「がんばってるのに貯金できない」原因はあなたのズボラではない。貯まる3ステップって?

お金を貯めたい気持ちはあるけれど、なかなか貯められない。そんな人の中には、「家計簿をつける」「節約をする」と決めて努力したのに、やっぱり3ヶ月以上続かなかったという声が少なくありません。

でも、それはあなたの努力が足りないせいではなく、「お金を貯める順序立て」を知らなかったのが原因かも。

この順序立てから見直し、私が成功させた実例とともに、3つのステップを教えましょう。

 

STEP1■まず収支を把握する

お金を貯める第一歩として家計簿をつけはじめる人は少なくありません。しかし、家計簿をつけたからといってお金が貯まるわけではなく、家計簿をつけること自体に疲れてしまって長く続かなかったという声はマネー相談でもよく聞きます。

家計簿をつける目的は、収支を把握することです。まずは、自分が何にいくらくらい使っているのかを把握できてないと、いくら貯蓄できるのかわからないものです。したがって1円単位でこまかく家計簿をつけなくても大まかでいいのです。こまかすぎて、収支を把握する前に家計簿をつけることに疲れてしまっては本末転倒です。

 

STEP2■見直せる支出をチェックする

収支が把握できたら、支出に無駄はないか、何か見直せる費目はないのかを考えます。例えば、携帯を格安携帯に乗り換える、たまにしか行かないスポーツジムを解約するなど自分にとって削ってもいい費目を見直してみましょう。また家計簿をつけることで、外食費やショッピングが多いなど自分のお金の使い方を振り返る機会にもなります。家計簿をつける目的は家計の整理をするためなので、家計簿をつけるのがストレスになるのであれば、収支が把握できたらやめても構いません。

 

STEP3■貯蓄の仕組みづくり

収支を把握できれば、毎月〇万円なら貯蓄できる金額がみえてきます。ここでポイントなのは、無理した貯蓄金額を設定するのではなく、最初は無理のない貯蓄金額を設定して、余力があるようでしたら後から貯蓄金額の設定を増やせばいいのです。貯蓄金額が決まったら、仕組みづくりをします。貯蓄をする方法でおすすめなのが「先取り貯蓄」です。先取り貯蓄とは、お給料が入ったらまず貯蓄分を社内預金や財形貯蓄制度や自動積立定期預金などを利用して生活口座とは別にお金を貯めておく仕組みです。「給料-先取り貯蓄=使ってもいいお金」というわけです。つまり使っていいお金の範囲で支出を調整すれば、家計簿をつけなくても、先取り貯蓄で確実にお金は貯まっていきます。

先取り貯蓄をはじめたA子さんのケース

お金が貯められないとマネー相談に来たA子さんは、全く貯蓄ができていませんでした。

収支を把握し、いっしょに家計を見直したところ、

1・タクシー代、飲み代、ショッピング代は抑えられる

2・半年以上行っていないスポーツジムを解約する

このたった2つのカンタンなことだけで毎月5万円もの額が無理なく貯蓄できそうという所感。

さっそく自動積立定期預金を利用して5万円の先取り貯蓄をスタートしたところ、3ヶ月後には無理がなく続けられると実感がありました。さらにあと3万円増額しても無理なく生活できるとのことで、4ヶ月目からは自動積立定期預金の金額を8万円に変更。それでもストレスなく1年以上貯蓄生活が続けられています。自分にいくら貯蓄可能か、できることをきちんと見つめたからこその成功です。

まとめ

収支を把握し、無理のない貯蓄額を設定して先取り貯蓄をはじめたら、自然とお金が貯まる体質になっています。まずは収支を把握することからはじめてみましょう。

 

FPCafe登録パートナー 今関倫子

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

「信じられるのはお金だけ」世代!? 40代の平均貯金額とは

「信じられるのはお金だけ」という名言を残したマツコ・デラックスさん。老後のことを考えてお金を貯めているとのことでしたが、この言葉に激しく同意したアラフォー女性は…

独女がもらえる年金の平均額と、60歳までの目標貯金額を計算してみた!

独身女性が老後にかかるお金はおよそ5,400万円といわれています。この数字は、60歳以上の独身女性の毎月の生活費が全国平均15万円。平均余命が28.68年であることから算出さ…

年収300万と400万では結構違う?「お金の貯め方」のコツ

私のところには「無駄遣いを減らしたい」「お金を貯めたい、増やしたい」というご相談でやってくる40代女性が多いのですが、年収によって「お金の貯め方」のコツは違います…

お弁当越えのコスパ!「ランチ1回140円」で済ませる裏ワザ

お弁当vs外食ランチの差は一ヶ月どれくらい?仕事もプライベートも何かと忙しい40代。朝早く起きてお弁当づくりするのは大変です。話題のお店でご褒美ランチを楽しむことは…

【マネー専門家の事例】40代女性の平均貯蓄額はどれくらい?

かつて、落語家のヨネスケがリポーターを務めた「突撃!隣の晩ごはん」という超人気番組がありましたね。隣の家の晩ごはんが気になるのと同じくらい、隣の家の人や友達の貯…

ほったらかしでも貯まる!「お財布を休ませる」方法って?

触れない日はないといえるお財布。私たちも休みがないと疲れ切ってパワーがなくなってしまうように、お財布も休みがないとお金が貯まるパワーがなくなってしまいます。お金…

銀行口座を分けるだけで月5万貯まる?カンタン貯蓄の仕組みづくり

貯蓄は必要だと思っても、お財布にお金が入っているとついつい使ってしまうものです。かといって、我慢ばかりではストレスがたまって逆効果。貯蓄を成功させるには、手間が…

宝くじシーズン到来!高額当選した40代女性の「末路」は?

年末が近づいてくると、宝くじ売り場には一攫千金を求める人々が詰めかけ、長蛇の列になっているのを目にします。確かに、もし3億円も当たったら、夢も希望も広がりそうで…

年収400万と500万、年間貯金額はこんなに違った!100万貯めるコツ

どうもお金が貯まらない、自分はムダ遣いばかりしている、そんな風に感じている方も多いのではないでしょうか? 昇給があまりされなくなった現代において、となりの人はど…

お金のプロって「1年で100万」どう貯めるんですか?FPタケイさんの場合

OTONA SALONEでマネー記事を連載している3人のFPに、まったく同じ「1年で100万貯めてくださいと言われたら、自分ならどうしますか?」という質問しました。三者三様の貯…

ほったらかしでもズボラでもお金が貯まる!秘訣は「銀行口座」のこの使い方

「お金がなかなか貯められない」というマネー相談の中には、「家計簿が続かなくて……」という悩みが結構あります。確かに、お金を貯めるには、毎月どれだけお金をつかっているのか支出を把握するのがとても大切です。…

憧れの「不労所得暮らし」、40代から準備すれば間に合う?

マネー相談で夢や希望を相談者に質問してみると、定年より前に仕事をペースダウンして趣味を活かした仕事がしたい、老後を悠々自適に暮らしたいなどの夢があります。そのために「不労所得があれば・・・」と不動産投…

40歳時点で必要な貯蓄額を、定年から逆算してみると…えっ500万も?

世の中の40代は貯蓄をしっかりしているだろうと周りが気になるものの、お金の話は友人にはしづらいものです。貯蓄ができないことを何年も心の片隅にあるものの、一向に貯蓄が増えることなく時間だけが過ぎてしまって…

もしもお金のプロが「1年で100万貯めて」と言われたら?FP今関さんの場合は

OTONA SALONEでマネー記事を連載している3人のFPに、まったく同じ「1年で100万貯めてくださいと言われたら、自分ならどうしますか?」と質問しました。三者三様の貯め方ノウハウ、いったいどんな内容なのでしょう…

お金がじわじわ貯まる「美人財布」はこう作る!毎日棚に置いて休ませる勢いで

お金をきっちり貯められる人は「財布がキレイ」ということが共通しています。ブランド品などの高級な財布だからキレイということではなく、財布を大切に使っているということです。一方、お金が貯まらない人の特徴に…

持ち家希望は78%だが…「賃貸と持ち家、どちらがお得か」論争に正解はある?

40代になり1人暮らしが長くなると、「家賃を払い続けるのは勿体ないのではないか?」とマイホーム購入を検討する人は少なくありません。そうなると気になるのが「賃貸VS持家」どちらがお得なのかについてです。どち…

衝撃の実例「定年までに貯蓄ができない!」気になる50代の平均貯蓄って?

50代になると老後の生活が少しイメージできはじめ、老後までにいくら貯蓄があれば必要かとマネー相談にいらっしゃる方は少なくありません。貯蓄をしてきた人ほど、いくら貯蓄があっても定年退職後は取り崩していくこ…

今から「40代の平均貯金額」〇〇〇万に追いつける?3つの方法

これから貯蓄をスタートしたいけれど、銀行に預けても金利が低くどんな金融商品で預けたらいいのかという相談も少なくありません。40代になってから貯蓄をスタートとなると、早く貯めたいと焦りもあり効率よく貯蓄で…

40代で貯蓄ゼロでも大丈夫?お金が貯められない人の共通点

40代になると家族や周り友人にもお金の話はしづらいものです。40代ともなれば勤続年数は20年を超えお給料もそれなりに貰えている中で、貯蓄ゼロということは現実から目を背けたいものでしょう。周りの40代はたくさん…

5年後の利息、2,500円と80万円のどっちがいい?46歳の決断【マネー相談】

お金の運用をしてみたいと気になっているものの、どんな金融商品で運用していいのか全然わからないという相談は少なくありません。銀行に預けたままでも超低金利なので、利息はほとんどつかないので少しでも金利の高…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

MONEYに関する最新記事