40代の「きちんと美くるりんぱ」、100均のアレで5秒でできます!

40代は、若い子のようなゆるふわアレンジがとたんにオバサンのボサボサ髪に見えてしまいます。だからといってタイトにひっつめれば、よけいにオバサン見え。

また、こう雨の日が続くと、髪がまとまらない!と悩む人も多いのではないでしょうか。

湿気でぼわぼわ、ちりちり状態になるとおブス髪に。見た目印象が悪くなるのは避けたいですよね。

朝は時間がないし、アレンジ下手だから……という人もバラエティショップや100均で売っているアレンジグッズを使えば大丈夫!

忙しい朝でもプロっぽいアレンジが簡単にできるので、ぜひ試してください。

 

「くるりんぱ」はスティックを使って時短

 

ひとつ結びよりもちょっとおしゃれで、凝ったように見える「くるりんぱ」は、オフィスでも好感度の高いスタイルです。

結び目の上に穴をあけて毛束を通す工程を助けてくれるのが、「アレンジスティック」と呼ばれる輪っかがついたもの。これは、針穴に糸を通すときの糸通しのような役割をしてくれます。

バラエティショップで購入したアレンジスティック。輪っかが小さいものもあるので、毛量や用途に合わせて選んで。

使い方はとっても簡単。ゴムの上にスティックをさし、輪っかのなかに毛束を通して引き抜くだけです。

 

①ゴムの上にスティックをさします。

髪をひとつにまとめたら、ゴムの上にスティックをさします。真ん中よりもずらしてさし込むと、毛束を引っ張ったあとにできるへこみが目立たない。

 

②輪っかの中に毛束を通してスティックを引っ張る。

結んだ毛束を輪っかの中に通したら、グイッとスティックを下に引っ張ります。

 

③くるりんぱができました!

スティックを引き抜くと両側の毛束にねじれができ、くるりんぱに。あとは毛束をつまみ出してくずせば完成。

仕上がりがこちら。きれいなくるりんぱヘアができました。

 

簡単といいましたが、毛量が多い、剛毛の人はひとつに結んだ状態ではやりづらいかもしれません。毛量が多い私は、スティックを引っ張ってもなかなか毛束が穴の中に通ってくれず苦戦しました。

引っ張ってもびくともしない剛毛&毛量の多い髪。スティックが折れそうであきらめました……。

そこで、毛量が多い人は分割して結ぶことをおすすめします。全体を3分割にして、サイドの髪だけを結んでくるりんぱにします。これは、アレンジスティックを使わない場合も同じ。ひとつで結ぶとねじれる毛束が分厚くなり、バランスが悪く見えてしまうのです。

①全体を3分割にする。

両サイドと後ろで分けるよりは、全体を3等分にするほうがバランスよく決まります。人によってサイドの毛量が少ない人もいるので、耳後ろで分けたほうがいいことも。自分の毛量を見ながら分けて。

 

②サイドの髪を低い位置で結ぶ。

両サイドの髪を後ろでひとつにまとめ、ゴムで結びます。このとき、なるべく低い位置(ぼんのくぼあたり)で結びましょう。

 

③スティックをさし込み、毛束を通して引き抜く。

サイドの髪を結んでいるので、真ん中はあいた状態です。そこにスティックを入れて輪っかの中に毛束を通し、引き抜きます。

 

③くるりんぱの毛束と残りをあわせて結ぶ

スティックを引き抜いた状態。ほどよいねじれができました。

ねじれ部分から毛束をつまみ出してくずしたら、残りの髪をあわせて結びます。毛量が多くてもスッキリとまとまりました。

 

ゴムを隠すおしゃれテクにも活用

 

ひとつ結びもゴムを隠すだけでアレンジ上手に見えますよね。ただ、巻きつけた毛束をピンで留めるのは意外と難しいもの。ピンが見えてしまってはせっかくのワザも台無しですからね。

でも、アレンジスティックがあれば大丈夫! ピンなしでできちゃうんです。

<基本のゴム隠し>

髪をひとつに結んだら、ゴムの上にスティックをさします。このとき、スティックの先が外に出ないよう。毛束の中に入れ込むのがポイントです。

 

これはNG

スティックの先が飛び出した状態だと、毛束を引き抜いたときに毛先が出てしまうおそれがあります。

 

