これやるとオバサン!40代がやりがちな口紅選びの3大NGって?

40代のスッピン顔は、口紅を塗るとパッと華やぎます。

けれど、せっかく塗ったリップのせいで、かえって“オバサン顔”になってしまったら……? これって、とっても残念!

「口紅は時短メイクに重宝するアイテムだけれど、どんなシーンでも“若見え”だけは死守したい!」という40代女性の皆さま、こんにちは。時短美容家の並木まきです。

今回は、せっかく時短でリップメイクを仕上げても“オバサン顔”になりやすいNGセレクトを3つご紹介します。

 

NGセレクト1:暗いトーンのカラー

 

落ち着いた色味で重さがあるカラーをのせてしまうと、くすみが出始めている40代の肌をさらに老け見せてしまうことがあります。

「控えめなメイクにしたい!」をリップメイクで狙いすぎると、ベージュ系レッドやボルドー系リップを選ぶ女性も少なくないのですが、暗いトーンの口紅は疲れていたりやつれ顔に見えやすかったりするリスキーなカラー。

くすんでいる40代の肌に合わせると、唇だけが沈んで見えやすいのです。

この手のカラーを選ぶときには、シアー系をセレクトするなど質感を明るめにしたほうが正解。

シアー系リップには透き通るような質感があるため、“適当に塗ったのに自然なメイク”が作りやすい特徴が。顔色を沈ませないメリットも期待できますので、時短メイクにもなります。

 

NGセレクト2:明るすぎるトーンのレッド

 

ミドルエイジの海外セレブたちは、明るいレッドのリップがよく似合っていますよね。

「華やかな印象になるし、私も!」と手を伸ばす40代女性もいるのですが、日本人特有の黄みがかったくすみ肌に明るいトーンのレッドを加えると、かえってオバサン顔を加速させることが……!

レッド系の口紅には顔色が明るく見える効果が期待できるものの、エイジングを重ねている肌には、口元だけ悪目立ちさせてしまうデメリットもあるのです。

「赤を塗っておけば“口紅塗りました!”って感じになって便利」と、時短メイクを意識してあえて選んでいる人もいるかもしれませんが、“時短”にはなっても“時短美容”にはならない悲しい現実も。

しかも「赤い口紅ってオバサンくさいよね」と感じる男性も意外と少なくなく、男性ウケがイマイチな実態もあります。

 

NGセレクト3:薄づきリップ

 

ナチュラルメイクが台頭して久しい昨今。そのせいもあってか、薄づきリップの当たり年が続いています。

けれど、くすみが出始めている40代の肌に薄づきリップを無造作に塗ってしまえば、エイジングによる“立てジワ”が妙に目立ってしまってオバサン顔に見えることも!

色付きリップだけの唇メイクは単体で見るとカワイイのですが、肌やメイクと合わせて総合的に見てみると、唇のくすみも目立ってしまいやすいのです。

スッピンフェイスへの色付きリップは【40代の時短美容】になっても、メイクした顔に薄づきリップを塗ると、唇の暗さだけが悪目立ちしやすいのでご注意を。

 

口紅は、顔を明るく見せつつフレッシュな表情を演出してくれるお道具のはず。

けれど、セレクトをちょっと間違えてしまうとオバサン風の仕上がりになりやすいアイテムでもあるのです。

「脱・オバサン風!」を意識するなら、ただの“時短”ではなく“時短美容”をサポートしてくれる口紅を選ぶよう、ぜひ意識してみて。

 

これで脱・オバサンが叶う!「時短美容リップメイク」のご法度セレクト3つ【40代の時短美容】

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

40代は赤リップNG? 大人メイクの色選びのコツ

2016年は一年を通じて、“赤リップ”が注目されていました。しかし、ネットで見かけるメイク解説はだいたい20代くらいの女性がターゲット。それをそのまま鵜呑みにするとアラ…

40代はゼッタイNG!オバサン顔一直線の口紅の選び方

2017年は様々なブランドから口もとを薄づきに仕上げるアイテムが登場しています。ひと塗りすればまるで唇を染め上げたように唇になじみ落ちにくいティントタイプのものや、…

40代にふさわしいアイラインの引き方とは?3つのNG例と対策方法

アイラインを引くと、目元にシャキッとしたインパクトが出るけれど「40代の目元にふさわしい描きかたができている?」と聞かれれば「イマイチ自信がない」という方も少なく…

あの人痛々しい…!老け見えするリップの「3大おばさんカラー」

口紅は、それひとつでさまざまなルックが楽しめるから、メイクでは重要なカギを握るアイテム。ところが! せっかくのリップメイクなのに、ご自身のイメージと合っていなか…

40代が「痛々しくならない」マツエクのベストオーダー5原則!【40代の時短美容】

40代女性がマツエク(まつ毛エクステンション)をすると、ときとして“やりすぎ”な雰囲気が醸し出されます。メイクの手間を減らせるから“時短美容”にはなるけれど、年齢不相…

