使って判明!バッグやジュエリーのレンタル、賢い使い道は

はじめてレンタルビデオショップができたのが、1980年頃だったでしょうか。当時は「返さない人がいるのでは?」と驚きましたが、歴史を紐解けば貸本や貸おむつなど、レンタルサービスは昔からありました。ただし、ニーズは昔とは異なります。豊かになった現代では、「買うのは高価だから」という理由だけでレンタルサービスを利用する人はいないでしょう。そんな目の肥えた人たちに向けて、今どきのレンタルサービスにはプラスαの価値があります。

 

洋服のレンタルは、着こなしアドバイスがお役立ち

洋服ならクロゼットにぎっしり入っているのに、「今日着ていく服がない!」という悩みは女性なら誰でも感じたことがあるのではないでしょうか。

着る服がないのは、今の気分ではないアイテムだったり、コーディネートが難しかったりすることも原因です。何かと忙しい毎日を過ごしていると、雑誌をチェックする時間も取れず、気付けばいつも同じ服ばかり…。

そこで最近注目されているのが、ファッションレンタルです。月額6800円~1万円前後で利用ができて、トレンドをおさえた服を毎月3、4着ほど宅配便で届けてくれます。それぞれのアイテムでコーディネートできるように組み合わされているので悩む必要がありません。また、1ヵ月でレンタルをした服を返すと別の服が送られてくるので、飽きることもないのです。

実際に使っている方へ聞いてみると、「自信を持って出かけられる」とのこと。着こなしがイマイチかな?と思っても、周りの人はなかなか正直に教えてくれないものなので、このようなサービスは利用価値がありますね。

 

バッグのレンタルで、使い比べて意外な発見

バッグはファッション用品であると同時に、実用的な品物です。オシャレな色、形、素材によって、ワンランクアップのコーディネートに仕上げたいものです。そして、それだけではなく実用性も兼ね備えていないと困ります。女性なら持ち歩く品物も多くなりがちですが、それらをしっかり収納し、しかも取り出しやすく整理できることが必要。さらに持ちやすく、軽く、お手ごろ価格で、となると、見つけるのがほとんど不可能なレベル。バッグを新調しようと思っても、そう簡単には決められないのも無理はありません。

そんなお悩みへの回答のひとつが、レンタルサービスです。1ヵ月で約3000~約7000円で使い放題の料金プラン。自分好みの品ぞろえかどうか確認して、ピッタリの業者を選ぶとよいでしょう。気になるバッグはとりあえず試してみると、使い心地に意外な発見があります。

ヘビーユーザーの方に聞くと「バッグは持ち手や底面が汚れやすいので、高いバッグを買ったらもったいない。レンタルならいつもキレイなバッグを持ち歩ける」とのことでした。

 

ラグジュアリーなジュエリーはレンタルが◎

大人の女性なら、改まった席にふさわしいジュエリーを持っていることでしょう。愛着のあるジュエリーであれば、いつも使っていたいものだと思います。

しかし、毎回同じでは周りの人にも「そのネックレス、前もしていた」と内心思われているのではないでしょうか。

会席や、式、イベントなどでは写真を撮ることも多く、できれば服にあわせて違うジュエリーを身に着けたいこともあります。しかし、買うとなれば高額なうえに流行が過ぎれば使うのもはばかられてしまいます。かといってお安いものでは格が合いません。

そんな時に、ジュエリー・アクセサリーを3日間だけレンタルするサービスがあります。大ぶりのパールなどはお手入れも大変ですから、レンタルを利用するのもよい方法ですね。

時々使う、という方に聞いてみたところ、「友人に『いつも違うアクセサリーつけてるのね』と言われて、意外と見られているのねー」と驚いたそうです。それ以来、改まった席の時にはレンタルジュエリーを使っているようです。

 

最近のレンタルサービスは、便利さと気軽さによって、毎日の暮らしををもっとお得に、快適にできそうです。機会があれば、ぜひチェックしてみたいですね。

 

(FPCafe登録パートナー   タケイ啓子

 

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

「信じられるのはお金だけ」世代!? 40代の平均貯金額とは

「信じられるのはお金だけ」という名言を残したマツコ・デラックスさん。老後のことを考えてお金を貯めているとのことでしたが、この言葉に激しく同意したアラフォー女性は…

独女がもらえる年金の平均額と、60歳までの目標貯金額を計算してみた!

独身女性が老後にかかるお金はおよそ5,400万円といわれています。この数字は、60歳以上の独身女性の毎月の生活費が全国平均15万円。平均余命が28.68年であることから算出さ…

年収300万と400万では結構違う?「お金の貯め方」のコツ

私のところには「無駄遣いを減らしたい」「お金を貯めたい、増やしたい」というご相談でやってくる40代女性が多いのですが、年収によって「お金の貯め方」のコツは違います…

【マネー専門家の事例】40代女性の平均貯蓄額はどれくらい?

