今の彼とゴールインする?40代女性の「不幸な新婚生活」はパターンがあった!

「なにがなんでも、今年中に結婚!」と、2017年の最優先テーマを“婚活”にして動いてきたみなさま、今年も残すところあと1ヶ月ほどとなりましたが、いかがお過ごしでしょうか。

こんにちは、並木まきです。

「思うように成果が出ない」と苦戦中の方もいらっしゃると思いますが、“結婚”だけがゴールになると、いざゴールインしたあとになってから、不幸な毎日に嘆く事態も招きがち。

「結婚したいけど、誰でもいいわけではないし、幸せな結婚を望んでいます」が、大多数の婚活女性が抱いているポリシーのはず。

ところが、焦って結婚したつもりはないのに、いざ結婚生活が始まってみたら「こんなはずではなかった……」も、意外にあるお話です。

今回は、40代女性がぶち当たりやすい不幸な新婚生活を3パターン分析します。

 

1:本音では子どもを欲しがっていない男との結婚

「結婚したら、私の年齢もあるし、スグにでも子どもを!」と考えながらスタートした新婚生活でも、夫が子どもを欲しがらなければ計画通りには進みません。

交際中に「将来、子どもはやっぱり欲しいよね」など、一般論程度の会話しかしていなかったカップルでは「いざ子づくりを!」となったタイミングで、意見の違いが露呈するパターンも。

40代女性は、妊娠のタイムリミットも刻々と気になるだけに、子づくり計画について真剣に話しあっておかないまま結婚に踏み切るのはリスキーです。

私が知る女性には、40歳で結婚した妻に対し夫が結果として子どもを欲しがらず、年齢を考えて新婚早々に離婚した方もいます。

 

2:妻の話に聞く耳を持たない男との結婚

付き合っている頃には、比較的どんな男も、恋人の話には耳を傾けてくれるもの。

しかし、結婚した途端に妻を尊重せず、“俺ルール”で家庭をコントロールしようとする夫もいます。

40代女性が結婚するお相手となると、年下を選ばない限りは同じ40代かそれ以上の男性になりますが、この年代まで独身だった男、またはずっと前に離婚してシングルが長かった男の多くが「共同生活とはなんたるか」を、残念なことに理解できていない傾向も。

20代や30代ならば相手の意見に耳を傾け、自分の生活を矯正することができても、“いい歳”まで自由にしてきた男は、そう簡単に自分のスタイルを変えたがりません。

その結果、妻が何かを指摘すると「うるさい!俺はこうしたいんだ!」とばかりに話を聞かなくなり、夫婦関係は険悪に。

「新婚って、もっとラブラブなのかと思ってた」と、このタイプの男性との大人婚で愕然としている女性が、私の周りにもいます。

 

3:親の介護のために結婚したい男との結婚

超高齢化社会を迎えている近年は、親の介護のためだけに結婚する男もいるので、気をつけなくてはなりません。

40〜50代になっている男の親は、すでに「高齢者」と呼ばれる世代に入っているだけに「このまま独り身でいたら、親の介護が大変だから、早く結婚しちゃおう」と、介護要員目当てで妻を探し、交際中にはその目的を伏せているパターンも。

いざ結婚してみたら、夫は家庭を顧みずに親の介護を押し付けてきたとなれば、せっかくの新婚生活なのに、妻は想定外の日々を送ることになります。

私が知る39歳で結婚した女性は、交際中には夫が親の病気を隠していて、結婚した途端に「親が病気だから、仕事を辞めて、親と同居して面倒を見ろ」と強要され、新婚ながら真剣に離婚を思い悩んでいます。

 

新婚時代は人生最良のときであるべきなのに、相手選びでミスをすると、とんでもない不幸の始まりになることも。

「40代」という世代特有の“ぶつかりやすい不幸”もあるので、焦らないことに加え、男の本性はしっかり見抜いてからのゴールインが賢明です。

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

【みんなが言わない秘密の話】40代女性が本当に男性と出会える場所は◯◯だった!

何年も彼氏がいない友人から、よく聞くのが「気づけば40代で、いまだ独身。どこで男性と知り合えばいいの!?」という話。確かに周りには既婚が増えてきて、自然な出会いが…

【男の本音】40代女性はあなたの恋愛・結婚の対象になりますか?

別に悪いことをしてきたわけでもないのに、ただ年齢を重ねたというだけで男性に対してどこか引け目を感じてしまう、そんな瞬間はありませんか?40代になるとだんだんと若々…

【男性心理】浮気に走る本当の理由は◯◯だった!?浮気しやすいタイプも解説

働き盛りの30~40代の男性たち。仕事にも余裕が出てきて、浮気をする時間もお金も持っているので、さまざまな女性と交流するチャンスもゴロゴロ。前回の浮気されやすい女性…

僕たち、独女のコレに弱いです!男性が思わず「ムラムラする瞬間」3つ

思いもしなかった瞬間に欲に襲われることって、ありますよね。40代独女のどんな姿にムラムラする? と男性に尋ねてみたところ、ズバリ「無防備な姿」にやられる、という声…

【男性心理】40代バツイチ男を落とすコツと、選ばれる女になる理由とは?

