「この年で恋愛なんて面倒」と言い放つ男が隠しているホンネって?

「彼女は欲しいけど、女性と向き合うのって大変」

独身の40代男性の中には、「恋愛は面倒くさい」と考える人が少なくありません。今のままじゃマズいのはよくわかっているけど、幸せを掴むまでの行程がどれほど長いかを身をもって経験してきたからこそ、今さら恋愛を楽しもうという気持ちになりにくいのですね。

そんな40代の独身男性の心を動かしたのは、「あなたが良い」というシンプルな気持ちでした。

 

「肩書も年収も、あなたの価値を決めないから」

— 3つ年下の彼女は、昔勤めていた会社の取引先の社員でした。いつも笑顔で話しかけてくれて、好きな小説家が同じで話が盛り上がったときはすごく嬉しかった。

本当は食事に誘いたかったけど、もし断られたら後が気まずくなると思ってずっと彼女の会社に出向いたときだけ会話するような間柄。個人的な連絡先を聞くのも良いタイミングがなくて、淡い恋心を持ったままずっと過ごしてきました。

もう何年も彼女のいない生活をしてきて、いい加減何とかしなくちゃ、それならその女性しかいないと思っても、不器用で鈍感な僕は女性の気持ちに疎くて、上手くいかなかった思い出ばかり。女性と向き合うのは精神力も経済力も体力も要る。

そのパワーをもう一度持つと思うと、「もしこれでまた失敗したら、もう立ち直れないかも」とネガティブな気持ちばかり湧いてきて、最後はもういいやと面倒になってしまって・・・。要は自分が可愛いだけなんですけどね。

会話ができるだけマシだと思っていたんだけど、会社の上司が変わってからひどいパワハラを受けるようになり、だんだん仕事がつらくなってきた。彼女も元気のなさを心配してくれたけど、社内のことはどうしようもなかったです。

ついにこれ以上は働くのが難しいというところまで追い詰められて、退職を考えたとき。

もう会えなくなるならと事情を話して、「あなたがいてくれたおかげでこれまでがんばれた。ありがとう」と伝えると、なんと彼女が泣き出してしまって。

「仕事がつらそうなのは見ていてわかっていた。でも私にできるのは来てくれるあなたにお菓子を差し入れることくらいしかない」

もし嫌じゃなかったら、連絡先を教えてくれませんか。そう彼女に言われたとき、何でもっと早く訊かなかったんだろうと本当に後悔しました。

「会社を辞めても、あなたはあなた。肩書も年収も、私にとってあなたの価値を決めるものじゃないから」

「私はあなたが良い」と真っ直ぐ伝えてくれる彼女の心が本当に嬉しかった。面倒くさいからと尻込みしていた自分が恥ずかしかったです。

今は別の会社に転職して穏やかな毎日を過ごせているけど、今も隣にいてくれる彼女には本当に感謝しています。もうすぐプロポーズする予定です。(43歳/営業)

 

ネガティブな思い込みがサインを見逃す

 

女性との付き合いは大変で面倒くさいから、今のままでいいや。

そんな投げやりにも見える気持ちの下には、受け入れてもらえなかったら傷つくことを恐れる自分がいます。特に40代は「これでダメだったら後がない」と思いがちです。そんな思いをするくらいなら、下手に動いて恥をかくのは避けようとします。

ですが、上のケースのように、女性側も同じく恋心を持っていたとしたら。「現状維持」にばかり意識を向けていた彼は、自分が甘いものを好きだと知っている女性がわざわざ手作りのお菓子を差し入れしてくれることにも、嬉しいとは思っても特別な意思を感じられずにいました。

男性を想う自分の気持ちが届いていないことを知った彼女は、彼が会社を辞める段階になってやっと、連絡先の交換を提案しました。本当は、いつ男性のほうから尋ねてくれるか待っていたはずです。彼女の涙には、もう会えなくなることの恐れ、お礼だけを言って去ろうとする彼への寂しさ、いろんな感情が込められていたのではないでしょうか。

これから無職になろうとする自分に向かって、「あなたが良い」とストレートに伝えてくれる女性。このとき彼は「『ずっと好きでした』と自然に出てきたよ」と言っていました。

遠回りになったのは、「自分なんてどうせダメだろう」という一方的な思い込みがあったから。今まであまり恋愛で幸せな経験をしてこなかった40代男性は特に、目の前に好きな女性がいてもサインを受け取るのが下手とも言えます。

 

意外に多い「目をそらす」タイプの男性

案外こういう男性は多く、痛みを引きずって生きていくことから目をそらして恋愛を遠ざけようとします。「仕事が忙しいし」「趣味が楽しいし」と言い訳しながら、自分の人生から恋愛の喜びを排除してしまうのは、非常にもったいないことだと思います。

ですが、彼らは決して人を好きになることそのものまで諦めているわけではありません。好意を向けられることだって嬉しいし、ただその受け取り方、返し方が上手くいかないだけだったりするのです。

こんな男性を好きになったら、女性のほうから積極的に動いていく必要があります。恋心を育てるのは、いつだって「あなたを受け入れています」という素直さ。

「あなたが良い」というシンプルな魔法で、男性の心の扉を開いてあげてくださいね。

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

【みんなが言わない秘密の話】40代女性が本当に男性と出会える場所は◯◯だった!

何年も彼氏がいない友人から、よく聞くのが「気づけば40代で、いまだ独身。どこで男性と知り合えばいいの!?」という話。確かに周りには既婚が増えてきて、自然な出会いが…

【男の本音】40代女性はあなたの恋愛・結婚の対象になりますか?

