【男の視点】イイネ押しづらすぎ…40代独女のSNS「これは痛い」3つのネタ

ツイッターにフェイスブック、インスタグラムなど、SNSでの発信が盛んな現代、投稿ややり取りを楽しんでいるという40代独女も多いと思います。

反応が欲しいからと、つい「リア充アピール」していませんか? 私生活の充実ぶりを見せつけるのは、必死感が出ると男性に「イタいなぁ」と思われる可能性もあるので注意が必要です。

どんな投稿が敬遠されるのか、実際に男性から聞いた意見をご紹介します。

 

「おひとりさま」でも大丈夫!な投稿は逆に孤独を感じさせる

 

 

・「ツイッターで相互フォローしているアラフォーの独身女性。ひとりで高いお店に行ってランチ食べたとか、週末はひとりで紅葉を見に行ったとか、『おひとりさま』でも寂しくないもん! ってアピールが逆に寒い。

ひとりで行動できてすごいですねって言われたいのがミエミエだけど、男に誘われない自分を見せてることに気づいてないのかな」(36歳/公務員)

・「カラオケが大好きなアラフォーの女友達。昔はよく友達を誘って行っていたけど、最近は一緒に行く人がいなくなったのかヒトカラの様子をフェイスブックにアップしているのが寂しさを感じる。

カラオケの部屋でひとりでご飯を食べてる写真にはちょっと引いた」(42歳/サービス)

 

★ ほかにも、「回転寿司のカウンターにひとりで座るのって寂しくない?」「ひとりで旅行した記録ばかりでたくましいとは思うけど、彼氏要らないんじゃない?」など、「おひとりさま」行動が目立ちすぎるのは男性から関わりを避けられる原因に。

女性からすれば「独身だからって寂しい女と思われたくない!」という気持ちかもしれませんが、あえてひとりでの行動を選ぶのは、強がりが見えてしまったり自我の強さを感じさせたりとマイナスになることもあるのですね。

本当に平気であっても、読む人すべてがすごいなと感じるわけではありません。

たまには友達と食事をしている写真など、身近な人と楽しく過ごしている様子も見せて、親近感を誘いましょう。

 

その金銭感覚、大丈夫?

・「県外の女友達。昔から犬が好きなことは知っていたけど、フェイスブックの投稿がいつも飼い犬の話題。服や餌とかにすごいお金をかけていて、トリミングも毎週行っているそうな。つながっている友達も同じような犬好きの人たちばかり。

……ほかにお金使うところがないんだろうなぁと思ってしまう」(38歳/フリーランス)

・「『老後が心配』が口ぐせで、今は投資にハマっているアラフォーの彼女。参加したセミナーのことや本の紹介とか投稿しているけど、とにかく『老後』をキーワードにして先の生活ばかり考えているのが見ていて苦しい。

男のお金に頼らない生き方は立派だと思うけど、俺との付き合いにも前向きに『投資』して欲しいと正直思う」(45歳/人事)

 

★ 偏ったお金の使い方が見えると、年齢への焦りや寂しさが余計に伝わってしまうこともあります。

ペットや趣味に収入をつぎ込んでいる姿や貯蓄一筋の様子などは、興味の狭さがうかがえて楽しそうに見えない、という声も。

40代独女とお付き合いしている男性にとっては、「自分のことだけかよ」と寂しさを感じさせられる瞬間でもあって、今後のことを考えられないと思われるのも問題ですね。

金銭感覚のズレはお付き合いをためらう原因にもなるので、アピールはほどほどにするのが賢明です。

 

「自虐ネタ」はスルー一択!?

 

・「会社での失敗を取り上げては『がんばっているのにな』と健気さをアピールする同僚のツイッター。前はドンマイとかリプライしていたけど、ずっとそんな感じなので相手にするのが面倒になってミュートしました。

あれって、失敗してもめげない自分を知ってもらいたいだけでしょ?」(35歳/営業)

・「深夜に食べた料理の写真をアップして『こんなんだから彼氏ができないんだよね(笑)』みたいなことが書いてあると、いいねを押して良いのかどうかわからないからスルーしています」(36歳/配送)

・「イラッとする投稿といえば、社長とか肩書のある人と飲んで『人に恵まれて感謝しています』みたいなリア充っぷりを出しているアラフォー。謙虚さじゃなくて人脈の広さをアピールしたいのがミエミエで萎える」(39歳/看護師)

 

★ 今回、一番ブーイングの多かったのが「自虐ネタ」。

「ツッコミ待ちの投稿ってウザい」と思う男性が多数で、反応する気が失せてしまうのですね。

40代にもなって「かまってちゃん」のような雰囲気があると、人間性の未熟さが感じられます。自分を卑下するような投稿はそのまま価値を下げることになると心得ましょう。

 

 

上手に使えば良いコミュニケーションツールとなる一方で、内容によっては敬遠される元にもなるSNS。

必死感のある投稿は、続いてしまうとミュートや非表示を選択されることにもなり、結局つながりが断たれてしまうので控えましょう。

一緒に過ごしてみたいと思われる投稿には、必ず自然な笑顔があります。

自分を知ってもらえる楽しい投稿を心がけたいですね。

スポンサーリンク

【みんなが言わない秘密の話】40代女性が本当に男性と出会える場所は◯◯だった!

何年も彼氏がいない友人からよく聞くのが、「気づけば40代で、いまだ独身。どこで男性と知り合えばいいの!?」という話。確かに周りには既婚が増えてきて、自然な出会いが…

【男の本音】40代女性はあなたの恋愛・結婚の対象になりますか?

別に悪いことをしてきたわけでもないのに、ただ年齢を重ねたというだけで男性に対してどこか引け目を感じてしまう、そんな瞬間はありませんか?40代になるとだんだんと若々…

【男性心理】浮気に走る本当の理由は◯◯だった!?浮気しやすいタイプも解説

働き盛りの30~40代の男性たち。仕事にも余裕が出てきて、浮気をする時間もお金も持っているので、さまざまな女性と交流するチャンスもゴロゴロ。前回の浮気されやすい女性…

僕たち、独女のコレに弱いです!男性が思わず「ドキドキする瞬間」3つ

思いもしなかった瞬間に欲に襲われることって、ありますよね。40代独女のどんな姿にムラムラする? と男性に尋ねてみたところ、ズバリ「無防備な姿」にやられる、という声…

【男性心理】40代バツイチ男を落とすコツと、選ばれる女になる理由とは?

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返る連載第2…

いちばん「冷たい男」が多い血液型って…? ダントツでアノ型でした!

交際している恋人に対し「こんなに冷たい人だったなんて……」と、愕然とした経験はありますか?お付き合いに至る前には優しい男性でも、“自分のもの(!)”になった途端に、…

優しい男性がいちばん多い血液型って?なんとアノ血液型でした!

「お付き合いするなら優しい男性がいい!」「結婚するなら、妻に優しい男じゃないと」と思っている女性のみなさん。優しい男性は、どんな血液型に多いと思いますか?今回も…

「なぜ彼女は独身なの?」40代独女の本音とは【新連載】

はじめまして。イラストレーターのNobbyです。大学を卒業してすぐフリーランス人生が始まり、絵を描いたりトロンボーンを吹いたり歌ったり、とにかく好き放題で生きてきま…

【男の本音】こんな40代独身女性になってない?男性ががっかりする原因3つ

現在恋人のいる40代独女の皆さま、楽しいお付き合いをしていますか? いくつになっても男性の目は厳しいもの、気を抜いていると「もうやーめた!」と恋心を放棄されてしま…

【男の本音】美人じゃないのに「なぜかモテる女」8つの特徴

あなたの周りにも、美人でもスタイルが良くもないのに、なぜか男性からモテたり、彼氏が途切れないタイプの女性はいませんか? かたや、美人で仕事もできてスタイルバツグ…

これが効いた!40代独女が「微妙な関係を一歩進めるためにやったこと」3選

気になる男性といい雰囲気なんだけど、”あと一歩”が踏み出せない。微妙な距離感のままでいつまでも過ごしていると、いつしかふたりの恋心も冷めてきます。そうなる前に、次に進むタイミングをしっかり用意するのがモ…

コンビニで男性はココを見ている!「彼女にしたくない40代独女の態度」3選

40代独女の中には、毎日通うという人もいるかもしれないコンビニ。すぐ立ち寄れてぱっと買い物ができるのは便利ですが、気軽さからついマナーの悪さも出やすくなります。誰も見ていないようで、意外と目につくのが大…

40代独女が懲りた!「浮気をやめない彼氏」との壮絶エピソード

どんなに好きな男性でも、浮気されるのは悲しいし許せないもの。何度言ってもほかの女性を追いかけるのをやめない彼氏との”バトル”は、いつしか疲れきって別れを考えることもありますよね。「惚れた弱み」とはよくい…

【男の本音】年下男子がグッとくる「40代独女のキレイな肌」の特徴

お肌のケアに力を入れている40代独女は多いと思いますが、実際に男性はどんなところを見ているのでしょうか。年下男子が気になるのは、肌のどの部分?的外れのお手入れのせいで、せっかく芽生えた恋心もちょっと後退…

男が「追いかけたくなる女」の秘密。恋を上手に進める3つのテクニック

好きな人との関係を進めるためには、女性からのアプローチも重要ですね。40代になると、自分から積極的に動くのは苦手……と思う女性もいますが、男性任せの恋は良い方向に発展しづらいときもあります。男性が追いかけ…

カレのかわいいドジに萌え…40代が忘れられないデートって?

好きな人とのデートは楽しく過ごせるのが一番だけど、避けられないハプニングも起こるもの。今でも赤面してしまう記憶や胸があたたかくなる思い出などは、40代になっても忘れられません。人には打ち明けられないけど…

【男の本音】デレデレしちゃう…「休みの日にもらうと嬉しい」LINE3選

もうすぐ平成最後の大型連休。気になる男性と長い時間会えないなんて、と嘆いている40代独女もいるかもしれません。まだ恋人になっていない微妙な距離感でいる場合、連休中の連絡はどれくらいの頻度がいいのでしょう…

「軽い気持ち」が大後悔。40代独女がやらかした「デートで大恥!ハプニング」とは

デートは好きな男性と楽しく過ごす時間が理想ですが、ちょっとした出来心でそこまで好意がない男性と出かけてしまったり、デート中もいい加減な態度で相手を振り回してしまったり。軽い気持ちで行動したことが、大恥…

脱・ダメ恋!40代独女が「捨てて良かった」と思う悪い恋愛習慣3選

春は、環境が変わったり新しい人と出会えたり、”出発”の言葉がふさわしい季節ですね。今までダメな恋愛ばかり繰り返してきた40代独女の中には、新しい自分に生まれ変わって再出発したいと思う人もいるかもしれません…

こんな言い方されたら断れない!男性がよろめく40代独女の「デートの誘い方」って?

今月は大型連休もひかえ、気になる男性をデートに誘いたいと考えている女性も多いかもしれませんね。男性が喜ぶ”女性からのお誘い”は、ズバリ「わかりやすい」ことが肝心です。目的のあるお出かけなら、まだそこまで…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

LOVEに関する最新記事