目元がくすむ40代に「オレンジシャドウ」。おもしろいくらい若返るから!

スポンサーリンク

目元のくすみが気になり始めるのは、ちょうどアラフォーくらいから。

かくいう私は、20代や30代前半の頃の自分と比較すると、全体的にやや年齢特有の曇りが出ているのを痛感しています。

多くの女性が年齢とともにベースメイクが厚塗りになりがちなのは、このあたりの“くすみ問題”も絶対的に関係していますが、薄づきのナチュラルメイクでくすみが払拭されれば、それに越したことはないはず。

「時短メイクだと、くすみが消えません!」がお悩みな40代女性のみなさま、こんにちは。時短美容家の並木まきです。

今回は、アラフォーが今、味方につけるべきアイシャドウのお話です。

 

“くすみ”を一瞬で払拭してくれるリアルトレンドのアイシャドウって?

目元のくすみでも、肌全体のくすみでも、アイシャドウの選びかたによって“くすんだ”印象は簡単に払拭できます。

ちょうど、これまでブラウン一辺倒だったアイシャドウのリアルトレンドも、そろそろ陰りを見せているので、別の定番カラーを見つけたかった女性もいらっしゃるのでは? そんななか、ブラウン派でも抵抗なく使いやすく、塗るだけで“くすみ”を一掃してくれるカラーと言えば「オレンジ」です。

ここ数年でじわじわとバリエーションも増えているので、そろそろリアルなメイクに落とし込みたいと思っていた女性も少なくないかもしれません。そして「オレンジ」と聞くと奇抜なイメージが強い方もいらっしゃるかもしれませんが、淡い色からレッド寄りの色みまで豊富にあります。

顔に加えると、目元のみならず顔の印象がガラリと明るくなるので、使わない手はありません。

 

40代は「オレンジ」をこう攻める

 

アラフォー世代がオレンジアイメイクを楽しむなら、“やりすぎ感”はご法度。パールやラメが入っている明るめのオレンジで、光を味方につけながら、明るい仕上がりを目指して。

(1)淡いオレンジの囲みメイクは思いのほかナチュラル

 

オレンジは、最近人気のある“囲み目メイク”にも使いやすい色。「アイシャドウで目を囲むメイク」は、アラフォー世代になると「ミーハーっぽいから、やめたほうがいいかしら?」と避けたくなるかもしれませんが、透明感のあるオレンジを使えば、やさしい仕上がりです。

アイホールにはグラデーションを意識しながら淡いオレンジを塗り、下まぶたには“涙袋”にオン。同色でまとめたアイメイクは今のリアルトレンドだけに、旬な雰囲気になりますし、単色塗りは思いのほかナチュラルです。

(2)ブラウンとのコンビネーションを楽しむ

 

「さすがにオフィスには、オレンジで目を囲っていくわけにいかないわ」という女性は、いつものブラウンの“ちょい足し”にオレンジを。

ブラウンとオレンジの組み合わせは、想像以上に落ち着いた仕上がりになるので、アラフォー世代のオフィスメイクにも取り入れやすいです。普段はハイライトとしてピンクなどを使っている部分を、オレンジに置き換えてみてください。

いつものブラウンメイクに光が差し込むようなイメージになることから、私も気に入っている使い方。それぞれの色の“質感”を似せると調和のとれた目元に仕上がります。

 

アラフォーくらいから気になる“くすみ”には、オレンジのアイシャドウを使うだけで、目元のみならず顔全体にパッと明るさが加わります。リアルなトレンドになっているカラーだけに、塗るだけで旬の顔をつくれるあたりも、40代の時短美容に重宝なポイント。ブラック・ブラウンどちらのアイライナーにも合う色なので、いろんなメイクに重宝します。

まだオレンジの世界を体験していない女性も、この初春はぜひ、淡いオレンジでナチュラルな目元を体験してみて!

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

40代の「おばさんくささ」が際立つ!3大NGアイライン

むくみって、年々ヒドくなる気がしませんか? 30代後半から、緩やかながらも実感し始めた老化現象。それが40代に入ると一気に加速。日々退化していく自分自身を見つめなが…

あの人痛々しい…!老け見えするリップの「3大おばさんカラー」

むくみって、年々ヒドくなる気がしませんか? 30代後半から、緩やかながらも実感し始めた老化現象。それが40代に入ると一気に加速。日々退化していく自分自身を見つめなが…

スッピンよりおばさん見えする!?「失敗」メイク3つ【40代の時短美容】

むくみって、年々ヒドくなる気がしませんか? 30代後半から、緩やかながらも実感し始めた老化現象。それが40代に入ると一気に加速。日々退化していく自分自身を見つめなが…

外見は綺麗なのに…「おばさんだよね」と言われる40代女性の3大NGな仕草

むくみって、年々ヒドくなる気がしませんか? 30代後半から、緩やかながらも実感し始めた老化現象。それが40代に入ると一気に加速。日々退化していく自分自身を見つめなが…

一瞬で華やぎ肌が手に入る「シェーディング」【40代の時短美容】

むくみって、年々ヒドくなる気がしませんか? 30代後半から、緩やかながらも実感し始めた老化現象。それが40代に入ると一気に加速。日々退化していく自分自身を見つめなが…

ブツブツの吹き出物やシミ…40代が「悪目立ちしない」時短ベースメイク

アラフォーくらいからは、ブツブツとした吹き出物やシミなどお肌のネガティブな変化にため息をつくシーンもありがち。日々のスキンケアでは補いきれない変化が生じると、メイクでフォローしていくしかなくなります。…

「石原さとみ風モテメイク」のつもりが…40代が痛オバになるポイントは?

今季は『アンナチュラル』(TBS系)で、解剖医を演じている石原さとみさん。雑誌やWebの“モテメイク特集”では、必ずと言っていいほど名前が挙がる常連でもあります。「ふんわりとした表情が素敵な石原さん風の顔にな…

穏やかで誠実そうなほどヤバい「DVモラハラ男」の隠れた特徴って?

ご縁あって結婚しても、やむを得ない事情により“離婚”を選択する人も珍しくない昨今。結婚するときから離婚を視野に入れている人は極めて珍しいので、結婚前にはわからなかった致命的な“何か”によって、別々の人生を…

「お会計シーン」で見抜く!この男もしかして地雷?な3ポイント

婚活は結果ばかりを求めてしまうと、その焦りから“ハズレ”の男性も掴みやすくなります。言うまでもなく結婚は「ゴール」ではなく「スタート」なので、幸せな結婚生活を送るためには、“それ相応”の男とのご縁を結ぶの…

ヴァセリンvs.ニベア…アラフォーの手荒れに効いたのはどっち? ガチンコで検証!

毎年、冬になると圧倒的人気を誇るプチプラ保湿コスメは、今のところ『ニベア』と『ヴァセリン』が“二大巨頭”と言っても過言ではないかもしれません。どちらも年齢とともにカサつきが気になる私たちの肌を、やさしく…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

BEAUTYに関する最新記事