美白やたるみケアの前に、40代は「おばさんしぐさ」に注意して!

40代に差し掛かって来ると、若さをキープすることが毎日の習慣になっていきます。その努力がダイエットだったり、スキンケアだったり、とあれこれありますよね。そうやって完成させている「若々しい自分」を自分自身が壊しているといったら驚くでしょうか?無意識の「オバ行動」はアンチエイジングの努力を無駄にします。代表的な4つをご紹介しますので、注意していきましょう。大丈夫。まだ間に合います。

 

アンチエイジングを破壊する4つの「オバ行動」とは?

エクササイズやダイエット、スキンケアなどでアンチエイジングしていても、その努力を壊しつくすのが「オバ行動」です。どうせ年齢を重ねるなら、美しくありたい。そのためにも「オバ行動」をなくすべき。少なくとも以下の4つはやめましょう。

 

・浅く腰掛けて足を投げ出す

・もたついた動作

・不要な大声での会話

・だるそうな歩き方

 

自覚がない場合、信頼できる人に動画を撮影してもらうのもいい方法です。鏡で自分を確認するより、わかりやすく「オバ行動」を制御するきっかけになります。若々しい40代は「動画美女」であるべきです。

 

寛いでいるのとだらしないのは違う

 

 

電車で座るとき、浅く腰掛けて足を投げ出していれば、前に立った人は迷惑です。もしもこの座り方が楽で仕方ないとすれば、身体の老化が一気に始まっています。理由は筋力が弱っている証拠だからです。特にインナーマッスルは弱っています。

 

自分で支えて上体を整えて座れないわけですから、もうお腹がぽっこりするまで時間はありません。背筋と腹筋のバランスも崩れていますから、ゆるんだオバサン体型もやってきます。疲れているからだらしないのではなく、疲れるほど筋力が衰えているのです。

 

けだるく足を投げ出して座るのは、電車内を含めた公共施設にふさわしくありません。プライベートな場所だけ限定であれば、魅力と価値があるセクシーな座り方になるのです。つまり「オバ行動」になり、せっかくのボディラインはだらしなく変えてしまうと考えましょう。

 

弱りかけているインナーマッスルや背筋、腹筋はエクササイズなしでも鍛えられます。正しい姿勢と適切な呼吸で回復できるパーツなのです。体型までオバサン化するまで時間がありません。お腹がポッコリする前に美しい姿勢で正しく座れるレベルに戻るべきです。

 

声の高さと大きさは要注意

ふと自分が大声でしゃべっている、高い声を出している、と気が付くと、そのオバサンぽさに驚くものです。このオバサンぽさは自分を制御できなくなっている衰えを実感させます。自分がオバサンぽさを感じるわけですから、周りはもっと感じているのです。

 

加齢とともに失っていくのは外見のみずみずしさやハリだけではありません。悪い意味での慎みのなさや自分しか見えないという部分を隠し切れなくなることも関係します。自分を通すことも大事ですが、どうでもいいときにも通そうとすることが「オバ行動」なのです。

 

もちろん発散してもいいときもあります。しかし普段の生活では必要以上に大声や高い声で話すことは不要です。仕事での交渉も落ち着いた声のほうが要求や条件を説明しやすく、相手の説得もしやすいことでも理解できるでしょう。

 

オバサンがなぜ嫌がられるかといえば、単純に行動が幼稚だからです。幼稚さをカバーすることが40代の若さをキープさせるコツでもあります。幼稚でもいいシチュエーション以外では、声もコントロールしておくほうが老けません。

 

身のこなしは軽く 視線は重く、が大人の女

 

若々しい見た目でも、動作にもたつきがあれば実年齢より老けた印象になります。多少もたついてみせても、10代の少女たちと異なるのがこの部分なのです。40代はまだ若さが残っているとはいえ、印象をリカバリーさせるまでのみずみずしさはありません。

 

アンチエイジングに励んでいても、自分の動作で老けこむのは問題です。老けて見せたくないなら、次に何をすべきかを考えつつ動くようにしましょう。ヒントになるのはその場にいる自分以外の人への配慮です。大人の女性である分、配慮が若々しさを印象付けます。

