コスパで選ぶ節約ランチ。ミートソースとペペロンチーノどっち?

ランチタイムのメニュー選びは午前中の疲れを忘れさせてくれる時間です。せっかくですからお得に楽しみたいですね。価格で安いセットを選ぶのもよいですが、コスパがいいかどうかという視点から考えてみましょう。

 

■パスタ&ドリンクセット1000円。何を選ぶ?

 

イタリアンのお店で自分な好きなパスタとドリンクを選べるセットがあったとしたら、どのような基準で選びますか?ダイエット中ならカロリーでしょうか。「今日は〇〇気分」と食べたいものを選ぶこともあるでしょう。今回は、材料費はどれくらいか(=原価)をおおよその小売店価格でコスパを比較してみましょう。

 

★対決!ボロネーゼvsペペロンチーノ★

パスタの定番ボロネーゼ。

ミートソースの材料(4人分)は、

ひき肉200g236円、

ホールトマト100円、

玉ねぎ1個70円、

ニンジン半本40円、

しいたけ3枚60円、

コンソメ等調味料30円合計536円。1人分は134円となります。

 

一方、ペペロンチーノの材料(4人分)は、

鷹の爪1本8円、

にんにく2かけ20円、

オリーブオイル等調味料35円で合計63円。1人分はおおよそ16円となります。

 

パスタは1キロ298円ほどで1人分30円をそれぞれ足して比較してみると、

ボロネーゼ164円vsペペロンチーノ46円で、ボロネーゼの原価が高いということです。

 

食材の産地やトッピングなどによって価格は異なってくると思いますが、このように比較するとコスパはどれがいいのかイメージしやすいでしょう。

 

★ドリンクのコスパは?★

スーパーで、コーラは1.5ℓ198円とするとグラスに200mlとして考えると1杯あたり26円になります。ポンジュースなど果汁100%のオレンジジュースは1ℓで258円とすると1杯あたり51円です。業務用で大量に仕入れた場合もっと単価は安くなるでしょう。このようにドリンクでは、炭酸系やお茶系より果汁ジュースのコスパがよいようです。

 

このような2種類のパスタと2種類のドリンクの選択であれば、一番コスパのよい組み合わせはボロネーゼとオレンジジュースとなります。

自分が食べたいものを選ぶのが一番ですが、どれを選ぶかでコスパはかなり違ってきます。時には経営者になったつもりで原価をイメージしてコスパのよいランチを探してみてはいかがでしょうか? 肉率・野菜率が高いものがおススメです。

 

稲村優貴子 ファイナンシャルプランナー(CFPR)、心理カウンセラー 大手損害保険会社に事務職で入社後、お客様に直接会って人生にかかわるお金のサポートをする仕事がしたいとの想いから2002年にFP資格を取得し、独立。現在FP For You代表として相談・講演・執筆業務を行い、テレビ・新聞・雑誌などのメディアでも活躍中。FP Cafe登録パートナー。

*公式ブログ 「FP優貴子のマネーライフ・エッセンス」

http://ameblo.jp/cfp-inamura/

*公式ホームページ「FP For You」

http://snowcake2013.wix.com/fp-yukiko

「(株)クレストコンサルティング」

http://www.crest-cc.co.jp

*公式facebook「FP For You」

https://www.facebook.com/fpforyoucfp

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク