【九星フラワー占い】六白金星の11月運勢は「再会と」

2017年11月は、どの星の生れの人にも、変化の兆しがあらわれる月です。何となくうまく進まないことがあれば、それは近いうちにそのこと(その人との関係)から卒業するという❝お知らせ❞かもしれません。けれども大切なことは、どうせ卒業だからと途中で放り投げたりしないこと。無理をする必要はありませんが、誠実に明るい笑顔で対処する姿勢が周囲の人の記憶に残り、それがハッピーな未来へのトビラを開く鍵となるのです。

とくに六白金星の生れの人が意識すべきこととはなんでしょう?

 

ガーベラの花が象徴する六白金星の魅力とは

六白金星(生まれ年:1958年、1967年、1976年、1985年)を象徴する花は「ガーベラ」です。

完璧さを目指す誇り高さがあり、気力・体力にあふれ、リーダーの資質を備えた六白金星。そんな六白の女性にピッタリな花と言えばガーベラではないでしょうか。花のなかでもとくに花らしい形をしていて、太陽のようにくっきりと明るい色あいと華やかで、プレゼント・ブーケとして高い人気を誇っています。完璧さやゴージャスな雰囲気は可愛げがないと思われることもありますが、六白に関してはそれが魅力に。とくに太陽に似たオレンジのガーベラの花言葉は「冒険心」です。戦うことを恐れない六白に捧げます。

今月は六白金星にとって、どんな月?──過去に失ったものに再会できる月

今年はずっと低迷していた六白金星も、先月から少しずつ調子を取り戻してきているのでは? 今月はさらに、心も気分も軽くなっていくでしょう。本来の自分らしさを思い出すような感覚もあると思いますし、周囲からも何かと頼りにされることが多くなっていくでしょう。今月、とくに注意したいのは、時間のこと。何か約束をする時には、気軽にOKを出してしまうがちですが、間に合わなかったりすると運気が伸び悩み始めます。本来、最初に遅れそうなことがわかっていたら先に言い、途中で遅れそうな気がしてきたら早めに申告することです。そして、自分のメンテナンスもしっかりと。気分転換にお笑いを見たり、音楽を聴くのはおすすめ。早寝早起きをして、朝日を浴びると、美容運がアップするほか、過去に失った何かがもどってくる再会運も高まります!

 

ラッキーアイテムを活用して、開運を!

今月の六白金星のラッキーカラー:ブルーやネイビーにベージュ系ピンクをあわせるのがおすすめ。

今月の六白金星のラッキーフード:朝食にグレープフルーツなど柑橘類を食べましょう。

 

(イラスト オオスキトモコ)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク