クローゼットの微妙なブランドバッグ、コメ兵に持って行ったら…?

もう着なくなった洋服や使わなくなったバッグはどうしていますか? マネー相談に来られる相談者の中に年収は高いけれど、貯蓄ができないという人は少なくありません。貯蓄ができない理由として多いのは、ショッピングがやめられないようです。

 

■クローゼットがあふれかえっている

年々体力はおとろえていくのに洋服やバッグなどの買い物意欲がおとろえることのないショッピング大好きな43歳、広告代理店勤務のA子さん。年齢が上がるにつれて購入する物の質も上がるためお金がかかってしまうとのこと。年収が高い人ほど、その傾向はよく見られます。

購入できるだけの収入もあるし、いざお金を貯めようと思えば貯めることができると言います。海外旅行に行く予定や欲しいブランドバッグがあるなど購入するという目的があれば貯蓄は猛スピードでお金が貯められるという経験から貯蓄できる自信があるようです。

A子さんは毎シーズン流行りの洋服を購入しているので、クローゼットはあふれかえっているけれど、ひとつひとつが高価なので着なくなった洋服でも捨てることもできないそうです。フリマアプリで売却したいと気になりつつどうしても抵抗感があるとのことでした。

 

■フリマアプリを利用するのに抵抗感があるわけ

フリマアプリ「メルカリ」を利用するのに抵抗感があるのは、見知らぬ人と接触することで個人情報が流れてしまうのか気にしてしまうそうです。

利用したことがなければネット上での取引に抵抗があるのは仕方ありません。しかし、メルカリは匿名でやり取りができる上に、「メルカリ便」を利用すると商品を配送する際には宛名書きは不要なので個人情報が漏れる心配はありません。「らくらくメルカリ便」はヤマト営業所、ファミリーマート、サークルKから発送できます。出品時も購入時も手数料0円で、かかる手数料は販売手数料10%だけです。

販売価格は自由に設定できるので、例えば、クローゼットに眠っているブランドバッグを3つそれぞれ3万円として合計9万円で売却できれば手数料10%を差し引いた8万1千円をゲットすることができます。

 

■明るい店内の素敵な空間のリユース店

アプリに抵抗があるなら、コメ兵などのブランドリユース店、また大黒屋などの質店もオススメです。店舗に入りづらいイメージがあるでしょうが、新宿のコメ兵ならば伊勢丹となりの店舗の地下が買取コーナーなので、万が一知り合いに会っても買い物に来たのか売りに来たのか見分けがつきません。

また、質店の場合、最近は買取店舗が独立し、エステの待合室かと思えるようなお店もあります。静かなBGMがかかりVIP気分で商談できるような空間づくりをこだわっているお店であれば入りやすいでしょう。

フリマアプリの手間は思っているより少ないですが、全く手間なく売りたいのであればこうした店舗にまとめて持っていくのも手です。数万円どころか数十万円にもなる可能性はあります。

 

■売却して資金ができたら新しい洋服の資金源に

不要になった洋服やバッグを売却して売却資金が入ったら新しい洋服の資金源になります。クローゼットにねむっている不要な洋服やバッグが片付いたら、クローゼットの中を一度整理してみましょう。整理してみたら、1年前に購入して忘れていた今年も着られそうな洋服が見つかることもあるかもしれません。また整理してみたら、普段着る洋服が限られていることに気がつき買い物意欲が落ち着くこともあります。

 

ちなみに、A子さんは、結局新宿のチェーン質屋へ出向き、20代の時に購入したグッチのバッグを売却したそうです。高くても1万円にもならないと思って持っていたのに、なんと6万円になってびっくり。古くて今更持てないと思っているブランドものも、製造中止になっていたりするとレア物として高値になるようです。

年収が高い人ほど、支出が高くなりますが、定年前に焦って貯蓄がないとご相談にみえる人もいます。バブル時代の経験が抜けず、そのうち収入も上がって何とかなるかなと過ごしてきたようです。年金だけでは老後の生活費は不足し、元気で働ける限りは働く定年後も働いき続けなければなりません。クローゼットの整理とともに家計の整理もはじめてみませんか。

FPCafe登録パートナー 今関倫子

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

「信じられるのはお金だけ」世代!? 40代の平均貯金額とは

「信じられるのはお金だけ」という名言を残したマツコ・デラックスさん。老後のことを考えてお金を貯めているとのことでしたが、この言葉に激しく同意したアラフォー女性は…

独女がもらえる年金の平均額と、60歳までの目標貯金額を計算してみた!

独身女性が老後にかかるお金はおよそ5,400万円といわれています。この数字は、60歳以上の独身女性の毎月の生活費が全国平均15万円。平均余命が28.68年であることから算出さ…

年収300万と400万では結構違う?「お金の貯め方」のコツ

私のところには「無駄遣いを減らしたい」「お金を貯めたい、増やしたい」というご相談でやってくる40代女性が多いのですが、年収によって「お金の貯め方」のコツは違います…

【マネー専門家の事例】40代女性の平均貯蓄額はどれくらい?

