「5000円で送料無料」の通販、いくら以上買えば損しない?

同じ物を買うのなら、少しでもおトクに買いたいのは当たり前。そんな気持ちに付け込んだ、「おトクもどき」を知っていますか?

買う前に気づけばいいのですが、買った後にわかってしまったら、しばらく立ち直れないかもしれないですね。そんな目にあわないように、今回は、買ってはいけない「おトクもどき」をリストアップします。

 

セットでおトク? まとめ買いの罠

必要なのは一つなのに、何個かまとめて売っていると割安に思って買ってしまうことはありませんか。

 

・1個120円のリンゴが、3個で300円。

・1箱250円のチョコレートが、4箱で850円。

・1本2000円のローションが、600円のハンドクリームとセットで2300円。

 

確かに一つずつ買うより安くなりますが、必要でないものを買っているとしたら、それは損をしています。食べきれず捨ててしまったり、味が落ちてから食べることになったり、あまり趣味ではない香りのハンドクリームだったら、決して安い買物ではありません。

買物は必要なものだけ、選んで買うようにしましょう。

送料無料、金利サービスでおトク? 通販の罠

インターネットショッピングやテレビショッピングは、見ているだけでも楽しいものです。でも、無防備に楽しんでいると「買わなきゃ損」と思わされてしまうこともあります。

 

・5000円以上購入で送料無料のダイエット食品

・分割払いの金利0%の大型テレビ

・よりどり3点で2万円のインテリア雑貨

 

5000円以上で送料無料なら、送料だけを考えると、5000円よりもたくさん買えば買うほどおトクです。運ぶ荷物が、どんなに重くても、どんなに大きくなっても送料無料なのですから。宅配便で荷物を送る時、重くて大きい荷物は送料が高くなることを思えば、たくさん買ったほうがおトクだとも言えます。

でも、コスパで考えたらジャスト5000円がおトクです。なぜなら、こういう場合は、送料はあらかじめ製品代金に含まれているものだからです。つまり、たくさん買うと、それだけ製品代金に含まれた送料を払っているわけです。そして、少ししか買わないと、製品代金に含まれている送料と、無料にならない送料の両方を払うことになるのでもったいないですね。

通信販売の送料や金利のサービスなどは、いらないものまでつい買ってしまう仕掛けなのです。おトクだから買うのではなく、本当に欲しいものを買いましょう。

値下げでおトク? 修正された定価の罠

バーゲンセールで並んでいる品物の値札には、最初の値段(=定価)が書かれていて、そこに赤い二重線が引いてあり、定価より安い金額に修正されているのをよく見かけます。この時、修正された定価に気持ちが引きずられ、安いと思わされてしまうことに注意しましょう。

 

・定価5万9000円のスーツが、今なら3万2000円

・定価3万円の英会話教材が、今なら1万8000円

 

物の値段は、売る側と買う側の価値観のバランスで決まります。定価5万9000円のスーツは、その値段では誰も買わないから値下げをしているのです。つまり、買う側にとっては、5万9000円の価値はないということ。それなのに、「本当は5万9000円の物がこんなに安い!」と思ってしまってはいけません。

買物の時は、自分にとって、その品物の価値がどのくらいなのかを見極めることが大切。おトクな物とは、自分が考える価値よりも安く売られている品物のことです。

 

売る側は、なんとか買ってもらおうと、あの手この手を使ってきます。でも、買うかどうか決めるのは他でもない自分自身。「おトクもどき」にだまされないように気をつけて、お買物を楽しみましょう。

 

 

(FPCafe登録パートナー   タケイ啓子

 

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

「信じられるのはお金だけ」世代!? 40代の平均貯金額とは

「信じられるのはお金だけ」という名言を残したマツコ・デラックスさん。老後のことを考えてお金を貯めているとのことでしたが、この言葉に激しく同意したアラフォー女性は…

年収300万と400万では結構違う?「お金の貯め方」のコツ

私のところには「無駄遣いを減らしたい」「お金を貯めたい、増やしたい」というご相談でやってくる40代女性が多いのですが、年収によって「お金の貯め方」のコツは違います…

お弁当越えのコスパ!「ランチ1回140円」で済ませる裏ワザ

お弁当vs外食ランチの差は一ヶ月どれくらい?仕事もプライベートも何かと忙しい40代。朝早く起きてお弁当づくりするのは大変です。話題のお店でご褒美ランチを楽しむことは…

気付けば貯金が300万円!年収300万円会社員が実行した3つのルール

貯金とは、「楽しみの先延ばし」です。お金を使わないでいることは、何かを我慢することになります。たとえば、新しい服とか、新しい家電とか。そういったものを得られる楽…

ほったらかしでも貯まる!「お財布を休ませる」方法って?

