ニベア青缶とチューブ、美容通の「使い分けアイディア」あれこれ

アラフォー女性の乾燥をコスパよくフォローしてくれる『ニベア』には、オーソドックスな「青缶」のほかに、持ち運びに便利な「チューブタイプ」もあります。

中身はまったく同じでも、容器が異なるだけで使い勝手がやや変わるので、大人の女性としては、青缶とチューブタイプを上手に使い分けていきたいもの!

「ニベアが好き!でも、缶タイプしか使っていないので、チューブタイプとの使い分けに興味があります!」な40代女性のみなさま、こんにちは。時短美容家の並木まきです。

今回は、私が実際に使用して「これは便利!」と思った、ニベアの使い分けアイディアをお話していきます。

 

1:缶タイプはスパチュラで使うと、オトナ世代も使いやすい!

いわゆる「青缶」と呼ばれている、缶入りのニベア。

私は、洗面所にひとつとリビングにひとつを常備して、日々の保湿に使っています。

缶タイプは、一度にとれる量が多いのが最大のメリット。さらに使いやすくすべく、私は、無印良品のスパチュラを組み合わせています。

スパチュラでクリームをすくうと、ボディ用保湿に必要な量を1回で手早く取れて、とても便利。時短美容にもつながっています。

また、洗面所に置いてみたところ、ドライヤーをしながら「今日は、ちょっと髪がきしむかも……」と思った日に、すぐに手を伸ばして髪のツヤ出しができて、大重宝でした。

缶タイプは開け口が大きいので、スパチュラを使えば、片手でクリームを取り出しやすいのも利点です。

ニベアはコストパフォーマンスが最高なので、惜しげなくお部屋のいろいろな場所に揃えておけるのは、オトナならではの楽しみ方にもなっています。

 

2:チューブタイプは外出先で大活躍!

缶タイプよりも持ち運びに便利なのが、チューブタイプです。

公式発表によれば、中身は缶タイプとまったく同じだそうなので、ニベア信者にとっては、嬉しいかぎり。

チューブだと、外出先では定番のハンドクリームとして使うほかに、私は次のようにも使っています。

(1)ヘアスタイリングのお直しに

私はくせ毛なので、乾燥が激しい日にはすぐに髪がパサついてしまうのですが、ニベアを毛先などのパサついている箇所に塗ると、一瞬で落ち着くので気に入っています。

少し重めのテクスチャーなので、パサついてまとまりにくい髪にほどよい重みが加わり、まとまりやすい髪へと導いてくれるというわけ。

優秀クリームのおかげで、時間をかけなくても髪の毛が落ち着きやすいところは、本当に重宝です。

ニベアがひとつあれば、ワックスやヘアオイルを持ち歩く必要もなく、荷物が減るところもメリット!

(2)綿棒に少量を付けてメイク直しに

チューブタイプのニベアは、少量ずつクリームを出しやすいから、いろいろな場面で大活躍します。その中でも、最近の私が特に気に入っているのが、メイク直しグッズとしての活用法です。

ニベアには適度な油分があるので、少量でもするするとメイクが落ちます。綿棒にニベアを付けると、直したい箇所をピンポイントで修正しやすく、外出先でも乾燥知らずかつ時短でのお直しが叶っています。

ポーチに2-3本の綿棒を忍ばせておくと、パンダ目やアイライン、リップメイクのお直しに重宝しますが、ここにニベアを加えると、乾燥対策を兼ねながら手早くメイクが直せ流るから、時短美容にもぴったりなのです。

 

毎年、乾燥が気になり始める季節には必ず話題になっている『ニベア』ですが、「定番の青缶は自宅用、チューブタイプは外出先用」と使い分けていくと、用途の幅も広がります。

みなさまは、どんなアイディアで「ニベア美容」を楽しんでいらっしゃいますか? シンプルな保湿クリームだけに、いろいろなアイディアが湧いてくるところも、ニベアが爆発的な人気になっている理由のひとつかもしれません。

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

その髪で5歳老け見え!40代女性が今すぐやめるべき「シャンプー後の3大NG習慣」

実年齢よりもみずみずしい印象を与える「若見えの美髪」を育みたい40代女性は多いはずです。しかし、どんなに美髪ケアに意識を向けていたとしても、ちょっとしたNG習慣のせ…

40代にふさわしいアイラインの引き方とは?3つのNG例と対策方法

アイラインを引くと、目元にシャキッとしたインパクトが出るけれど「40代の目元にふさわしい描きかたができている?」と聞かれれば「イマイチ自信がない」という方も少なく…

あの人痛々しい…!老け見えするリップの「3大おばさんカラー」

口紅は、それひとつでさまざまなルックが楽しめるから、メイクでは重要なカギを握るアイテム。ところが! せっかくのリップメイクなのに、ご自身のイメージと合っていなか…

その老け見え、コレが原因? 40代の「オバ毛穴」を加速する3大NGスキンケア

40歳前後を節目に「なんだか、毛穴が残念なことになっている」を痛感している女性も少なくなくなります。「たるみ毛穴」に、小じわが目立つ「ライン毛穴」など、“毛穴どう…

