子どもがいない女性が抱える“もやもや感”。100人の本音とは

38歳「子どもを産むなら、そろそろ真剣に考えなくちゃ」

 

40歳「まずい、子どもを産むタイムリミットが近づいてきた」

 

42歳「このまま、子どものいない人生になるかもしれない」

 

45歳「もう子どもを産むことはないだろうな・・・」

 

人にもよりますが、女性の30代後半から40代前半は、子どもを持つことへの分岐点。

子どもを授かり産める人もいれば、努力したのに叶わなかった人もいる。

 

子どもがいない女性が抱える“もやもや感”って

最初から「子どもは欲しくない」と明確な意思を持っていない限り、子どもを産んでいない女性には、もやっとした感情があったりする。それが産めなかったのではなく、なんとなく産まなかったとしてもだ。

 

子どもがいるか、いないかで人生は大きく異なり、「母になった女性」と「母にならない女性」とでは、見えないガラスの壁がある。

 

「子どものいる人生」と「子どものいない人生」

どっちかいいとか、よくないとかの話ではない。

だけど、子どもを産んでいない女性の心の中は、なんだか「もやもや」している。

 

この「もやもや」の正体は何だろう。

それを探るべく、子どものいない女性に話を聞いたみた。

 

「もやもや」の大きさは、人によって違った。

中には、もやもやしていない人もいたけど、多くの女性は大なり小なり抱えていた。

 

子どもがいない人生は何か欠けている!?

子どもがいないことによる「もやもや」をなんとか可視化しようと、100人以上の本音を探り、脳科学、社会学、心理学、母性研究、不妊研究の専門家にも話を聞きに行った。

 

そこから見えてきた「もやもや」の実態。

これから4回にわたり、徐々に明らかにしていくので乞うご期待!

次回(12/17)、子どもがいない“もやもや”の正体が100人の本音から明らかに!

【おこなしさまという生き方 Vol.52

子どものいない100人以上の本音を明らかにした初めての本!

誰も教えてくれなかった 子どものいない人生の歩き方』 著者:くどうみやこ

(主婦の友社 編/1,300円+税)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク