11月新オープン。わざわざ泊まりたい京都・大阪2つの個性派ホテル

旅行をする際、ホテル選びは重要なポイント。ホテルでゆっくり時間を過ごすのか、寝るだけの場所と割り切るのか、旅の目的、その旅でホテルに何を求めるかでも選ぶ基準は変わってきます。

今回は、11月にオープンしたばかりの京都・大阪のホテルをご紹介します。

この2つ、どちらもとっても個性派です。そして、正反対といっていい性格のホテルですが、どちらも魅力的。大人の女性に自信を持っておすすめしたいホテルです。

個人的には関西、とくに京都は凛とした空気の冬が好きだったりします。新しいホテルに泊まることも旅の目的のひとつにして、冬の関西に出かけてみてはいかがでしょう。

老舗美術館が営む、京都・祇園の隠れ家ホテルにステイする。

「アール モン ゼン キョウト」は、2017年11月9日、京都祇園北にオープンしたばかりの、全15室のホテルです。

このホテルの最大の特徴は、京都の老舗美術商「中西松豊軒」が手がけているということ。共有スペースや客室のところどころに本物の美術品が配され、“美術品とともに眠る”という希少な体験ができます。

15室の客室はすべて誂えが異なり、それぞれ天井高3メートルを確保しているそう。ゆったりとスペースがとられた客室に置かれた美術品は、ずっと前からそこにあったかのように空間にとけこんでいます。

ロビー周りなど、共有スペースのアートチェックも楽しいですよ。古美術だけでなく、「え、これ陶器でできているの?」と、思わず二度見してしまうモダンアートに出会えるかもしれません(美術品は不定期に入れ替わるそうです)。

気になるものがあれば、スタッフに声をかけてみて、美術品にまつわるエピソードをたずねてみては?

また、客室ですが、15室のうち2室は、床板に「なぐり」という日本の伝統技法を用いています。

丸太や板の表面に道具の痕跡を残す、数寄屋建築でおなじみの技法ですが、見た目の素敵さだけでなく、脚触りも心地よく、いつまでも床を踏んでいたい気持ちに。睡眠にこだわった特別設計のハリウッドスタイルのベッドや加湿器、バブルバスも全室完備。

アメニティはフランスのスパ発のスキンケアブランド「オムニサンス・パリ」のものが用意されていて、祇園にいながら外に出るのが億劫になってしまうホテルです。

また、ぜひ利用したいのが、1階のレストラン・バー「サーティーセブン グリル バー アンド ラウンジ」。

半地下まで掘り、天井高を最大限に生かし、大きな窓のふちに数寄屋工務店の職人が選びぬいた日本の銘木を使うことで、室内にいながら屋外にいるような開放感が味わえるという、こだわりの設計です。ちなみにメニューは、京丹波平井牛や京都産もち豚など、地元の食材をいかしたグリル料理が中心です。

 

コンチネンタルスタイルで供される朝食は、宿泊者オンリー。ベルギー発祥のベーカリーレストラン「ル・パン・コティディアン」のクロワッサンや山梨県産のグラノーラ、生しぼりジュースで始める祇園の朝もステキですよ! 夜と朝とではまた違った表情が楽しめるので、ぜひどちらもチェックしてみてください。

夜は、祇園で食事を済ませた後に、大人の空間のバーで、本革のソファに腰掛けお酒を嗜む──なんて時間を過ごすのも粋かもしれません。

ホテル アール モン ゼン キョウト(ART MON ZEN KYOTO)
住所/京都府京都市東山区古門前通大和大路東入元町391
Tel./075-551-0009
http://www.amz-kyoto.jp/

大ホテルチェーン「マリオット」が手がける、型破りなホテルとは?

世界最大のホテル企業「マリオット・インターナショナル」が、11月1日、東京と大阪に「モクシー・ホテル」を同時オープンさせました。

モクシー? 聞いたことない? そうですよね。こちらのホテルブランド、今回が日本初上陸。今回オープンした東京・大阪を合わせて全世界でもまだ30足らずしかないホテルブランドなんです。

さて、今回筆者が訪れたのは、「モクシー大阪本町」。オフィスビルを改装した155室のホテルです。心斎橋や難波など大阪の主要観光スポットも至近距離、要はキタとミナミのちょうど中間あたり(ややミナミ側?)に位置する抜群の立地です。

で、「モクシー・ホテル」なのですが、かなりブランドコンセプトがはっきりしています。その名(Moxy=Moxie元気の意味)の通り、社交的で好奇心旺盛かつエネルギッシュなグローバルトラベラー向けのデザインを踏襲して、同時に必要のない設備、サービスは潔く排除。「マリオット・インターナショナル」のホテルのなかではもっとも安価な価格帯で泊まることができます。

