使って判明!バッグやジュエリーのレンタル、賢い使い道は

はじめてレンタルビデオショップができたのが、1980年頃だったでしょうか。当時は「返さない人がいるのでは?」と驚きましたが、歴史を紐解けば貸本や貸おむつなど、レンタルサービスは昔からありました。ただし、ニーズは昔とは異なります。豊かになった現代では、「買うのは高価だから」という理由だけでレンタルサービスを利用する人はいないでしょう。そんな目の肥えた人たちに向けて、今どきのレンタルサービスにはプラスαの価値があります。

 

洋服のレンタルは、着こなしアドバイスがお役立ち

洋服ならクロゼットにぎっしり入っているのに、「今日着ていく服がない!」という悩みは女性なら誰でも感じたことがあるのではないでしょうか。

着る服がないのは、今の気分ではないアイテムだったり、コーディネートが難しかったりすることも原因です。何かと忙しい毎日を過ごしていると、雑誌をチェックする時間も取れず、気付けばいつも同じ服ばかり…。

そこで最近注目されているのが、ファッションレンタルです。月額6800円~1万円前後で利用ができて、トレンドをおさえた服を毎月3、4着ほど宅配便で届けてくれます。それぞれのアイテムでコーディネートできるように組み合わされているので悩む必要がありません。また、1ヵ月でレンタルをした服を返すと別の服が送られてくるので、飽きることもないのです。

実際に使っている方へ聞いてみると、「自信を持って出かけられる」とのこと。着こなしがイマイチかな?と思っても、周りの人はなかなか正直に教えてくれないものなので、このようなサービスは利用価値がありますね。

 

バッグのレンタルで、使い比べて意外な発見

バッグはファッション用品であると同時に、実用的な品物です。オシャレな色、形、素材によって、ワンランクアップのコーディネートに仕上げたいものです。そして、それだけではなく実用性も兼ね備えていないと困ります。女性なら持ち歩く品物も多くなりがちですが、それらをしっかり収納し、しかも取り出しやすく整理できることが必要。さらに持ちやすく、軽く、お手ごろ価格で、となると、見つけるのがほとんど不可能なレベル。バッグを新調しようと思っても、そう簡単には決められないのも無理はありません。

そんなお悩みへの回答のひとつが、レンタルサービスです。1ヵ月で約3000~約7000円で使い放題の料金プラン。自分好みの品ぞろえかどうか確認して、ピッタリの業者を選ぶとよいでしょう。気になるバッグはとりあえず試してみると、使い心地に意外な発見があります。

ヘビーユーザーの方に聞くと「バッグは持ち手や底面が汚れやすいので、高いバッグを買ったらもったいない。レンタルならいつもキレイなバッグを持ち歩ける」とのことでした。

 

ラグジュアリーなジュエリーはレンタルが◎

大人の女性なら、改まった席にふさわしいジュエリーを持っていることでしょう。愛着のあるジュエリーであれば、いつも使っていたいものだと思います。

しかし、毎回同じでは周りの人にも「そのネックレス、前もしていた」と内心思われているのではないでしょうか。

会席や、式、イベントなどでは写真を撮ることも多く、できれば服にあわせて違うジュエリーを身に着けたいこともあります。しかし、買うとなれば高額なうえに流行が過ぎれば使うのもはばかられてしまいます。かといってお安いものでは格が合いません。

そんな時に、ジュエリー・アクセサリーを3日間だけレンタルするサービスがあります。大ぶりのパールなどはお手入れも大変ですから、レンタルを利用するのもよい方法ですね。

時々使う、という方に聞いてみたところ、「友人に『いつも違うアクセサリーつけてるのね』と言われて、意外と見られているのねー」と驚いたそうです。それ以来、改まった席の時にはレンタルジュエリーを使っているようです。

 

最近のレンタルサービスは、便利さと気軽さによって、毎日の暮らしををもっとお得に、快適にできそうです。機会があれば、ぜひチェックしてみたいですね。

 

(FPCafe登録パートナー   タケイ啓子

 

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

「信じられるのはお金だけ」世代!? 40代の平均貯金額とは

「信じられるのはお金だけ」という名言を残したマツコ・デラックスさん。老後のことを考えてお金を貯めているとのことでしたが、この言葉に激しく同意したアラフォー女性は…

独女がもらえる年金の平均額と、60歳までの目標貯金額を計算してみた!

独身女性が老後にかかるお金はおよそ5,400万円といわれています。この数字は、60歳以上の独身女性の毎月の生活費が全国平均15万円。平均余命が28.68年であることから算出さ…

【マネー専門家の事例】40代女性の平均貯蓄額はどれくらい?

