たった1回の電話でドン引き!男性が着信を嫌がるタイミング3つ

今は、ちょっとした連絡ならLINEでコミュニケーションする時代になりましたが、40代以上の方だと「LINEより、やっぱり電話のほうがいいわ」と、お気に入りの男性には電話でお話をしたがる女性も決して珍しくないようです。

しかし、LINEでのやりとりが主流な時代だからこそ、不用意な電話は、男性のドン引きを誘うこともあります……!

「えっ? いつも狙った男性には電話しちゃってたけど……。うまくいかないのは、もしかして電話のせいでしょうか!?」と、ドキッな40代女性のみなさま、こんにちは。並木まきです。

今回は、40代以上の男性が、女性から電話されるのを嫌がることの多いNGなタイミングを3つご紹介します。

 

NG1:LINEして「返信がないから」と電話をしてしまう

電話をかける前に、事前にLINEで「今、電話して平気?」と確認をする人も増えた昨今ですが「返信がないから」と未読なのに電話しちゃう女性は、男性から見てかなり“前のめり”に見えています。

確認をしたのに返信がないということは「忙しくてそれどころではない」、あるいは「電話に出たくないから既読または未読のまま放置している」の可能性も高め。

スマホを見たら、LINEの事前確認と不在着信がWで残るだけに、いきなりコールするよりも“しつこい”雰囲気を与えやすく、男性からは不評だったりもします。

「うわー。この女性は、かなりしつこいタイプだなぁ」などと思われれば、せっかくの恋も撃沈!

 

NG2:いまなら出られるかな?ランチタイム

仕事をしていている最中、どうしてもお気に入り男性の声が聞きたくなって「ランチタイムなら出られるはず」と、しょっちゅうコールするのも、男性をゲンナリさせる電話の典型です。

仕事に脂が乗っている40代以降の男性には、一般的なランチタイムでも、仕事に追われている人だって少なくありません。

それでも、デキるビジネスマンほど「LINEじゃなく電話してくるってことは、緊急の用事かな?」などと気を回し、忙しい合間をぬって電話に出てくれるもの。

ところが、電話するほどのたいした用事ではなかったことが判明した途端に、言いようのないうっとおしさを抱く男性も珍しくないのです!

「この子と交際したら、毎日電話がかかってくるのか……」とゲンナリさせてしまえば、進展のチャンスを逃すことに。

 

NG3:深夜の酔っぱらい電話は誰でも迷惑

お酒を飲むと、好きな男性の声を聞きたくなってしまうのも、女性の心理ではないでしょうか。

アルコールのせいで自制が効かなくなり、普段より大胆な行動に出てしまう方だっていますよね。

ところが、深夜のコール、それも酔っ払った声でかかってくる電話には、無条件に嫌悪感を示す男性も多め。

彼女ならともかく、まだ付き合っていない女性からコレをしてしまえば、それまで順調に進み始めていた関係を、たった1度の電話でぶち壊しにするほどの破壊力があるのも真実です。

「彼は、いつも遅くまで起きているはずだから」などとご機嫌で電話しても、深夜の酔っ払い電話ほど男性にとって迷惑なコールはないのです!

「もしかして……、酒乱!?」の疑惑を持たれれば、面倒くさい女のレッテルを貼られることにも。

 

お気に入りの男性とは、LINEだけでなく電話でも連絡を取りたくなるものですが、彼らが嫌がるコールをしてしまえば、順調に進んでいた関係にも暗雲が立ち込めます。

電話のせいで、男性に「この女性とは、感覚がちょっと違うな」と思わせてしまうことのないよう、心当たりのある方はくれぐれも気をつけて!

ちょっとした用件なら、電話よりLINEで連絡するほうがスマートな時代です。

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

【男の本音】40代女性はあなたの恋愛・結婚の対象になりますか?

別に悪いことをしてきたわけでもないのに、ただ年齢を重ねたというだけで男性に対してどこか引け目を感じてしまう、そんな瞬間はありませんか?40代になるとだんだんと若々…

【男性心理】浮気に走る本当の理由は◯◯だった!?浮気しやすいタイプも解説

働き盛りの30~40代の男性たち。仕事にも余裕が出てきて、浮気をする時間もお金も持っているので、さまざまな女性と交流するチャンスもゴロゴロ。前回の浮気されやすい女性…

【男性心理】40代バツイチ男を落とすコツと、選ばれる女になる理由とは?

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返る連載第2…

僕たち、40代女性のコレに弱いです!男性がムラムラする「○○な瞬間」3つ

思いもしなかった瞬間に欲に襲われることって、ありますよね。40代独女のどんな姿にムラムラする? と男性に尋ねてみたところ、ズバリ「無防備な姿」にやられる、という声…

いちばん「冷たい男」が多い血液型って…? ダントツでアノ型でした!

