【九星フラワー占い】八白土金星の12月は「力を貸してくださいと」

 

この12月、世の中の雰囲気に強く影響しているのは、喜びや楽しみを司る星。クリスマスパーティや忘年会などのイベントが多い年末にピッタリと言えますが、そのぶん忙しくなりますし、ていねいな人付き合いができたかどうかで、その後の出会い運や仕事運に影響があらわれます。明るい話題を中心に、自分の話ばかりせずに相手の話に耳を傾け、お世話になった目上の人には、1年の最後にお礼の言葉を伝えることが大切です。

さらに、八白土星がとくに気をつけるべきポイントがあるとしたら、それは何でしょう?

※八白土星の生まれ年は1965年、1974年、1983年、1992年です。

 

最後まで投げ出さない姿が美しい!

今月、ビジネスの世界では八白金星がキーポイントとなっている現場が多そう。最後の締めくくり、しかも大切な案件を任されていて、緊張のなかにいる八白さんは、忘年会やクリスマスで、浮かれている人を見て、イラッとしてしまうかもしれません。

けれども最後まで投げ出さないその誇り高さが、スッと背筋の伸びたユリのはなのように美しいのです。必ずどこかにその様子を見ていて、評価してくれる人や「素敵だな」と感じてくれる異性がいたりするので、ヤケになったりしないでくださいね。

 

早寝早起きで美肌キープが開運の鍵

もちろん、髪を振り乱して猛烈に働けということではありません。こんな時こそ、睡眠や食事の時間を規則正しくし、肌に疲れをにじませないこと! 飲み会も一次会でスッと帰るほうが、体にもいいし、スマートな印象を残します。新年会は楽しく過ごせるはずなので、今はがまんです!

そして、ひとりで抱え込まず、人にも仕事をふりましょう。その時は「これは、あなたの仕事でしょ、やってよ!」ではなく、「力を貸してください」という姿勢でお願いしてみましょう。家事を恋人や家族に頼むときも、です。とくに力のある上司や先輩女性が助けてくれそうです。

 

12月のラッキーアイテムはこれ!

◆ラッキーカラー:メタリックカラーの巻物やニットが◎。なければ、アクセサリーをつけて。

◆ラッキーフード:疲れた自分に、天ぷらやお寿司でご褒美を。これは上司や父親、夫とスムーズに意思相通できるようになるおまじない!

◆ラッキーパーソン:仕事のできる上司と、世話好きな女性の先輩。または両親は、味方につけたい!

 

ユリの花が象徴する八白土星の魅力とは

上から目線で鋭い発言が多いかと思えば、甘え上手、独特の存在感を持つ八白土星。長身の美人が多い星でもあります。「威厳」「純粋」という花言葉を持ち、背が高く凛とした姿のユリは、八白土星によく似合っています。八白は「家」をあらわす星。目上からかわいがられ、子供や後輩の面倒をよくみる八白は、組織や家族を1つにまとめる要となる存在です。複数の花をつけ、いくつものりん片が1つにかたまってできている球根、そんなユリの要素も八白的と言えます。

 

(イラスト オオスキトモコ)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク