【九星フラワー占い】二黒土星の11月運勢は「変化の」

2017年11月は、どの星の生れの人にも、変化の兆しがあらわれる月です。何となくうまく進まないことがあれば、それは近いうちにそのこと(その人との関係)から卒業するという❝お知らせ❞かもしれません。けれども大切なことは、どうせ卒業だからと途中で放り投げたりしないこと。無理をする必要はありませんが、誠実に明るい笑顔で対処する姿勢が周囲の人の記憶に残り、それがハッピーな未来へのトビラを開く鍵となるのです。

とくに二黒土星の生れの人が意識すべきこととはなんでしょう?

 

カーネーションの花が象徴する二黒土星の魅力とは

二黒土星(生まれ年:1962年、1971年、1980年、1989年)を象徴する花は「カーネーション」です。

母の日に贈られるカーネーションは、母性の星である二黒土星を象徴するのにピッタリと言えます。花言葉は「純粋な愛」、「母の愛」で、これはまさに母の包容力をあらわすような言葉ですが、二黒土星の女性には、人に優しく包容力があるのが特徴です。のんびりとマイペースではありますが、自分を頼ってくれる人を受け入れ、自分の周囲の人、とくに家族の幸福を思って、おいしい食べ物や体を温める衣類などをつねに準備しておくような、女性らしさがあり、みんなを癒します。

今月は二黒土星にとって、どんな月?──とくに変化の波が強い月です!

のんびり屋でマイペースな二黒土星にとって、変化を急かされることは精神的に大きなストレスとなります。ですから、今月は二黒土星にとって今年最後の試練の月かもしれません。けれども、ここで起こる変化は、未来をよりよくするための変化だと思って、前向きな気持ちで乗り切ってください。変化に対して自分の足腰を強くするコツは、家族サービスをすること。両親や兄弟と連絡をとったり、会いにいくことがおすすめです。そして、注意するべきことは、不安に支配されて暗い顔で過ごすことと、愚痴や陰口を言うことは、状況をさらに悪くし、思わぬハプニングも招きます。おしゃべりが好きで、ちょっと愚痴っぽいところも二黒の特徴なので、気をつけましょう。また、住環境を整えることは、今月とくに運気をアップさせます。カーネーションに限らず、いい香りのする花を飾ってみてください。例えば上司が変わるような人は、何か大切なことを受け継いだり、新しい上司とのスムーズなコミュニケーションが始まるでしょう。

 

ラッキーアイテムを活用して、開運を!

今月の二黒土星のラッキーカラー:ベージュブラウンモスグリーンを上手に組み合わせてみて。

今月の二黒土星のラッキーフード:牛肉をニンニクニラパクチーなどの香味野菜で味付けして食べましょう。ストレスで弱り気味の免疫力がアップします。

 

(イラスト オオスキトモコ)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク