【40代の時短美容】一瞬でたるみ撃退!? 40代が心得ておきたいチークテク

年齢を重ねるほどに、どことなく“たるみ”が気になってきたという女性も珍しくありません。

「悲しいかな」。重力に逆らうのは難しいだけに、40代ともなってくると頬のあたりが昔よりゆるんでいる気がしてしまう。

「このたるみ、なんとかならないものかしら?」と頭を抱えている40代女性の皆さま、こんにちは。時短美容家の並木まきです。

今回は、チークを使って一瞬で“たるみ”をごまかす時短美容メイクをお話します。

 

たるみをカバーする“V字”チーク

顔の印象を「V字」に近づけるべく、目のキワあたりから小鼻のラインまでをチークでシェイディングするテクニックは、たるみカバー術としては基本中の基本。

加齢による“頬のたるみ”が出てくると、顔全体の印象が“スクエア”に近づくところを、V字チークによって“逆三角形”に近づけるのです。

頬骨の頂点から小鼻の横くらいまでに「V」の字を書くようにチークをふんわり入れると、視覚効果で頬がシュッとして見えます。

ちなみに私はもともと面長系の顔なので、チークは丸めに入れて頬のふっくら感が出るように狙っています。

けれど、ただV字にチークを入れるだけだと【40代からの時短美容】としては、ややメリハリに物足りなさが。

そこで、時短でもきっちりと“たるみ”をカバーするには、このシェイディングに加えてハイライトで凹凸を出すのが手っ取り早い方法になります。

 

ハイライトをプラスしてメリハリ逆三角形をつくる

時短を意識しつつ、もっと本格的に“たるみ”をカバーするには、V字にチークを入れたあと、頬の高い位置にはハイライトをプラスして。

頬の頂点に光によるハリ感を加えてあげると、見た目の印象が「上へ、上へ」と上がっていき、チークだけで済ませるよりも強い“たるみカバー”のテクニックになります。

もちろん、チークだけでも何もしないよりは“たるみ”カバーにはなっているものの、ハイライトを加えると凹凸が出て、健康的な表情に見えるメリットもあります。

これ、頬の高い位置に光を集めてくれるから、40代の“くすみ”カバーにもなって一石二鳥。

朝のこの“ひと手間”を惜しまないようにすると、いろんな面から【40代の時短美容】になるのです。

 

これはNG!たるみが加速するオバサンチーク

他方、チークの入れかたには注意。せっかくのチークも“オバサンっぽさ”が強まる使いかたをしてしまえば、見た目年齢も途端に加速します。

実は、昔流行ったメイクのように“こめかみ”周辺にまで色が乗っていると、それだけでオバサンくささがマックスに。

この部分に色が乗っていると、やつれた表情に見えやすいだけでなく、顔の上下が分断してしまいかえって“頬のたるみ”も目立つのです。

【40代の時短美容】を意識して“たるみ”をカバーするのなら、こめかみ周辺には色を加えず、目の高さから下だけに効果的に色を加えて。

 

悲しいことに「アラフォー」と呼ばれるくらいから、急速に感じ始める“たるみ”。

毎日のメイクではチークとハイライトを活用すれば、少しくらいなら一瞬で撃退できます。

あれこれとベースに手間をかければ、美しくはできても時間がかかる。だからこそ【40代の時短美容】では、チークとハイライトだけで“たるみ”を効果的にフォローしてみてください。

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

その髪で5歳老け見え!40代女性が今すぐやめるべき「シャンプー後の3大NG習慣」

実年齢よりもみずみずしい印象を与える「若見えの美髪」を育みたい40代女性は多いはずです。しかし、どんなに美髪ケアに意識を向けていたとしても、ちょっとしたNG習慣のせ…

40代にふさわしいアイラインの引き方とは?3つのNG例と対策方法

アイラインを引くと、目元にシャキッとしたインパクトが出るけれど「40代の目元にふさわしい描きかたができている?」と聞かれれば「イマイチ自信がない」という方も少なく…

あの人痛々しい…!老け見えするリップの「3大おばさんカラー」

口紅は、それひとつでさまざまなルックが楽しめるから、メイクでは重要なカギを握るアイテム。ところが! せっかくのリップメイクなのに、ご自身のイメージと合っていなか…

40代が「痛々しくならない」マツエクのベストオーダー5原則!【40代の時短美容】

40代女性がマツエク(まつ毛エクステンション)をすると、ときとして“やりすぎ”な雰囲気が醸し出されます。メイクの手間を減らせるから“時短美容”にはなるけれど、年齢不相…

その老け見え、コレが原因? 40代の「オバ毛穴」を加速する3大NGスキンケア

40歳前後を節目に「なんだか、毛穴が残念なことになっている」を痛感している女性も少なくなくなります。「たるみ毛穴」に、小じわが目立つ「ライン毛穴」など、“毛穴どう…

