不倫している男ってこんなタイプ!「危険で意外な」3つの共通点

この秋、私は立て続けに、複数の女性から“不倫”にまつわるご相談を受けました。

「彼が離婚するって言いながら、離婚してくれない。クリスマスまでには離婚できればいいけど……」、「いつかは一緒にって話しているんだけど、待ちくたびれちゃった」、「奥さんにバレないように付き合うのって、ストレス!」などなど……。

“不倫”は家庭がある男性との交際ですから、妻の立場からすると、卒倒するほどインパクトが強いお話なのですが、独身女性たちから不倫に関係する相談を受けるたびに、巷での不貞の数に驚きつつ「不倫する男性って、傾向がある!」と、確信しつつある私。

いつも「魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を専門とする」なんて言っているから、不倫のご相談も多いのかも? こんにちは、並木まきです。

今回は、いつもとは少し趣きを変えて、私が知る“不倫している男性の危険な共通点”をお話します。

 

1:上場していない会社の経営者

不倫に走っている男性の職業には、上場していない会社の経営者が意外にも少なくないことに驚かされます。

創業者もしかりですが、2代目や3代目として家業を継いでいる男性にも、意外と不倫夫が多い印象を受けています。

金銭的に余裕があり、かつ厳しい監視がない“一国一城の主”であることから、企業に勤めている男性よりも時間が自由になりやすい点が、大きく関係しているのかもしれません。

なかには、妻を経理として働かせながら、自分は“経費”を使って愛人とホテルに泊まっている夫もいて、驚愕しました。

 

2:初回の不倫で終わることはまずない(つまり、何度も不倫している)

 

不倫相手のお話を女性から伺うと、「今の不倫が初めてではない」という男性が多いことにも驚きます。

「不倫はしてはならないこと」なのは言うまでもありませんが「結婚したあとに運命の相手と出会ってしまって、やむを得ず……」の流れではなく、不倫が常態化している男性も少なくないのです。

愛人の立場にある女性から「私の前の人は、離婚を待ちきれずに別れたみたいだけど」「前の彼女(?)は若かったから、結婚は考えなかったみたい」などと、まるでシングル恋愛の元カノ話をするかのように出てくる過去の愛人に関する話題。

こんなお話を聞くたびに「“不倫するのを悪いと思っていない男”と出会っちゃったのが、運の尽き……?」などと、愛人の立場にある女性に少し同情的になるのは、私だけではないはず。

「独身時代に、人妻と付き合っていて寂しい思いをした」などとトンデモ発言をした不倫夫も知っていて、こういう男性は、一般的な人々よりも不倫への罪悪感がないから、浮気ができるのでしょう……。

 

3:性格は短気で寂しがりやで嫉妬深い

 

不倫関係にあれば、なんとなく“負い目”があって愛人の女性にはさぞかし優しい男性が多いのだろうと思いきや、そうでもない実態も多々耳にします。

「彼のヤキモチがすごくて」「お食事会に行ったのがバレると彼が怒るので、ダメなんです」など、結婚していることを棚に上げて、女性を縛っている不倫夫のなんと多いことか。

そもそも不倫に走る夫には、妻の愛だけでは満足できず、“もっと愛して欲しい症候群”のような男性も多いのかもしれません。

そして、自分だけに注目していてほしいのか、短気で寂しがりやで嫉妬深い不倫夫も目立ちます。

 

それぞれの女性はまったく別の男性と不倫しているはずなのですが、お話を聞いているうちに、まるで同じ相手と不倫しているかのように、似通ったタイプの不倫夫が浮かんでくることもあります。

言い換えてみると、こんなポイントに当てはまる男性ほど、結婚後には不倫に走るリスクが高くなるのかも。

今回お話した点は私が聞いたお話をもとにしているので、「このすべてに当てはまるから必ず不倫に走る」というわけではありませんが、みなさまの恋人や夫は大丈夫そうでしょうか。

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

【男の本音】40代女性はあなたの恋愛・結婚の対象になりますか?

別に悪いことをしてきたわけでもないのに、ただ年齢を重ねたというだけで男性に対してどこか引け目を感じてしまう、そんな瞬間はありませんか?40代になるとだんだんと若々…

【男性心理】浮気に走る本当の理由は◯◯だった!?浮気しやすいタイプも解説

働き盛りの30~40代の男性たち。仕事にも余裕が出てきて、浮気をする時間もお金も持っているので、さまざまな女性と交流するチャンスもゴロゴロ。前回の浮気されやすい女性…

【男性心理】40代バツイチ男を落とすコツと、選ばれる女になる理由とは?

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返る連載第2…

僕たち、40代女性のコレに弱いです!男性がムラムラする「○○な瞬間」3つ

思いもしなかった瞬間に欲に襲われることって、ありますよね。40代独女のどんな姿にムラムラする? と男性に尋ねてみたところ、ズバリ「無防備な姿」にやられる、という声…

いちばん「冷たい男」が多い血液型って…? ダントツでアノ型でした!

