【九星フラワー占い】八白土星の11月運勢は「学びが」

2017年11月は、どの星の生れの人にも、変化の兆しがあらわれる月です。何となくうまく進まないことがあれば、それは近いうちにそのこと(その人との関係)から卒業するという❝お知らせ❞かもしれません。けれども大切なことは、どうせ卒業だからと途中で放り投げたりしないこと。無理をする必要はありませんが、誠実に明るい笑顔で対処する姿勢が周囲の人の記憶に残り、それがハッピーな未来へのトビラを開く鍵となるのです。

とくに八白土星の生れの人が意識すべきこととはなんでしょう?

 

ユリの花が象徴する八白土星の魅力とは

八白土星(生まれ年:1965年、1974年、1983年、1992年)を象徴する花は「ユリ」です。

上から目線で鋭い発言が多いかと思えば、甘え上手、独特の存在感を持つ八白土星。長身の美人が多い星でもあります。「威厳」「純粋」という花言葉を持ち、背が高く凛とした姿のユリは、八白土星によく似合っています。八白は「家」をあらわす星。目上からかわいがられ、子供や後輩の面倒をよくみる八白は、組織や家族を1つにまとめる要となる存在です。複数の花をつけ、いくつものりん片が1つにかたまってできている球根、そんなユリの要素も八白的と言えます。

今月は八白土星にとって、どんな月?──周囲の言動に学ぶべき月

ユリの花のように気高い印象の八白土星ですが、今月は自分自身を思い通りに動くことができない月で、人の助けが必要となります。困った時に快く人から助けてもらうには、腰を低くして謙虚な姿勢でいることです。面倒でも、人の話にはウンウンと耳を傾ければ、その人が得意とすることもわかってきて、お願いすべきことを正しく判断できたりもします。もともと八白は山のようにドンと構えてちょこちょこ動き回る人ではないので、このような人付き合いのしかたを学ぶことは、これからの開運につながる大切なこと。勉強だと思って耐えてください。学びが進むと、欲しかったものが向こうからやってきたりもします。体調の悪さ、とくに胃腸などに不調を感じたらしっかり休みましょう。

 

ラッキーアイテムを活用して、開運を!

今月の八白土星のラッキーカラー:黄色やブラウン系のものを取り入れつつ、全体の色みが暗くならないように白のアイテムも加えてみて。

今月の八白土星のラッキーフード:ヨーグルトや味噌などの発酵食品を日々の習慣に。

 

(イラスト オオスキトモコ)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク