最近老けた?と感じるアラフォーは、「メイクに綿棒」を活用して!

とりあえずメイクしているけれど「仕上がりに納得できているわけではないんです!」という40代女性のお声も、チラホラ聞こえてきます。

同時に「若い頃には、適当にしたメイクでも“それなり”だったけど、歳を重ねるとそうもいかないわね……」と苦戦している女性もチラホラ。

「メイクがうまくいかないとき、何をどう変えたらいい?」と思っていらっしゃる40代女性のみなさま。こんにちは、時短美容家の並木まきです。

毎日のメイクは、楽しんだもの勝ち。アラフォーだって、それは変わりません。

そこで今回は、楽しくメイクしながら「脱・おばさん」を狙える綿棒を使った時短メイクのコツをお話します。

 

■■オバサン見えを回避する時短美容!並木さんの人気記事ベスト10はこちら

1:綿棒でアイシャドウを塗ると“塗りすぎず”に済む

いつもはアイシャドウ付属のチップで塗っているアイシャドウを、綿棒で塗るようにするだけで、塗りすぎずにほどよい発色を楽しめるコツに。

綿棒の繊維に“いい感じ”に余計なアイシャドウが絡まってくれるので、チップのように最初に粉を落とす手間がいりません。

濃いめのアイシャドウは、それだけで“おばさん見え”してしまうこともあるので、40代になったら、薄づきを意識したほうがナチュラル美人に!

綿棒は、上まぶたに塗るなら先端を少し潰してもいいし、下まぶたに“涙袋メイク”をするなら、そのままのサイズが重宝です。

付属のチップをまめに洗うのって面倒なので、つい数週間使い続けてしまう人も多いと思いますが、汚れたチップで目元に触れるよりも綿棒のほうが断然、衛生的でもあります。

 

2:綿棒でチークのラインを決めるとバランス良く仕上がる

 

チークを塗るときに、左右で位置がに変わってしまったり付いた量がアンバランスになってしまうと、一気におばさんっぽい雑なメイクに見えやすくなります。

しかし、ブラシや指でチークを一度で塗ろうとすると、どうしても失敗する確率が上がるもの。

そこで、綿棒の出番です。

時短でチークをバランスよく仕上げるなら、少しだけ先端を潰し、チークを入れたいラインの3点くらいにポンポンと乗せて、あとは指で伸ばすだけ。

これだけで、濃さも位置も、左右のバランスが整いやすくなります。

パウダーチークでも使えるワザですが、特にクリームタイプやリキッドタイプを使うシーンでは、指より断然、綿棒が重宝します。

この綿棒“3点塗り”テクは、コンシーラーを塗るときにも使えます。

 

3:理想の唇に仕上げるならブラシより綿棒

 

口紅がだらしない印象で塗られていると、だらしない印象から“おばさん見え”を招きます。

40代のリップメイクは、少し丁寧に唇が塗られていたほうが、ちゃんとしたイメージになって、おばさん見えを回避できます。

そこで「もう少しふっくらめのリップラインで仕上げたい」「上唇の溝をしっかりめに描きたい」などの願望が湧いてきたら、綿棒の出番。

リップブラシや口紅の直塗りだと、どうしてもラインが崩れたり溝を上手に描けなかったりするのですが、綿棒だと驚くほどラクにラインが描けます。

オーバー気味に仕上げたいときも、溝を強調したいときも、綿棒なら“ペン”で絵を描く要領で自由自在に。ブラシよりも、全然使いやすいのです。

綿棒の繊維に口紅が吸収されやすいので、ラインを描いたあとに塗りつぶすときには、たっぷり含ませてください。

 

ドラッグストアで簡単に手にはいる“綿棒”を使って、ふだんは少し手こずってしまうメイクが楽になるなら、お安いもの!今回ご紹介したメイクのすべてに綿棒を使っても、1日たったの3本です。

「綿棒は、メイク直しに使うもの」と思っていらっしゃる方も多いかと思いますが、最初のメイクでも上手に使うと、もっと美容通に。

脱・おばさんメイクを時短で手に入れるなら、ぜひ綿棒を味方につけてみてください。

 

■■オバサン見えを回避する時短美容!並木さんの人気記事ベスト10はこちら

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

その髪で5歳老け見え!40代女性が今すぐやめるべき「シャンプー後の3大NG習慣」

実年齢よりもみずみずしい印象を与える「若見えの美髪」を育みたい40代女性は多いはずです。しかし、どんなに美髪ケアに意識を向けていたとしても、ちょっとしたNG習慣のせ…

40代にふさわしいアイラインの引き方とは?3つのNG例と対策方法

アイラインを引くと、目元にシャキッとしたインパクトが出るけれど「40代の目元にふさわしい描きかたができている?」と聞かれれば「イマイチ自信がない」という方も少なく…

あの人痛々しい…!老け見えするリップの「3大おばさんカラー」

口紅は、それひとつでさまざまなルックが楽しめるから、メイクでは重要なカギを握るアイテム。ところが! せっかくのリップメイクなのに、ご自身のイメージと合っていなか…

40代が「痛々しくならない」マツエクのベストオーダー5原則!【40代の時短美容】

40代女性がマツエク(まつ毛エクステンション)をすると、ときとして“やりすぎ”な雰囲気が醸し出されます。メイクの手間を減らせるから“時短美容”にはなるけれど、年齢不相…

