「がんばってるのに貯金できない」原因はあなたのズボラではない。貯まる3ステップって?

お金を貯めたい気持ちはあるけれど、なかなか貯められない。そんな人の中には、「家計簿をつける」「節約をする」と決めて努力したのに、やっぱり3ヶ月以上続かなかったという声が少なくありません。

でも、それはあなたの努力が足りないせいではなく、「お金を貯める順序立て」を知らなかったのが原因かも。

この順序立てから見直し、私が成功させた実例とともに、3つのステップを教えましょう。

 

STEP1■まず収支を把握する

お金を貯める第一歩として家計簿をつけはじめる人は少なくありません。しかし、家計簿をつけたからといってお金が貯まるわけではなく、家計簿をつけること自体に疲れてしまって長く続かなかったという声はマネー相談でもよく聞きます。

家計簿をつける目的は、収支を把握することです。まずは、自分が何にいくらくらい使っているのかを把握できてないと、いくら貯蓄できるのかわからないものです。したがって1円単位でこまかく家計簿をつけなくても大まかでいいのです。こまかすぎて、収支を把握する前に家計簿をつけることに疲れてしまっては本末転倒です。

 

STEP2■見直せる支出をチェックする

収支が把握できたら、支出に無駄はないか、何か見直せる費目はないのかを考えます。例えば、携帯を格安携帯に乗り換える、たまにしか行かないスポーツジムを解約するなど自分にとって削ってもいい費目を見直してみましょう。また家計簿をつけることで、外食費やショッピングが多いなど自分のお金の使い方を振り返る機会にもなります。家計簿をつける目的は家計の整理をするためなので、家計簿をつけるのがストレスになるのであれば、収支が把握できたらやめても構いません。

 

STEP3■貯蓄の仕組みづくり

収支を把握できれば、毎月〇万円なら貯蓄できる金額がみえてきます。ここでポイントなのは、無理した貯蓄金額を設定するのではなく、最初は無理のない貯蓄金額を設定して、余力があるようでしたら後から貯蓄金額の設定を増やせばいいのです。貯蓄金額が決まったら、仕組みづくりをします。貯蓄をする方法でおすすめなのが「先取り貯蓄」です。先取り貯蓄とは、お給料が入ったらまず貯蓄分を社内預金や財形貯蓄制度や自動積立定期預金などを利用して生活口座とは別にお金を貯めておく仕組みです。「給料-先取り貯蓄=使ってもいいお金」というわけです。つまり使っていいお金の範囲で支出を調整すれば、家計簿をつけなくても、先取り貯蓄で確実にお金は貯まっていきます。

先取り貯蓄をはじめたA子さんのケース

お金が貯められないとマネー相談に来たA子さんは、全く貯蓄ができていませんでした。

収支を把握し、いっしょに家計を見直したところ、

1・タクシー代、飲み代、ショッピング代は抑えられる

2・半年以上行っていないスポーツジムを解約する

このたった2つのカンタンなことだけで毎月5万円もの額が無理なく貯蓄できそうという所感。

さっそく自動積立定期預金を利用して5万円の先取り貯蓄をスタートしたところ、3ヶ月後には無理がなく続けられると実感がありました。さらにあと3万円増額しても無理なく生活できるとのことで、4ヶ月目からは自動積立定期預金の金額を8万円に変更。それでもストレスなく1年以上貯蓄生活が続けられています。自分にいくら貯蓄可能か、できることをきちんと見つめたからこその成功です。

まとめ

収支を把握し、無理のない貯蓄額を設定して先取り貯蓄をはじめたら、自然とお金が貯まる体質になっています。まずは収支を把握することからはじめてみましょう。

 

FPCafe登録パートナー 今関倫子

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

「信じられるのはお金だけ」世代!? 40代の平均貯金額とは

「信じられるのはお金だけ」という名言を残したマツコ・デラックスさん。老後のことを考えてお金を貯めているとのことでしたが、この言葉に激しく同意したアラフォー女性は…

独女がもらえる年金の平均額と、60歳までの目標貯金額を計算してみた!

独身女性が老後にかかるお金はおよそ5,400万円といわれています。この数字は、60歳以上の独身女性の毎月の生活費が全国平均15万円。平均余命が28.68年であることから算出さ…

【マネー専門家の事例】40代女性の平均貯蓄額はどれくらい?