40代が「痛々しくならない」マツエクのベストオーダー5原則!【40代の時短美容】

40代女性がマツエク(まつ毛エクステンション)をすると、ときとして“やりすぎ”な雰囲気が醸し出されます。メイクの手間を減らせるから“時短美容”にはなるけれど、年齢不相…

スッピンよりおばさん見えする!?「失敗」メイク3つ【40代の時短美容】

メイクで“キレイ”を引き出すつもりが、“おばさん”な仕上がり!これ、40代女性にとっては「最もショック」と言っても過言ではない事態ですよね。「メイクは時短で済ませたい…

外見は綺麗なのに…「おばさんだよね」と言われる40代女性の3大NGな仕草

外見が美しくても、周りから「おばさんだよね」と言われちゃう残念な40代女性もいらっしゃいます。メイクやファッションに気を使っていても、ちょっとした仕草のせいで「や…

一瞬で華やぎ肌が手に入る「シェーディング」【40代の時短美容】

みなさん、こんにちは。時短美容家の並木まきです。今回から、「40代の時短美容」についてお話していきます。初回にあたる今回は、40代前後になると急激に気になりだす“く…

ナチュラルメイクの落とし穴! 塗るだけで「うっかり5歳オバ見え化」を招く口紅選びの3大ワナ

「うっかりオバサン見え!」は、どんなメイクにおいても、絶対に避けたいのが私たちの本音。しかし、ナチュラルメイクを心がけるにあたって「塗るだけでオバサン」になりや…

これをサボると即オバ見え! 40代こそ「手抜き厳禁」な真夏のケア3選

つい先日の記事では「暑い日には、時短美容ならぬ手抜き美容でも十分! ぜひ、ストレスフリーなスキンケアを実践してみて!」と提唱した私ですが、40代の肌には、どんなに…

男はドン引き…「薄っぺらいオバサン」に認定される40代女性の痛いLINE3例

ちょっとしたやりとりによって「この人、薄っぺらい人だなぁ」と思われるのは、40代女性にとっては避けたい事態。しかしまだ相手の“人となり”がよくわからないうちには、なにげないやりとりから、相手の性分をつかも…

40代が「5歳若見え」するカギはシャンプーだった!時短美容家が試したヘアケアは

40代になってから、これまでとは手触りや見た目が変わった髪に違和感と年齢を感じつつも「どうにかならないものか……」と、対処法を模索している女性は少なくないはず。かくいう私も、くせ毛による広がりやパサつき、…

[PR]

今すぐ捨てて…! 40代女性をオバ見えさせる「2018秋のNGコスメリスト」

夏から秋にシフトしつつある今の時期は、“コスメの衣替え”にも、ぼちぼち手をつけたい頃合い。季節の変わり目には、直前の流行メイクをしているだけで古臭い顔にも見えやすいことから「ダサいオバサン!」なんて不名…

カフェデート中の40代、気づけば「この人オバサン…?」と思われがちな行動3例

まだお付き合いに至るのか、至らないで終わってしまうのかを探り合っている段階でのデートでは、相手の“人となり”を、些細な情報からジャッジしようとする男性も少なくありません。遠出に至る前の定番デートと言えば…

メシマズより厄介…? 男がゲンナリする「40代女性の手料理」にまつわるダメ事例3選

親密な関係になった男性に、手料理を振る舞うのは「男の胃袋を掴む」的な側面の恋愛テクニックとしても王道です。味覚が合うカップルは、まさに“胃袋を掴まれた”かのように、長続きしやすいとも言われます。そんな効…

男性から「寂しいオバサンだな」と思われる…?ペットと暮らす40代女性のNG行動

近年は、ひとり暮らしで、犬や猫などのペットと暮らしている40代女性も決して少なくありません。犬や猫は、話し相手や遊び相手になってくれる存在でもあり、家族の一員として生活を豊かにしてくれるのは確か。しかし…

貸切露天風呂でアレを…男が「育ちの悪いオバサン」と感じる40代女性のお風呂マナー

深い仲になった恋人と、日頃から仲良くしている女性ほど、一緒にお風呂に入るシチュエーションにも恵まれがち。温泉旅行でも、部屋の露天風呂や貸切風呂で、しっとりと過ごすデートを好む大人カップルも珍しくないこ…

ドライブ中はココに注意!男が萎えた「40代女性のオバサン振る舞い」3選

行楽シーズンには、いつもよりドライブデートをする機会も増えがち。普段より少し遠征して、美味しいものを食べに行ったり紅葉を見に行ったりと、秋はプチ遠出デートが楽しい季節でもあります。ところが、そんなドラ…

やりがち? 秋旅デートで「お育ちが悪いオバサン」認定された40代女性の振る舞い

秋と聞けば「食欲の秋」が思い浮かぶほど、花より団子が本音な40代女性も少なくはないことでしょう。かくいう私もそんなひとりで毎年、秋が訪れるたびに“美味しいもの”を求めて、全国からお取り寄せを楽しんでいます…

気づけば…「感じの悪いオバサン」レッテルを貼られる40代女性の3大NG傾向

「感じの悪いオバサン」というイメージだけは、なにがなんでも避けたい40代女性も多いはず。ところが、本人には悪気がなくとも、周囲から「なんて感じの悪いオバサンなんだ……!」と評価されている方も、残念ながらチ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

BEAUTYに関する最新記事