かつて、落語家のヨネスケがリポーターを務めた「突撃!隣の晩ごはん」という超人気番組がありましたね。隣の家の晩ごはんが気になるのと同じくらい、隣の家の人や友達の貯…

お弁当越えのコスパ!「ランチ1回140円」で済ませる裏ワザ

お弁当vs外食ランチの差は一ヶ月どれくらい?仕事もプライベートも何かと忙しい40代。朝早く起きてお弁当づくりするのは大変です。話題のお店でご褒美ランチを楽しむことは…

気付けば貯金が300万円!年収300万円会社員が実行した3つのルール

貯金とは、「楽しみの先延ばし」です。お金を使わないでいることは、何かを我慢することになります。たとえば、新しい服とか、新しい家電とか。そういったものを得られる楽…

ほったらかしでも貯まる!「お財布を休ませる」方法って?

触れない日はないといえるお財布。私たちも休みがないと疲れ切ってパワーがなくなってしまうように、お財布も休みがないとお金が貯まるパワーがなくなってしまいます。お金…

銀行口座を分けるだけで月5万貯まる?カンタン貯蓄の仕組みづくり

貯蓄は必要だと思っても、お財布にお金が入っているとついつい使ってしまうものです。かといって、我慢ばかりではストレスがたまって逆効果。貯蓄を成功させるには、手間が…

年収400万と500万、年間貯金額はこんなに違った!100万貯めるコツ

どうもお金が貯まらない、自分はムダ遣いばかりしている、そんな風に感じている方も多いのではないでしょうか? 昇給があまりされなくなった現代において、となりの人はど…

40代は借金世代!? 40代の平均「住宅ローン」残高とは

40代で住宅ローンを抱えている人の平均残高はいくらくらいなのだろう? 先日、アラフォーのときに都内の2LDKマンションを購入した知人の40代後半独女が「今年じゅうには住…

40代で1000万円貯める人が2割もいる?コツは「自動」と「移動」

40代の平均貯蓄残高は588万円(金融広報中央委員会、「家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査](平成28年)」)。その2倍近くの1000万円を貯めるのは、とてもハードルが高いように思えますが、本当にそ…

【お金の失敗】40代のダメ貯金と、成功した貯金を分析してみたら…?

貯蓄法は数々ありますが、残念ながら成功するとばかりは限りません。頑張ったのに失敗した時のやるせなさは、実際にお金が貯まっていない現実とあいまって、心身ともにダメージを与えます。今回は、FPとしてさまざま…

【勝手に貯まるオンナ】頑張らないでも貯金が増える!5つのチェックリスト

貯蓄を頑張っても貯まらない女性もいる一方で、頑張らなくても貯まる女性もいます。自分は貯まる女性なのか、気になる方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、5つの設問を用意しました。設問に答えることで、…

貯金が苦手な人必見!40代からの「貯まる家計簿づけ」のコツって?

家計簿をつけていても、お金はなかなか貯まらないと思っている人は少なくありません。一念発起してつけはじめた家計簿も、効果が見えてこないと続かないものです。しかし、貯蓄のためには支出のコントロールは必須。…

ほっといてもお金が寄ってくる!お金に好かれる意外な「3つの口ぐせ」

昔から、「金は天下のまわりもの」と言われますが、自分のところにはあまりまわってこないなぁ、と感じている人もいるのではないでしょうか。自分のところに、より多くまわってくるためにできることは数々ありますが…

「節約疲れ」にサヨナラ! 楽しくお金を貯める3つの心得

節約は大切です。こまめに節約することで、支出を抑えて貯蓄を増やしたいですね。しかし、いつも節約をしていると、いつの間にか疲れてしまいます。疲れをそのままにしていると、ある時我慢の限界がきて、一気に節約…

40代女性が家を買うなら「やってはいけない」3つのこと

住宅購入を考えるタイミングは人それぞれ。40代の今こそ、と思っている人もいるのではないでしょうか。今回は、40代の女性が家を買うなら、やってはいけない3つのNG行動をお伝えします。60歳過ぎてもローンが残る設…

レーザー治療とコスメ、美白するならどちらがお得?お値段と注意点

シミ・そばかすは、一度できてしまうとなかなか消えてくれないものです。数々の美白化粧品を試しても効果を実感できないと、レーザー治療を考える人もいるのではないでしょうか。レーザー治療は、皮膚科、美容外科、…

「本多式」なら誰でも自然に貯まる!蓄財の神のとってもシンプルな教え

本多静六(1866-1952)という人物を知っていますか。本多静六は、明治から昭和にかけて活躍した林学博士で、東京の明治神宮や日比谷公園など多くの公園を設計しました。同時に、蓄財でも知る人ぞ知る有名人。今回は…

気付けば貯金が300万円!年収300万円会社員が実行した3つのルール

貯金とは、「楽しみの先延ばし」です。お金を使わないでいることは、何かを我慢することになります。たとえば、新しい服とか、新しい家電とか。そういったものを得られる楽しみを、我慢する必要があります。しかし今…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

MONEYに関する最新記事