交際している恋人に対し「こんなに冷たい人だったなんて……」と、愕然とした経験はありますか?お付き合いに至る前には優しい男性でも、“自分のもの(!)”になった途端に、…

【40代編集長の婚活記#20】結婚できない40女は〇〇が多すぎる!?

44歳・独身・恋人いない歴7年。特に「結婚しない」とも「結婚したい」とも思っていなかったが、気づいたら40代で独女だったというOTONA SALONE編集長アサミが婚活を始めて…

優しい男性がいちばん多い血液型って?なんとアノ血液型でした!

「お付き合いするなら優しい男性がいい!」「結婚するなら、妻に優しい男じゃないと」と思っている女性のみなさん。優しい男性は、どんな血液型に多いと思いますか?今回も…

【男性心理】40代バツイチ男と結婚するために大切なこと

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返ります。

【40代編集長の婚活記#10】モテ服メイクのルールを全部守ってみた

44歳、未婚独身、ペットなし、会社員。「どうして結婚しなかったんですか?」と聞かれても「別に……」とかつての某女優さんのようにしか言いようがない編集長アサミでござい…

いちばん浮気性な男が多い血液型って…?ぶっちゃけアノ血液型です!

「浮気性な男だけは掴みたくない!」と思っている女性は多いもの。40代になってまで、ハラハラする恋愛トラブルには巻き込まれたくない本音だってあります。では、浮気性な…

プラス10歳老け見えも…!? 確実に「うっかりオバ見え」を招くベースコスメ3選

使っているコスメによって「年齢以上のオバ見えを招いていた……!」なんて事態になれば、悔やんでも悔やみきれません。これまでの連載では、「この3色がワナ!40代の“うっかりオバ見え”ナチュラルチーク」「これがワ…

まさか使ってないですよね…?「うっかりオバ見え」を招く眉メイクアイテム4選

「うっかりオバ見え!」の原因が、デイリー使いのコスメにあるとしたら、だいぶショックです。これまでの連載では、「この3色がワナ!40代の“うっかりオバ見え”ナチュラルチーク」「これがワナ!“うっかりオバ見え”…

誤解なのに…「僕のほかにもパートナーがいそう」と思われる40代女性のLINE

誤解であっても事実であっても「この女性は、ひょっとして二股をかけようとしているのではなかろうか」と一度男性に思わせてしまえば、その後、あまりいい展開は望めなくなります。他方、真剣にパートナーを探してい…

「残念な眉メイク」になってない?40代にありがちな3大NGはコレ

「あの人、眉を描くのが下手すぎる」なんて思われていたら「だいぶショック」です。昨今はまだまだナチュラルメイクがトレンドですが、眉は顔の印象を大きく左右するパーツだけに、ちょっと失敗しているだけで「残念…

騙されたと思ってやってみて!40代の「マスカラ下手」が治るちょいコツ3つ

「マスカラを使うと、どうしてもダマになってしまって」や「マスカラの“ちょうどいいボリューム”が、わかりません」などの理由から、40代になってから“マスカラ離れ”をしてしまう女性も少なくありません。他方、若い…

口まわりのニキビ、40代はどうカバーする?「オバ見え回避」のコンシーラー術

口のまわりにブツブツが出てしまって、ファンデーションを塗ってもなかなかの主張をしている……。こんなシチュエーション、40代女性ならお心当たりがある方も、少なくないのではないでしょうか。かくいう私も、この原…

スッピンを諦めない! 「ノーファンデなのに美肌」を目指す40代の4つのマスト

ナチュラルメイクが流行を超えて定番となっている昨今だけに、40代のメイクでも“厚塗り感”や“白浮き感”のあるベースメイクは、ご法度とされがち。しかし、年代的に“スッピン”には自信がなくなってくる女性も少なくあ…

チーク下手な40代は必見! 誰でも「オバサンくさくならない」チークメイク3つのコツ

濃すぎても薄すぎても、“オバサンっぽさ”に繋がりやすいパーツメイクと言えば、真っ先に「チーク」が挙げられます。と同時に「私って、本当にチーク使いがヘタだわ……」と頭を抱えている40代も意外と多く「チークを使…

「この女、育ちが悪い…」一発ジャッジに繋がる40代女性のデンジャラスなLINE

40代にもなって身近な人から「育ちの悪い女だなぁ……」なんて思われるのは「とても不名誉」だと感じる女性は多いのではないでしょうか。しかし男性たちは、恋のお相手を探しているときほど「この子は、どんな背景があ…

アイライン下手すぎ…? 脱「ケバすぎオバサン」、ナチュラルに描く3つのコツ

「アイラインを描くと、どうもケバくなってしまう……」と頭を悩ませている40代女性って、意外と少なくありません。しかし若い頃と比べれば、自分比で目元の印象が弱くなってくる年代でもあるだけに、アイラインをデイ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

LOVEに関する最新記事