スッピンよりおばさん見えする!?「失敗」メイク3つ【40代の時短美容】

メイクで“キレイ”を引き出すつもりが、“おばさん”な仕上がり!これ、40代女性にとっては「最もショック」と言っても過言ではない事態ですよね。「メイクは時短で済ませたい…

外見は綺麗なのに…「おばさんだよね」と言われる40代女性の3大NGな仕草

外見が美しくても、周りから「おばさんだよね」と言われちゃう残念な40代女性もいらっしゃいます。メイクやファッションに気を使っていても、ちょっとした仕草のせいで「や…

一瞬で華やぎ肌が手に入る「シェーディング」【40代の時短美容】

みなさん、こんにちは。時短美容家の並木まきです。今回から、「40代の時短美容」についてお話していきます。初回にあたる今回は、40代前後になると急激に気になりだす“く…

ヴァセリンvs.ニベア…アラフォーの手荒れに効いたのはどっち? ガチンコで検証!

毎年、冬になると圧倒的人気を誇るプチプラ保湿コスメは、今のところ『ニベア』と『ヴァセリン』が“二大巨頭”と言っても過言ではないかもしれません。どちらも年齢とともに…

ニベア青缶とチューブ、美容通の「使い分けアイディア」あれこれ

アラフォー女性の乾燥をコスパよくフォローしてくれる『ニベア』には、オーソドックスな「青缶」のほかに、持ち運びに便利な「チューブタイプ」もあります。中身はまったく…

まさかの「昭和な女」がモテる?ミドル世代男性を魅了する40代女性とは

つい先日のこと、ミドルなバツイチ男性とお話していたら「俺はさー、次に結婚するならやっぱり、“昭和な女”がいいんだよな」なんて話題になり、その場にいた男性陣が「いいよね」などと賛同しまくる事態に。その場に…

「ふーん」って言ってない? 男女関係すさまじい破壊力の3ワードはこれ

言葉はときに、ものすごい破壊力をもちます。一度でも、深い仲にある男性から「この女性は、失礼だ!」「俺にはこんな女は、無理だ!」と思われてしまえば、その後もネガティブなイメージがつきまといがち。男性の抱…

知らない間に肌が焼ける人は、たぶんファンデの塗り方が悪いはず。盲点3つ

日差しが強まってきて、日焼け対策にも意識が高まるシーズンの到来です。手や足などのUV対策のほか、40歳を過ぎると意外と気になるのが、ファンデーションまわりのUV対策。うっかり焼いてしまい、シミを加速させる原…

忙しい朝もOK!手脚にすばやく確実に日焼け止めを塗る裏ワザ

これからの季節、デイリーのお手入れで欠かせないもののひとつが“日焼け止め”です。年齢を重ねた肌に限らず、紫外線は美肌の大敵だけに、春先からは毎日の日焼け止めが欠かせなくなります。また、若い頃には「焼く派…

1つでも持ってたら超オバサン!今すぐ捨てて「たんすのこやしコスメ」7つ

「あの人、バブルメイクって感じ」などと陰でウワサされるのは、ちょっと避けたいと感じていらっしゃる40代50代女性もいらっしゃるのではないでしょうか。近年はバブリーなスタイルよりも、ナチュラルで清楚な透明感…

男性ウケ悪すぎ!「さすがにダサいだろ」と沈黙される40代の春メイク3つ

装いを春仕様にチェンジしたのに、男性から「この女性は、ダサい!」なんて思われてしまったら、かなりガッカリです。しかし女性の間で流行しているメイクやファッションを、心底から理解できずに首を傾げている男性…

春はマイナス3歳!「自然なぱっちり目」をつくる40代のテク3つ

「春になったら、老けた」ではなく「春になったら、若返った」と思いたい私たち世代にとって、この時期はメイクのアップデートにも“若見え”を意識したい頃合いです。手っ取り早く「マイナス3歳!」を目指すなら、怠…

あっ…使ってた! スキンケア下手な女ほど持ってる「呪いの10アイテム」

知らない間に、スキンケアが下手になっていた……なんて展開は、できるだけ避けたいのが多くの女性の本音です。しかし、コスメやお道具をアップデートしないままでいると、いつの間にかスキンケア下手に陥っていること…

この春思い切って変えるべき!「優しい女」に見える40代メイクは

初対面で「あの人、意地悪そう!」なんて思われるのは、誰しもが避けたいもの。ところで春は、新しい出会いの季節でもあるだけに、初めてお会いした方にネガティブな印象を与えるメイクだけは避けたいところ。新人の…

即イメチェン! 40代が「3D・4D・5Dマツエク」をオーダーするコツって?

新年度を迎え「外見をちょっとイメチェンしたい」と思っていらっしゃる女性も少なくない時期。これまでとは違う自分に出会いたくなると「そうだ、そろそろマツエク(まつ毛エクステンション)に挑戦してみようかしら…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

BEAUTYに関する最新記事