別に悪いことをしてきたわけでもないのに、ただ年齢を重ねたというだけで男性に対してどこか引け目を感じてしまう、そんな瞬間はありませんか?40代になるとだんだんと若々…

【男性心理】浮気に走る本当の理由は◯◯だった!?浮気しやすいタイプも解説

働き盛りの30~40代の男性たち。仕事にも余裕が出てきて、浮気をする時間もお金も持っているので、さまざまな女性と交流するチャンスもゴロゴロ。前回の浮気されやすい女性…

僕たち、独女のコレに弱いです!男性が思わず「ムラムラする瞬間」3つ

思いもしなかった瞬間に欲に襲われることって、ありますよね。40代独女のどんな姿にムラムラする? と男性に尋ねてみたところ、ズバリ「無防備な姿」にやられる、という声…

【男性心理】40代バツイチ男を落とすコツと、選ばれる女になる理由とは?

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返る連載第2…

いちばん「冷たい男」が多い血液型って…? ダントツでアノ型でした!

交際している恋人に対し「こんなに冷たい人だったなんて……」と、愕然とした経験はありますか?お付き合いに至る前には優しい男性でも、“自分のもの(!)”になった途端に、…

優しい男性がいちばん多い血液型って?なんとアノ血液型でした!

「お付き合いするなら優しい男性がいい!」「結婚するなら、妻に優しい男じゃないと」と思っている女性のみなさん。優しい男性は、どんな血液型に多いと思いますか?今回も…

【男性心理】40代バツイチ男と結婚するために大切なこと

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返ります。

【男の本音】美人じゃないのに「なぜかモテる女」8つの特徴

あなたの周りにも、美人でもスタイルが良くもないのに、なぜか男性からモテたり、彼氏が途切れないタイプの女性はいませんか? かたや、美人で仕事もできてスタイルバツグ…

いちばん浮気性な男が多い血液型って…?ぶっちゃけアノ血液型です!

「浮気性な男だけは掴みたくない!」と思っている女性は多いもの。40代になってまで、ハラハラする恋愛トラブルには巻き込まれたくない本音だってあります。では、浮気性な…

隣にいるのが恥ずかしい!40代独女の「お会計のとき」これは無理と思う態度

たとえば、気の合う友人と食事に行ったとき。おしゃべりも弾んで料理も美味しかったけど、いざお会計になってレジの前でお互いが払う料金をモタモタと確認し合う。こんな「間の悪さ」は、周りの人にとってうんざりす…

この秋試したい!カラカラに乾いたアラフォー肌を救う”乳液先行”スキンケア

秋の気配も深まり、もう少しであのカラカラな空気に苦しむ冬がやってきます。季節の変わり目は肌の調子が不安定になりやすいもの。普段は混合肌の筆者ですが、早くも乾燥が気になり始めました。仕事に家庭に、何かと…

[PR]

これが彼女ならマジで勘弁!レストランで見た「絶対に一緒にいたくない」40代独女って?

男性にとって、彼女ができれば過ごしたいのが、カフェやレストランで美味しいものを楽しむ時間。でも、マナー違反や悪目立ちするような振る舞いが平気でできてしまう40代独女なら・・・!?「こんな女性とは一緒に行…

両思いと思い込んで…40代独女がやらかした「イタい恋愛アプローチ」3つ

好きな男性がいると、自分の存在をアピールしたくなる40代独女も多いでしょう。もちろん片思いを進めるためにはアプローチが大切ですが、それも程度が肝心。やりすぎたり方向を間違えたりすると、うまくいっていると…

「好き」ってなに?40代独女が陥る「恋愛感情がわからない」悩み

いつだって、恋愛は「簡単」だと思っていた。今ひとりなのは、いい人と巡りあえていないだけ。そう思っていたのに、いざ気になる人ができるとなかなか積極的になれない。……あれ? 「好き」ってこんな気持ちだったっ…

え、これもNGマナー!?40代独女が引かれた「秋デートの失敗」

秋の気配が進む10月。暑さはすっかり収まり、外でのデートが楽しくなる季節ですね。好きな男性とお出かけするのはいいけど、やはり気をつけたいのは人前でのマナー。秋は、紅葉を楽しむドライブデートに美味しいもの…

あ、これ面倒くさいやつ。男性がドン引きした40代独女の「オフィスでの無茶な駆け引き」

男性にとって、仕事は自分の関心を大きく占める大切なもの。当然、ミスはしたくないし良い結果を出したいと日々頑張っています。そんな中で、堂々と恋愛をオフィスに持ち込んで振り回してくるような40代独女は、何よ…

あ、これは信用できないサイン。「浮気しそうな40代独女」と年下男子が思う特徴3つ

恋に年齢は関係ない。でも、浮気する危険のある人を恋人にはしたくないですよね。年下男子が話す「この人、浮気しそう」と思う40代独女には、「信じるのが不安」になる一面があります。恋は信頼関係が築けないと続き…

年下男子は見た!ドン引き不可避な40代独女の「二度と一緒に飲みたくない振る舞い」3つ

仕事の打ち上げであったり、友人たちとのパーティであったり。人が集まる場では年代に関係ない交流が楽しいですよね。が、気をつけたいのはお酒が入るとき。飲みすぎて思わぬ失態をさらしてしまうと、周りにいる人た…

お目当ては私じゃなくて友人だった…?40代独女が抱える「恋のトラウマ」3つ

アラフォーでも、周りには素敵な恋愛を楽しんでいる人がいっぱい。私も誰かを好きになりたい。でも、昔のトラウマが忘れられずに恋をするのが怖い……。恋愛から離れて何年も過ごしていると、改めて男性と向き合うこと…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LOVEに関する最新記事