その老け見え、コレが原因? 40代の「オバ毛穴」を加速する3大NGスキンケア

40歳前後を節目に「なんだか、毛穴が残念なことになっている」を痛感している女性も少なくなくなります。「たるみ毛穴」に、小じわが目立つ「ライン毛穴」など、“毛穴どう…

スッピンよりおばさん見えする!?「失敗」メイク3つ【40代の時短美容】

メイクで“キレイ”を引き出すつもりが、“おばさん”な仕上がり!これ、40代女性にとっては「最もショック」と言っても過言ではない事態ですよね。「メイクは時短で済ませたい…

外見は綺麗なのに…「おばさんだよね」と言われる40代女性の3大NGな仕草

外見が美しくても、周りから「おばさんだよね」と言われちゃう残念な40代女性もいらっしゃいます。メイクやファッションに気を使っていても、ちょっとした仕草のせいで「や…

一瞬で華やぎ肌が手に入る「シェーディング」【40代の時短美容】

みなさん、こんにちは。時短美容家の並木まきです。今回から、「40代の時短美容」についてお話していきます。初回にあたる今回は、40代前後になると急激に気になりだす“く…

騙されたと思ってやってみて! 40代の地味顔があかぬける3つのメイクポイント

「私って、なんだか地味顔……」そんなふうにため息をついていらっしゃるなら、メイクで華やか顔にチェンジしてしまうのが、理想どおりのイメージを演出する最大の近道です。…

ナチュラルメイクの落とし穴! 塗るだけで「うっかり5歳オバ見え化」を招く口紅選びの3大ワナ

「うっかりオバサン見え!」は、どんなメイクにおいても、絶対に避けたいのが私たちの本音。しかし、ナチュラルメイクを心がけるにあたって「塗るだけでオバサン」になりや…

ズバリ!お金が貯まらない人の「ポーチの中身」ありがちな3大NG

「お金が貯まらない……」が口グセのようになっている人には、生活習慣にも共通点があると言われています。40代ともなれば、それなりに収入も安定し、趣味や遊びにかけるに十分な稼ぎがある女性も少なくありませんが「…

男に「抜け感」は伝わらない! 「不健康そう」と思われる40代女性のメイク3選

メイクの仕上げかたによって、健康そうな印象にもなれば、残念ながらも不健康なイメージが強まってしまうこともあります。私たち40代は、その日の体調や天候、気温によっても肌の調子や顔色がすぐれない日も多い年代…

それはナシ眉…!男が「苦手」と感じる40代女性の眉3パターン

眉は顔の印象、ひいてはその人の印象までも左右すると言っても過言ではないほど、メイクにおける重要なパーツ。しかも、手をかけているからと言って「好感度が上がる」とは言い切れず、むしろ手をかけるポイントが少…

失礼ながら、幸薄そう…! 男が「貧相な顔」認定する40代女性のメイク癖3例

自分では、きちんと身なりを整えているつもりでも、男性目線だと「幸薄そう」「貧相」などの不名誉なジャッジをくだされていることもあります。では、男性たちが、そんなネガティブな評価をくだしがちな顔の特徴とは…

これはダメ…男が一瞬で「遠慮します」と我に返る40代独女のニオイ

意中の男性と、いい雰囲気になっていたのに、理由もわからずに距離を置かれてしまった……という話は、そう珍しくもありません。とは言っても、気に入っている相手から避けられているのは、いくつになっても女性にとっ…

もしや腹黒…? 男が一瞬で警戒した「40代独女の不用意なひと言」3パターン

男女の出会いでは、不用意に発した言葉ひとつで「この人の本性は、きっとこんな感じなんだろう……」を邪推されるリスクもあります。本人にはそこまでの悪意がなくとも、それを聞いた男性が「もしかして、この女性は“…

オフィスで印象最悪…「いかにもオバサン」な40代女性のお仕事姿3選

社内恋愛を狙っていてもそうではなくとも、オフィスでの印象は、上げておくに越したことはないもの。そして、デスクでのちょっとした振る舞いは、思っている以上に男性たちの目に留まっているのも傾向のようです。魑…

頼もしい…! 男が「この人を大事にしなくちゃ」と40代彼女に感じた瞬間3パターン

ご縁あって交際に発展しても、おつきあいを重ねていく過程で「この子を大事にしなくちゃ」と、より愛おしさが増すこともあれば、その逆もあるのが男性心理。では、いわゆる“本命”として付き合っている相手のふとした…

スニーカーもパンプスも…!? 男が一発で「ナシ」認定した40代女性の足もと3パターン

先日、こちらの記事『踵パカパカよりヤバいのは…? ダメな40代女性ほど履きがちな「パンプス」ワースト3とその対策』にて、ダメな40代のレッテルを貼られかねないデンジャラスなパンプスの特徴をご紹介しました。足も…

「この人はキープでいいや」と男に思われる…?アウトな40代女性の言動って

40代の恋愛でも「キープ」や「セカンド」の話は皆無ではなく、むしろ「いい具合に年齢を重ねているし、物分かりがよさそうだ」などの男側の勝手な誤解によって、真剣恋愛の対象から外されてしまっている女性もいます…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

BEAUTYに関する最新記事