交際している恋人に対し「こんなに冷たい人だったなんて……」と、愕然とした経験はありますか?お付き合いに至る前には優しい男性でも、“自分のもの(!)”になった途端に、…

【40代編集長の婚活記#20】結婚できない40女は〇〇が多すぎる!?

44歳・独身・恋人いない歴7年。特に「結婚しない」とも「結婚したい」とも思っていなかったが、気づいたら40代で独女だったというOTONA SALONE編集長アサミが婚活を始めて…

優しい男性がいちばん多い血液型って?なんとアノ血液型でした!

「お付き合いするなら優しい男性がいい!」「結婚するなら、妻に優しい男じゃないと」と思っている女性のみなさん。優しい男性は、どんな血液型に多いと思いますか?今回も…

【男性心理】40代バツイチ男と結婚するために大切なこと

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返ります。

【40代編集長の婚活記#10】モテ服メイクのルールを全部守ってみた

44歳、未婚独身、ペットなし、会社員。「どうして結婚しなかったんですか?」と聞かれても「別に……」とかつての某女優さんのようにしか言いようがない編集長アサミでござい…

いちばん浮気性な男が多い血液型って…?ぶっちゃけアノ血液型です!

「浮気性な男だけは掴みたくない!」と思っている女性は多いもの。40代になってまで、ハラハラする恋愛トラブルには巻き込まれたくない本音だってあります。では、浮気性な…

プラス10歳老け見えも…!? 確実に「うっかりオバ見え」を招くベースコスメ3選

使っているコスメによって「年齢以上のオバ見えを招いていた……!」なんて事態になれば、悔やんでも悔やみきれません。これまでの連載では、「この3色がワナ!40代の“うっかりオバ見え”ナチュラルチーク」「これがワ…

まさか使ってないですよね…?「うっかりオバ見え」を招く眉メイクアイテム4選

「うっかりオバ見え!」の原因が、デイリー使いのコスメにあるとしたら、だいぶショックです。これまでの連載では、「この3色がワナ!40代の“うっかりオバ見え”ナチュラルチーク」「これがワナ!“うっかりオバ見え”…

誤解なのに…「僕のほかにもパートナーがいそう」と思われる40代女性のLINE

誤解であっても事実であっても「この女性は、ひょっとして二股をかけようとしているのではなかろうか」と一度男性に思わせてしまえば、その後、あまりいい展開は望めなくなります。他方、真剣にパートナーを探してい…

「残念な眉メイク」になってない?40代にありがちな3大NGはコレ

「あの人、眉を描くのが下手すぎる」なんて思われていたら「だいぶショック」です。昨今はまだまだナチュラルメイクがトレンドですが、眉は顔の印象を大きく左右するパーツだけに、ちょっと失敗しているだけで「残念…

騙されたと思ってやってみて!40代の「マスカラ下手」が治るちょいコツ3つ

「マスカラを使うと、どうしてもダマになってしまって」や「マスカラの“ちょうどいいボリューム”が、わかりません」などの理由から、40代になってから“マスカラ離れ”をしてしまう女性も少なくありません。他方、若い…

口まわりのニキビ、40代はどうカバーする?「オバ見え回避」のコンシーラー術

口のまわりにブツブツが出てしまって、ファンデーションを塗ってもなかなかの主張をしている……。こんなシチュエーション、40代女性ならお心当たりがある方も、少なくないのではないでしょうか。かくいう私も、この原…

スッピンを諦めない! 「ノーファンデなのに美肌」を目指す40代の4つのマスト

ナチュラルメイクが流行を超えて定番となっている昨今だけに、40代のメイクでも“厚塗り感”や“白浮き感”のあるベースメイクは、ご法度とされがち。しかし、年代的に“スッピン”には自信がなくなってくる女性も少なくあ…

チーク下手な40代は必見! 誰でも「オバサンくさくならない」チークメイク3つのコツ

濃すぎても薄すぎても、“オバサンっぽさ”に繋がりやすいパーツメイクと言えば、真っ先に「チーク」が挙げられます。と同時に「私って、本当にチーク使いがヘタだわ……」と頭を抱えている40代も意外と多く「チークを使…

「この女、育ちが悪い…」一発ジャッジに繋がる40代女性のデンジャラスなLINE

40代にもなって身近な人から「育ちの悪い女だなぁ……」なんて思われるのは「とても不名誉」だと感じる女性は多いのではないでしょうか。しかし男性たちは、恋のお相手を探しているときほど「この子は、どんな背景があ…

アイライン下手すぎ…? 脱「ケバすぎオバサン」、ナチュラルに描く3つのコツ

「アイラインを描くと、どうもケバくなってしまう……」と頭を悩ませている40代女性って、意外と少なくありません。しかし若い頃と比べれば、自分比で目元の印象が弱くなってくる年代でもあるだけに、アイラインをデイ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

LOVEに関する最新記事