コスパで選ぶ節約ランチ。ミートソースとペペロンチーノどっち?

ランチタイムのメニュー選びは午前中の疲れを忘れさせてくれる時間です。せっかくですからお得に楽しみたいですね。価格で安いセットを選ぶのもよいですが、コスパがいいかどうかという視点から考えてみましょう。

 

■パスタ&ドリンクセット1000円。何を選ぶ?

 

イタリアンのお店で自分な好きなパスタとドリンクを選べるセットがあったとしたら、どのような基準で選びますか?ダイエット中ならカロリーでしょうか。「今日は〇〇気分」と食べたいものを選ぶこともあるでしょう。今回は、材料費はどれくらいか(=原価)をおおよその小売店価格でコスパを比較してみましょう。

 

★対決!ボロネーゼvsペペロンチーノ★

パスタの定番ボロネーゼ。

ミートソースの材料(4人分)は、

ひき肉200g236円、

ホールトマト100円、

玉ねぎ1個70円、

ニンジン半本40円、

しいたけ3枚60円、

コンソメ等調味料30円合計536円。1人分は134円となります。

 

一方、ペペロンチーノの材料(4人分)は、

鷹の爪1本8円、

にんにく2かけ20円、

オリーブオイル等調味料35円で合計63円。1人分はおおよそ16円となります。

 

パスタは1キロ298円ほどで1人分30円をそれぞれ足して比較してみると、

ボロネーゼ164円vsペペロンチーノ46円で、ボロネーゼの原価が高いということです。

 

食材の産地やトッピングなどによって価格は異なってくると思いますが、このように比較するとコスパはどれがいいのかイメージしやすいでしょう。

 

★ドリンクのコスパは?★

スーパーで、コーラは1.5ℓ198円とするとグラスに200mlとして考えると1杯あたり26円になります。ポンジュースなど果汁100%のオレンジジュースは1ℓで258円とすると1杯あたり51円です。業務用で大量に仕入れた場合もっと単価は安くなるでしょう。このようにドリンクでは、炭酸系やお茶系より果汁ジュースのコスパがよいようです。

 

このような2種類のパスタと2種類のドリンクの選択であれば、一番コスパのよい組み合わせはボロネーゼとオレンジジュースとなります。

自分が食べたいものを選ぶのが一番ですが、どれを選ぶかでコスパはかなり違ってきます。時には経営者になったつもりで原価をイメージしてコスパのよいランチを探してみてはいかがでしょうか? 肉率・野菜率が高いものがおススメです。

 

稲村優貴子 ファイナンシャルプランナー(CFPR)、心理カウンセラー 大手損害保険会社に事務職で入社後、お客様に直接会って人生にかかわるお金のサポートをする仕事がしたいとの想いから2002年にFP資格を取得し、独立。現在FP For You代表として相談・講演・執筆業務を行い、テレビ・新聞・雑誌などのメディアでも活躍中。FP Cafe登録パートナー。

*公式ブログ 「FP優貴子のマネーライフ・エッセンス」

http://ameblo.jp/cfp-inamura/

*公式ホームページ「FP For You」

http://snowcake2013.wix.com/fp-yukiko

「(株)クレストコンサルティング」

http://www.crest-cc.co.jp

*公式facebook「FP For You」

https://www.facebook.com/fpforyoucfp

 

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

「信じられるのはお金だけ」世代!? 40代の平均貯金額とは

「信じられるのはお金だけ」という名言を残したマツコ・デラックスさん。老後のことを考えてお金を貯めているとのことでしたが、この言葉に激しく同意したアラフォー女性は…

年収300万と400万では結構違う?「お金の貯め方」のコツ

私のところには「無駄遣いを減らしたい」「お金を貯めたい、増やしたい」というご相談でやってくる40代女性が多いのですが、年収によって「お金の貯め方」のコツは違います…

お弁当越えのコスパ!「ランチ1回140円」で済ませる裏ワザ

お弁当vs外食ランチの差は一ヶ月どれくらい?仕事もプライベートも何かと忙しい40代。朝早く起きてお弁当づくりするのは大変です。話題のお店でご褒美ランチを楽しむことは…

ほったらかしでも貯まる!「お財布を休ませる」方法って?

触れない日はないといえるお財布。私たちも休みがないと疲れ切ってパワーがなくなってしまうように、お財布も休みがないとお金が貯まるパワーがなくなってしまいます。お金…

銀行口座を分けるだけで月5万貯まる?カンタン貯蓄の仕組みづくり

貯蓄は必要だと思っても、お財布にお金が入っているとついつい使ってしまうものです。かといって、我慢ばかりではストレスがたまって逆効果。貯蓄を成功させるには、手間が…

年収400万と500万、年間貯金額はこんなに違った!100万貯めるコツ

どうもお金が貯まらない、自分はムダ遣いばかりしている、そんな風に感じている方も多いのではないでしょうか? 昇給があまりされなくなった現代において、となりの人はど…

宝くじシーズン到来!高額当選した40代女性の「末路」は?

