毎月ファッションにいくら遣ってる?気になる他人の消費動向

マネー相談で家計簿を見ていると、「被服費」の支出する金額に大きな差があります。毎月洋服代に数万円かけている人もいれば、ほとんど洋服を買わないという人もいます。洋服代にお金をかけてないからといって、ファッションに興味がないというわけではなく、ファストファッションなど上手に取り入れて、オシャレな着こなしをしている人も少なくありません。

 

■アイテムごとに平均いくらぐらいかけているのか

2016年家計調査による35~59歳女性のアイテムごとの年間支出をみてみます。婦人服11,299円、婦人用上着3,619円、スカート4,272円、婦人用スラックス9,354円、婦人用コート2,982円、ブラウス6,966円、他の婦人用シャツ10,870円、婦人用セーター11,703円です。あくまでも平均なのですが、ファッションにお金をかけている人からすれば、1ヶ月の平均では?と思いたくなる数字です。

マネー相談では、皆どれぐらいお金を使っていますか?私、使いすぎですよね?と聞かれる事があります。お金の使い方には人それぞれの価値観も大切だと思うので、一概に使いすぎとは言い切れませんが、貯蓄ができてなくて収入を全部使ってしまっているという事であれば、お金の使い方を考えなくてはなりません。できれば洋服代は毎月の手取りの5%以内を目安におさえましょう。

 

■ファッションにかける購入費用・アイテムを決める

買うつもりがなく、ちょっと見てみようかなとお店に入っても、見れば欲しくなるものです。毎月の購入費用を決めておくことが大切です。どんなに欲しくなっても、予算オーバーであればグッと我慢します。お店で欲しいと思っても、帰宅したら、それほど欲しいものでもなかったなと思うことも多々あります。

また、気をつけたいのがネットショッピングです。あと〇個と画面に表示されるものも多くあります。あと1個と表示されているのを見たら、ここで購入しないと手に入らない!買わなきゃ!という衝動にかられやすいものです。実際に商品が届いてみたら、そんなに欲しいわけでもなかったのではと思うこともあるでしょう。欲しいという衝動にかられたら、まずは「お気に入り」に入れておきましょう。時間がたつとクールダウンしていることもあります。お店に行く前にネットショッピングを見る前に、購入費用はもちろんですが、アイテムも決めておくことで無駄な買い物がさけられます

 

■アウターは長く着られるもの、流行ものはプチプライスを狙う

アイテムの中でも特に高額になりがちなのがアウターです。毎年コートを新調できたら理想的ですが、購入費用がいっきにかさみます。コートなどのアウターは何年に1度と決め、長く着られるものをチョイスするようにしましょう。また、ファッションに敏感な人ほど、流行ものは翌年には2軍落ちしてしまいます。上手にファストファッションを取り入れて購入予算内で買い物しましょう。

 

これから年末にかけてセールも始まります。セールになっているから買わなきゃ損ということはありません。セールにまどわされず、決めた購入予算、アイテムと自分で決めたルールにそってオシャレを楽しんでください。

FPCafe登録パートナー 今関倫子

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

「信じられるのはお金だけ」世代!? 40代の平均貯金額とは

「信じられるのはお金だけ」という名言を残したマツコ・デラックスさん。老後のことを考えてお金を貯めているとのことでしたが、この言葉に激しく同意したアラフォー女性は…

独女がもらえる年金の平均額と、60歳までの目標貯金額を計算してみた!

独身女性が老後にかかるお金はおよそ5,400万円といわれています。この数字は、60歳以上の独身女性の毎月の生活費が全国平均15万円。平均余命が28.68年であることから算出さ…

年収300万と400万では結構違う?「お金の貯め方」のコツ

私のところには「無駄遣いを減らしたい」「お金を貯めたい、増やしたい」というご相談でやってくる40代女性が多いのですが、年収によって「お金の貯め方」のコツは違います…

お弁当越えのコスパ!「ランチ1回140円」で済ませる裏ワザ

お弁当vs外食ランチの差は一ヶ月どれくらい?仕事もプライベートも何かと忙しい40代。朝早く起きてお弁当づくりするのは大変です。話題のお店でご褒美ランチを楽しむことは…

【マネー専門家の事例】40代女性の平均貯蓄額はどれくらい?

かつて、落語家のヨネスケがリポーターを務めた「突撃!隣の晩ごはん」という超人気番組がありましたね。隣の家の晩ごはんが気になるのと同じくらい、隣の家の人や友達の貯…

ほったらかしでも貯まる!「お財布を休ませる」方法って?

