宮前真樹さん監修!髪が見違える贅沢なオリーブオイルシャンプー

40代女性が必ず何かしら困りごとを抱えている髪まわり。お金や健康問題よりは悩みサイズが小型かもしれませんが、でもボディブローのように地味に積もりがちです。

ハリもコシも一気に低下、なのに白髪だけは元気。全体のボリュームが落ちているから、まとめても貧相になり、かといってアレンジすればすぐ落ち武者風になる。

どうすればいいの!

 

「どうすればいいかわからない」人にこそ!

坂梨カズさん(左)、宮前真樹さん(右)

これまでテキトウにシャンプーを済ませ、ざっとコンディショナーをつけて流してきた人ほど、「いいもの」をきちんと使ったときの明らかな違いに気づけるかもしれません。そもそも今後、私たちの髪が勝手につやつやのサラサラに戻ってくれることはありません。作物を育てる畑、頭皮のケアは本当に重要。

 

そんな髪迷い世代にオススメしたいのが、美養サラダ/料理研究家の宮前真樹さん、トータルビューティプロデューサーの坂梨カズさんが監修した、「オールインワンなのにノンシリコン」の贅沢なシャンプー。

 

これ1本でシャンプー・コンディショナー・洗い流すトリートメントの代わりとして使える「オールインワン」。しかも、世界初のインワンでノンシリコン!

 

使い方はシャンプーと同じですが、泡立たないのが大きな特徴です。「これで本当に汚れが落ちるの?」と戸惑うかもしれませんが、大丈夫。セミロングで6プッシュ(1プッシュで0.3ml)を髪になじませて、30秒から1分ほど置きます。頭皮中心に髪になじませてから、丁寧に洗い流すだけ!

 

「私はちょっと置いてから洗っています。そのあとのコシがちょっと違います」と宮前さん。

 

また、坂梨さんによれば、置いている間にオススメなのが頭皮のマッサージ。顔のリフトアップ効果も狙います。

 

毛先までシャンプーをなじませながら、指先を使って上へ上へあがれあがれと唱えながら、バレーボールのトスのようにマッサージ。これ、50歳を過ぎると結構違うんですって。

 

サンプルを試用してみましたが、実際「あれっ、これで洗えてるの?」とちょっと不安になるような感覚でした。使用感はおおむねフェイス用のミルククレンジングと同じ。

 

まず手にとって髪に伸ばした瞬間、この素晴らしい香りに圧倒されます。柑橘好きなら大好きな、ヴァーベナライクな地中海っぽい香り!

 

次に、洗髪後の抜け毛が抜群に少ないのも驚くことでしょう。普段のシャンプーでは片手にこんもりと抜ける毛が、このシャンプーでは5本6本と数えられる程度に。いったい、普段どれだけ髪をこすって引きちぎっているの?と、恐ろしくなりました……。

 

そして気になる洗い上がりは、重たくも軽くもない、「あるがままの髪」。ああ、私の髪って、そういえば若い頃こういう感じだったかも? というような、素の髪に戻してもらった感覚です。これを毎日使い続ければ、うねりも縮みもない美ロングになれそう……。

チェントンツェ エクストラオリーブオイルヘアクレンジング (2017年8月発売)  250ml 6,000円+税/味とサイエンス

 

原料として使われているチェントンツェのオリーブオイルは、イタリア・シチリア産。モナコ王室でも使われている高級オイルです。

 

シチリア西部に位置する農場では、オーナーのチェントンツェ氏が1953年以来有機農法による栽培を守り続けています。放し飼いのロバや犬、亀や鳥が遊ぶ自然あふれる土地には、なんと樹齢1000年を越えるシンボルツリーがあるのだそう。髪のハリ、コシと抗酸化力を高めるため、宮前真樹さん監修のベジミックスを配合。ゴボウ根エキス(スカルプケア・育毛)、パセリエキス(皮膚や髪の抗酸化)、キュウリ果実エキス(艶・ハリなど)、たっぷりのポリフェノールでスカルプケアを。

 

「上品な食材にあう」チェントンツェ

ちなみに、このチェントンツェのオイルそのものはどういう味なのか、テイスティング方法も教えてもらいました。

1・カップを傾けて回し、内側にオイルを広げる
2・カップを手の平で包み、全体をあたたて香りを広げる
3・まず香りだけをを嗅いでみる。香りが違うということに気づきます
4・口に含み、喉の奥に空気を送り、鼻腔に香りを広げて味を楽しむ

 

チェントンツェ オーガニックEVオリーブオイル 500ml 5,500円+税/味とサイエンス

チェントンツェのオリーブオイルは、口に含んだときのやさしいトーンが特徴。「みずみずしい」と言ってもいい、優しいエレガントさは、さまざまな料理に合います。やさしいサラダや、魚、上品な食材にオススメなのだそう。

 

その土地だからこそ生産できる、限られた上質の原料を使い、手間暇かけて作られたもの。身体の中にも、外にも、たっぷりとこうした「いいもの」を使って、寄る年波を上手に越えていきましょう!

問い合わせ先・味とサイエンス

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

一つ結びをおしゃれアレンジにする秘訣って?

シンプルな一つ結びは無難ですが、ただ結ぶだけでは“疲れたおばさん”になりがちという落とし穴が。そこで、手間をかけずにできるおしゃれなひとつ結びの方法をご紹介します…

前髪セットで目元を明るく魅力的に。40代に似合う前髪セット術3つ

アイラインが描きにくくなった、目尻にしわが増えた、目の下がくすんできた……。アラフォーになると目元の悩みがぐっと増えてきます。マッサージやコスメでたるみやシワを食…

1つ結びもサマになる!「ぎりぎり結べるボブ」がいま40代に人気

年齢を重ねるとトレンドのヘアスタイルよりも扱いやすさを重視する傾向に。髪悩みも増えてきますから、当然といえば当然ですよね。「扱いやすさ」には乾かしやすい、スタイ…

前髪チェンジで若見え! 40代女性のオススメ前髪教えます!

