おひとりさまって「すごい」?周囲にはこう思われてるらしい

落ち込む日だってあるけれど、自分や今の人生を否定したところでしょうがない……。そう開き直って、元気におひとりさま人生を謳歌していると、周囲に良くも悪くも「すごいね」と言われたり、不思議がられたりすることも。その内容について、ピックアップしてみました。

 

趣味を絶やさない好奇心、没頭できる情熱がある

趣味をひとつも持っていない、というおひとりさまは少ないもの。ネットを通じて、面白そうな趣味やサークルも見つけやすい時代。あれこれ掛け持ちしている人もおり、「趣味に没頭しすぎているからひとりなのか、ひとりだから趣味に没頭するのか。『鶏が先か、卵が先か』問題だな(笑)」と語る友人も。

 

暇つぶしの趣味ではなく、「やるなら極めたい」「一生の趣味にしたい」と燃えているおひとりさまも少なくないためか、周囲からは「よくそこまで没頭できるね」「夢中になれるものがあっていいね」「最近は何にハマっているの?」なんて感心されたり、半ば呆れられたり……。なんと言われようと、自分が楽しければよし!と思っておきたいところです(笑)

 

本当に寂しくないの? 将来不安にならないの?

「家でずっとひとりなんて耐えられない」「将来不安じゃない?」「寂しくないの? 怖くないの!?」というのも、よく言われることのひとつ。

 

そもそもひとりが好きな人、楽観的な人もいると思いますが、人間は思ったより適応能力のある生き物。「ひとりならひとりなりに、寂しさをうまく発散したり、将来のために供えたり、意外と適応できるものだよね!」とは友人談。不安になる瞬間が1秒もないとは言いませんが、慣れてしまえば、そのような気分さえも「まあ、これも一時的な感情だし」と達観できるようになる気もします。

 

 

仕事へのモチベーションが変わらない

30代〜40代くらいになってくると、ある程度の仕事は経験し、先が見えてくることも多いもの。「自分のためだけに頑張るのは限界。家族のため、子供のためにと思えばこそ頑張れる…」といった声も、男女問わずよく聞かれます。

 

「ひと通りやりきって、もう仕事人生はいいかな〜と思った」と38歳で専業主婦になった知人は、自身の経験を踏まえた上で、「おひとりさまでバリバリ仕事を続けている人を見ると、いつまでもモチベーション高く頑張れていてすごいな思う」とのこと。「いや、働かなきゃ食べられないというだけで!(笑)」とは思いつつも、実際、仕事好きなおひとりさまは多いなという印象です。

 

家も老後も心配なし!? ひとりで稼ぎきる力がある

「自分のお金だけでやっていてすごいね〜」とよく言われる、という声もありました。

 

実際のところ、一人前に稼ぐ力のある女性は既婚未婚関わらずいますし、おひとりさまだからといって、金銭的に余裕のある人ばかりではないもの。ただ、「いざというときに誰かに頼れない」「自分で家を買う」「趣味にお金を使っている」といった点で、他者からの見え方として、”しっかり稼いでるのだろうな感”が際立ってしまうのかもしれません。

 

前項とも共通しますが、「何があっても自分で稼ぐしかない」という危機感こそが、めげずに仕事を頑張るモチベーションになっている部分もあるような気がします…。

 

ひとりで何でもやってしまう行動力もある

ひとりラーメン、ひとり焼肉、ひとり旅にひとりディズニーもなんのその。行きたいと思ったらひとりでも行くし、「一緒に行く相手がいないから」という理由で行動を控えることはない――。そうした”行動力”に賛辞を送られるおひとりさまも、少なくないようです。

 

無駄な気疲れをしなくて済むし、SNSがあるので、単独行動している感覚もあまりない時代。ひとり行動を全くしない友人曰く「楽しみ方がわからない」とのことですが、これも適応能力なのか、楽しみ方、わかってきちゃうんですよね(笑)。「ひとり行動したほうが、新しい知り合いができて楽しい!」という意見もありました。

 