①スティックはゴムの下に通すようにさし込みます。

②結んだ毛束の下(首側)から、ひと束とってゴムに巻きつけます。

③毛先を輪っかの中に通し、スティックを引き抜きます。

毛先が毛束の中にしまわれた状態。ピンを使わずにキレイにできました。

<玉ねぎ風ゴム隠し>

ヘアアクセなしでも華やかに見える、ひと手間加えたゴム隠し方法です。「ひと手間」といっても難しいテクニックではないので、ぜひトライしてください。

①中央にスティックをさし、表面の毛束を通します。

ひとつに結んだら、ゴムの上にスティックをさすのは同じ。このときも、スティックの先が飛び出ないよう、毛束の中に入れ込んで。

②スティックを引き抜く。

くるんと毛束が丸まった状態に。毛先を引っ張りすぎないように注意。

③両サイドも同様に。

左右にもスティックをさし、表面の髪を通して引き抜く。表から見える場所だけでOK。

スティックを引き抜いたら、毛束を少し引き出して形を整えます。

シュシュをつけたような可愛らしいスタイルが完成。

ふんわりと見えるように、毛束を少しずつつまみ出して仕上げます。

 

 

「ねじねじピン」を使って崩れにくいおだんごヘアに

 

お仕事ヘアの定番のひとつ「おだんご」。無造作にはできないので、しっかりとピンで留めたいところですが、このピンが難しいですよね。しっかりとさしたつもりでも、時間がたつと浮いてきて崩れてしまうこともしばしば。

そこで使いたいのがらせん状になったピンです。

これは飾りがついたものですが、シンプルな黒のタイプも売っています。

 

このピンも使い方は簡単です。巻きつけた毛束の上下からさし込むだけ。

時計まわりにくるくると回し入れていきます。

ひとつに結んでから、毛束を巻きつけておだんご状にします。まずは上からピンをさし込みます。このとき、頭皮側の毛束とおだんごの毛束をはさみ込むようにするのがコツ。

 

次に下からさし込みます。毛先を中に入れて、頭皮側の毛束とおだんご側の毛束をピン先ではさんだら時計回りにくるくるとまわしていくだけ。

 

ピタッととまりました。

シャツなどキリッとした服にもマッチするおだんごヘアが完成。もちろん、およばれヘアにも活用できます。

 

不器用だからとアレンジをあきらめる前に、便利グッズに頼ってみてはいかがでしょうか。

バラエティショップやドラッグストア、100円ショップなどには今回紹介したグッズ以外にもアレンジの工程をラクにしてくれるものが豊富に揃っています。立ち寄った際にはチェックしてみてください。

 

●協力/桐山弘一
現在、フリーランスの美容師として活動。
ヘアアレンジも得意で、インスタグラムやブログでも詳しく紹介しています。
http://hirokazukiriyama.com/

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

ひと手間で「オバ髪」解消! 40代のヘアアレンジ4選

40歳を過ぎると、肌の衰えだけでなく、髪の老化も一気に加速。その影響なのか、これまで通りのヘアスタイルに違和感を感じてきた……。そんな感覚に陥ったアラフォー女性、多…

1つ結びもサマになる!「ぎりぎり結べるボブ」がいま40代に人気

年齢を重ねるとトレンドのヘアスタイルよりも扱いやすさを重視する傾向に。髪悩みも増えてきますから、当然といえば当然ですよね。「扱いやすさ」には乾かしやすい、スタイ…

一つ結びをおしゃれアレンジにする秘訣って?

シンプルな一つ結びは無難ですが、ただ結ぶだけでは“疲れたおばさん”になりがちという落とし穴が。そこで、手間をかけずにできるおしゃれなひとつ結びの方法をご紹介します…

その髪で5歳老け見え!40代女性が今すぐやめるべき「シャンプー後の3大NG習慣」

実年齢よりもみずみずしい印象を与える「若見えの美髪」を育みたい40代女性は多いはずです。しかし、どんなに美髪ケアに意識を向けていたとしても、ちょっとしたNG習慣のせ…

脱オバさん! 結局40代女性に一番似合う最強ヘアって?【特集オトナの髪悩み】

オトナサローネで「脱オバさん」ファッション連載を担当する私は、実は元美容師です。ファッション誌でライターを始めるまでは、実家が美容師だったこともあり、美容師の国…

明日からできる!「オバサンひとつ結び」を回避するお手軽3テク

ここ数年、アレンジヘアがブームですが、ゆるふわな無造作ヘアは40代になると挑戦しにくくなりますよね。何かと忙しく、鏡をゆっくり見られない朝は手っ取り早くゴムでひと…

40代の伸ばしかけ肩上ボブもOK!簡単ヘアアレンジ3選

40代女性の間では、ミディアムと同様にボブヘアも人気。手入れが楽で、髪のダメージも抑えられ、しかも女性らしい雰囲気も出せるといいことばかり。「でも、アレンジできな…

40代、50代に「前髪」は必要!白髪も薄毛もカバーできる【前髪×ボブ】

なぜか、頭頂部や顔周りに集中して生えてくる白髪。鏡を見ると、分け目からピョンピョン元気に飛び出して気になります。もちろん毛穴が傷つくので抜くのはNG。染めるといっ…

「顔のたるみ」をカバー!女っぷりも上がる40代の前髪とは

学生のころ、前髪が決まらないと1日憂うつな気分になっていました。今はさほど気にしませんが(笑)、やはり前髪は女性にとって命ともいえるパーツではないでしょうか。ヘ…

「めんどくさがり40代」でもOK!簡単ヘアアレンジ3つのコツ

アラフォーになると結婚式や二次会に呼ばれる機会は少なくなってきますが、パーティなどおよばれシーンでのヘアスタイルはいくつになっても悩みのタネ。セルフアレンジでも…

もう失敗しない!髪色選びは肌タイプより○○が重要だった

白髪染めはカラーバリエーションが少ない、暗い色に仕上がってしまうというのは昔の話。今は薬剤の進化でトレンドカラーも取り入れられるようになりました。また、カラーの手法もさまざまなので、白髪まじりでも色遊…

オバ髪が生まれ変わった人は「タオル」「ドライヤー」「○○」を変えている!6つの正解

春の新色リップが欲しい、春らしいブラウスを買い足したい。メイクやファッションは季節ごとに新しいものを買うけれど、ヘアはどうでしょう。ヘアスタイルを変えることはありますが、年を重ねるとあまり季節は関係な…

銀座・青山・代官山で40代に人気のヘアは?ベストスタイル発表!【後編】

まだまだコートが手放せないけれど、春おしゃれの準備ははじまっています。ファッションやメイクを春仕様にチェンジしたらヘアだって変えたいですよね。自分に似合うことが一番だけれど、ほどよくトレンドも意識した…

銀座・青山・代官山で40代に人気のヘアは?ベストスタイル発表!【前編】

最近、朝起きると鼻がむずむずして「あ、きたな」と、花粉で春の訪れを感じております。ショップにも春ファッションが並び、寒いけれど春トレンドを取り入れたい気分ですよね。そして服に合わせてメイクやヘアも変え…

うねりやパサつきをおさえて「髪を早くきれいに伸ばす」4つの方法は?

40歳を過ぎると髪をバッサリと切る人が増えますよね。美容師さんに話を聞いても、40代後半から一気にショート率が高まるとのこと。うねりやパサつきで扱いにくくなっている髪は切ってしまったほうがラク、と考える人…

痛くならない「若見え」する40代のヘアルール5選

流行を取り入れたファッションを楽しみたいし、季節ごとに新色のリップやアイシャドウをゲットしたい。ヘアスタイルだって、たまには冒険してみたい。40代はまだ老け込むにははやく、おしゃれにも貪欲です。しかし、…

ぺたんこ、うねり……40代の困り髪を救うのは女っぽミディアム

ケアをしていても扱いづらくなってくる髪。うねって広がる髪を落ち着かせたい、髪が細くなりボリュームがなくなってきた、とにかくまとまらない!そんな手に負えない悩みをカバーしつつ、女らしさや華やかさがほしい…

40代のオバ見え原因1位、白髪。うまく「染めずに」カバーするには?

40代の髪悩み№1といったら白髪。黒髪はどんどん元気がなくなっていくのに、白髪は生命力にあふれているかのように太く、目立つのがやっかいです。しかも、頭頂部や顔まわりなど視界に入りやすい場所に生えやすいの…

やっぱり美容室は怖い!? 思い通りのスタイルを手に入れる3つの心得

「美容室でなりたい髪型をうまく説明できない」「どうオーダーしていいのかわからない」「美容師さんと話すのが苦手」「やってみたいヘアスタイルがあるけれど、結局いつも同じになってしまう」40代女性からもよく聞…

髪がバチバチ静電気でまとまらない!カンタン除去対策3つの方法

冬になると悩まされる静電気。ドアノブや車のドアをさわる瞬間、バチッと痛みが走り不快な気分に。服を着るとき髪がパチパチして顔にまとわりついたり、広がってボサボサになるのも静電気の仕業です。静電気が発生す…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事