かつて、落語家のヨネスケがリポーターを務めた「突撃!隣の晩ごはん」という超人気番組がありましたね。隣の家の晩ごはんが気になるのと同じくらい、隣の家の人や友達の貯…

お弁当越えのコスパ!「ランチ1回140円」で済ませる裏ワザ

お弁当vs外食ランチの差は一ヶ月どれくらい?仕事もプライベートも何かと忙しい40代。朝早く起きてお弁当づくりするのは大変です。話題のお店でご褒美ランチを楽しむことは…

年収300万と400万では結構違う?「お金の貯め方」のコツ

私のところには「無駄遣いを減らしたい」「お金を貯めたい、増やしたい」というご相談でやってくる40代女性が多いのですが、年収によって「お金の貯め方」のコツは違います…

「1000万円貯蓄する人が買わないもの」とは?ごくごく普通な3つの答え

貯蓄をするなら、1000万円を目標にする人が増えています。40代で、1000万円以上の貯蓄がある人は20.2%*。この数字からは、決して無理な金額ではないようにも思えます。し…

元国税芸人が見てきた「お金持ちが絶対やっていない」7つのこと

仕事が忙しくてお金のことなんて気にしていられない、気にはなるけどどうしていいかわからない、損をするのは嫌だけど積極的に調べたり聞いたりするのは億劫、そう考える女…

40代は借金世代!? 40代の平均「住宅ローン」残高とは

40代で住宅ローンを抱えている人の平均残高はいくらくらいなのだろう? 先日、アラフォーのときに都内の2LDKマンションを購入した知人の40代後半独女が「今年じゅうには住…

気付けば貯金が300万円!年収300万円会社員が実行した3つのルール

貯金とは、「楽しみの先延ばし」です。お金を使わないでいることは、何かを我慢することになります。たとえば、新しい服とか、新しい家電とか。そういったものを得られる楽…

ほったらかしでも貯まる!「お財布を休ませる」方法って?

触れない日はないといえるお財布。私たちも休みがないと疲れ切ってパワーがなくなってしまうように、お財布も休みがないとお金が貯まるパワーがなくなってしまいます。お金…

家計簿つけても貯まらない人!「ごく当たり前」の原因は

家計簿には2種類あります。それは、「貯まる家計簿」と、「貯まらない家計簿」です。節約には、収支の把握が欠かせません。そのため、家計簿をつけようと考える人も多いでしょう。オトナサローネ世代なら、1度は家計…

年末年始にお金を使いすぎた人!この「究極の節約術」で今月を乗り切れ!

お正月休みは旅行や帰省、バーゲンセール、お年玉など、出費がかさむイベントが続きます。年に一度のことだから、とつい財布のヒモがゆるんでしまうことも多く、1月中旬を過ぎた頃には散財したことに青くなっている…

パート、非正規なら貯蓄額より○○に注目?働き方別「全員貯まる」貯金法

「一年の計は元旦にあり」、貯蓄は計画が大切です。2019年はいくら貯蓄をしたいか、目標はいかがでしょうか。せっかく目標金額を決めたら、効率よく達成したいですね。そこで大切になるのが貯蓄方法です。昨今はさま…

節約もダイエットもメリハリが大事!出すとこ締めるとこをしっかり分けよう

節約をするのに、「とにかくお金は使わない」というやり方は、即効性はありますが続けるのが難しく、結局は元通りの家計にリバウンドしてしまいがち。このことは、ダイエットにもよく見られることです。とにかく食べ…

お金使わず楽しめる!「おトクな年末年始の過ごし方」3選

年末年始はまとまったお休みになることも多く、どのように過ごすか考えている人も多いのではないでしょうか。お出かけするのもよし、部屋でのんびりするのもよし、悩むのも楽しいですね。そして、せっかくならおトク…

2018年40代が買ってよかったもの・買わなきゃよかったもの3選

2018年はどんな一年だったでしょうか。良いこともあれば、悪いこともあり、禍福はあざなえる縄のごとし…。お買い物も同様に、買ってよかったと満足できるものもあれば、買わなきゃよかった、何で買ってしまったんだ…

年末に断捨離で「捨てていいもの」と「ダメなもの」は?

12月に入り、年末に向けて身の回りの断捨離を考えている人も多いのではないでしょうか。年内にすっきり片付けて、すがすがしい気持ちで新年をむかえたいですね。しかし、いざ始めてみると、捨ててよいものかどうか悩…

ダメ、持っててOKなカードは3枚まで!使い分けと賢い解約方法は?

よく行くお店やショッピングモールで、提携のクレジットカードを作ると、おトクになることがよくあります。ポイントアップや割引特典など、せっかくならメリットはしっかり受けておきたいものです。しかし、生活スタ…

50代になる前に、清算しておくべきお金のこと3つ

50代になると、いよいよ老後の暮らしが現実的になってきます。身の回りのあれこれを断捨離するなど、いらないものを整理して身軽になると同時に、老後への貯えもさらにすすめていきたい年代です。その大切な50代に、…

「1000万円貯蓄する人が買わないもの」とは?ごくごく普通な3つの答え

貯蓄をするなら、1000万円を目標にする人が増えています。40代で、1000万円以上の貯蓄がある人は20.2%*。この数字からは、決して無理な金額ではないようにも思えます。しかし、1000万円の貯蓄をする人は、そうでは…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

MONEYに関する最新記事