かつて、落語家のヨネスケがリポーターを務めた「突撃!隣の晩ごはん」という超人気番組がありましたね。隣の家の晩ごはんが気になるのと同じくらい、隣の家の人や友達の貯…

お弁当越えのコスパ!「ランチ1回140円」で済ませる裏ワザ

お弁当vs外食ランチの差は一ヶ月どれくらい?仕事もプライベートも何かと忙しい40代。朝早く起きてお弁当づくりするのは大変です。話題のお店でご褒美ランチを楽しむことは…

気付けば貯金が300万円!年収300万円会社員が実行した3つのルール

貯金とは、「楽しみの先延ばし」です。お金を使わないでいることは、何かを我慢することになります。たとえば、新しい服とか、新しい家電とか。そういったものを得られる楽…

ほったらかしでも貯まる!「お財布を休ませる」方法って?

触れない日はないといえるお財布。私たちも休みがないと疲れ切ってパワーがなくなってしまうように、お財布も休みがないとお金が貯まるパワーがなくなってしまいます。お金…

銀行口座を分けるだけで月5万貯まる?カンタン貯蓄の仕組みづくり

貯蓄は必要だと思っても、お財布にお金が入っているとついつい使ってしまうものです。かといって、我慢ばかりではストレスがたまって逆効果。貯蓄を成功させるには、手間が…

年収400万と500万、年間貯金額はこんなに違った!100万貯めるコツ

どうもお金が貯まらない、自分はムダ遣いばかりしている、そんな風に感じている方も多いのではないでしょうか? 昇給があまりされなくなった現代において、となりの人はど…

月の手取り23万でも年100万円貯めた!40代女性のテクニック

1ヶ月の手取りが23万円、ボーナス37万円が年に2回、合計で1年間の手取り年収350万円。そんなに多い方ではないかもしれないこの年収で、1年間で100万円貯めた女性がいらっし…

40代が家を買うなら。住宅ローンはいくらまで?オリンピック後がいい?

これまで住宅ローンの負担もなく、引越しも気軽にできる身軽な賃貸がいいと思って過ごしてきた30代。40代になると老後のことも頭をよぎりはじめると思います。家を買いたくなってきたけど、住宅ローンはいくらまで組…

美白をコストで考えると「手前」ほどコスパがいい!

いわゆる「美人」をイメージすると、一番に思い浮かぶのが「美しい白肌」。若い時には日焼けが気にならなかったけれど、40代になりますます年齢を重ねるごとに夏の日差しがつらくなります。日焼けすると「シミ」がで…

3つのルールを決めるだけ!自動で1年間で100万円貯まった年収360万40歳の実例

貯蓄をはじめるなら何が何でもと節約して一心不乱に頑張るよりも、はじめに目標金額やルールを決めることで無理をしないで頑張れます。今回は1年間で100万円貯めた女性が決めた3つのルールの相談実例をもとにお伝え…

家計簿が三日坊主で終わる人必見!「簡単にお金が管理できる方法」

貯蓄をはじめるぞ!と家計簿をつけたところ、1週間も続かなかったという経験はありませんか? なんとなく貯蓄=家計簿をつけくなてという思い込んでいたけど家計簿つけるのがめんどうで断念し、目的の貯蓄スタート…

ボーナスいくら出ましたか?40代女性はボーナスをどうするべきなのか

国家公務員の2018年夏のボーナス支給日は6月30日です。民間企業は夏と冬の年2回、年に1回、複数回とさまざまです。ボーナスは毎月支給されるお給料に増して頑張って働いてきて良かったなと改めて実感する機会ではな…

貯蓄が1000万円超えても、銀行口座に置いたままでいいの?

仕事や家事に追われ忙しい毎日を過ごしている中、気がついたら貯蓄は1000万円を超えたものの、銀行口座に置いたままでいいのかしら?というのは、実はマネー相談でもよくある相談内容です。銀行口座に置いていても低…

ほったらかしでもズボラでもお金が貯まる!秘訣は「銀行口座」のこの使い方

「お金がなかなか貯められない」というマネー相談の中には、「家計簿が続かなくて……」という悩みが結構あります。確かに、お金を貯めるには、毎月どれだけお金をつかっているのか支出を把握するのがとても大切です。…

憧れの「不労所得暮らし」、40代から準備すれば間に合う?

マネー相談で夢や希望を相談者に質問してみると、定年より前に仕事をペースダウンして趣味を活かした仕事がしたい、老後を悠々自適に暮らしたいなどの夢があります。そのために「不労所得があれば・・・」と不動産投…

40歳時点で必要な貯蓄額を、定年から逆算してみると…えっ500万も?

世の中の40代は貯蓄をしっかりしているだろうと周りが気になるものの、お金の話は友人にはしづらいものです。貯蓄ができないことを何年も心の片隅にあるものの、一向に貯蓄が増えることなく時間だけが過ぎてしまって…

もしもお金のプロが「1年で100万貯めて」と言われたら?FP今関さんの場合は

OTONA SALONEでマネー記事を連載している3人のFPに、まったく同じ「1年で100万貯めてくださいと言われたら、自分ならどうしますか?」と質問しました。三者三様の貯め方ノウハウ、いったいどんな内容なのでしょう…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

MONEYに関する最新記事