから、当然といえば当然ですよね。「扱いやすさ」には乾かしやすい、スタイ…

ひと手間で「オバ髪」解消! 40代のヘアアレンジ4選

40歳を過ぎると、肌の衰えだけでなく、髪の老化も一気に加速。その影響なのか、これまで通りのヘアスタイルに違和感を感じてきた……。そんな感覚に陥ったアラフォー女性、多…

パサ髪、オバ髪脱出! 髪のツヤを取りもどす5つのヘアケア

エイジングとともになくなるのが髪のツヤ。子供のころはツヤツヤしていたけど、気づいたら天使の輪が見えなくなった……なんて人も多いはず。髪のツヤは見た目年齢を大きく左…

明日からできる!「オバサンひとつ結び」を回避するお手軽3テク

ここ数年、アレンジヘアがブームですが、ゆるふわな無造作ヘアは40代になると挑戦しにくくなりますよね。何かと忙しく、鏡をゆっくり見られない朝は手っ取り早くゴムでひと…

「顔のたるみ」をカバー!女っぷりも上がる40代の前髪とは

学生のころ、前髪が決まらないと1日憂うつな気分になっていました。今はさほど気にしませんが(笑)、やはり前髪は女性にとって命ともいえるパーツではないでしょうか。ヘ…

40代の「きちんと美くるりんぱ」、100均のアレで5秒でできます!

40代は、若い子のようなゆるふわアレンジがとたんにオバサンのボサボサ髪に見えてしまいます。だからといってタイトにひっつめれば、よけいにオバサン見え。また、こう雨の…

「めんどくさがり40代」でもOK!簡単ヘアアレンジ3つのコツ

アラフォーになると結婚式や二次会に呼ばれる機会は少なくなってきますが、パーティなどおよばれシーンでのヘアスタイルはいくつになっても悩みのタネ。セルフアレンジでも…

白髪が目立たない!薄毛もカバー!40代のアレンジ裏テク

ヘアアレンジをして仕上がりを鏡でチェックしたとき、「あれ!?」と焦ったことありませんか?ちらりとのぞく白髪、分け目がやけに目立つ、頭頂部が貧弱……。若い気分でいても…

「パラパラ炒飯の作り方論争」に新たな刺客!超意外なコレ

何気なく「一人暮らしをはじめた方へ 新生活応援トピック集」という資料をめくっていたときのこと。新入学・入社の人たち向けの資料です。「なるほど、いまどきの一人暮らしは収納と一緒に防災まで考えるのか…」な…

ハーゲンダッツ茶房「これ食べといたほうが」ランキング

1年中もれなくどの季節も楽しんでいるハーゲンダッツ。新フレーバーが出るたびコンビニやスーパーの店頭へ探しに行く20年選手も多いのではないでしょうか!さて、そんなハーゲンダッツが、5/6までの期間限定カフェ『…

みんな、出張のときの「きちんと服」どうしてる?スマホより軽いジャケ&ワンピ登場

夜ちょっとした会食がある、よいお店の予約を入れてみた。そんな旅行や出張のとき、みなさん「夜用のもう1枚」をどうしていますか? シワにならないように持っていくのがめんどくさい、バッグに入れるとぐちゃぐち…

更年期世代の肌たるみは「骨が減る」せい?閉経前後の注意事項【医師に聞く】

閉経前後に急激に女性ホルモン分泌が減る、という話は近年よく知られるようになりました。食事や運動である程度対策したほうが良いことや、いわゆる更年期症状がつらい場合は婦人科に頼って治療したほうが良いという…

【専門店が教える】大人気!バターコーヒーの作り方と「最強」な飲み方

昨年の6月、東京・JR代々木駅前に突如として「バターコーヒー」のお店がオープンしました。代々木在住の私は嬉々として初日に立ち寄り、飲んだ感想を元に自己流のレシピ記事を書きました。そして、冬の間にたるんだ…

今度は腸活のお茶ですって!「サントリーの新烏龍茶」が満を持して発売

突然ですが、「玉ねぎヨーグルト」ってご存知ですか? 玉ねぎをスライスしてヨーグルトに混ぜ塩少々追加、一晩寝かせたものを毎日食べる健康法です。ヨーグルトは善玉菌のビフィズス菌摂取、玉ねぎは水溶性の食物繊…

年度末のいまこそ作る意味がある「今年度はじめてやったこと」リスト

週が明けると新年度が始まります。新しい職場で働く人も、自分の部署に新入社員を迎える人も、また自分が部署を異動する人、新たなミッションに挑む人もいることでしょう。もちろん、表面上、前週までと何も変化がな…

「餃子にビールはもう古い?」まさかのコレにおじさんがハマった件

先日、「メルシャンのロゼワインセミナーがあるよ」と話したら、部内の楽しいこと大好き系おじさんが高反応したんです。「オッ、いいねえ」的なノリで。そしてセミナーに行って帰ってきたら「もう明日からロゼしか飲…

シャンプー成分3つの誤解「シリコーンは頭皮に悪い」は都市伝説?

シャンプーの〇〇成分は頭皮に悪い、というネット記事を目にしたことはありませんか?ふと気が付いたら「ノンシリコーン」と書いてあるシャンプーが増えました。今回話を伺ったディシラの新シャンプーもまたノンシリ…

野菜がこんなに美味しいだなんて!東京イチ眺望のいいテラス席で

最近、ヴィーガン、ベジタリアンメニューの話をよく目にしませんか?たとえばぎんざ泥武士のようにもともと有機野菜がメインのお店でヴィーガン対応も可能なお店や、青山のたまな食堂のようにマクロビがベースのお店…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

BEAUTYに関する最新記事