「人と同じじゃなくていい」と思える強さがある

価値観が多様化しているとはいっても、現状、20〜30代で結婚していく人が多数派の世の中。「人と違う人生を送るのは、やっぱり不安」という声も聞かれます。そんななかで、心の底から「人は人、私は私でいい」と思えているおひとりさまは「強い」と言われがちに。

 

色々あっても今を肯定し、親や他人の目を過度に気にせずにいられるのは、確かに精神的なたくましさがあるからかもしれませんが、強いからひとりなのか、ひとりだから強くなったのか…。これも『鶏が先か、卵が先か』のひとつと言えそうな気がします(笑)。

 

いつまでも「恋愛」できるパワー、気持ちの若さも

 

結婚したことで「ようやく恋愛をしなくていいとホッとした」という安堵感を語る既婚者は意外に少なくないもの。そのためか、長らく恋愛のフェーズで頑張っている同世代のおひとりさまを見ると、「疲れるのに、よく頑張るね」「パワーがあるわ」と感心してしまうこともあるようです。

 

「しんどいけど、付き合っても結婚に至らなければ、またゼロから恋愛するしかないのよぉ〜」と叫んでいた友人もいましたが、選んだり選ばれたり、傷つくことや辛いこともある恋愛に立ち向かうパワーは、確かに年々少なくなるもの。「もう恋愛はいい」と達観してしまうのもひとつの選択肢ですが、恋愛するとしたら、なるべく穏やかな関係を望みたいところです…!

 

以上、おひとりさまが不思議がられること、すごいと言われることをご紹介しました。なんだか、『鶏が先か、卵が先か』問題を多分に含んでいるような気もした今回でした(笑)。

(外山ゆひら)

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

40代で結婚できた女性がやっていた「男の選び方」4つのルール

アラフォー&アラフィフで結婚できる女性には、ある共通項がありました。美魔女じゃないとダメ? それとも良妻賢母タイプ?いいえ! ある一つのことが実行できる人ばっか…

華原朋美、今もバーキンにこだわるオンナのヤバさとは

今年の三月頃、華原朋美のインスタグラムを見ていた時に思いました。こりゃ、パパ、もしくは訳ありな彼氏がいるなと。ファーストクラスでの旅行、エルメスのバーキン、サプ…

西川史子、涙の失恋告白「40代の恋愛は難しい」は本当か?

3月25日放送の「サンデージャポン」(TBS系)で、山尾志桜里議員の不倫騒動についてコメントを求められた女医タレント・西川史子が「先週、『重い』ってフラれた」「40代の…

岩井志麻子 20代それとも40代!? 女性の性欲のピークはいつなのか

五十二歳になった今、己を振り返ってみれば。やっぱり性欲が盛んだったのは二十歳~四十歳あたりだったわ。それはずばり、妊娠と出産の適齢期だったからでしょう。適齢期と…

岩井志麻子 43歳で再婚した私が「40代の結婚」で大切だと思うこと

私の場合、最初の結婚は二十三歳、今も続く再婚は四十三歳のときだった。結婚というものは本当に人それぞれ、人の数だけ形はあると思うが、初婚のときはわりと何もかもが平…

モテ度急上昇!男性のハートをギュッとつかむ究極の一言

今年のクリスマスイブの予定は決まりましたか? 女子会で盛り上がるのもいいけれど、できれば彼と過ごしたいですよね。「その彼がいないの!」という方、たった一言口にす…

岩井志麻子 40歳を過ぎると「みんなセックスレス」問題について

子どもの頃、親に必ず怒られる言い方として、「みんな持ってるもん」「みんなやってるのに」というのがあった。「あれ買って~、みんな持ってるもん」そういうと親は決まっ…

おひとりさま人生を楽しむのに不可欠なもの、不要なものを整理してみた

おひとりさま人生を過ごしていると、たまに過去のあれこれを振り返ってしまい、ちょっぴり元気がなくなる日もあるもの。「だけど人生は一度きり。楽しまなきゃ損!」。そん…

岩井志麻子「結婚しない女」と「セックスレスの男」が、増えた理由を考える

別にテレビは分厚くてもいいし、日本男児は仮性包茎でいいし、日本女性は一重瞼でいいわけよ。電化製品を売る側が薄型がカッコいいと宣伝し、美容業界がムケてなきゃ男らし…

「子供を産まないと思ったのは何歳ごろ?」第1位の答えは…?

