40代のブラックフォーマルに似合うまとめ髪とは?

冠婚葬祭で身につける礼服のなかで、黒いものをブラックフォーマルと呼ぶため「ブラックフォーマル=喪服」が一般的ですね。しかし、女性の場合は弔事用、慶事用と分かれていたり、兼用もあるため式典などハレの日に着る機会もあります。

そんなフォーマルなハレの日で悩むのがヘアスタイルです。落ち着きのあるヘアスタイルにするとぐっと老けこんでしまう恐れも!!

そこで、品を保ちつつトレンドを取り入れたまとめ髪をご紹介します。

 

和装にも似合うギブソンタックがおすすめ

 

40代になると友人の結婚式よりも親族の結婚式に出席する機会が増えると思います。

ゲストを迎える側として、控えめだけれど華やかさもあるスタイルを心がけたいですよね。

海外セレブから火がついたギブソンタックは、洋装だけでなく和装にもぴったり。ペタンとしがちな後頭部も自然な丸みができるので、品よく決まります。まさに40代の大人女性におすすめのスタイルです。

ヘアアクセなしでもフォルムの美しさで華やかに見えるのもいいところ。

 

崩れにくいギブソンタックのつくり方

 

難しそうと思われがちですが、セルフでもキレイに仕上がります。

モデルさんは鎖骨にかかるくらいのミディアムヘアですが、肩につくくらいの長さがあれば、このプロセスで同じようにできます。

1.サイドをねじって後ろで結ぶ

まとめやすいように毛先をアイロンかカーラーで巻き、ワックスをもみ込んでおきます。髪を巻くのは面倒と思いがちですが、ここでは重要なポイントです。この後の工程がやりやすくなるので、どんな方法でもいいので、毛先をカールさせておきましょう。

サイドの髪(耳の上の髪)をきつくねじり、後頭部でひとつに合わせて細いゴムで結びます。このとき、ねじった毛束はカーブを描くようにするのがポイントです。

 

2.毛束をねじり、毛束のロープに通す

おろした髪を3等分にします。それぞれねじり上げてでつくった毛束のロープに通します。毛先を巻いておくことで、通しやすくなり、おさまりもよくなるのです。

毛束のロープに通すことでただ毛束をねじり上げるよりも崩れにくくなります。髪が長く毛束が余る場合は、2~3回ロープに通してください。きつくロープに巻きつけるとボリュームがなくなるので、ふんわり感を忘れずに。

 

 

 

3.ギュッと押し込む

すべての毛束を通し入れたら、両手でギュッと押し込んでなじませます。

 

4.Uピンで留める

毛束を中に入れ込んだだけでは不安定なので、Uピンで固定します。ピンは巻きつけた毛束と頭皮側の毛束をはさみ込むように、上からさします。

Uピンは片側を折り曲げて使うと抜けにくくなりますよ。

 

5.毛束を引き出し整える

トップから後頭部にかけて、ペタンとつぶれて見えないように毛束を少しずつ引き出して整えます。指先でほんの少し毛束をつまんで上に引っ張るようにしてください。

完成! 後ろ姿はこんな感じです

 

Uピンで留めるので、ピン使いが苦手という人もトライしやすいスタイルだと思います。

より華やかにしたいときは飾り付きのUピンやコームをつけてもいいですね。

 

TPOに合わせたまとめ髪を覚えよう

 

大人女性ならファッションだけでなく、ヘアスタイルも場所や目的に合わせたいもの。

プロからのアドバイスをもとに、アレンジ初心者でもサロン帰りのようなアレンジができるようになる『およばれヘアアレンジのABC』を参考にヘアチェンジを楽しんで。

プロセスはできるだけ詳細に、そして写真も大きく掲載しています。

ヘア&メイクアップアーティストの渡辺真由美さんが教えてくれる結婚式や二次会、弔事などのシーン別ヘアアレンジや、有名サロンの最旬アレンジなどバリエーションも豊富です。

 

およばれヘアアレンジのABC』主婦の友社・刊 980円+税

Amazon(印刷版)はこちら

今すぐ読めるAmazonキンドル版はこちら

楽天ブックスはこちら

hontoはこちら

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

前髪セットで目元を明るく魅力的に。40代に似合う前髪セット術3つ

アイラインが描きにくくなった、目尻にしわが増えた、目の下がくすんできた……。アラフォーになると目元の悩みがぐっと増えてきます。マッサージやコスメでたるみやシワを食…

前髪チェンジで若見え! 40代女性のオススメ前髪教えます!