 

10代の天然の若さにはない40代の若さはいうなれば回りを見通せる知性です。知性をフル活用していると、周りの印象もコントロールできてしまいます。見通せる知性とはそういうもの。それがないまま年齢を重ねていけば、タダのオバサンになるしかありません。

 

目立つほどきびきびと動くことはありませんが、物事がスムーズに動かせる動作は40代に必要です。軽やかな動作はそれだけ若さをアピールできるメリットもあります。重さを感じさせるのは視線だけで充分。アピールしたい色っぽさと若さをこれでキープできます。

 

歩き方次第で10歳老ける

服のサイズも体型も若々しい。だからそういうファッションやヘアメイクでキメている。でも一気に実年齢以上に老けて見せるのは、歩き方がだるそうになっているときです。後姿がなんとなく全部下がって見えるような歩き方は老けて見える「オバ行動」と心得えましょう。

 

美しく正しい歩き方ができなくなっていれば、ボディラインのメリハリを支える筋力は衰えています。筋力が衰えると、ボディラインを支えるハリも失われ、たるんだオバサン体型になることは言うまでもありません。動いた瞬間、オバサン化するならもう老けています。

 

幸いにもしなやかな筋肉はこの歩くという動作で簡単につきます。しかも自分の歩き方の見直しも可能です。「オバ行動」をなくすためにも、美しく正しい歩き方を無意識にでもできるように自分を矯正していきましょう。

 

なおファッションショーのランウェイでだるそうに歩くスタイルがあります。しかしこの基本にあるのは、自分を最大限に美しく見せる歩き方です。正しい歩き方を軽く崩した表現なので、美しく正しい歩き方をマスターしていなければ避けるほうが賢明でしょう。

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

大山式足指パッドのやせる効果は? 試してみたらまさかの…【人生最後(かもしれない)ダイエット戦記 Vol.3】

ダイエットのきっかけと太った理由が解明できたなら、真面目に始めるしかありません。現在はやせたい人が多いこともあり、ダイエットをサポートするグッズもかなり数多く出…

背中で手を組める?体が硬くてもできる「寝たまま肩甲骨はがし」がスゴイ

腕を後ろにまわして背中で手を組めますか?筆者は右腕が上だと組めるのですが、左腕が上だと組めません。これは肩甲骨まわりの「筋膜」に、ねじれや癒着があることが原因な…

40代でもダイエット成功!食事制限せずにやせるための簡単「美習慣」

「糖質制限ダイエット」「断食ダイエット」……巷には多くのダイエット方法があふれています。でも、実際にやせられてそれをキープできている人はどのくらいいるでしょうか?…

トイレのあとが「くさい」人。実はそれ異常なんです

日本人女性の98%が排泄に関する悩みを持っているのだそう。この記事を読んでいる人ほぼ全員と言っていいでしょう。さらに、うんちのあとにトイレがくさいのは、実は「よく…

あと何キロやせたい? 女性の平均体重は何キロ? 平均・理想・モテる体重を調べてみた

「やせたい」。なにかと多くの女性たちが口にしている言葉です。でも、中にはそれ以上やせたらガリガリでシワシワに見えちゃうよ!?という人さえも「ダイエットしなきゃ」と…

太る原因はカロリーではなかった! ちゃんと食べてやせる究極の食事「4つの要素」とは?

カロリー制限ダイエット、糖質制限ダイエット、GIダイエット、炭水化物ダイエットなど、世の中にはあまたのダイエットが存在しています。このうちのひとつぐらいは、誰でも…

1年使って判明!大山式足指パッド9つの「真実の効果」とは?