年末が近づいてくると、宝くじ売り場には一攫千金を求める人々が詰めかけ、長蛇の列になっているのを目にします。確かに、もし3億円も当たったら、夢も希望も広がりそうで…

お金のプロって「1年で100万」どう貯めるんですか?FPタケイさんの場合

OTONA SALONEでマネー記事を連載している3人のFPに、まったく同じ「1年で100万貯めてくださいと言われたら、自分ならどうしますか?」という質問しました。三者三様の貯…

月の手取り23万でも年100万円貯めた!40代女性のテクニック

1ヶ月の手取りが23万円、ボーナス37万円が年に2回、合計で1年間の手取り年収350万円。そんなに多い方ではないかもしれないこの年収で、1年間で100万円貯めた女性がいらっし…

40歳時点で必要な貯蓄額を、定年から逆算してみると…えっ500万も?

世の中の40代は貯蓄をしっかりしているだろうと周りが気になるものの、お金の話は友人にはしづらいものです。貯蓄ができないことを何年も心の片隅にあるものの、一向に貯蓄…

髪の悩みの救世主。株主優待でサロン製品をゲット!【特集オトナの髪悩み】

40代になると毛先の傷みや乾燥など髪の悩みはつきないものです。サロンでトリートメントやヘッドスパをしたいけれど結構費用もかかります。今月のOTONA SALONEの特集は「オトナの髪悩み」。今回は美容や生活の分野と…

ほったらかしでも貯まる!「お財布を休ませる」方法って?

触れない日はないといえるお財布。私たちも休みがないと疲れ切ってパワーがなくなってしまうように、お財布も休みがないとお金が貯まるパワーがなくなってしまいます。お金が貯まるための「お財布の休ませ方」を2つ…

「私なら1年100万円はこう貯める!」節約女王・FP稲村さんの削りかた

OTONA SALONEでマネー記事を連載している3人のFPに、まったく同じ「1年で100万貯めてくださいと言われたら、自分ならどうしますか?」と質問しました。三者三様の貯め方ノウハウ、いったいどんな内容なのでしょう…

プロに「マネー相談」をしてみたい。費用の相場は?5つの方法とは?

お金のことはとても気になりますが友達や兄弟・姉妹など親しい人ほど相談しにくいものです。「マネー相談」に興味はあるけれど、どうすればできるのかご存じない人も多いのではないでしょうか?マネー相談を日ごろ受…

ああ、勘違い…コレやってる人は貯まらない!お金が逃げるやりくり習慣5つ

あなたが「やりくりのつもり」でしている習慣、実はお金が貯まらない習慣かもしれません。当てはまることがあれば要注意。貯まる体質になるためにチェックしてみましょう。貯まると勘違いしている「貯まらない習慣」…

54.5%は「国内旅行」…統計でわかった50代からの過ごし方、みんなは何をしているの?

疲れ果てて一日中パジャマのままダラダラ過ごしてなんとなくおしまい・・・という週末を過ごしていませんか? 趣味を持とうと思っても今さら何をしたらよいかわからない、そんな40代の女性のヒントになるデータを紹介…

お財布も身体も激やせ⁉「断金ファスティング」の簡単な方法 

半日から数日間食事をとらずに我慢し、体内環境をリセットする、という断食「ファスティング」が話題となっています。これと同様に、「お金を使うことを断つ」という断食ならぬ「断金ファスティング」を3日すると、…

お金のプロが選ぶ「100均でホントに買っていいもの」って?

100均グッズを世界の人に使ってもらうという「ヒャッキン!」というテレビ番組を観ているとあらためて100均っていいなと感じます。年度末を迎え、引越しや模様替えで身の回りのものを新調する機会が増えてきます。家…

月の手取り23万でも年100万円貯めた!40代女性のテクニック

1ヶ月の手取りが23万円、ボーナス37万円が年に2回、合計で1年間の手取り年収350万円。そんなに多い方ではないかもしれないこの年収で、1年間で100万円貯めた女性がいらっしゃいました。どんな貯め方をしていたのでし…

貯金「永遠のゼロ」から脱出するための3ステップとは

年が明けて今年こそ貯金したい!と思っている人も多いのではないでしょうか?現金を使わずにクレジットカードや電子マネーで生活していると「お金を使っている」感覚が薄れてしまいがちです。貯金が「永遠のゼロ」か…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

MONEYに関する最新記事