最近、若い子の間で人気の高いシースルーバングやうざバング。少しでも若く見せたいからって、マネしちゃってる人がいたら大間違い! 肌がくすんで、ハリがなくなって下垂…

その髪で5歳老け見え!40代女性が今すぐやめるべき「シャンプー後の3大NG習慣」

実年齢よりもみずみずしい印象を与える「若見えの美髪」を育みたい40代女性は多いはずです。しかし、どんなに美髪ケアに意識を向けていたとしても、ちょっとしたNG習慣のせ…

ひと手間で「オバ髪」解消! 40代のヘアアレンジ4選

40歳を過ぎると、肌の衰えだけでなく、髪の老化も一気に加速。その影響なのか、これまで通りのヘアスタイルに違和感を感じてきた……。そんな感覚に陥ったアラフォー女性、多…

「ひとつ結び」を続けてわかった、脱・オバサンまとめ髪のルール

これまでひとつ結びに関する記事をたくさん書いてきました。振り返って思ったことは、「ひとつ結び」って料理でいうところの「卵料理」のような存在なのでは、ということで…

キレイな髪で新年を!40代女性に似合う美人ヘア教えます

若かりし頃は、年末最大のイベントといえばクリスマス。この日のデートに向けて24日前に美容室を予約したって人も多かったはず。でも、大人になるとクリスマスより、新しい…

脱オバさん! 結局40代女性に一番似合う最強ヘアって?【特集オトナの髪悩み】

オトナサローネで「脱オバさん」ファッション連載を担当する私は、実は元美容師です。ファッション誌でライターを始めるまでは、実家が美容師だったこともあり、美容師の国…

「顔のたるみ」をカバー!女っぷりも上がる40代の前髪とは

学生のころ、前髪が決まらないと1日憂うつな気分になっていました。今はさほど気にしませんが(笑)、やはり前髪は女性にとって命ともいえるパーツではないでしょうか。ヘ…

40代が使ってると最悪に痛い!ヘアアクセと髪のお道具

一歩外に出るとふき出す汗。駅に着くころには背中はびっしょりですよね。ボディだけでなく、もちろん頭皮も大量に汗をかいています。放っておくとニオイの元になるだけでな…

白髪が目立たない!薄毛もカバー!40代のアレンジ裏テク

ヘアアレンジをして仕上がりを鏡でチェックしたとき、「あれ!?」と焦ったことありませんか?ちらりとのぞく白髪、分け目がやけに目立つ、頭頂部が貧弱……。若い気分でいても…

ボリュームの足りないぺちゃんこオバ髪に、100均のヘアグッズで対策!

掃除グッズや収納ケースだけでなく、今はイヤリングなどアクセサリーも買える100円ショップ。最近、近所に新しい100円ショップができたので品揃えをチェックしに行ってみました。食器や日用品と並び、ヘア用品も充実…

オバさん見えする髪には「うねり」あり。40代の乾燥ヘア対策6つの心得

手の甲や足がカサカサしはじめ、そろそろ乾燥対策をしなくてはと思い始めている今日この頃。肌が乾燥しているということは、頭皮も髪も乾いているわけです。それでなくても、年齢のせいでパサつきやうねりが目立って…

前髪ナシでも小顔に見える!40代のボブ&ショート3選

年を重ねても「小顔になれる」というのは魅力的なワードではないでしょうか。OVER40になると、フェイスラインのたるみも気になり、ただ顔が小さく見えるよりもリフトアップ効果もほしいところ。日々のマッサージやハ…

薄毛が気になる40代女性は「パックリ分け目」を隠して!簡単3つのテクは?

髪がやせてきた、手触りが悪い、スタイルが決まらなくなってきた……。年々感じる髪の老化。毛量の多さに悩まされてきた私も、最近はボリュームが減ってきたなと感じ始めています。電車に乗っていると座っている人達の…

「ひとつ結びのゴム」どれを使えばいいの?ゆるまない切れない、プロの選び方は

ゴム1本でできる簡単アレンジのド定番・ひとつ結び。40代にとって「オバサン度が上がる」ので、できれば避けたいまとめ髪でもありますが、難しいことはできないし、パパッとできるお手軽アレンジとしてはやっぱりハ…

髪が多い・硬い人。スクリューピンなら「おしゃれまとめ髪」が簡単に!使いこなしテク

おだんごなどアップヘアに欠かせないアメピン。「さす方向がわからない」「させたと思ってたのに浮いてきた」「ピン1本では留まらない」など、簡単そうで扱いが難しいアイテムです。たしかに「ピン1本でOK」と書かれ…

頭皮がたるむと5歳老け見え?40代マスト「カンタン頭皮ケア」3つの新意識

アラサー女子たちの悩みは目元のシワが多いようですが、アラフォーになると気になるのはほうれい線。年々深くなってきたなと感じるにっくき線は頬のたるみが原因です。ハリを出す美容液やクリームを使ったり、マッサ…

まとめ髪が「疲れたオバさん」にならない40代のヘアアレンジって?

結婚式などお呼ばれの際はヘアサロンでセットをお願いするという人は多いと思います。40代になると同窓会のためにセットにくる人が増えるんだとか。張り切りすぎるのは恥ずかしいけれど、いつも通りも「オバさんにな…

前髪を変えるだけ!「老け見え」と「朝のめんどくさい」を解決する方法

「髪は女の命」。このフレーズを何度書いただろうというくらい、これまで使ってきましたが、「髪」というよりも「前髪は女の命」だなと最近気づきました。顔の印象を左右するのは前髪(顔まわりも含む)だし、もちろ…

暑いけど寒い!「冷房疲れ」のだるさを予防するあたためワザ5つ

例年、昼間しかクーラーを使っていなかった私もさすがにこの暑さには勝てず、ほぼ1日中クーラーを使っています。電気代を見るのが怖いのですが、一番怖いのは体の冷え。冷房による体のだるさを感じている人も多いの…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事