スッピンよりおばさん見えする!?「失敗」メイク3つ【40代の時短美容】

メイクで“キレイ”を引き出すつもりが、“おばさん”な仕上がり!これ、40代女性にとっては「最もショック」と言っても過言ではない事態ですよね。「メイクは時短で済ませたい…

外見は綺麗なのに…「おばさんだよね」と言われる40代女性の3大NGな仕草

外見が美しくても、周りから「おばさんだよね」と言われちゃう残念な40代女性もいらっしゃいます。メイクやファッションに気を使っていても、ちょっとした仕草のせいで「や…

一瞬で華やぎ肌が手に入る「シェーディング」【40代の時短美容】

みなさん、こんにちは。時短美容家の並木まきです。今回から、「40代の時短美容」についてお話していきます。初回にあたる今回は、40代前後になると急激に気になりだす“く…

騙されたと思ってやってみて! 40代の地味顔があかぬける3つのメイクポイント

「私って、なんだか地味顔……」そんなふうにため息をついていらっしゃるなら、メイクで華やか顔にチェンジしてしまうのが、理想どおりのイメージを演出する最大の近道です。…

ナチュラルメイクの落とし穴! 塗るだけで「うっかり5歳オバ見え化」を招く口紅選びの3大ワナ

「うっかりオバサン見え!」は、どんなメイクにおいても、絶対に避けたいのが私たちの本音。しかし、ナチュラルメイクを心がけるにあたって「塗るだけでオバサン」になりや…

得意げに語って大失敗…! 男が「ソレは違うでしょ」と感じた40代女性のキャリア自慢3選

40代ともなると、仕事ではそれなりにキャリアを積んできている女性も多いものです。実際、30代までの自分と比較しても、仕事に自信が増している実感があるかたも少なくないのではないでしょうか。ところがちまたには…

だらしないなぁ…男が一発でアウトだと感じる「40代女性のアイライン」NG3選

アイラインの出来は、目もとの印象のみならずメイク全体の印象をも左右する重要な部分。一方で、自分では自分が“目を閉じているときの様子”をしっかりとチェックするのは難しいことから、自分では「まぁそれなり」の…

無意識に言ってない? 恋愛に失敗する40代女性ほど口にしている魔のフレーズ3例

「掴み」はいいのに、交際が始まってしばらくすると、なぜか男性が距離を置き始めたりあからさまにテンションが下がったりすることに頭を抱えている40代女性もいらっしゃいます。「特に思い当たるところはないのに、…

非常識に見える…!? 使い方によって「上から目線オバサン」認定されるメールでの日本語3種

本人は“上から目線”で発しているつもりなんて毛頭ない言葉でも、相手の受け取りかたによっては「感じ悪いオバサンだなぁ……」となることもあります。特に、まだ相手のことがよくわかっていない段階では、なにげなく使…

新作プチプラ髪コスメ人気3「白髪」「うねり」プロの対策は

この春も、各メーカーから続々と春の新作コスメが展開中。気分が高揚しがちな春には、これまでとは違う“新しい自分”を目指して、コスメを新調する女性も少なくありません。「私もいろいろ物色中だけど、せっかく買う…

疲れたオバサン見え…! 「メイク下手な40代」は口と眉、そしてココが古いまま!

「あの人って、メイクが下手だよねー」なんて思われるのは、できれば避けたいのがホンネな女性は多いはず。メイクは、オシャレとしてだけでなく、マナーとしての側面もあるのは否めないだけに、“メイク下手”は即、不…

逆効果! 「マニュアル恋愛おばさん」の婚活がうまくいかない3つの理由

恋愛にかぎらず、物事にはマニュアルやセオリーがあるのも常ですが、恋愛に関して言えば“マニュアルどおり”な進めかたがアダとなることもあるから、いつの時代も私たちの頭を悩ませる永遠の関心テーマでもあるのかも…

30代までは必要なくても…40代になったら「老け見え対策」のリップが必要!

30代までは必要性を感じずとも、40代になってからは「絶対に手もとにあったほうがいい」と言えるコスメもたくさん。じわじわと押し寄せてくる年齢の波には勝てないけれど、ちょっとした“老化ポイント”くらいなら、コ…

30代までは不要でも……40代になったら「手元にあったほうがいい」アイコスメ3選

「目のまわりには、年齢が出やすい」とも言われるだけに、日ごろからフレッシュな仕上げを意識している40代には、アイメイクは若見えor老け見えの明暗を分ける重要なパーツのひとつ。30代までとは異なり、睡眠不足や…

職場で「ダメな奥さんになりそう」と思われている40代独女の傾向3例

職場恋愛からのゴールインは、40代ともなると周囲に独身男性が減ることからも、稀なケースでもあるのかもしれません。しかし、職場の仲間を通じた飲み会や紹介などによって良縁に恵まれる可能性は高く、だからこそ、…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事