「自分らしく、自由に、自立して生きる女性」を応援するメディア、OTONA SALONE。編集長の浅見は、とりわけ40代女性のさまざまなシーンに「それはもしかして悩まなくていい…

こんなとき、家族がいればなぁ。「おひとりさまの不便」激あるある

仕事も趣味もあるし、大抵の家事や難しい配線も自分でできるし、ひとりでもそれなりに楽しく平穏にやっていける、おひとりさま。ただ、結婚願望があまりない人でも、時々は「こんなときは、家族がいればなぁ」と思っ…

おひとりさまに「モテ期」が来るタイミングって?結婚できましたか?

ちょこちょこ出会いはあるものの、どれもうまくいかず、「もうこのままおひとりさまかな〜」と思っていたら、40代前後で急にモテ期が来た!なんて経験をする女性もいるようです。それは、どんなタイミングだったのか…

40代おひとりさまが「意外に面倒に思っている」おつきあいのことって?

「おひとりさま同士で集まると、なんか虚しい話題ばかりになっちゃうことがあるんだよね〜」と友人がポツリ。おひとりさま同士なら、さぞかし気兼ねなく話せて盛り上がるかと思いきや、意外にもそうとは限らない様子…

おひとりさま人生を楽しむのに不可欠なもの、不要なものを整理してみた

おひとりさま人生を過ごしていると、たまに過去のあれこれを振り返ってしまい、ちょっぴり元気がなくなる日もあるもの。「だけど人生は一度きり。楽しまなきゃ損!」。そんなふうに思えるようになったら強いですよね…

40代独女が「ずっと独身でいい」瞬間と「やっぱりひとりはイヤ」な瞬間は?

おひとりさま生活が長くなってくると、「なんだかんだ、この生活が気楽でいいや〜」と思う瞬間と、「やっぱり、このままじゃダメだ!」と思う瞬間、どちらもありますよね。その時々の状況や気分によって、モードが変…

マスコミ系男性と仲良くなるには?40代女性の恋愛のコツ

大人女性だからこそ、出せる魅力がある。男性のタイプ別に恋愛指南をお届けしています。今回は気になる相手が「マスコミ系の男」の場合です。「マスコミな男」の共通傾向マスコミといえば、TV局(地上波、BS、CS)や…

「コンサルな男」の傾向と対策って?40代女性の恋愛攻略法

大人女性だからこそ、出せる魅力がある。男性のタイプ別に恋愛指南をお届けしています。前回の「クリエイター系男性」に続き、今回は気になる相手が「コンサルタント業の男性」な場合の傾向と対策です。「コンサルな…

40代からの恋愛攻略法「クリエイターな男」の傾向と対策

大人女性だからこそ、出せる魅力がある。男性のタイプ別に恋愛指南をお届けしています。前回の「経営者男性」に続き、今回は気になる相手が「クリエイター系の男」の場合です。「クリエイターな男」の共通傾向クリエ…

脈ありorなし?40代からの恋愛攻略法「経営者な男」の傾向と対策

大人の女性だからこそ、出せる魅力がある! 攻略相手の職業タイプ別に恋愛指南をお届けしていきます。初回となる今回は、いま気になっている相手が「経営者」の場合。「独立・経営志向メンズ」の共通傾向って?まず…

○○な人はいつまでも老けない?おひとりさま4箇条

ひとりでの落ち着いた生活パターンが完成している、おひとりさま。誰かに煩わされることもなく、趣味や好きなことに取り組む時間もたっぷりあるため「快適だけど、すでに余生を送っている感じもするわ〜(笑)」なん…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LIFEに関する最新記事