最近、若い子の間で人気の高いシースルーバングやうざバング。少しでも若く見せたいからって、マネしちゃってる人がいたら大間違い! 肌がくすんで、ハリがなくなって下垂…

その髪で5歳老け見え!40代女性が今すぐやめるべき「シャンプー後の3大NG習慣」

実年齢よりもみずみずしい印象を与える「若見えの美髪」を育みたい40代女性は多いはずです。しかし、どんなに美髪ケアに意識を向けていたとしても、ちょっとしたNG習慣のせ…

ひと手間で「オバ髪」解消! 40代のヘアアレンジ4選

40歳を過ぎると、肌の衰えだけでなく、髪の老化も一気に加速。その影響なのか、これまで通りのヘアスタイルに違和感を感じてきた……。そんな感覚に陥ったアラフォー女性、多…

「ひとつ結び」を続けてわかった、脱・オバサンまとめ髪のルール

これまでひとつ結びに関する記事をたくさん書いてきました。振り返って思ったことは、「ひとつ結び」って料理でいうところの「卵料理」のような存在なのでは、ということで…

キレイな髪で新年を!40代女性に似合う美人ヘア教えます

若かりし頃は、年末最大のイベントといえばクリスマス。この日のデートに向けて24日前に美容室を予約したって人も多かったはず。でも、大人になるとクリスマスより、新しい…

脱オバさん! 結局40代女性に一番似合う最強ヘアって?【特集オトナの髪悩み】

オトナサローネで「脱オバさん」ファッション連載を担当する私は、実は元美容師です。ファッション誌でライターを始めるまでは、実家が美容師だったこともあり、美容師の国…

明日からできる!「オバサンひとつ結び」を回避するお手軽3テク

ここ数年、アレンジヘアがブームですが、ゆるふわな無造作ヘアは40代になると挑戦しにくくなりますよね。何かと忙しく、鏡をゆっくり見られない朝は手っ取り早くゴムでひと…

プチプラで40代の顔たるみ防止!仕事中に使えるアイテム3選

オトナサローネの特集「オトナのたるみケア」では、リアルな40代執筆陣が実際に毎日コツコツ積み上げているたるみケアを配信中です。さて、みなさんは「たるみのケア」として最近何を始めましたか? 私(47歳)は配…

【手が後ろで組めない】原因は肩甲骨にあり?1分で肩こりスッキリ「肩甲骨はがし」 

まず、「背中で手を組んで」みてください。私は左手が肩上の側はOKですが、逆がダメです。そして、左側に「身体のゆがみ」があるといろんなストレッチで指摘されています。・立位体前屈はもちろんマイナス・開脚もで…

リアルな働く40代、どこで仕事服を買っていますか?この秋ファッション調査【オトナ組】

今週は、40代オトナサローネ執筆陣チーム【オトナ組】に、「この秋どこで服を買いましたか?」というテーマで、リアルなファッションを質問しました。おしゃれも美容もお仕事も全力な40代、いろいろなアイテムをチェ…

痛すぎる「ワキもみ」で40代の身体こりが劇的にとれた!一人でもできるワキもみの方法とは

いま私は放心しています。ベローチェではアイスルイボスティー(カフェインレス)をオーダーしました。身体が「これ以外の悪いものを口にしたくない」と訴えているのです。日頃コーヒーとサッポロ一番塩とポテチで生…

洗濯物がクサい…10年悩んだ私がニオイから解放された方法

だいたい7月上旬を境に、電車通勤が憂鬱になる女性はかなり多いのではないでしょうか。最近オトナサローネ編集部でも盛り上がるのが「車内がクサイ」ネタです。一般に男性のほうが嗅覚そのものが弱く、また男女では…

あなたの家と会社の「通勤経路」は大丈夫?ハザードマップを確認してみて

このたびの豪雨で被災された皆様には心からのお見舞いを申し上げます。さて、とりわけSNSでリアルタイムに災害を目にしていた人々は、「果たして自分ならどうしただろう、逃げられただろうか」と改めて畏怖したので…

七夕に願い事がかないそう!光り輝く「金箔」の短冊に願いを込めて

たとえば婚活、資格試験など「ここいちばん」の願い事を抱えている人なら、今週ぜひチェックしたいのが銀座一丁目のGINZA TANAKA 。なんと、きらきら美しい「金箔の短冊」に願いを書いて、店頭の笹飾りにかけること…

ファミマの花畑牧場「生キャラメルチョコミント」今すぐ買って!【ミントと和解】

2018年6月、日本のチョコミント界に大問題作が投下されました。その名も「チョコミントパンケーキ」。https://edit.otonasalone.jp/69535/私のタイムラインにはさんざんこのネタが流れてきましたが、その後あっさり…

【残念】カントリーマアムのチョコミント味、いろんな意味で今のうちに食べて!

弊社の1F にはファミマがあります。生活の不規則な出版社員にとってコンビニは生命線で、私も普通に朝昼夕方夜と寄ってはダラダラと1日2000円くらい消費しているのですが、現在レジ横がチョコミントストリートです。…

40代の「興味あること」って?3位が意外なコレでした!【永井画廊セレクション】

オトナサローネの読者アンケートによれば、40代働く女性が「いま興味のあること」の3位は芸術鑑賞なのだそう。「これから楽しみたいこと」の代表格が歌舞伎や能などの古典芸能、「すでに楽しんでいること」はクラシ…

[PR]

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事