触れない日はないといえるお財布。私たちも休みがないと疲れ切ってパワーがなくなってしまうように、お財布も休みがないとお金が貯まるパワーがなくなってしまいます。お金…

40代は借金世代!? 40代の平均「住宅ローン」残高とは

40代で住宅ローンを抱えている人の平均残高はいくらくらいなのだろう? 先日、アラフォーのときに都内の2LDKマンションを購入した知人の40代後半独女が「今年じゅうには住…

年収400万と500万、年間貯金額はこんなに違った!100万貯めるコツ

どうもお金が貯まらない、自分はムダ遣いばかりしている、そんな風に感じている方も多いのではないでしょうか? 昇給があまりされなくなった現代において、となりの人はど…

銀行口座を分けるだけで月5万貯まる?カンタン貯蓄の仕組みづくり

貯蓄は必要だと思っても、お財布にお金が入っているとついつい使ってしまうものです。かといって、我慢ばかりではストレスがたまって逆効果。貯蓄を成功させるには、手間が…

通勤にバス定期券を買うと月に2,390円も損?知らなかった「バス特」活用

通勤にバスを利用している方も多いのではないでしょうか。バスも会社から定期代が支給されているから、と鉄道と同様に定期券を購入していませんか。実は損をしているかもし…

月の手取り23万でも年100万円貯めた!40代女性のテクニック

1ヶ月の手取りが23万円、ボーナス37万円が年に2回、合計で1年間の手取り年収350万円。そんなに多い方ではないかもしれないこの年収で、1年間で100万円貯めた女性がいらっし…

50代になる前に、清算しておくべきお金のこと3つ

50代になると、いよいよ老後の暮らしが現実的になってきます。身の回りのあれこれを断捨離するなど、いらないものを整理して身軽になると同時に、老後への貯えもさらにすすめていきたい年代です。その大切な50代に、…

「1000万円貯蓄する人が買わないもの」とは?ごくごく普通な3つの答え

貯蓄をするなら、1000万円を目標にする人が増えています。40代で、1000万円以上の貯蓄がある人は20.2%*。この数字からは、決して無理な金額ではないようにも思えます。しかし、1000万円の貯蓄をする人は、そうでは…

貯金を短期で一気に増やしたい!1ヶ月で10万以上貯めるコツ10連発

暮らしを改めて、これからはずっと節約をしていけば貯金は増える、と頭では分かっていてもそれはちょっと大変そう。そう思ってなかなか節約生活に切り替えられない人は少なくありません。それなら、期間限定で節約し…

40代独身の平均貯金額が936万って本当?全然足りない私はどうすればいい?

大人の女性であれば、あふれる情報に振り回されすぎることもなく、自分のペースで着々と貯金をしている方が多いようです。人は人、自分は自分、という価値観は大切ですが、そうはいっても気になるのが他の人の貯金事…

40代で1000万円貯める人が2割もいる?コツは「自動」と「移動」

40代の平均貯蓄残高は588万円(金融広報中央委員会、「家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査](平成28年)」)。その2倍近くの1000万円を貯めるのは、とてもハードルが高いように思えますが、本当にそ…

【お金の失敗】40代のダメ貯金と、成功した貯金を分析してみたら…?

貯蓄法は数々ありますが、残念ながら成功するとばかりは限りません。頑張ったのに失敗した時のやるせなさは、実際にお金が貯まっていない現実とあいまって、心身ともにダメージを与えます。今回は、FPとしてさまざま…

【勝手に貯まるオンナ】頑張らないでも貯金が増える!5つのチェックリスト

貯蓄を頑張っても貯まらない女性もいる一方で、頑張らなくても貯まる女性もいます。自分は貯まる女性なのか、気になる方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、5つの設問を用意しました。設問に答えることで、…

貯金が苦手な人必見!40代からの「貯まる家計簿づけ」のコツって?

家計簿をつけていても、お金はなかなか貯まらないと思っている人は少なくありません。一念発起してつけはじめた家計簿も、効果が見えてこないと続かないものです。しかし、貯蓄のためには支出のコントロールは必須。…

ほっといてもお金が寄ってくる!お金に好かれる意外な「3つの口ぐせ」

昔から、「金は天下のまわりもの」と言われますが、自分のところにはあまりまわってこないなぁ、と感じている人もいるのではないでしょうか。自分のところに、より多くまわってくるためにできることは数々ありますが…

「節約疲れ」にサヨナラ! 楽しくお金を貯める3つの心得

節約は大切です。こまめに節約することで、支出を抑えて貯蓄を増やしたいですね。しかし、いつも節約をしていると、いつの間にか疲れてしまいます。疲れをそのままにしていると、ある時我慢の限界がきて、一気に節約…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

MONEYに関する最新記事