40代のブラックフォーマルに似合うまとめ髪とは?

2017.10.07 BEAUTY

冠婚葬祭で身につける礼服のなかで、黒いものをブラックフォーマルと呼ぶため「ブラックフォーマル=喪服」が一般的ですね。しかし、女性の場合は弔事用、慶事用と分かれていたり、兼用もあるため式典などハレの日に着る機会もあります。

そんなフォーマルなハレの日で悩むのがヘアスタイルです。落ち着きのあるヘアスタイルにするとぐっと老けこんでしまう恐れも!!

そこで、品を保ちつつトレンドを取り入れたまとめ髪をご紹介します。

 

和装にも似合うギブソンタックがおすすめ

 

40代になると友人の結婚式よりも親族の結婚式に出席する機会が増えると思います。

ゲストを迎える側として、控えめだけれど華やかさもあるスタイルを心がけたいですよね。

海外セレブから火がついたギブソンタックは、洋装だけでなく和装にもぴったり。ペタンとしがちな後頭部も自然な丸みができるので、品よく決まります。まさに40代の大人女性におすすめのスタイルです。

ヘアアクセなしでもフォルムの美しさで華やかに見えるのもいいところ。

 

崩れにくいギブソンタックのつくり方

 

難しそうと思われがちですが、セルフでもキレイに仕上がります。

モデルさんは鎖骨にかかるくらいのミディアムヘアですが、肩につくくらいの長さがあれば、このプロセスで同じようにできます。

1.サイドをねじって後ろで結ぶ

まとめやすいように毛先をアイロンかカーラーで巻き、ワックスをもみ込んでおきます。髪を巻くのは面倒と思いがちですが、ここでは重要なポイントです。この後の工程がやりやすくなるので、どんな方法でもいいので、毛先をカールさせておきましょう。

サイドの髪(耳の上の髪)をきつくねじり、後頭部でひとつに合わせて細いゴムで結びます。このとき、ねじった毛束はカーブを描くようにするのがポイントです。

 

2.毛束をねじり、毛束のロープに通す

おろした髪を3等分にします。それぞれねじり上げてでつくった毛束のロープに通します。毛先を巻いておくことで、通しやすくなり、おさまりもよくなるのです。

毛束のロープに通すことでただ毛束をねじり上げるよりも崩れにくくなります。髪が長く毛束が余る場合は、2~3回ロープに通してください。きつくロープに巻きつけるとボリュームがなくなるので、ふんわり感を忘れずに。

 

 

 

3.ギュッと押し込む

すべての毛束を通し入れたら、両手でギュッと押し込んでなじませます。

 

4.Uピンで留める

毛束を中に入れ込んだだけでは不安定なので、Uピンで固定します。ピンは巻きつけた毛束と頭皮側の毛束をはさみ込むように、上からさします。

Uピンは片側を折り曲げて使うと抜けにくくなりますよ。

 

5.毛束を引き出し整える

トップから後頭部にかけて、ペタンとつぶれて見えないように毛束を少しずつ引き出して整えます。指先でほんの少し毛束をつまんで上に引っ張るようにしてください。

完成! 後ろ姿はこんな感じです

 

Uピンで留めるので、ピン使いが苦手という人もトライしやすいスタイルだと思います。

より華やかにしたいときは飾り付きのUピンやコームをつけてもいいですね。

 

TPOに合わせたまとめ髪を覚えよう

 

大人女性ならファッションだけでなく、ヘアスタイルも場所や目的に合わせたいもの。

プロからのアドバイスをもとに、アレンジ初心者でもサロン帰りのようなアレンジができるようになる『およばれヘアアレンジのABC』を参考にヘアチェンジを楽しんで。

プロセスはできるだけ詳細に、そして写真も大きく掲載しています。

ヘア&メイクアップアーティストの渡辺真由美さんが教えてくれる結婚式や二次会、弔事などのシーン別ヘアアレンジや、有名サロンの最旬アレンジなどバリエーションも豊富です。

 

およばれヘアアレンジのABC』主婦の友社・刊 980円+税

Amazon(印刷版)はこちら

今すぐ読めるAmazonキンドル版はこちら

楽天ブックスはこちら

hontoはこちら

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク