【九星フラワー占い】九紫火星の11月運勢は「魅力の」

2017年11月は、どの星の生れの人にも、変化の兆しがあらわれる月です。何となくうまく進まないことがあれば、それは近いうちにそのこと(その人との関係)から卒業するという❝お知らせ❞かもしれません。けれども大切なことは、どうせ卒業だからと途中で放り投げたりしないこと。無理をする必要はありませんが、誠実に明るい笑顔で対処する姿勢が周囲の人の記憶に残り、それがハッピーな未来へのトビラを開く鍵となるのです。

とくに九紫火星の生れの人が意識すべきこととはなんでしょう?

 

紫陽花の花が象徴する九紫火星の魅力とは

九紫火星(生まれ年:1964年、1973年、1982年、1991年)を象徴する花は「紫陽花」です。

九紫火星は火の性質を持つ星。真夏の太陽のように情熱的ですが、燃え尽きると途端に冷淡になるのも特徴的です。東洋の暦では6月は真夏にあてはまり、この時期に咲き、「移り気」という花言葉を持つ紫陽花は、九紫を象徴する花の1つです。移り気と言うと印象が悪いかもしれませんが、誰よりも研究熱心で美的センスがあり、何かに集中しては極め、また次の物を研究し、時に新しい流行を作る力があったりします。華やかで負けず嫌い、目力のある美人が多い星です。

 

今月は九紫火星にとって、どんな月?──満足度の高い1カ月です!

今月の九紫火星は恐い物なし! あなたの実力や魅力に周囲の視線が集まり、思い通りにふるまうことができ、しかも満足度の高い成果もついてくるでしょう。だからこそ、調子に乗りすぎないように、自分自身を監視する目をしっかり光らせてください。わすれそうになったら、神社にお参りにいくこともおすすめです。高い地位にいる上司からの引き立てがあったり、頼れる男性との出会いも期待できますが、謙虚な姿勢を忘れると後々そのご縁が切れてしまったりするので要注意です。ただ、来年は九紫火星にとって小休止の年なので、今月は「これだけはやっておきたい」ということを、優先順位をつけて手をつけましょう。1カ月の期間ですから、紫陽花の移り気そのままに行動していると、中途半端になるのでご用心!

 

ラッキーアイテムを活用して、開運を!

今月の九紫火星のラッキーカラー:キラキラ光る素材の物を身につけて。色は黄色やブラウン系を加えると完璧。

今月の九紫火星のラッキーフード:今の季節に旬を迎えるフルーツをたっぷり食べると、なぜか金運アップにもつながります。

 

(イラスト オオスキトモコ)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク