目元がくすむ40代に「オレンジシャドウ」。おもしろいくらい若返るから!

目元のくすみが気になり始めるのは、ちょうどアラフォーくらいから。

かくいう私は、20代や30代前半の頃の自分と比較すると、全体的にやや年齢特有の曇りが出ているのを痛感しています。

多くの女性が年齢とともにベースメイクが厚塗りになりがちなのは、このあたりの“くすみ問題”も絶対的に関係していますが、薄づきのナチュラルメイクでくすみが払拭されれば、それに越したことはないはず。

「時短メイクだと、くすみが消えません!」がお悩みな40代女性のみなさま、こんにちは。時短美容家の並木まきです。

今回は、アラフォーが今、味方につけるべきアイシャドウのお話です。

 

“くすみ”を一瞬で払拭してくれるリアルトレンドのアイシャドウって?

目元のくすみでも、肌全体のくすみでも、アイシャドウの選びかたによって“くすんだ”印象は簡単に払拭できます。

ちょうど、これまでブラウン一辺倒だったアイシャドウのリアルトレンドも、そろそろ陰りを見せているので、別の定番カラーを見つけたかった女性もいらっしゃるのでは? そんななか、ブラウン派でも抵抗なく使いやすく、塗るだけで“くすみ”を一掃してくれるカラーと言えば「オレンジ」です。

ここ数年でじわじわとバリエーションも増えているので、そろそろリアルなメイクに落とし込みたいと思っていた女性も少なくないかもしれません。そして「オレンジ」と聞くと奇抜なイメージが強い方もいらっしゃるかもしれませんが、淡い色からレッド寄りの色みまで豊富にあります。

顔に加えると、目元のみならず顔の印象がガラリと明るくなるので、使わない手はありません。

 

40代は「オレンジ」をこう攻める

 

アラフォー世代がオレンジアイメイクを楽しむなら、“やりすぎ感”はご法度。パールやラメが入っている明るめのオレンジで、光を味方につけながら、明るい仕上がりを目指して。

(1)淡いオレンジの囲みメイクは思いのほかナチュラル

 

オレンジは、最近人気のある“囲み目メイク”にも使いやすい色。「アイシャドウで目を囲むメイク」は、アラフォー世代になると「ミーハーっぽいから、やめたほうがいいかしら?」と避けたくなるかもしれませんが、透明感のあるオレンジを使えば、やさしい仕上がりです。

アイホールにはグラデーションを意識しながら淡いオレンジを塗り、下まぶたには“涙袋”にオン。同色でまとめたアイメイクは今のリアルトレンドだけに、旬な雰囲気になりますし、単色塗りは思いのほかナチュラルです。

(2)ブラウンとのコンビネーションを楽しむ

 

「さすがにオフィスには、オレンジで目を囲っていくわけにいかないわ」という女性は、いつものブラウンの“ちょい足し”にオレンジを。

ブラウンとオレンジの組み合わせは、想像以上に落ち着いた仕上がりになるので、アラフォー世代のオフィスメイクにも取り入れやすいです。普段はハイライトとしてピンクなどを使っている部分を、オレンジに置き換えてみてください。

いつものブラウンメイクに光が差し込むようなイメージになることから、私も気に入っている使い方。それぞれの色の“質感”を似せると調和のとれた目元に仕上がります。

 

アラフォーくらいから気になる“くすみ”には、オレンジのアイシャドウを使うだけで、目元のみならず顔全体にパッと明るさが加わります。リアルなトレンドになっているカラーだけに、塗るだけで旬の顔をつくれるあたりも、40代の時短美容に重宝なポイント。ブラック・ブラウンどちらのアイライナーにも合う色なので、いろんなメイクに重宝します。

まだオレンジの世界を体験していない女性も、この初春はぜひ、淡いオレンジでナチュラルな目元を体験してみて!

 

【もっと読む】

40代の美容

マイナス5歳見え!

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

その髪で5歳老け見え!40代女性が今すぐやめるべき「シャンプー後の3大NG習慣」

実年齢よりもみずみずしい印象を与える「若見えの美髪」を育みたい40代女性は多いはずです。しかし、どんなに美髪ケアに意識を向けていたとしても、ちょっとしたNG習慣のせ…

40代にふさわしいアイラインの引き方とは?3つのNG例と対策方法

アイラインを引くと、目元にシャキッとしたインパクトが出るけれど「40代の目元にふさわしい描きかたができている?」と聞かれれば「イマイチ自信がない」という方も少なく…

あの人痛々しい…!老け見えするリップの「3大おばさんカラー」

口紅は、それひとつでさまざまなルックが楽しめるから、メイクでは重要なカギを握るアイテム。ところが! せっかくのリップメイクなのに、ご自身のイメージと合っていなか…

その老け見え、コレが原因? 40代の「オバ毛穴」を加速する3大NGスキンケア

40歳前後を節目に「なんだか、毛穴が残念なことになっている」を痛感している女性も少なくなくなります。「たるみ毛穴」に、小じわが目立つ「ライン毛穴」など、“毛穴どう…

40代が「痛々しくならない」マツエクのベストオーダー5原則!【40代の時短美容】

40代女性がマツエク(まつ毛エクステンション)をすると、ときとして“やりすぎ”な雰囲気が醸し出されます。メイクの手間を減らせるから“時短美容”にはなるけれど、年齢不相…

スッピンよりおばさん見えする!?「失敗」メイク3つ【40代の時短美容】

メイクで“キレイ”を引き出すつもりが、“おばさん”な仕上がり!これ、40代女性にとっては「最もショック」と言っても過言ではない事態ですよね。「メイクは時短で済ませたい…

外見は綺麗なのに…「おばさんだよね」と言われる40代女性の3大NGな仕草

外見が美しくても、周りから「おばさんだよね」と言われちゃう残念な40代女性もいらっしゃいます。メイクやファッションに気を使っていても、ちょっとした仕草のせいで「や…

一瞬で華やぎ肌が手に入る「シェーディング」【40代の時短美容】

みなさん、こんにちは。時短美容家の並木まきです。今回から、「40代の時短美容」についてお話していきます。初回にあたる今回は、40代前後になると急激に気になりだす“く…

騙されたと思ってやってみて! 40代の地味顔があかぬける3つのメイクポイント

「私って、なんだか地味顔……」そんなふうにため息をついていらっしゃるなら、メイクで華やか顔にチェンジしてしまうのが、理想どおりのイメージを演出する最大の近道です。…

ナチュラルメイクの落とし穴! 塗るだけで「うっかり5歳オバ見え化」を招く口紅選びの3大ワナ

「うっかりオバサン見え!」は、どんなメイクにおいても、絶対に避けたいのが私たちの本音。しかし、ナチュラルメイクを心がけるにあたって「塗るだけでオバサン」になりや…

男は敏感…!「ひょっとして性格ブス?」の疑惑を向けられる40代女性の傾向3選

外見の印象がどうであれ「あー、性格ブスってやつね」と男性に思われれば、恋愛チャンスは激減するのが常。パートナー探しを真剣に進めている男性ほど「性格のいい女性とのご縁を狙っています!」も多いだけに、ちょ…

食事会に出没…!? パッと見で「深入りしたくない40代女性」3大NGな傾向って…?

出会いの場においては、パッと見で周囲に好感を与える女性もいれば、残念ながら「あ。この人とは、深入りしたくないな」と思われてしまう人もいるのが実情。パートナーを求めているタイミングや婚活を意識している時…

「ざんねんな40代女性って、こんな人」男性たちの意見が辛辣だけど的を射ていた…

今から、ちょっと不快な言葉を連呼します。ご不快に思われるかたもいらっしゃるかもなので、先に謝っておきます、ごめんなさい。実は私、ついこの前「ざんねんな女性」について真正面から、男性たちと語りあう機会が…

ウソみたいなホントの話…たった「コレだけ」で3kgやせ見えに成功しました!

年末年始には、ふだんより飲食する機会も増えがちなだけに「気をつけていても、太った」を招きやすい時期。美容家として活動する私も、この年末年始で、御多分に洩れず2kg弱増えました。デイリーにヨガやストレッチ…

パートナーは大丈夫? 「イケてない風貌のオジサン」だと彼女や妻にもダサい疑惑が…!?

彼氏や夫などが、いわゆる「イケてる」部類だと「奥さんがしっかりしているのだろう」「彼女がちゃんとしているのだろう」などと、“内助の功(!)”的な評価を受けがち。一方で、失礼ながらも“見るからにイケてない風…

オバサン上等! 男が思う「コムスメには絶対に負けない」40代女の魅力って…?

「女は若いほどいい」なんて女性からするとイラっとする言葉も耳にするものの、ちまたには「40代くらいの女性のほうが、付き合いやすい」と口にする男性も多いのは確か。今どきの40代は、ひと昔前と比べても気力も見…

接触してこなくても図々しいオバサン…! 40代再婚女性たちが「許せない」元妻エピソード3選

いまや、夫婦のどちらか、あるいは双方が再婚というカップルだって珍しくない時代。過去があるのは悪いことではないけれど、そこで“過去”が“過去”で済まされず、“現在”にまで影響を及ぼすとなると、ウンザリするのも…

20・30代ならよくても…「40代ではさすがにナシ」男に厳しいジャッジを下される女の特徴3例

20代や30代なら「アリ」でも、40代だと「ナシ」になることって、恋愛シーンにおいてはそれなりにあるようです。出会いの場での会話ひとつにも「40代にもなって、さすがにキツイ……」と辛辣なジャッジを下されているケ…

そのアピールいりません! 男が「聞き捨てならない」と嫌悪感を抱く話題3パターン

出会いの場において「私って、こんな人です」をさりげなくアピールするのは、自己PRの観点からはとても重要な心がけ。しかしこの手のアピールは、“やりすぎ”、“あからさますぎ”になった時点で、男性からは嫌悪感を抱…

悪評がここから立つ…!? 後輩女性に不評な40代女性の「金遣い」3選

「彼女になる女性は、後輩女性からも慕われているような性格の人がいい」「結婚を考えたときには、世代を問わずに好かれる女性が好ましいよな」こんなふうに考える男性も少なくなく、“身近な年下女性”からどう思われ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

BEAUTYに関する最新記事