「がんばってるのに貯金できない」原因はあなたのズボラではない。貯まる3ステップって?

お金を貯めたい気持ちはあるけれど、なかなか貯められない。そんな人の中には、「家計簿をつける」「節約をする」と決めて努力したのに、やっぱり3ヶ月以上続かなかったという声が少なくありません。

でも、それはあなたの努力が足りないせいではなく、「お金を貯める順序立て」を知らなかったのが原因かも。

この順序立てから見直し、私が成功させた実例とともに、3つのステップを教えましょう。

 

STEP1■まず収支を把握する

お金を貯める第一歩として家計簿をつけはじめる人は少なくありません。しかし、家計簿をつけたからといってお金が貯まるわけではなく、家計簿をつけること自体に疲れてしまって長く続かなかったという声はマネー相談でもよく聞きます。

家計簿をつける目的は、収支を把握することです。まずは、自分が何にいくらくらい使っているのかを把握できてないと、いくら貯蓄できるのかわからないものです。したがって1円単位でこまかく家計簿をつけなくても大まかでいいのです。こまかすぎて、収支を把握する前に家計簿をつけることに疲れてしまっては本末転倒です。

 

STEP2■見直せる支出をチェックする

収支が把握できたら、支出に無駄はないか、何か見直せる費目はないのかを考えます。例えば、携帯を格安携帯に乗り換える、たまにしか行かないスポーツジムを解約するなど自分にとって削ってもいい費目を見直してみましょう。また家計簿をつけることで、外食費やショッピングが多いなど自分のお金の使い方を振り返る機会にもなります。家計簿をつける目的は家計の整理をするためなので、家計簿をつけるのがストレスになるのであれば、収支が把握できたらやめても構いません。

 

STEP3■貯蓄の仕組みづくり

収支を把握できれば、毎月〇万円なら貯蓄できる金額がみえてきます。ここでポイントなのは、無理した貯蓄金額を設定するのではなく、最初は無理のない貯蓄金額を設定して、余力があるようでしたら後から貯蓄金額の設定を増やせばいいのです。貯蓄金額が決まったら、仕組みづくりをします。貯蓄をする方法でおすすめなのが「先取り貯蓄」です。先取り貯蓄とは、お給料が入ったらまず貯蓄分を社内預金や財形貯蓄制度や自動積立定期預金などを利用して生活口座とは別にお金を貯めておく仕組みです。「給料-先取り貯蓄=使ってもいいお金」というわけです。つまり使っていいお金の範囲で支出を調整すれば、家計簿をつけなくても、先取り貯蓄で確実にお金は貯まっていきます。

先取り貯蓄をはじめたA子さんのケース

お金が貯められないとマネー相談に来たA子さんは、全く貯蓄ができていませんでした。

収支を把握し、いっしょに家計を見直したところ、

1・タクシー代、飲み代、ショッピング代は抑えられる

2・半年以上行っていないスポーツジムを解約する

このたった2つのカンタンなことだけで毎月5万円もの額が無理なく貯蓄できそうという所感。

さっそく自動積立定期預金を利用して5万円の先取り貯蓄をスタートしたところ、3ヶ月後には無理がなく続けられると実感がありました。さらにあと3万円増額しても無理なく生活できるとのことで、4ヶ月目からは自動積立定期預金の金額を8万円に変更。それでもストレスなく1年以上貯蓄生活が続けられています。自分にいくら貯蓄可能か、できることをきちんと見つめたからこその成功です。

まとめ

収支を把握し、無理のない貯蓄額を設定して先取り貯蓄をはじめたら、自然とお金が貯まる体質になっています。まずは収支を把握することからはじめてみましょう。

 

FPCafe登録パートナー 今関倫子

スポンサーリンク

「信じられるのはお金だけ」世代!? 40代の平均貯金額とは

「信じられるのはお金だけ」という名言を残したマツコ・デラックスさん。老後のことを考えてお金を貯めているとのことでしたが、この言葉に激しく同意したアラフォー女性は…

独女がもらえる年金の平均額と、60歳までの目標貯金額を計算してみた!

独身女性が老後にかかるお金はおよそ5,400万円といわれています。この数字は、60歳以上の独身女性の毎月の生活費が全国平均15万円。平均余命が28.68年であることから算出さ…

【マネー専門家の事例】40代女性の平均貯蓄額はどれくらい?

