40代の大失敗!「これで浮気がバレました」エピソード3つ

つい気が緩んで浮気をしちゃった……。バレないと思っていたのに、予想外なところで尻尾が出た! そんな経験、ない方が良いに決まっていますが、やっぱりほかのオトコに目が向いちゃうのが女心ですよね……。

知られたら最後、修羅場になったり相手にまでキツいお仕置きがあったり、自分も無傷では済まないのが浮気です。

どんなシチュエーションで浮気がバレたのか、実際の例をご紹介します。

 

LINEの送り先を間違えて……

 

 

— 総務部で働いている私のところに、ちょくちょく提出書類のことで質問に来ていた年下の浮気相手。何となく可愛いなと思っていたら食事に誘われて、ご飯くらいならと本命の彼にきちんと説明して行ってきました。

でも、実際にふたりきりで過ごしてみると会社よりずっと大胆に迫られてしまい、勢いに負けて連絡先を交換しました。もちろん彼には言えません。

それからこっそりLINEで連絡を取り合ううちに親密度が増していき、気がつけばお互いに好きと伝えていました。

彼に隠れてホテルで会ったり浮気相手の部屋に泊まったり、刺激的な付き合いが続いていたある日、女友達と飲んだ帰りに「会いたいよ~○○くん。今から行ってもいい?」とLINEしてみると、返信がない。

よく見ると、間違えて本命の彼に送っていました……。トークが上下並んでいたので間違えてタップしたようで。

一気に血の気が引き、慌てて彼に電話してみるも「○○くんって誰? あの年下の子?」とすっかりお怒りモード。名前付きで会いたいと送っているので言い訳もできず、そのままフラれました。

酔ったときほど慎重になるべきですね……」(36歳/薬剤師)

 

★ LINEで気をつけたいのは、送信相手をしっかり確認すること。よく連絡する相手が並んでいると、間違えてトーク画面を開いても気がつくのが難しいときってありますよね。

浮気相手との連絡手段は、本命がLINEなら浮気相手はメールにするなど、使い分けることが……じゃない、バレると別れ一直線になるので、くれぐれも気をつけましょう。

 

話の辻褄が合わなくて……

 

 

— 今の彼氏に隠れてずっと連絡を取り合っていた元カレ。音楽の趣味が合うので、たまに会っては野外フェスティバルの話なんかで盛り上がっていました。

お互いに下心があったのか、向こうが今の彼女と上手くいっていないときに慰めているうちにそんな雰囲気になり、ホテルに行く関係に……。

今年の夏はふたりで県外のフェスティバルに行こうと約束して、「女友達と行く」と彼には言って元カレと一泊旅行を楽しみました。

が、無事に終わって普段通りに過ごしていたあるとき、彼とデート中その女友達にバッタリ! 「久しぶり~」と話しかけられて彼は不審げ、私もしどろもどろの会話しかできずにその後バッチリ責められました。

結局元カレと行ったことを白状させられてしまい、「信じられない!」と同棲していた部屋を追い出される事態に。

元カレを頼ったけど、ことの重大さにビビったのか受け入れられないの一点張り、結局実家に帰りました。

荷物がすべて宅配便で送られてきて、彼とはそれっきりです……。」(38歳/インストラクター)

 

★ どうして「女友達」にしっかり根回しをしておかないのか……じゃない、浮気相手とのお出かけに友人を使うのは、本来とても危険なことです。

自分の嘘に他人を巻き込むのはもちろん最低なことだし、秘密を知られるとどこまで漏れるかわかりません。

浮気はすべて自己責任、と心得ましょう。

 

友人のタレコミで……

 

— 浮気相手は昔の同僚で、夫にも以前紹介したことがある人。私が退職後に友達と向かった居酒屋でバッタリ再会し、それからお付き合いが始まりました。

夫も知っている人だし、ふたりでいるところを誰かに見られても言い訳ができる、と油断していたのがマズかった……。

夫には友達のところと嘘をついてひとり暮らしの彼の部屋に泊まった日、彼と夕飯の買い出しでスーパーにいるところを友人に見られ、それが夫に伝わりました。

数日後に待っていたのは「ふたりで仲良くお酒を買っていたって、どういうこと?」と顔を真っ赤にした夫からの叱責。

後ろめたくないなら彼もここへ呼べと言われ、恐ろしくて逆らえずに連絡し、彼も来てくれました。

が、彼のほうが先に観念してしまい、正直に不倫を認めたことから夫が「会社に連絡する」と言い出し……。

土下座してそれだけは許してもらったけど、二度と会わないこと、私は今後一切の家事を引き受けることが条件に。

夫をナメていた罰だと思っています……」(42歳/看護師)

 

★ そもそも、不倫は人の道に外れた関係。配偶者をないがしろにすることを平気で続けていれば、遅かれ早かれ裁かれるのは確実です。

離婚されなかっただけ幸運だと思うけれど、この先も夫を裏切った自分で生きていかなければならないのが一番の罰ですね。

だから不倫なんてやめなさいって。

 

 

浮気をする男女に共通しているのは、どこかで「バレなければ大丈夫」とタカをくくっていること。

ですが、どんなに上手く取り繕っても、人の目は避けられないし無理な嘘は必ず露呈します。

身近なパートナーを大切にできない人が、幸せになれるはずがありません。

浮気は自分自身を滅ぼすことだと、しっかり心に刻んでおきたいですね。

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

【みんなが言わない秘密の話】40代女性が本当に男性と出会える場所は◯◯だった!

何年も彼氏がいない友人から、よく聞くのが「気づけば40代で、いまだ独身。どこで男性と知り合えばいいの!?」という話。確かに周りには既婚が増えてきて、自然な出会いが…

【男の本音】40代女性はあなたの恋愛・結婚の対象になりますか?