具体的にいうと、徹底的なリサーチの上で、バスタブ、冷蔵庫を排除。部屋着もありません。荷物を部屋まで運んでくれるサービスもありません。たしかにリゾートホテルに行ったらのんびりお風呂に入りたいところですが、都市部への出張や観光の際はゆっくりお風呂に入る時間もないし、シャワーがあれば充分。

部屋で荷物が来るのを待つよりも自分でちゃっちゃと運んだほうが気楽だったりしません? そして、24時間営業のバーや、バーカウンターでのチェックイン(ウェルカムドリンクはアルコールかノンアルコールかを選べます)──。で、ホテルスタッフの制服(?)もラフで、かつテンション高いです!

徒歩圏内で行ける、同じマリオットグループの最高級ブランド「セントレジス大阪」とは大違い(笑)。

必要でないものは取りはらい、その上で快適性を追求するというわけで、客室はいたってシンプル。部屋は決して広くはありませんが、随所にモクシーのこだわりを見ることができます。

テーブルやハンガーは使う人は使うし、使わない人も多いということで、「必要ならば降ろして使ってくださいな」とばかりに、壁面のフックにかけられています。ただ、仕事をするなら共有スペースを利用するのもあり、です。

モクシーではターゲットとする若い世代の旅行者は共有スペースで時間を過ごす時間が多いというリサーチのもと、共有スペースを充実。

電源が取れる場所も多く、Wi-Fiもさくさくでした。前述したように、バスルームはシャワーのみ。ただ、2種類(ハンドシャワーとレインシャワー)のシャワーはどちらも充分な水圧でした。

コンセプトが明確すぎることもあり、客層を選ぶホテルです。でもミレニアム世代(20~30代)をターゲットとしていながらも、目的とマッチすれば、その上の世代(私のような!)にとっても快適ではないかと!

ホテルを案内してもらった際、ブランドマネージャーが言っていた言葉が印象に残っています。「ピザが最後に1枚あまったとき、遠慮するのではなく、それを積極的に取りに行く──。モクシーは、そんなタイプの人たちに向けたホテルなのよ」。

大阪の定宿にしたいホテルが増えました。

モクシー大阪本町 (Moxy Osaka Honmachi)
住所/大阪府大阪市中央区瓦町2-2-9
Tel./06-6204-5200
http://moxy-hotels.marriott.com/jp/hotels/osaka-honmachi

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

台湾で絶対買いたい!オシャレ・美味しい・キレイ、人気のオススメお土産6選

週末の2泊3日で気軽に行けて、十分楽しめる海外旅行先としていま人気の台湾。バラマキ系のプチプラものもいいけれど、大人の女性としてはお土産選びのセンスも発揮したいと…

40代婚活中の独女が、台湾で人気のスポット「占い横丁」で恋愛運を占ってみた

40代にして初めての婚活をスタートさせた編集長アサミです。恋愛結婚カウンセラーの水野真由美先生にカウンセリングを受けている途中ではありますが、ホントに婚活がうまく…

台北ローカルが行列してでも食べたい!話題の「台湾素食」まずはこの店へ

ちょっと仕事がひと段落ついたとき、ふと思い立って行ける海外、それが台湾。ひとりで台湾行ってみたいけど、お決まり小籠包と足マッサージだけじゃなくてちょっと違ったプ…

伝説の漢方パックが台湾にある!「玉容散」を求めて生元薬行へ 

オトナのひとり台北2泊3日、これで間違いナシの大満喫プランを連載中! 「羽田を出てから羽田まで」のルートをがっちり想定の上、ひとり台湾ベテランの佐々木さんが台北遊…

台湾の土産探しに「天和鮮物」へ!台北最大のオーガニックスーパー

オトナのひとり台北2泊3日、これで間違いナシの大満喫プランを連載中! 「羽田を出てから羽田まで」のルートをがっちり想定の上、ひとり台湾ベテランの佐々木さんが台北遊…

おひとりさま旅歓迎!金曜夜から1泊できる箱根・熱海・軽井沢の温泉

温泉に行きたい。一人で静かに湯船につかってぼーっとしたい。いま、オフィスからそのまま行きたい。でも、温泉旅館は夕飯の時間に間に合わない……。と思っていたら、実は「…

