その不倫だけは今すぐやめて!アラフォー女性が幸せになる3つの理由

「今年こそ、不倫を清算したい」。そんなふうに考えていらっしゃるアラフォー女性も決して少なくはないはず。

まさか自分が道ならぬ恋に足を踏み入れるなんて思ってもみなかった女性ほど、自分の行動に戸惑いながら「早く終わりにしなくては」が常に頭にあるものです。

不倫はやっぱり、やめられるものなら1日も早くやめたほうがいいのは、間違いのないお話。そこには、一般的に言われている「他人様の夫と関係を結ぶなんて、もってのほか」というほかに、40代女性ならではの理由も潜んでいます。

「清算したい」と思っているアラフォー女性にお届けする、今の不倫を「やめたほうが」あなたが幸せになれる理由を、一緒に3つ見ていきましょう。

 

1:卑屈にならずに済む

周りの友人は、結婚して子どもをもうけて安定した生活を送っている人が多い年代だけに、アラフォーで不倫をしていると、周囲に決定的な遅れをとったような気持ちになる機会も増えます。

そして、幸せそうな友人家族を見るたびに「それに比べて、私は……」と、卑屈な思いを抱き始めるのは、ありがちなパターン。

不倫をしていない独り身女性でも似たような劣等感を感じることがありますが、不倫をしている女性は「相手がいるけれど、結婚は望めない」という独り身女性よりもある意味過酷な環境にいるので、卑屈な感情も加速します。

不倫をしていないければ、卑屈になる必要なんてなかったかもしれないのに。そう思うと、自分を守るためにも今の不倫は一刻も早くやめるべきものだと改めてわかります。

 

2:見苦しい「嫉妬オバサン」にならずに済む

「割り切った関係」と言い聞かせていても、愛する人に妻子があれば、人知れずに嫉妬して当然です。嫉妬に狂った女性がどんな末路をたどるのかは、その昔から多くの小説や映画で描かれてきた通りで、嫉妬に狂ったオバサンほど見苦しいものはありません。

うら若き女性の嫉妬心にはかわいげがあっても、40代女性が血眼になって嫉妬している姿がどのくらい悲惨な姿に映るのかは、ご想像にお任せします。

「私は、嫉妬なんてしないわ」と思っていても、何がキッカケで“嫉妬オバサン”になるかはわからないもの。そんなぶざまな姿を周囲に晒さなくてはならなくなるかもしれない、と思っただけでも「今のうちに、不倫なんてやめたほうがいい」と、背中を押してくれる要素なのではないでしょうか。

 

3:「ずっと不倫している人」のレッテルを貼られずに済む

不倫していることを周囲に対し完璧に内緒にできる女性は、極めて少数派。おおっぴらに公言しなくとも、女友達や親しい同僚には「彼は既婚者」と打ち明ける女性も少なくありません。

そして、不倫期間が長くなるほど打ち明ける人数も増え、長く不倫をしていくうちに「あの人は、ずっと不倫してる」が周知の事実に。

こうなると、いざ不倫を清算してシングル恋愛を楽しもうとしても「ずっと不倫してた女性に紹介できる男性はいないかも……」と思われ出会いが狭まったり「いいな」と思った異性ができても、その男性から「あの子はずっと不倫してたって聞いたんだよな……」と二の足を踏まれてしまったりするリスクが高まります。

40代になればただでさえ、若い頃より出会いの幅が狭まるだけに、不倫によってさらに自らの選択肢を狭める必要なんてどこにもありません。

してしまった不倫は消せないものの、40代女性が今の不倫を「やめたほうがいい」理由はここにもあるのです。

 

「不倫を清算せねば」と思っているのに行動に移せないでいるならば、不倫を続けることによるリスクを考えてみると、すんなり行動に移せるかもしれません。「さぁ、不倫をやめなくちゃ」と決意したみなさまが、計画通りに不倫をやめられるよう、私も陰ながら応援しております。

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

【みんなが言わない秘密の話】40代女性が本当に男性と出会える場所は◯◯だった!

何年も彼氏がいない友人から、よく聞くのが「気づけば40代で、いまだ独身。どこで男性と知り合えばいいの!?」という話。確かに周りには既婚が増えてきて、自然な出会いが…

【男の本音】40代女性はあなたの恋愛・結婚の対象になりますか?

別に悪いことをしてきたわけでもないのに、ただ年齢を重ねたというだけで男性に対してどこか引け目を感じてしまう、そんな瞬間はありませんか?40代になるとだんだんと若々…

【男性心理】浮気に走る本当の理由は◯◯だった!?浮気しやすいタイプも解説

働き盛りの30~40代の男性たち。仕事にも余裕が出てきて、浮気をする時間もお金も持っているので、さまざまな女性と交流するチャンスもゴロゴロ。前回の浮気されやすい女性…

ハマったら危険!不倫上手な男たちが絶対にしない8つのこと

2016年も残すところあと少しですが、今年はとにかく芸能人の不倫ネタが多かった印象。どうして女性は、傷つくのがわかっているのに不倫に走ってしまうのか。大人の女性たち…

僕たち、独女のコレに弱いです!男性が思わず「ムラムラする瞬間」3つ

思いもしなかった瞬間に欲に襲われることって、ありますよね。40代独女のどんな姿にムラムラする? と男性に尋ねてみたところ、ズバリ「無防備な姿」にやられる、という声…

【男性心理】40代バツイチ男を落とすコツと、選ばれる女になる理由とは?

