におう?抜け毛?ベタつく?40代の頭皮悩みはで8割解決!

健やかな美髪を育むのは健やかな頭皮。抜け毛やパサつき、切れ毛などの髪悩みを食い止めるためにも、頭皮環境を健やかに保つことが大切です。夏は紫外線など特にダメージを受けやすいので、日頃のケアを見直すチャンス。

40代にもなれば、「知ってるわ」ということもあるかもしれませんが、頭皮ケアの基本について改めて紹介したいと思います。

 

紫外線だけでなく汗にも要注意!

夏ダメージというと紫外線がすぐに思い浮かびますよね。すでに日傘や帽子で頭皮を紫外線から守っている人も多いと思います。

頭皮もボディと同様、紫外線を浴びすぎると炎症が起きます。また、髪の毛のキューティクルが傷むため、乾燥やカラーの退色が起こりやすくなります。日傘や帽子とあわせて、頭髪用のUVスプレーを毎日の習慣にしてください。

 

さて、紫外線対策は周知されてきていますが、汗に対してはどうでしょうか?

体温を下げる役割があるので、汗自体が悪者というわけではありません。大量にかいた汗を放置しておくことがNGなのです。

肌は殺菌効果のある弱酸性。汗は放置しておくとアルカリ性に傾くため、弱酸性が中和されて雑菌が繁殖しやすくなります。また、汗で皮ふがふやけてくるので、こすれたりすることで傷つきやすくなってしまいます。

汗と皮脂や汚れが混ざり、毛穴がつまる原因に。もちろんニオイも発生するので不快ですよね。

わき汗対策と同じように、頭皮も汗をかいたらこまめに拭きとるようにしましょう。ゴシゴシとこすると頭皮が傷つくのでやさしくタオルなどでおさえて。

髪が洗える環境にあるときは、水でかまわないので流すとよりスッキリします。

 

シャンプー前のブラッシング、予洗いしていますか?

 

汗や皮脂汚れを落とすには、日頃の洗髪が欠かせません。正しくできているでしょうか。

ご存じの方も多いと思いますが、シャンプーでゴシゴシと洗わなくてもブラッシングと予洗いで7~8割は汚れが落とせます。

ブラッシングすることで、髪のからまりがとれるだけでなく、髪に付着したホコリなどの汚れを取り除くことができます。頭皮をかき上げるようにブラシを動かせば、血行がよくなり頭皮についた皮脂汚れなども浮かすことができるのです。

お話を伺った「honohono」でのヘッドスパでも、まずはブラッシングからスタート。髪のからまりをとり、髪についた汚れを落とします。

 

使用するブラシは先が丸いものや、天然毛がおすすめ。

ちなみに私はアヴェダのパドルブラシを使っています。

とかすだけで心地よい刺激を感じます。クッション性が高いので頭皮への負担も少ないのがうれしい。

 

次に予洗いです。

シャンプーをつける前にどのくらいお湯で流していますか?

髪の毛が濡れたらOKではありません。2~3分はシャワー(ぬるま湯)でしっかりと予洗いをしてください。内側までしっかりと濡らし、頭皮の汚れを浮かすようにするのがコツです。

ここでしっかりと汚れを落としておくことで、シャンプーの泡立ちもよくなり使う量を減らすことができます。

シャンプーは手にとったらすぐ頭につけるのではなく、手の平で軽く泡立ててから髪にのせましょう。指の腹でマッサージをするようにやさしく泡立てながら洗っていきます。爪を立てたり、ゴシゴシと強く洗うと傷つくのでNG。夏は紫外線や汗で頭皮はダメージを受けているので、やさしくを心がけて。

 

すすぐときも時間をかけてしっかりとシャンプー剤を落とします。頭皮まで手を入れてすすぎ残しがないよう、予洗いの倍くらいは時間をかけたいものです。

コンディショナーを流すときも同様に、すすぎは十分に行ってください。

ちなみに、頭を下げて洗うと頭皮と顔の皮膚が下がってくるので老け顔の原因に。上を向いて洗うようにしましょう。

洗髪後、濡れたままでいると雑菌が繁殖しやすくなるのでタオルで水気を十分に吸い取り、ドライヤーでしっかりと乾かしてください。夏場は暑くて面倒な作業ですが、タオルドライをきちんとすればドライヤーをかける時間も短くなります。

 

ヘッドスパで髪のアンチエイジング

肩がこったり足がむくんだりするように、頭もコリやむくみが生じます。心身の疲れやストレスは頭皮に現れやすいのです。頭を指で触ってみてください。硬くて動かない、柔らかくぷにょぷにょしているという人は疲れている証拠です。

また、頭は足と同じ末端。体が冷えると血流が悪くなりやすい場所でもあります。

そこで、肩や足のマッサージをするように、頭もマッサージをして血行をよくし、疲れを癒やしてあげましょう。

今回、頭皮ケアについてお話をうかがった東京・青山にある「honohono」でもアルガンオイルと高濃度炭酸泉を使用したアンチエイジングヘッドスパが人気とのこと。

ヘッドスパには主に「頭皮のクレンジング」「頭皮の活性化」「リラックス」「リフトアップ」の効果があります。

それぞれの効果は…

 

クレンジング

「honohono」では高濃度炭酸泉を使用し、頭皮と髪に残った小さな汚れも浮かせてオフ。また、若返りのオイルと呼ばれるアルガンオイルでマッサージをすることで、頭皮をゆるめ皮脂汚れを溶かし出していきます。

毎日のシャンプーで汚れは落ちていますが、皮脂詰まりなど自分では落とせない汚れをプロの手でしっかりと落としてもらえばスッキリ!

