子どものいない女性が「これだけは言われたくない」言葉

 

何気なく言われた言葉に傷ついた経験は、誰しもあるはず。

 

相手に悪気がないと分かっていても、言葉の矢が胸の中心を貫通。それが長年の友人からの言葉だったらなおさら、水面に浮かんだ矢ガモのように平静を装いながらも傷ついている。

 

女性は結婚や子どもの有無によって、ライフスタイルや生活パターンが異なってくる。とくに子どもが産まれると、どうしても子ども中心の生活になってしまうのは仕方ないこと。子どもがいない“おこなしさま”と、子どものいる“おこありさま”。友人同士で立場が違うと、以前のように頻繁に会えないし、関心のある話題も自然と違ってきてしまう。でも、そんなことで友情が壊れることはない。

あの言葉をいわれるまでは・・・。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

おすすめ記事

LIFEに関する最新記事