知らないと損!薬局でパブロンやガスターを買う人は減税になる

1年間に支払った医療費が10万円を超えると適用になる「医療費控除」は認知度が高い制度ですが、2017年1月から導入された「セルフメディケーション税制」を知っているという人はまだまだ少ないのではないでしょうか?この制度、市販薬の購入費用が年間1万2000円を超えると減税されるというもので、適用になる人は少なくないはず。めったに病院にいかずに自力で治すという人、必見です。

セルフメディケーション税制とは

2017年1月からスタートしたセルフメディケーション税制ですが、セルフメディケーション制度とは、簡単にいうと、日頃より健康増進、病気予防に努め、ちょっとした病気であれば病院に行かず、市販薬を服用して、自分自身で治療をする場合には、税金面で優遇しますよという制度。

具体的には、日頃より健康増進、病気予防に取り組んでいる人(生計を一にする家族の分も合算できる)が 2017年1月1日から 2021年12月31日までの間に対象となる市販薬を購入し、1年間に支払った金額が1万2000円を超える時は、その超える部分の金額(最高8万8000円まで)について所得税が一部還付され、翌年の住民税が減税されます。簡単にいうと、税金が安くなるということです。

式で表すと以下になります。

控除額(最大8万8000円)=医薬品代金—1万2000円

どれくらいお得になるの?

では、この制度を利用するとどれくらい税金が安くなるのでしょうか?

例えば、年収から基礎控除や社会保険料控除など生命保険料控除の「所得控除」を差し引いたあとの課税所得(所得税が計算される所得)が300万円で、1年間で市販薬を8万円購入したという場合。

課税所得が300万円なので所得税の税率は10%。住民税の税率は所得にかかわらず一律10%です。

控除額=8万円-1万2000円 つまり、6万8000円となります。

減税額を見てみると、

所得税:6800円の減税効果(6万8000円×10%)

住民税:6800円の減税効果(6万8000円×10%)

となり、所得税、住民税合計で1万3,600円が減税になります!

今まで支払いっぱなしだった薬代が減税という形で戻ってくるので、該当する人は活用しない手はないですね。

セルフメディケーション税制のココに注意!

ぜひ活用したいセフルメディケーション税制ですが、利用するにあたりいくつか抑えておきたいポイントがあります。

まず、制度の対象となる市販薬は、薬局やドラッグストアで購入できる医療用成分が配合された市販薬で「スイッチOTC」と呼ばれているものになります。スイッチOTCとは、従来は医師の処方箋が必要だった医療用医薬品の中から、薬局で購入できるよう、一般用医薬品に転用されたものです。テレビコマーシャルでおなじみの胃腸薬「ガスター10」、鎮痛剤の「ロキソニンS」、抗アレルギー薬の「エスタック鼻炎24」、花粉治療薬「アレグラ」などが該当します。いずれも副作用が少なく、使用実績があるものです。

対象商品については、厚生労働省のHPに記載されていますので参考にしてください。

対象品目一覧

また、医療費の減税制度といえば、医療費控除が有名ですが、医療費控除とセルフメディケーション税制との併用はできません。スイッチOTC薬を従来の医療費控除で申告するか、セフルメディケーション税制で申告するか、どちらかを活用するかは自分で選ぶことになります。申告をする際には、購入した薬のレシートが必要になりますので、捨てないようにしましょう。

さらに、セルフメディケーション税制を受けるには、特定健康診査、予防接種、定期健康診断、健康診査、がん検診など、日頃より健康増進や病気予防に取り組んでいることが条件になります。ですから、これらの検診を受けた時の領収書や結果表が必要になります。こちらもあわせて保管しておきましょう。

 

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

なぜかお金が貯まらない人の3大理由「スタバ」「コンビニ」あと1つは?

特に無駄づかいをしていないのになかなかお金が貯まらない…という人は多いようです。私のところにも「無駄づかいをしていないのにお金が貯まらない…」という相談で訪れる人…

年収300万と400万では結構違う?「お金の貯め方」のコツ

私のところには「無駄遣いを減らしたい」「お金を貯めたい、増やしたい」というご相談でやってくる40代女性が多いのですが、年収によって「お金の貯め方」のコツは違います…

お弁当越えのコスパ!「ランチ1回140円」で済ませる裏ワザ

お弁当vs外食ランチの差は一ヶ月どれくらい?仕事もプライベートも何かと忙しい40代。朝早く起きてお弁当づくりするのは大変です。話題のお店でご褒美ランチを楽しむことは…

ほったらかしでも貯まる!「お財布を休ませる」方法って?

触れない日はないといえるお財布。私たちも休みがないと疲れ切ってパワーがなくなってしまうように、お財布も休みがないとお金が貯まるパワーがなくなってしまいます。お金…

年収400万と500万、年間貯金額はこんなに違った!100万貯めるコツ

どうもお金が貯まらない、自分はムダ遣いばかりしている、そんな風に感じている方も多いのではないでしょうか? 昇給があまりされなくなった現代において、となりの人はど…

銀行口座を分けるだけで月5万貯まる?カンタン貯蓄の仕組みづくり

貯蓄は必要だと思っても、お財布にお金が入っているとついつい使ってしまうものです。かといって、我慢ばかりではストレスがたまって逆効果。貯蓄を成功させるには、手間が…

宝くじシーズン到来!高額当選した40代女性の「末路」は?

年末が近づいてくると、宝くじ売り場には一攫千金を求める人々が詰めかけ、長蛇の列になっているのを目にします。確かに、もし3億円も当たったら、夢も希望も広がりそうで…

40代は借金世代!? 40代の平均「住宅ローン」残高とは

40代で住宅ローンを抱えている人の平均残高はいくらくらいなのだろう? 先日、アラフォーのときに都内の2LDKマンションを購入した知人の40代後半独女が「今年じゅうには住…

通勤にバス定期券を買うと月に2,390円も損?知らなかった「バス特」活用

通勤にバスを利用している方も多いのではないでしょうか。バスも会社から定期代が支給されているから、と鉄道と同様に定期券を購入していませんか。実は損をしているかもし…

知ってた?電子マネーで電気代やクルマ税をお得に納付できるらしい!

税金を納めることは義務のひとつですが、少しでも節約になればうれしいですよね。そして人気急上昇の電子マネーを利用して納めたい!という方も多いのでは?今回は、税金や…

iDeCoを利用して、実質利回り20%で「定期預金」する方法!

40代になると、そろそろ老後が気になるお年頃。老後に向けてお金を増やさなくてはと思いつつも、投資は元本割れのリスクもあるしイマイチ気乗りしない…という人も少なくないことでしょう。そんなあなたにオススメな…

ボーナスどこに預けるのがベスト?「安全で賢い貯め方」3つの知識

夏のボーナスが支給されるシーズンとなりましたね。ボーナスがでたら、あれもこれも買おう!と、ボーナスを待ちに待っている人も少なくないことでしょう。自分へのご褒美も良いけれど、将来に向けてお金を貯めたり、…

40代シングル女性が「買ってはいけない」マンションとは

40代になり一生独身かも…と思うと、「家でも買っておこう」とばかりに、マンション購入を考える人も少なくないと思いますが、マンションを購入する時に資産価値や生活の利便性などをきちんと考えて買わないと、家が…

別居の親を扶養に入れると4万円得?40代が知るべき2つの注意点とは

40代といえば、親が高齢になり親の生活も心配になるお年頃ですね。特に自分が会社員でそれなりに収入を得ていて、親が年金生活者という場合、親を自分の扶養に入れるべきかどうか悩む人が少なくないでしょう。そこで…

普通預金の金利は0.001%…。超低金利時代のお得な預け先とは

依然続く超低金利の銀行預金。大手都市銀行の普通預金の金利は0.001%となっており、100万円を1年間預けても1年後の利息は10円(税引前)と雀の涙程度…。普通預金だけにお金を預けていても全くお金は増えません。かと…

「無駄遣いをしてないのに貯金できない」人のザル財布とは

私のところには、「特に無駄遣いをしているわけではないのに、お金が貯まらない…」という40代高収入シングル女性からの相談が少なくありません。高収入なのに「貯まらない」のはなぜなのか。40代高年収女性の消費行…

もしかしてうちも「モラハラ夫」…?気づいたときまずすべきお金の注意点

少し前、芸能人の三船美佳さんと高橋ジョージさん元夫妻の離婚で話題になった「モラハラ」。モラハラとは、「モラル・ハラスメント」の略で、精神的暴力、精神的虐待のことです。加害者は、態度や言葉によるいやがら…

40代独身OL、結婚したい一心でついコレに依存してしまった結末は?

簡単にお金が借りられることから年々キャッシングを利用する人が増えているようですが、ひとたび、返済が滞ってしまうと大変な事態になります。今回は、40代の独身派遣OL、R子さんの例をとりあげ、キャッシングの落…

宝くじシーズン到来!高額当選した40代女性の「末路」は?

年末が近づいてくると、宝くじ売り場には一攫千金を求める人々が詰めかけ、長蛇の列になっているのを目にします。確かに、もし3億円も当たったら、夢も希望も広がりそうですが、あるデータを見ると、宝くじに当たっ…

40代でマンションを買う女性が陥りがちな落とし穴

40代になり、恋人もいないとなると、ふと頭をよぎるのが「この先もずっと独身かもしれない…」という不安。もし、一生独身ならマンションでも買って住む家は確保しておきたいと思うのが乙女心というものでしょう。た…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

MONEYに関する最新記事