触れない日はないといえるお財布。私たちも休みがないと疲れ切ってパワーがなくなってしまうように、お財布も休みがないとお金が貯まるパワーがなくなってしまいます。お金…

銀行口座を分けるだけで月5万貯まる?カンタン貯蓄の仕組みづくり

貯蓄は必要だと思っても、お財布にお金が入っているとついつい使ってしまうものです。かといって、我慢ばかりではストレスがたまって逆効果。貯蓄を成功させるには、手間が…

年収400万と500万、年間貯金額はこんなに違った!100万貯めるコツ

どうもお金が貯まらない、自分はムダ遣いばかりしている、そんな風に感じている方も多いのではないでしょうか? 昇給があまりされなくなった現代において、となりの人はど…

宝くじシーズン到来!高額当選した40代女性の「末路」は?

年末が近づいてくると、宝くじ売り場には一攫千金を求める人々が詰めかけ、長蛇の列になっているのを目にします。確かに、もし3億円も当たったら、夢も希望も広がりそうで…

お金のプロって「1年で100万」どう貯めるんですか?FPタケイさんの場合

OTONA SALONEでマネー記事を連載している3人のFPに、まったく同じ「1年で100万貯めてくださいと言われたら、自分ならどうしますか?」という質問しました。三者三様の貯…

ほったらかしでもズボラでもお金が貯まる!秘訣は「銀行口座」のこの使い方

「お金がなかなか貯められない」というマネー相談の中には、「家計簿が続かなくて……」という悩みが結構あります。確かに、お金を貯めるには、毎月どれだけお金をつかっているのか支出を把握するのがとても大切です。…

憧れの「不労所得暮らし」、40代から準備すれば間に合う?

マネー相談で夢や希望を相談者に質問してみると、定年より前に仕事をペースダウンして趣味を活かした仕事がしたい、老後を悠々自適に暮らしたいなどの夢があります。そのために「不労所得があれば・・・」と不動産投…

40歳時点で必要な貯蓄額を、定年から逆算してみると…えっ500万も?

世の中の40代は貯蓄をしっかりしているだろうと周りが気になるものの、お金の話は友人にはしづらいものです。貯蓄ができないことを何年も心の片隅にあるものの、一向に貯蓄が増えることなく時間だけが過ぎてしまって…

もしもお金のプロが「1年で100万貯めて」と言われたら?FP今関さんの場合は

OTONA SALONEでマネー記事を連載している3人のFPに、まったく同じ「1年で100万貯めてくださいと言われたら、自分ならどうしますか?」と質問しました。三者三様の貯め方ノウハウ、いったいどんな内容なのでしょう…

お金がじわじわ貯まる「美人財布」はこう作る!毎日棚に置いて休ませる勢いで

お金をきっちり貯められる人は「財布がキレイ」ということが共通しています。ブランド品などの高級な財布だからキレイということではなく、財布を大切に使っているということです。一方、お金が貯まらない人の特徴に…

持ち家希望は78%だが…「賃貸と持ち家、どちらがお得か」論争に正解はある?

40代になり1人暮らしが長くなると、「家賃を払い続けるのは勿体ないのではないか?」とマイホーム購入を検討する人は少なくありません。そうなると気になるのが「賃貸VS持家」どちらがお得なのかについてです。どち…

衝撃の実例「定年までに貯蓄ができない!」気になる50代の平均貯蓄って?

50代になると老後の生活が少しイメージできはじめ、老後までにいくら貯蓄があれば必要かとマネー相談にいらっしゃる方は少なくありません。貯蓄をしてきた人ほど、いくら貯蓄があっても定年退職後は取り崩していくこ…

今から「40代の平均貯金額」〇〇〇万に追いつける?3つの方法

これから貯蓄をスタートしたいけれど、銀行に預けても金利が低くどんな金融商品で預けたらいいのかという相談も少なくありません。40代になってから貯蓄をスタートとなると、早く貯めたいと焦りもあり効率よく貯蓄で…

40代で貯蓄ゼロでも大丈夫?お金が貯められない人の共通点

40代になると家族や周り友人にもお金の話はしづらいものです。40代ともなれば勤続年数は20年を超えお給料もそれなりに貰えている中で、貯蓄ゼロということは現実から目を背けたいものでしょう。周りの40代はたくさん…

5年後の利息、2,500円と80万円のどっちがいい?46歳の決断【マネー相談】

お金の運用をしてみたいと気になっているものの、どんな金融商品で運用していいのか全然わからないという相談は少なくありません。銀行に預けたままでも超低金利なので、利息はほとんどつかないので少しでも金利の高…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

MONEYに関する最新記事