モロッコ産の100%ピュアオイルを使用。アルガンオイルは天然ビタミンEがたっぷりで、美肌や老化予防効果が高い。

 

頭皮の活性化

頭皮も皮膚なので、年齢とともにたるんできます。また、コリやむくみも起こるのでマッサージをして血流をよくすることが大切です。頭皮のたるみは毛穴のたるみにつながります。加齢による髪のうねりは、この毛穴のゆがみが原因ともいわれているので、頭皮の血流をよくし活性化させるのは髪のエイジングケアにも効果的なのです。

 

リフトアップ

頭皮と顔の肌はつながっています。頭皮がむくんだり、たるめば顔に影響が。頭皮のマッサージをすることで顔もピンとハリがよみがえってきます。施術後は目が大きくなった、顔がスッキリしたと感じる人も多いよう。また、顔のくすみがはれ、ワントーン明るくなったようになるんだとか。

 

リラックス

心身の疲れやストレスは頭皮に現れやすく、特に疲れがたまっているときに頭頂部をさわると痛いと感じるほど。疲れをためないためにも定期的にマッサージをしてリフレッシュ。子どものころ、頭をなでなれると安心したように、頭は触れられるだけでも癒やされる場所なのです。

首・肩こりや眼精疲労にも効果的。肩や首だけをマッサージするよりもスッキリする度合いが違ってきます。

 

ヘッドスパ専門店もありますが、ヘアサロンでもメニューに取り入れているところが増えています。健やかな頭皮を保つためにも、定期的に受けてみてはいかがでしょうか。

 

自宅でもできるスペシャルケア

定期的にヘッドスパに通うのは時間的にもお財布事情にも厳しいという人は、自宅でスペシャルケアを。

 

炭酸シャンプーを使う

2~3年前から炭酸美容が人気ですよね。炭酸泉の代わりに「炭酸シャンプー」を取り入れてみて。炭酸シャンプーを使うことで血行がよくなり、新陳代謝がアップ。洗浄効果も高いので、こびりついた汚れも落ちやすくなります。

 

頭皮マッサージのグッズを使う

頭皮を刺激してくれるマッサージグッズも種類豊富に出ています。電動式やかっさなど、自分の好みに合わせて取り入れてみては。

 

シャンプー前後にマッサージ

一番手軽にできるのが、シャンプーのついでにマッサージをすること。シャンプー前にオイルを使いクレンジングもかねてマッサージをしてもいいですし、シャンプー中に洗いながらマッサージをしても頭皮の血行がよくなりスッキリします。頭皮をこすらないよう、指を置いたまま円を描くようにするのがコツ。頭頂部に向かって下から上へマッサージしていきましょう。

 

もちろん適度な運動、バランスのとれた食事、ストレスをためない生活も健やかな頭皮にとって大切なこと。

美髪を育むために、まずはシャンプーと生活習慣の見直しからはじめてみてください。

 

 

取材協力

honohono(ホノホノ)https://www.honohono.tokyo/

プロのヘア&メイクアップアーティストが施術を行うプライベートサロン。ヘッドスパのほか、小顔デトックスマッサージやメイクレッスンも人気です。

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

一つ結びをおしゃれアレンジにする秘訣って?

シンプルな一つ結びは無難ですが、ただ結ぶだけでは“疲れたおばさん”になりがちという落とし穴が。そこで、手間をかけずにできるおしゃれなひとつ結びの方法をご紹介します…

1つ結びもサマになる!「ぎりぎり結べるボブ」がいま40代に人気

年齢を重ねるとトレンドのヘアスタイルよりも扱いやすさを重視する傾向に。髪悩みも増えてきますから、当然といえば当然ですよね。「扱いやすさ」には乾かしやすい、スタイ…

その髪で5歳老け見え!40代女性が今すぐやめるべき「シャンプー後の3大NG習慣」

実年齢よりもみずみずしい印象を与える「若見えの美髪」を育みたい40代女性は多いはずです。しかし、どんなに美髪ケアに意識を向けていたとしても、ちょっとしたNG習慣のせ…

ひと手間で「オバ髪」解消! 40代のヘアアレンジ4選

40歳を過ぎると、肌の衰えだけでなく、髪の老化も一気に加速。その影響なのか、これまで通りのヘアスタイルに違和感を感じてきた……。そんな感覚に陥ったアラフォー女性、多…

脱オバさん! 結局40代女性に一番似合う最強ヘアって?【特集オトナの髪悩み】

オトナサローネで「脱オバさん」ファッション連載を担当する私は、実は元美容師です。ファッション誌でライターを始めるまでは、実家が美容師だったこともあり、美容師の国…

明日からできる!「オバサンひとつ結び」を回避するお手軽3テク

ここ数年、アレンジヘアがブームですが、ゆるふわな無造作ヘアは40代になると挑戦しにくくなりますよね。何かと忙しく、鏡をゆっくり見られない朝は手っ取り早くゴムでひと…

40代の「きちんと美くるりんぱ」、100均のアレで5秒でできます!

40代は、若い子のようなゆるふわアレンジがとたんにオバサンのボサボサ髪に見えてしまいます。だからといってタイトにひっつめれば、よけいにオバサン見え。また、こう雨の…

「顔のたるみ」をカバー!女っぷりも上がる40代の前髪とは

学生のころ、前髪が決まらないと1日憂うつな気分になっていました。今はさほど気にしませんが(笑)、やはり前髪は女性にとって命ともいえるパーツではないでしょうか。ヘ…

「めんどくさがり40代」でもOK!簡単ヘアアレンジ3つのコツ

アラフォーになると結婚式や二次会に呼ばれる機会は少なくなってきますが、パーティなどおよばれシーンでのヘアスタイルはいくつになっても悩みのタネ。セルフアレンジでも…

40代が使ってると最悪に痛い!ヘアアクセと髪のお道具

一歩外に出るとふき出す汗。駅に着くころには背中はびっしょりですよね。ボディだけでなく、もちろん頭皮も大量に汗をかいています。放っておくとニオイの元になるだけでな…

薄毛が気になる40代女性は「パックリ分け目」を隠して!簡単3つのテクは?

髪がやせてきた、手触りが悪い、スタイルが決まらなくなってきた……。年々感じる髪の老化。毛量の多さに悩まされてきた私も、最近はボリュームが減ってきたなと感じ始めています。電車に乗っていると座っている人達の…

「ひとつ結びのゴム」どれを使えばいいの?ゆるまない切れない、プロの選び方は

ゴム1本でできる簡単アレンジのド定番・ひとつ結び。40代にとって「オバサン度が上がる」ので、できれば避けたいまとめ髪でもありますが、難しいことはできないし、パパッとできるお手軽アレンジとしてはやっぱりハ…

髪が多い・硬い人。スクリューピンなら「おしゃれまとめ髪」が簡単に!使いこなしテク

おだんごなどアップヘアに欠かせないアメピン。「さす方向がわからない」「させたと思ってたのに浮いてきた」「ピン1本では留まらない」など、簡単そうで扱いが難しいアイテムです。たしかに「ピン1本でOK」と書かれ…

頭皮がたるむと5歳老け見え?40代マスト「カンタン頭皮ケア」3つの新意識

アラサー女子たちの悩みは目元のシワが多いようですが、アラフォーになると気になるのはほうれい線。年々深くなってきたなと感じるにっくき線は頬のたるみが原因です。ハリを出す美容液やクリームを使ったり、マッサ…

まとめ髪が「疲れたオバさん」にならない40代のヘアアレンジって?

結婚式などお呼ばれの際はヘアサロンでセットをお願いするという人は多いと思います。40代になると同窓会のためにセットにくる人が増えるんだとか。張り切りすぎるのは恥ずかしいけれど、いつも通りも「オバさんにな…

前髪を変えるだけ!「老け見え」と「朝のめんどくさい」を解決する方法

「髪は女の命」。このフレーズを何度書いただろうというくらい、これまで使ってきましたが、「髪」というよりも「前髪は女の命」だなと最近気づきました。顔の印象を左右するのは前髪(顔まわりも含む)だし、もちろ…

暑いけど寒い!「冷房疲れ」のだるさを予防するあたためワザ5つ

例年、昼間しかクーラーを使っていなかった私もさすがにこの暑さには勝てず、ほぼ1日中クーラーを使っています。電気代を見るのが怖いのですが、一番怖いのは体の冷え。冷房による体のだるさを感じている人も多いの…

話題のパウダースタイリング剤。果たして「40代のオバ髪」を救えるのか!?

40代の髪悩みといえば白髪と薄毛(ボリューム不足)。私も白髪には悩まされ、定期的にサロンで染めてもらっていますが、次々と生えてくる白髪に追いつかなくなっている今日この頃…。毛量が多く、まだボリューム不足…

若づくりは痛い! 40代「オトナのポニーテール」の正解とは?

40代になって凝ったアレンジをすると「ムリしちゃって」「若づくりじゃない?」と思われそうで、無難なひとつ結びに落ち着いてしまいがち。素敵に見えるアレンジはないかとテレビや雑誌で日々、40代の芸能人やモデル…

ゴム1本なのに「オバサンぽくない」3分まとめ髪。40代が生活感を出さないおくれ毛のコツ

「今日は30度か、ちょっと涼しいな」と感覚がおかしくなっている今日この頃。暑い暑いと言っていても気温が下がるわけではないので、いかに暑さをしのぐかを考えるようになりました。日傘をさしたり、涼しい素材の服…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事