かつて、落語家のヨネスケがリポーターを務めた「突撃!隣の晩ごはん」という超人気番組がありましたね。隣の家の晩ごはんが気になるのと同じくらい、隣の家の人や友達の貯…

お弁当越えのコスパ!「ランチ1回140円」で済ませる裏ワザ

お弁当vs外食ランチの差は一ヶ月どれくらい?仕事もプライベートも何かと忙しい40代。朝早く起きてお弁当づくりするのは大変です。話題のお店でご褒美ランチを楽しむことは…

年収300万と400万では結構違う?「お金の貯め方」のコツ

私のところには「無駄遣いを減らしたい」「お金を貯めたい、増やしたい」というご相談でやってくる40代女性が多いのですが、年収によって「お金の貯め方」のコツは違います…

「1000万円貯蓄する人が買わないもの」とは?ごくごく普通な3つの答え

貯蓄をするなら、1000万円を目標にする人が増えています。40代で、1000万円以上の貯蓄がある人は20.2%*。この数字からは、決して無理な金額ではないようにも思えます。し…

通勤にバス定期券を買うと月に2,390円も損?知らなかった「バス特」活用

通勤にバスを利用している方も多いのではないでしょうか。バスも会社から定期代が支給されているから、と鉄道と同様に定期券を購入していませんか。実は損をしているかもし…

元国税芸人が見てきた「お金持ちが絶対やっていない」7つのこと

仕事が忙しくてお金のことなんて気にしていられない、気にはなるけどどうしていいかわからない、損をするのは嫌だけど積極的に調べたり聞いたりするのは億劫、そう考える女…

40代は借金世代!? 40代の平均「住宅ローン」残高とは

40代で住宅ローンを抱えている人の平均残高はいくらくらいなのだろう? 先日、アラフォーのときに都内の2LDKマンションを購入した知人の40代後半独女が「今年じゅうには住…

気付けば貯金が300万円!年収300万円会社員が実行した3つのルール

貯金とは、「楽しみの先延ばし」です。お金を使わないでいることは、何かを我慢することになります。たとえば、新しい服とか、新しい家電とか。そういったものを得られる楽…

お金にも4つのパーソナルタイプがある?言われてみれば当たり前な「私がたまらない原因」

貯蓄がなくて不安、お金を貯めた方がいいとわかっていながら、お金が貯められないという人は少なくないでしょう。お金を貯めたい気持ちはあるのに貯められないのはどうしでしょう。そこには、心理的な要素がひそんで…

わからない!年収400万、ごくごく初歩の「投資」の前に知っておきたいことは

投資に興味はあるものの、「リスクが不安」、「難しそう」、「投資するほどの大金もない」など、なかなか投資に踏み出せない人は少なくありません。実は投資の基本を知ることで、こういった不安は軽減されるのです。…

春からはじめる!お金が貯まる3つの「生活改善」って?

年明けから早4ヶ月弱たち、気が付けば1年の1/3が過ぎ去ろうとしています。今年こそ、お金を貯める!と決意していたのに、計画通り貯蓄ができてない人も少なくないでしょう。今回は、なかなか貯められない人の原因…

【お得】断捨離で「捨てる」人は待った!さらにガッチリ「換金する」方法3選

貸物件の更新、マイホーム購入、転勤など引越しが決まったら、断捨離のチャンスです。これまで何年も使ってないから捨てたいけど、勿体なくって捨てられない衣類やバッグや靴などクローゼットにありますよね。今回は…

それじゃお金は貯まらない!財布の中に入っていたらNGなもの4つ

お金がなかなか貯まらないなら家計を見直すことは大切ですが、同時に「財布」の中身も見直してみませんか。「財布」にはお金、キャッシュカード、クレジットカードなど大切なものを入れているにも関わらず、意外と「…

私の常識は世間の非常識…?「節約」のつもりで「ドケチ」扱いの恐怖

お付き合いや結婚するなら「ケチな男性」は絶対にイヤ!とケチに対してはイメージが悪いでものですが、将来に向けて「きちんと節約している男性」なら信頼できると好感が持てるものです。この「ケチ」と「節約」の境…

お金が貯まらない人の「バッグの中身」これ入ってたらアウト!

バッグの中身を見れば「お金が貯まる人かどうか」がわかります。なぜなら、バッグの中身は整理整頓がきちんとできている人かどうかが一目瞭然。お金が貯まる人は整理整頓がきちんとできている、この違いは大きいと感…

意外すぎる?お金が貯まる人と貯まらない人「シンプルな3つの違い」

同じ職場の同期で年収は同じなのに、貯蓄に大きく差があるケースはよくあります。お金が貯まる人と貯まらない人には違いがあるのです。今回は3つの違いをお伝えします。1・何にいくら使っているのか「把握」してい…

まだ貯金を始められてない人に、オススメの簡単貯金法3選

今年から貯蓄をはじめようと思いつつ、いつからスタートしようかと考えているのであれば節分の2月3日からスタートしてはいかがでしょうか。2月以外の月なら、それぞれの月の何かの行事など節目になりそうな日をスタ…

消費税8%のうちに買ったほうがいいものは?逆に買うと損するものとは

2019年10月に消費税率が8%から10%への増税が予定されています。2014年4月に消費税率が5%から8%へ引き上げられた際には、駆け込み需要が目立ちました。でも、結果的には増税後に行われた消費税還元セールの方が安…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

MONEYに関する最新記事