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返る連載第2…

いちばん「冷たい男」が多い血液型って…? ダントツでアノ型でした!

交際している恋人に対し「こんなに冷たい人だったなんて……」と、愕然とした経験はありますか?お付き合いに至る前には優しい男性でも、“自分のもの(!)”になった途端に、…

優しい男性がいちばん多い血液型って?なんとアノ血液型でした!

「お付き合いするなら優しい男性がいい!」「結婚するなら、妻に優しい男じゃないと」と思っている女性のみなさん。優しい男性は、どんな血液型に多いと思いますか?今回も…

【男性心理】40代バツイチ男と結婚するために大切なこと

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返ります。

【男の本音】美人じゃないのに「なぜかモテる女」8つの特徴

あなたの周りにも、美人でもスタイルが良くもないのに、なぜか男性からモテたり、彼氏が途切れないタイプの女性はいませんか? かたや、美人で仕事もできてスタイルバツグ…

やりすぎ…! 40代女性の「義母の美容」にまつわる暴走おせっかい3選

40代女性のパートナーの親世代となると、60代後半から70代、場合によっては80代の女性もいらっしゃいます。日ごろから美意識が高い女性ほど、彼や夫の母親との美容談義にも花が咲くものですが、ちまたには「よかれ」…

定番でもデンジャラス…? 男が内心「うーん」と思っている40代女性のデイリーメイク3選

20代や30代の女性がしていると「ちょっとざんねん」で済むのに、40代女性がしていると「痛いオバサン」などと男性からの強烈な不評を招きがちなメイクもあるのが実情です。トレンドを追いすぎて「若づくり?」などの…

男は敏感…!「ひょっとして性格ブス?」の疑惑を向けられる40代女性の傾向3選

外見の印象がどうであれ「あー、性格ブスってやつね」と男性に思われれば、恋愛チャンスは激減するのが常。パートナー探しを真剣に進めている男性ほど「性格のいい女性とのご縁を狙っています!」も多いだけに、ちょ…

食事会に出没…!? パッと見で「深入りしたくない40代女性」3大NGな傾向って…?

出会いの場においては、パッと見で周囲に好感を与える女性もいれば、残念ながら「あ。この人とは、深入りしたくないな」と思われてしまう人もいるのが実情。パートナーを求めているタイミングや婚活を意識している時…

「ざんねんな40代女性って、こんな人」男性たちの意見が辛辣だけど的を射ていた…

今から、ちょっと不快な言葉を連呼します。ご不快に思われるかたもいらっしゃるかもなので、先に謝っておきます、ごめんなさい。実は私、ついこの前「ざんねんな女性」について真正面から、男性たちと語りあう機会が…

ウソみたいなホントの話…たった「コレだけ」で3kgやせ見えに成功しました!

年末年始には、ふだんより飲食する機会も増えがちなだけに「気をつけていても、太った」を招きやすい時期。美容家として活動する私も、この年末年始で、御多分に洩れず2kg弱増えました。デイリーにヨガやストレッチ…

パートナーは大丈夫? 「イケてない風貌のオジサン」だと彼女や妻にもダサい疑惑が…!?

彼氏や夫などが、いわゆる「イケてる」部類だと「奥さんがしっかりしているのだろう」「彼女がちゃんとしているのだろう」などと、“内助の功(!)”的な評価を受けがち。一方で、失礼ながらも“見るからにイケてない風…

オバサン上等! 男が思う「コムスメには絶対に負けない」40代女の魅力って…?

「女は若いほどいい」なんて女性からするとイラっとする言葉も耳にするものの、ちまたには「40代くらいの女性のほうが、付き合いやすい」と口にする男性も多いのは確か。今どきの40代は、ひと昔前と比べても気力も見…

接触してこなくても図々しいオバサン…! 40代再婚女性たちが「許せない」元妻エピソード3選

いまや、夫婦のどちらか、あるいは双方が再婚というカップルだって珍しくない時代。過去があるのは悪いことではないけれど、そこで“過去”が“過去”で済まされず、“現在”にまで影響を及ぼすとなると、ウンザリするのも…

20・30代ならよくても…「40代ではさすがにナシ」男に厳しいジャッジを下される女の特徴3例

20代や30代なら「アリ」でも、40代だと「ナシ」になることって、恋愛シーンにおいてはそれなりにあるようです。出会いの場での会話ひとつにも「40代にもなって、さすがにキツイ……」と辛辣なジャッジを下されているケ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

LOVEに関する最新記事