台湾「ひとり飯」ならココ!台北っ子に人気のグルメスポット3選

台北、人気ですよね~。食べ物がおいしい、近いし、LCCがばんばん飛んでいてリーズナブルに行けるなど、人気の要因はさまざまですが、筆者が足しげく台湾に通ういちばんの…

お疲れ40代が台北で救われるお茶とお風呂!「百勝堂薬行」でお土産

オトナのひとり台北2泊3日、これで間違いナシの大満喫プランを連載中! 「羽田を出てから羽田まで」のルートをがっちり想定の上、ひとり台湾ベテランの佐々木さんが台北遊…

パクチーピーナッツ?豆花?「寧夏夜市」食べ歩きの目玉は…

オトナのひとり台北2泊3日、これで間違いナシの大満喫プランを連載中! 「羽田を出てから羽田まで」のルートをがっちり想定の上、ひとり台湾ベテランの佐々木さんが台北遊…

おひとりさま。初めて「一人で海外旅行」をするなら!勝手におすすめベスト3

おひとりさまで海外旅行へ行ってみたいけど、なんだか心配……というかたも少なくないでしょう。勝手に「おひとりさまを楽しむ部」を推進しているOTONA SALONE編集長のアサミ…

「苔めぐり」は秋もオススメ。苔が美しい京都の5つの寺院

四季ごとに異なる表情を見せる京都。このところ、外国人の観光客に大人気ですが、日本人だって大好きですよね。個性的な寺院や、ご飯、スイーツ……。魅力的な要素がたくさんあります。今回の提案は「苔」をめぐる京都…

「意識高い系」北海道リゾートステイ、おひとりさまが体験してみたら…?

21気づけば夏も終わりの気配。あー夏らしいこと全然していないな。だからといって暑いのも勘弁だけど……。長く休みは取れないけれど、2日くらいならなんとかなる! そんなわけでこの夏は北海道で、2日間のリゾートス…

焼き鳥デートによし、コスパよし!行列店から独立の新店、五反田「とり口」

カジュアルなものから高級系まで、焼鳥のお店っていろいろありますよね。そもそも私、個人的には焼鳥って、日本が誇るべき食文化のひとつだと思っています。庶民系からおハイソ系まで、TPOに合わせて選べるのも優秀…

日本初上陸&東京初進出。いまチェックすべきスイーツ3つとは?

まだまだ暑さが続くなか、日本初上陸、東京初進出となる、気になるスイーツショップのオープンが控えています。話題となること必至のショップたち、アドレスに加えておいて損はないはずです。ハワイ生まれのバナナソ…

ドン・ペリニヨンかき氷登場!いつもとは違う「大人のかき氷」に注目が集まっています

夏真っ盛り! かき氷がおいしいシーズンです。 個性的なかき氷、フォトジェニックなかき氷、多々ありますが、大人ですもの。大人ならではのかき氷で、ほろ酔いになってみません?「ドン・ペリニヨン」使用。究極の…

特別な1日を始めるなら。おひとりさまとっておきの朝食スポット3選

充実した朝の時間が過ごせると、その1日幸せな気分でいられたりするものです。素敵な朝ごはんは、ひときわ特別な1日を演出してくれるはず。 大枚をはたかなくても心ときめく、「日常」の延長で楽しめる、でもちゃー…

常備したい!自宅でひとりでサクっといただける、イケてるレトルト3選

料理はしたくない。でも外食も面倒くさ~い。帰りが遅くなった日の夕食や休日の昼食など、手間をかけず、さくっと、でもおいしく食事をしたい──という時、ありますよね。外に出るのが億劫になるほどの猛暑の夏、いつ…

ビアガーデンもヘルシー&おしゃれ!大人の女性が行きたいのはココ

夏の風物詩といえば、やっぱり「ビアガーデン」。少し暑さがやわらいだ、仕事帰りの一杯、堪えられません。そして、夏本番を迎えた今、街は個性的な「ビアガーデン」であふれています。でも、大人ですもの、女性です…

涼を届ける。オトナが喜ぶハイクラスな夏の手土産3選

友人の家をたずねたときなどセンスのある手土産を持参できると、ちょっとオンナの株、上がるような気がしません? でも、夏の手土産ってなにげに難易度高し。でもね、ちゃーんとあるんです。夏のわくわくした気分を…

この夏はSNS映えするひんやりスイーツで乗り切って!

いきなり暑さが本格化。今年も夏の到来です。ポップで、かわいいひんやりスイーツで、夏気分をもっと盛り上げましょ。パステルカラーがキュートな「乙女パフェ!」に夢中表参道の「エンポリオ アルマーニ カフェ」で…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LIFEに関する最新記事