面倒じゃないけど、じっくり効いてくる、と密かに話題になっているらしい大山式足指パッド。これを日々愛用し、じりじりと結果を出している(らしい)のが、優雅なオトナサ…

40代のダイエットは体重より「7つの見た目」を重視すべし

体重や数字ばかりを追いかけてストレス溜まっていませんか? 数字ばかりに捕らわれすぎていると気持ちがどんより、健康にも影響を与えてしまいます。そんな方は「見た目」…

日本一おいしくて簡単な生甘酒の作り方! ダイエット&便秘&美肌の飲み方

最近、なんだか甘酒が気になりませんか? ふと気がつくと、近所のスーパーでも売り場面積を拡大中です。関西には「ひやしあめ」という夏の定番飲料がありますが、関東の人…

1位豆腐・2位レバー・3位は?40代女性はこれを食べるべし

まだ早い? それとも自覚がある? 40代なら視野に入ってくる更年期。今回は、いま摂るべき栄養素をご紹介します。もう知っているものもあれば、これがおすすめなの?とい…

5分シャワーでできる!「真夏のエアコンおしり冷え」撃退方法

この夏の猛暑でエアコンは欠かせませんが、ふと気が付くとエアコンで身体が冷えていませんか? 直風が当たる場所にいたせいで夏風邪をひいたり、オフィスの冷気で身体が冷えて調子を崩す人は結構多いものです。冷え…

ビールとワインはどちらが高カロ?40代のお酒の適量は?

いまの気分はチューハイだけど、別にみんなと一緒にワインにしてもいいかも…? 今日は1000円でたくさん飲めるほうにしよう!など、意外に「今日のお酒はその場の流れで決める」という人は多いはず。どうせなら「ち…

夏の前に脚だけでもヤセたい!簡単「美脚そだて」4つのルール

美脚に憧れていても、エクササイズが面倒。それに効果が出るかもわからない。これは多くの方が考えることです。ダイエットより面倒かもしれませんね。しかし4つのメソッドだけで美脚に変わるならどうでしょう。スキ…

深夜の小腹減りにも罪悪感なし!更年期世代の味方「アレンジ納豆」7つのレシピ

更年期を控える40代女性には、イソフラボンが豊富な納豆は嬉しい食材。腸内環境も整え、身体の中から美しさと健康を支えてくれます。そんな納豆の難点は、食べ方が単調になってしまうこと。そこで美容と健康、アンチ…

「二日酔いの吐き気に味噌汁」は実際効いてるの?二日酔いの朝の飲み物10

年末年始の次に飲みの席が多い時期が、この新年度の歓送迎会シーズンです。さすがに40代ともなると前後不覚になるまで飲むこともないとは思いますが、「昔と同じ量」を飲んでも朝はだるいわ、抜けないわで大変ですよ…

食べてクリアな美肌を作る!春の4大成分とレシピって?

40代がクリアな美肌を守るには食事も要です。特に気温や湿度の変化も関係して、不調に陥りやすい春はスキンケアと食事でキープさせることが必要です。春に意識して摂るべき成分とそれが含まれる食材をピックアップし…

マヨにコレを足せばカロリーダウン&健康食材に!4つの調味料

「素材の味だけでおいしい」ことは真実ですが、それでは食べた感じで物足りないから調味料があります。でも材料によっては油分や塩分の摂り過ぎになりやすいのが、美しく暮らしたい40代の悩みです。そこでキレイ度を…

美肌も美やせも手に入れる!「春野菜」罪悪感ゼロのおつまみ3

冬が過ぎれば春になります。季節が変わったなら、旬の味覚を存分に楽しんでみませんか? 旬の食材にはこれからこの季節を迎えるために必要な栄養素が詰まっています。そのパワーを生かすベストな摂取方法を踏まえて…

基礎代謝アップ!5分で冷えを撃退するシャワーの浴び方

のんびりお風呂でくつろぎたいけれど、忙しいとシャワーで済ませてしまいますよね。気分転換にはなるけれど、「身体を温める」という点では確実にいまひとつ……。でも、シャワーだけでもバスタブに浸かってくつろいだ…

「当たりの医者」を近所で見つける!4つのポイント

若いうちは少々はかなげで弱々しいほうが「かわいい・美しい」かもしれませんが、50代に入ると線の細さがそのまま枯れてギスギスした老けた印象へと変化します。人生の半ば過ぎ以降は、ヘルシーでエネルギーに満ち溢…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LIFEに関する最新記事