たるみにくすみ…40代肌を1秒で蘇らせてくれるのは「イエローチーク」だった

たるみやくすみが気になっているけれど、いろいろなテクニックを駆使したとしても、やっぱり「エイジングは隠せない!」。

そんな風にため息をついている40代女性の皆さま。こんにちは、時短美容家の並木まきです。

40代の肌は、どんなに丁寧なお手入れをしていたとしても、20代の自分とは質感もハリも色もちょっと違う。

そうなると、メイクアップで少しテクニックを加えて、一瞬で美肌仕様を狙っていくのが“外出先のお肌”では重要なカギに。

今回は、この春からじわじわと人気が継続している“イエローチーク”を使って、40代肌のくすみ”や“たるみ”をフォローするメイクアップについてお話します。

その他の時短メイクのコツは こちら

 

40代の肌を蘇らせてくれる救世主アイテムは「イエローチーク」

この春からは、イエローチークの当たり年に。ヘアメイクさんなど“メイクのプロ”の心まで鷲掴みにしたこともあってか、イエローを使ったメイクも少し一般的になってきました。

多くの雑誌でイエローメイクのテクニックが披露され、いろんな種類のイエローチークが店頭に並んでいます。

けれど「やってみたら少し違和感があったからやめちゃった」「ギャルっぽいメイクになりそうだから、手を出していない」という40代も、決して珍しくないのではないでしょうか?

ところが、イエローチークこそが「顔色を一瞬で明るく見せつつ、くすみを瞬時に飛ばし、たるみすらも目立たなくしてくれる」救世主アイテムなのです。

日本人の肌はもともと少しイエローがかっているだけに、40代になると「昔よりさらに黄色が加速したみたい」と、嘆いている女性もいるかもしれません。

ですので「えっ? イエローチーク?」と驚いた女性もいるはずですが、イエロー肌にイエローのチークを加えると、自然なフレッシュ感とツヤ感が加わり、若見えを狙えるメイクアップになるのです。

 

イエローチークで「時短美肌」を手にいれるには

使いかたは、いたって簡単。

イエローにも近いブロンズ系アイテムで遊びを取り入れるように、いつものメイクアップにイエローチークをブラシで乗せるだけ。

“くすみ”を飛ばしたい箇所に、ほんのり色を加えるイメージです。

私のお気に入りは、ハイライトの代わりに頬の高い位置にサッと払うように乗せる方法。

こうすることで、くすんでいる印象を飛ばしてツヤとフレッシュ感を加えるメイクアップが狙えます。

「顔が疲れているなぁ」という日でも、イエローマジックによって元気な印象が醸し出せる気がしています。

 

40代はイエローチークの選びかたに注意

そんな便利なイエローチークですが、巷にはギャルメイク用のイエローチークも溢れているので、アイテムのセレクトもカギ。

ギラギラのラメが入っているものや見るからにツヤに溢れているアイテムよりも、ややマットな質感のほうが40代の肌には馴染みやすく、使いやすい。

私のように肌色がやや濃い人は少し淡いイエロー、色が白い肌ならマスタードに近いイエロー系をセレクトすると、違和感が少なく狙い通りのメイクアップに。

(画像は筆者私物)

私は、レ・メルヴィユーズ ラデュレのチークパレット 101に入っているイエローがお気に入り。数量限定発売の商品だったので「定番にならないかな~」と密かに願っているところです。

余談ですが、自分の肌に合うイエローチークを見つけるのって、意外と骨が折れるので(笑)、私のように「もう買えない!?」を防ぐなら、お気に入りカラーを見つけたらストックしておくのも大事かもしれません。

 

40代特有の“くすみ”や“たるみ”が気になる肌には、フレッシュ感とツヤ感を加えると一気に印象が華やぎます。

イエローチークのパワーを拝借しつつ、ぜひ時短で“脱・おばさん肌”のメイクアップを狙ってみてください。

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

40代はゼッタイNG!オバサン顔一直線の口紅の選び方

2017年は様々なブランドから口もとを薄づきに仕上げるアイテムが登場しています。ひと塗りすればまるで唇を染め上げたように唇になじみ落ちにくいティントタイプのものや、…

40代からは選びを変えて! マイナス5歳メイク3つのコツ

毎シーズン新製品が出るたびに「何色を買おうか」と悩んだ挙句、毎回同じような色を選んでしまう……そんな経験ありませんか? 洋服もそうですが、これまで手に取ったことが…

40代は赤リップNG? 大人メイクの色選びのコツ

2016年は一年を通じて、“赤リップ”が注目されていました。しかし、ネットで見かけるメイク解説はだいたい20代くらいの女性がターゲット。それをそのまま鵜呑みにするとアラ…

40代にふさわしいアイラインの引き方とは?3つのNG例と対策方法

アイラインを引くと、目元にシャキッとしたインパクトが出るけれど「40代の目元にふさわしい描きかたができている?」と聞かれれば「イマイチ自信がない」という方も少なく…

あの人痛々しい…!老け見えするリップの「3大おばさんカラー」

口紅は、それひとつでさまざまなルックが楽しめるから、メイクでは重要なカギを握るアイテム。ところが! せっかくのリップメイクなのに、ご自身のイメージと合っていなか…

もともと美人じゃなくても! 「美人見え」させる4つの秘訣【40代からの美容道】

世の中、美人は約2割といわれています。残る7割が普通で、1割がブスなのだとか……。きびしい話ですが、8割のかたは美人ではないということです。美人か否かはもともとの顔立…

40代が「痛々しくならない」マツエクのベストオーダー5原則!【40代の時短美容】

40代女性がマツエク(まつ毛エクステンション)をすると、ときとして“やりすぎ”な雰囲気が醸し出されます。メイクの手間を減らせるから“時短美容”にはなるけれど、年齢不相…

40代になってそれ絶対やっちゃダメ!痛いメイク・パーツ別解説~アイメイク編~

メイクレッスンを開いて、参加者の方にいろいろとお話を聞いてみると、どの年代の人も20代からメイク法を変えていない人が意外と多いということが発覚!成人式や就活の時に…

CAに学ぶ!「好感度」がグンと上がる3大モテ色メイク&モテ笑顔のコツ

こんにちは。今年もオトナサローネ読者の「モテ力」アップのお手伝いをさせていただきますので、どうぞよろしくお願いいたします。さて、バランスが悪いほうに傾きつつある…

スッピンよりおばさん見えする!?「失敗」メイク3つ【40代の時短美容】

メイクで“キレイ”を引き出すつもりが、“おばさん”な仕上がり!これ、40代女性にとっては「最もショック」と言っても過言ではない事態ですよね。「メイクは時短で済ませたい…

ウッカリで男性ドン引き! 40代が「育ちが悪い女性だな」と思われる夏のお誘いLINE3選

ちょっとしたLINEのせいで「この女性は、なんだか育ちが悪そうだ」と男性に思わせてしまえば、その後の展開にもなにかと響きがちです。いい大人になっていれば、相手の“育ち”は気にせずに恋愛に発展する男女も少なく…

一瞬で恋愛圏外!「男に逃げ出される」40代女性がつい送ってるLINEの傾向3つ

“つかみ”はよくとも、いざ深い仲になった途端に、男性から避けられてしまう40代女性もチラホラお見かけします。容姿端麗で仕事もバリバリこなし「私は、それなりのレベルの女」を自負しているのに、なぜか男性と長続…

モテてるつもりが逆に滑稽…! 40代が「やめたほうがいい」美容テク3選

「40代だけど、今年はモテを極めるわ!」は、決して悪い心がけではないはず。婚活でも恋愛市場でも、モテる40代になれば、それだけ選択肢も増えるわけですから、モテないよりもモテたほうが、いろんな面でも有利です…

まだ使っているならオバ見えの原因…! 40代が「真夏には捨てるべき」コスメリスト5

暑くなってくると、身の回りをサッパリと整理したくなる女性も、かなりいらっしゃるのではないでしょうか。気温や湿度が高い毎日だと、なにをするのにもやや億劫なのもホンネです。結果、毎日のルーティンや習慣も、…

気づけば老け見え! 酷暑にやりがちな40代の3大NG美容ルーティン

本格的な暑さが到来してきた今時分は、“老け見え”を招くちょっとした悪習慣が身につきやすい魔の時期でもあります。他方、気温や湿度が高いなかで精力的に仕事をしていれば、過ごしやすい気候の時期と比較して、どう…

若見えのつもりが逆に老け見え!本当は「やらなくていい」40代の美容テク3選

メイクやファッションなどの外見に気合いが入りすぎると、うっかり“間違った若見え路線”にも走りがちです。実際のところ、美意識が高い女性がアレやコレやと入念にお手入れするほどに、かえって老け見えを招いている…

気づけばだいぶ損…! 男性から「ダメな40代」と誤解されるメイクの3大NG

女性のメイクを見て「この女性は、きっとこんな性格だろう」と推測が働くのも、男性心理の常。まだ相手のことをよく知らない段階では、第一印象のイメージによって性格を判断したくなるのは、男女問わず「あるある」…

美人でも社内恋愛の対象外に…! 40代の「嫌われお局」ってこんな女性

職場で「あの人みたいには、絶対になりたくない!」なんて後輩たちから白い目で見られてしまえば、その噂が男性たちの耳に届き、恋のチャンスだって逃しかねません。また本人が社内恋愛を狙っているわけではなくとも…

本人はまだイケてるつもりでも! 「気づけばオバサン」な40代女性の3大特徴

自分ではオバ見えを回避しているつもりなのに「気づけば、オバサン扱いされていた!」なんてことになれば、悔やんでも悔やみきれません。しかし年月とは残酷なもので、自分では「私はまだまだ若い」と思っていても、…

実は小ジワは問題なし!? 若く見られる女性と私の「決定的な違い」3つ

年齢を重ねても若いイメージで通っている女性もいれば、残念ながらも「年齢相応」あるいは「実年齢より、老けて見える」と評される女性もいます。他方、それなりの年齢に達していることは決して悪いことではないだけ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事