幸せへの道しるべかボロボロ人生への引き金か…「いい不倫と悪い不倫」の違い

大きな声では言えないけれど「今、私、不倫しています」という40代女性も、決して少なくはなさそうです。

以前、OTONA SALONEが実施した調査では、「身の回りで不倫の話がある」と答えた女性が、まさかの8割でした。(このあたりのお話は「ぶっちゃけ不倫している人の割合って?40代女性の身近で不倫している人はこのくらい!」の記事で詳しくご紹介していますので、よろしければご覧ください)

ところで、不倫を通じて人生がボロボロになってしまう女性もいれば、充実した人生への糧としている女性もいますが、「不倫」と言えどもひとつの「恋愛」の形ではあるので、やっぱり「いい」と「悪い」があるのかもしれません。

では、「いい不倫」と「悪い不倫」の違いは、どこにあると思いますか?

 

いい不倫をしている女性の共通点とは

 

「不倫」は妻子ある男性(あるいは家庭を持つ自分)との交際ですので、決して推奨するべきものではないものの、女性の魅力を引き出してくれる男性との不倫交際を通じて、輝きを増している女性がいるのも真実です。

不倫をする前とした後とを比較して、不倫してからのほうが「毎日が楽しい」「前向きにいられる」となるなら、相手の男性に恵まれている証とも言えます。

妻に対する罪悪感は抱いていたとしても、セカンドとしての立場をわきまえつつ、不倫を「略奪するため」ではなく「自分の人生を豊かにするため」のものと捉えているから、本来は後ろ指を指されてもおかしくない関係でも、ちゃっかり自分の糧にできているのです。

不倫に限らず「いい恋愛」をしている女性は、顔にも出るもの。いい不倫をしている女性は心が満たされてくるので、表情も穏やかになります。それも関係してか、不倫を終えたあとも次の恋愛に巡り会いやすく、不倫をひとつの経験として活かせる傾向にあります。

 

悪い不倫をしている女性の共通点とは

 

他方、「悪い不倫」をしている女性の共通点としては、表情が暗い、顔がどこかくすんでいるなどの悪い“気”を出している人が多いのではないでしょうか。

いつも彼の家庭での様子を想像して暗い気持ちになったり、「いつかは略奪を」などと成功する可能性が極めて低い作戦を練り始めたりとなれば、毎日がつまらないものになります。

「悪い不倫」をしている女性ほど妻への罪悪感が薄いタイプも多く、これは相手の男性の質が悪いことにも関係しています。相手の男が不必要に妻の悪口を言うので、女性としては変にその気になりやすいのですが、不倫をしていて妻の悪口を言うなんて、最低な男のすること。不倫している女性としては「期待させられては裏切れられ」を繰り返し、いつしかメンタルも弱くなってくるので、顔にも曇りが現れます。

不倫する前と後を比較して、自分の写真を見返したときに目に勢いがなかったり、意地悪そうな顔になったりしているのも、悪い不倫にハマっているサインです。

男に期待し自分が壊れるほどまで相手を愛しても略奪が叶わなかったとき、不倫がひとつの経験となるどころか痛々しい過去として記憶に残り、顔が曇っているので次の恋愛にもなかなか恵まれなくなるのです。

こうなってくると、その不倫は人生の糧にできるどころか、しばらくはボロボロの人生を歩む引き金にしかなりません。

 

私の周囲の40代女性からは「この歳になったら、もう子どもを諦めてるから、尊重しあえる関係なら不倫でもいいの」なんてお声も、チラホラ聞こえてきています。

決して不倫を推奨する立場ではありませんけれど、みなさまの周りで不倫をしている女性を思い返してみたときには、「いい不倫」と「悪い不倫」のどちらに当てはまりそうでしょうか。

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

男はドン引き…「薄っぺらいオバサン」に認定される40代女性の痛いLINE3例

ちょっとしたやりとりによって「この人、薄っぺらい人だなぁ」と思われるのは、40代女性にとっては避けたい事態。しかしまだ相手の“人となり”がよくわからないうちには、なにげないやりとりから、相手の性分をつかも…

40代が「5歳若見え」するカギはシャンプーだった!時短美容家が試したヘアケアは

40代になってから、これまでとは手触りや見た目が変わった髪に違和感と年齢を感じつつも「どうにかならないものか……」と、対処法を模索している女性は少なくないはず。かくいう私も、くせ毛による広がりやパサつき、…

[PR]

今すぐ捨てて…! 40代女性をオバ見えさせる「2018秋のNGコスメリスト」

夏から秋にシフトしつつある今の時期は、“コスメの衣替え”にも、ぼちぼち手をつけたい頃合い。季節の変わり目には、直前の流行メイクをしているだけで古臭い顔にも見えやすいことから「ダサいオバサン!」なんて不名…

カフェデート中の40代、気づけば「この人オバサン…?」と思われがちな行動3例

まだお付き合いに至るのか、至らないで終わってしまうのかを探り合っている段階でのデートでは、相手の“人となり”を、些細な情報からジャッジしようとする男性も少なくありません。遠出に至る前の定番デートと言えば…

メシマズより厄介…? 男がゲンナリする「40代女性の手料理」にまつわるダメ事例3選

親密な関係になった男性に、手料理を振る舞うのは「男の胃袋を掴む」的な側面の恋愛テクニックとしても王道です。味覚が合うカップルは、まさに“胃袋を掴まれた”かのように、長続きしやすいとも言われます。そんな効…

男性から「寂しいオバサンだな」と思われる…?ペットと暮らす40代女性のNG行動

近年は、ひとり暮らしで、犬や猫などのペットと暮らしている40代女性も決して少なくありません。犬や猫は、話し相手や遊び相手になってくれる存在でもあり、家族の一員として生活を豊かにしてくれるのは確か。しかし…

貸切露天風呂でアレを…男が「育ちの悪いオバサン」と感じる40代女性のお風呂マナー

深い仲になった恋人と、日頃から仲良くしている女性ほど、一緒にお風呂に入るシチュエーションにも恵まれがち。温泉旅行でも、部屋の露天風呂や貸切風呂で、しっとりと過ごすデートを好む大人カップルも珍しくないこ…

ドライブ中はココに注意!男が萎えた「40代女性のオバサン振る舞い」3選

行楽シーズンには、いつもよりドライブデートをする機会も増えがち。普段より少し遠征して、美味しいものを食べに行ったり紅葉を見に行ったりと、秋はプチ遠出デートが楽しい季節でもあります。ところが、そんなドラ…

やりがち? 秋旅デートで「お育ちが悪いオバサン」認定された40代女性の振る舞い

秋と聞けば「食欲の秋」が思い浮かぶほど、花より団子が本音な40代女性も少なくはないことでしょう。かくいう私もそんなひとりで毎年、秋が訪れるたびに“美味しいもの”を求めて、全国からお取り寄せを楽しんでいます…

気づけば…「感じの悪いオバサン」レッテルを貼られる40代女性の3大NG傾向

「感じの悪いオバサン」というイメージだけは、なにがなんでも避けたい40代女性も多いはず。ところが、本人には悪気がなくとも、周囲から「なんて感じの悪いオバサンなんだ……!」と評価されている方も、残念ながらチ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

LOVEに関する最新記事