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返る連載第2…

いちばん「冷たい男」が多い血液型って…? ダントツでアノ型でした!

交際している恋人に対し「こんなに冷たい人だったなんて……」と、愕然とした経験はありますか?お付き合いに至る前には優しい男性でも、“自分のもの(!)”になった途端に、…

【40代編集長の婚活記#20】結婚できない40女は〇〇が多すぎる!?

44歳・独身・恋人いない歴7年。特に「結婚しない」とも「結婚したい」とも思っていなかったが、気づいたら40代で独女だったというOTONA SALONE編集長アサミが婚活を始めて…

【40代編集長の婚活記#10】モテ服メイクのルールを全部守ってみた

44歳、未婚独身、ペットなし、会社員。「どうして結婚しなかったんですか?」と聞かれても「別に……」とかつての某女優さんのようにしか言いようがない編集長アサミでござい…

優しい男性がいちばん多い血液型って?なんとアノ血液型でした!

「お付き合いするなら優しい男性がいい!」「結婚するなら、妻に優しい男じゃないと」と思っている女性のみなさん。優しい男性は、どんな血液型に多いと思いますか?今回も…

【男性心理】40代バツイチ男と結婚するために大切なこと

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返ります。

男はひと目でギョッとする…「ダメな40代おばさん」の財布の中身3選

持ち物は、その人の性格を推測する材料にもされがちです。私たち女性が男性の持ち物を見て「この人って、アレなタイプ?」を推測するように、男性たちもまた、女性の持ち物を見て「あっち系の人なのかな?」を想像す…

ちょっと生活感ありすぎじゃ…? 男が引いた40代女性の「婚活自己アピール」3選

狙っている男性に「私ってこんな人!」を印象付けたくて、あえて好感度が上がりそうなアピールを繰り出す40代女性も、決して少なくはない実情にあります。しかし女性側が「いい具合にアピールできた」と満足していて…

不倫狙いの男が「負けを認めた」40代女性のスマートな断りかた3選

既婚者から“不倫相手”として狙われてしまうのは、40代女性としては少々、いえ、かなり面倒な展開のひとつ。しかし仕事の関係者や飲み仲間などに既婚男性が少なくない世代でもあるだけに、若い頃よりも、そういった場…

セクシー狙いのつもりがオバさん…!? 男が幻滅した40代女性の「お風呂上がり」ダメ姿3例

意中の男性とのお泊まりデートでは、ちょっとした振る舞いのせいで、幻滅を招くのだけは避けたい40代女性も多いはず。あまりに気合いを入れすぎて空回りしてしまうのも残念ながら、普段どおりの姿を晒しすぎてしまっ…

寝室でうっかりダメ女に…!? 男が「40代女性の部屋」でさりげなくチェックしている箇所3つ

意中の男性を部屋に招き入れる際には、普段より掃除にも、気合いが入る女性が少なくないもの。しかし、女性が盲点になりがちな箇所に男性の目が向いていることもあるだけに、うっかりダメな部分を晒してしまえば「意…

男がひと目でギョッとする…「ダメな40代おばさん」にありがちな化粧ポーチのダメ中身3選

深い仲になった女性の持ち物は、意外と細かい部分まで、チェックしている男性も少なくない実情にあります。「この子は、もしかして浪費家かもしれない」「持ち物を見る限りでは、いい加減な女性っぽいな」など、持ち…

呆れてモノも言えない…男が心底ゲンナリした40代女性の「非常識メール」3選

今どきは、メールよりもLINEでコンタクトをとる男女が一般的。でも、まだLINEのアカウントを交換していないタイミングでは、メールでのやりとりも一般的。特に、名刺交換だけを済ませている間柄だと、名刺に書かれて…

ゲッ、この女とは付き合いたくない…男が見た40代女性の「ダメなバッグの中身」3選

日々の持ち物には、性格が出やすいと言われます。仕事やデートに持っていくバッグの中身も、男性は見ていないようで、意外とチェックをしていることが。そこで今回は、魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得…

男ウケ最悪!「調子こいてるオバサン」と思われる40代女性のLINE3選

「この女、調子に乗ってるな」と男性たちから思われれば、恋愛にも悪影響。しかし関係が順調に進んでいるときほど、うっかりテンションが上がりすぎて失態をおかしてしまうのも、男女関係にはつきものかもしれません…

お節介オバサンすぎる…男が「余計なお世話」だと思った40代女性の気づかい3例

「良かれ」と思って、彼にしてあげたことでも「余計なお世話」と感じさせてしまう言動は、意外とあります。40代女性ともなると、経済的にも経験値的にも若い頃と比較して余裕があって然るべきですが、女性が彼のため…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LOVEに関する最新記事