別に悪いことをしてきたわけでもないのに、ただ年齢を重ねたというだけで男性に対してどこか引け目を感じてしまう、そんな瞬間はありませんか?40代になるとだんだんと若々…

【男性心理】浮気に走る本当の理由は◯◯だった!?浮気しやすいタイプも解説

働き盛りの30~40代の男性たち。仕事にも余裕が出てきて、浮気をする時間もお金も持っているので、さまざまな女性と交流するチャンスもゴロゴロ。前回の浮気されやすい女性…

僕たち、独女のコレに弱いです!男性が思わず「ムラムラする瞬間」3つ

思いもしなかった瞬間に欲に襲われることって、ありますよね。40代独女のどんな姿にムラムラする? と男性に尋ねてみたところ、ズバリ「無防備な姿」にやられる、という声…

【男性心理】40代バツイチ男を落とすコツと、選ばれる女になる理由とは?

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返る連載第2…

いちばん「冷たい男」が多い血液型って…? ダントツでアノ型でした!

交際している恋人に対し「こんなに冷たい人だったなんて……」と、愕然とした経験はありますか?お付き合いに至る前には優しい男性でも、“自分のもの(!)”になった途端に、…

優しい男性がいちばん多い血液型って?なんとアノ血液型でした!

「お付き合いするなら優しい男性がいい!」「結婚するなら、妻に優しい男じゃないと」と思っている女性のみなさん。優しい男性は、どんな血液型に多いと思いますか?今回も…

【男性心理】40代バツイチ男と結婚するために大切なこと

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返ります。

【男の本音】美人じゃないのに「なぜかモテる女」8つの特徴

あなたの周りにも、美人でもスタイルが良くもないのに、なぜか男性からモテたり、彼氏が途切れないタイプの女性はいませんか? かたや、美人で仕事もできてスタイルバツグ…

いちばん浮気性な男が多い血液型って…?ぶっちゃけアノ血液型です!

「浮気性な男だけは掴みたくない!」と思っている女性は多いもの。40代になってまで、ハラハラする恋愛トラブルには巻き込まれたくない本音だってあります。では、浮気性な…

どうして?「距離感」を大切にしてきたはずの40代独女が幸せになれないワケ

恋愛には相手との「距離感」を間違えないことが大切。そう思って頑張っているのに、なぜかいつも男性が離れてしまう。アプローチもしているし、LINEの返信も合わせているし、ちゃんと”ちょうどいい離れ具合”を考えて…

冬のオフィスでこれは無理!男性がドン引きした40代独女の「出社したときの行動」3つ

冷え込みが厳しくなってくると、毎朝の通勤もつらく感じますね。電車や徒歩で移動するし、コートにマフラーを重ねて途中のコンビニでホットコーヒーを買って……。いざ会社に着いたとき、脱いだ服やドリンクはどうして…

男性も悩んでいる!「冬デートに誘ったとき返されたら嬉しい言葉」って?

コートがないと外出が難しくなる冬。寒くて外に出たくない女性もいると思いますが、それでも好きな男性に誘われるデートは別ですよね。イルミネーション見学にクリスマスと、楽しいイベントがある冬デートは男性だっ…

「今度こそ」をいつまで繰り返すの?その「元サヤ」、ただの悪縁かもしれません

別れた恋人を忘れられない。やっぱり私にはあの人しかいない。そんな切実な気持ちで、何度も同じ男性とつらい別れを繰り返していませんか?何度追い詰められても結局最後は別れてしまうなら、その復縁は「良くないも…

彼氏は欲しいけどズボラな自分を変えられない。40代独女が悩む「女性らしさ」の壁

もう何年、彼氏がいないんだろう……。未婚独身のまま、気がつけばもう40代。まだまだ恋愛はしたいけど、一人の時間が長かったせいかズボラな生活から抜け出せない。ある40代の女性は、そんな「女性らしさを失った自分…

「スタンプで終わり」はNG!?男性が「恋の余韻を感じる」40代独女からのLINEって?

好きな男性とやり取りするLINEは楽しいもの。絵文字を使って気持ちを表現したり、かわいいスタンプを使ったりと会話を盛り上げる工夫をがんばる40代独女も多いと思います。でも、顔が見えないLINEでは、スタンプより…

あ、これ惚れる。40代独女が職場でこっそり見せた「応援してるよ」サイン

仕事を頑張っているとき。同僚や上司からの応援は励みになりますよね。男性にとって、気になる女性が職場で見せてくれる「応援してるよ」サインはテンションが上がるし嬉しいもの。かといって大げさに伝えられると周…

拗らせすぎると危険!40代独女が「片思いに疲れてやらかしたダメ行動」って?

気になる男性はいるんだけど、なかなか進展しない。アプローチが上手くいかない。片思い中はいろいろなストレスがありますね。やめてしまいたいけど、そう簡単にいかないのが恋心。拗らせてしまっておかしな行動に出…

え、このLINE怖すぎ!年下男子が戦慄した40代独女の「束縛LINE」3つ

片思いでもお付き合い中でも、連絡に欠かせないLINE。好きな男性とのやり取りは楽しいですが、気をつけたいのが「距離を詰めすぎない」こと。顔の見えないLINEでは、たとえ親しい間柄でも過度な繊細などは窮屈さを感…

これってただの手抜き…!?40代独女があ然とした「短時間デート」の中身

好きな男性とのデート。たとえ短い時間でも一緒にいたいと思う女性は多いと思いますが、いざ会ってみると何だか適当な扱いでがっかり、なんてこともあるかもしれません。ただの暇つぶしなのか好意があって誘うのか、…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LOVEに関する最新記事