かつて、落語家のヨネスケがリポーターを務めた「突撃!隣の晩ごはん」という超人気番組がありましたね。隣の家の晩ごはんが気になるのと同じくらい、隣の家の人や友達の貯…

年収300万と400万では結構違う?「お金の貯め方」のコツ

私のところには「無駄遣いを減らしたい」「お金を貯めたい、増やしたい」というご相談でやってくる40代女性が多いのですが、年収によって「お金の貯め方」のコツは違います…

お弁当越えのコスパ!「ランチ1回140円」で済ませる裏ワザ

お弁当vs外食ランチの差は一ヶ月どれくらい?仕事もプライベートも何かと忙しい40代。朝早く起きてお弁当づくりするのは大変です。話題のお店でご褒美ランチを楽しむことは…

気付けば貯金が300万円!年収300万円会社員が実行した3つのルール

貯金とは、「楽しみの先延ばし」です。お金を使わないでいることは、何かを我慢することになります。たとえば、新しい服とか、新しい家電とか。そういったものを得られる楽…

40代は借金世代!? 40代の平均「住宅ローン」残高とは

40代で住宅ローンを抱えている人の平均残高はいくらくらいなのだろう? 先日、アラフォーのときに都内の2LDKマンションを購入した知人の40代後半独女が「今年じゅうには住…

ほったらかしでも貯まる!「お財布を休ませる」方法って?

触れない日はないといえるお財布。私たちも休みがないと疲れ切ってパワーがなくなってしまうように、お財布も休みがないとお金が貯まるパワーがなくなってしまいます。お金…

「1000万円貯蓄する人が買わないもの」とは?ごくごく普通な3つの答え

貯蓄をするなら、1000万円を目標にする人が増えています。40代で、1000万円以上の貯蓄がある人は20.2%*。この数字からは、決して無理な金額ではないようにも思えます。し…

年収400万と500万、年間貯金額はこんなに違った!100万貯めるコツ

どうもお金が貯まらない、自分はムダ遣いばかりしている、そんな風に感じている方も多いのではないでしょうか? 昇給があまりされなくなった現代において、となりの人はど…

お金が貯まる人のお財布は?今すぐやるべきお財布断捨離

お金が貯まっている人のお財布はどんなお財布を使っているのでしょうか?外出時は肌身離さず持ち歩くお財布は、その人のお金に対する想いがつまっているといっても過言じゃありません。お金が貯まる人のお財布はどん…

お金が貯められない人が、今すぐやめるべき3つの行動

毎月、贅沢をしているわけでもないのになかなかお金が貯まらないという人は少なくありません。お金を貯められないと気になっている人は、「お金を貯めたい!」と願っているのですから、今こそ行動を変えてお金を貯め…

40代女性の平均年収、正社員と非正規雇用ではどのくらい違う?

今40代の人達が卒業した頃は正社員で就職するのが当たり前の時代でしたが、現在は働き方も多様化し、パートや派遣者社員といった非正規雇用を選ぶ人も増えています。働く時間の自由度を求めて非正規雇用を選ぶようで…

50代独身女性の平均年収と平均貯蓄は?いま貯めておくべき貯蓄額はいくらでしょう

定年退職までの残りがあと10年を切る……そんな50代。それまで漠然としていた「退職後の生活」が急にリアルになり、具体的なことを考えるようになります。50代の女性のマネー相談で急に増えるのが、老後の生活費、定年…

40代独身女性の平均年収は?お金はどのくらい貯めていますか?

20代の新入社員の頃は、正直、給与も横並び。初任給の話やボーナスや貯蓄額など友人とお金の話をしやすかったけれど、年齢が上がるにつれお金の話はタブーになりつつあります。40代ともなるとポジションや業種の違い…

実は損してる?「保険の途中解約」失敗しない見直しポイントをチェック!

家計の見直しをするうえで、まず「保険の見直し」を検討する人は多いもの。新入社員の時に加入し、20年近く保険料を支払い続けているけど保障内容をあまり理解してないといケースはマネー相談の場でもよく見受けられ…

40代の「3ステップ自動貯金術」で、がんばらなくても家計がなんとなく管理できるように…?

「家計管理」という文字を見ると、反射で「苦手」「めんどう」という気持ちになりますよね。20代、30代のうちは、家計管理ができなくても、まだ現役として仕事をする未来が長い分だけそれほど焦りはありませんでした…

ほったらかしでも気づけばお金が貯まる!自動貯金の仕組みづくりキホンのキ

お金が貯められる人は、「きちんとお金の管理ができて、無駄遣いをしない生活をおくっている」とうイメージがあるかもしれません。もちろんそういう人もいますが、お金のことを細かく考えず、ほったらかしでもお金を…

つらい節約生活にサヨナラ!疲れずに無理なく貯める5つの方法

お金を貯めるために日々、節約をしていても、節約生活をつらいと感じているのならば長くは続きません。また、つらい節約生活をしているつもりでも、思ったよりお金が貯まってないという人も少なくありません。つらい…

40代が家を買うなら。住宅ローンはいくらまで?オリンピック後がいい?

これまで住宅ローンの負担もなく、引越しも気軽にできる身軽な賃貸がいいと思って過ごしてきた30代。40代になると老後のことも頭をよぎりはじめると思います。家を買いたくなってきたけど、住宅ローンはいくらまで組…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

MONEYに関する最新記事