クラブママ伝授!あなたが「まあまあいい女」なのにモテない4つの理由

男性と食事デートを楽しんだのに、そのあとの進展がない。相手のためと思ってアドバイスしているのに、逆にムッとされてしまった。男性のお客さま相手の夜のクラブでは、ホステスの言動一つで、お客さまの機嫌が良くも悪くもなります。私も新人の頃は、気配りする余裕がなく、ずいぶんとお叱りを受けたものです。今だから語れる「モテない女」論を、CA歴4年、クラブママ歴10年の筆者がお伝えいたします。

 

1・つい、面倒がられる態度をとっている


以前、「モテてモテて困った元クラブママ直伝!『勝手に男が落ちる』5つの心理テク」でもお伝えしましたが、ある程度の人生経験を積んだ男性が嫌う女性の一つが「面倒くさい女」です。例えば、

・グレーゾーンを許さず、白黒・善悪・勝ち負けをはっきりつけたがる。

・トラブルがあると、納得するまで議論に付き合わせる。

・「悪いと思うなら、ちゃんと謝って」などと、謝罪を要求する。

など、スルーすることを許さない女性です。

「正論で追いつめられると、『こいつと結婚したら、心の安らぎは無いな』と敬遠する」(30代・金融業)

「男のプライドを平気で損なう女性はNG。賢い女性は、『伝え方にも気配り』がある」(40代・経理)

「食事に行っても『サービスが悪い』、混雑していれば『デートの段取りが悪い』と文句タラタラ。もうウンザリ」(40代・電子機器メーカー)

あなたは、つい面倒な態度を取って、相手を消耗させていませんか?

 

2・包容力と寛容さが薄い


自分と同じ価値観、感じ方、理解度や処理能力の人は存在しません。しかし、意見が食い違うと、頭ごなしに否定してしまう人がいます。

・「その考え方はおかしい」と自分の意見をゴリ押しする。

・「そんなこともできないの?」と自分のレベルで物事を考え、高圧的な態度を取る。

育った環境や成長過程が違えば、才能、スキル、理解度、はたまた常識だって違って当たり前。私の常識は、あなたの非常識という言葉さえ存在します。

異なる意見を持つ相手には、最初に肯定してから自分の意見を述べる「YES、but」方式を取りましょう。「そうですね、でも……」や、「そのような考え方もありますよね、ただ、私の場合は……」と、最初に肯定するのです。同時に「これを言ったら相手はどう感じるか」と、相手の気持ちを想像する余裕も持ちたいもの。心を柔らかく、譲れるところは譲る寛容さを忘れずにいましょう。

 

3・食事やお酒の席でネガティブな話題を出してしまう

 

「お酒の呑み方で、その人の本性がわかる」とはよく言ったもの。酔うほどにタガが外れ、会社への不満や、上司への愚痴、友人たちの噂話……と、延々ネガティブワードを連発する女性、けっこう多いのです。

「せっかくの食事が、彼女の愚痴で台無し。『俺は単なるうっぷん晴らしのサンドバッグか』と呆れた」(30代・メーカー勤務)

「仕事に切羽詰まると、とにかく不機嫌な女性。美人なだけに怒る表情も般若(はんにゃ)みたいで、もうこりごり」(40代・出版業)

「酔うと『私なんて会社に必要とされてない』『私なんて価値がない』と泣きだす後輩。最初こそ慰めていたけれど、いっこうに治らず。時間とエネルギーの消耗だとわかり、距離を置きました」(40代・アパレル)

本来、楽しいはずのお食事やお酒の席も「あの子と呑むと、いつもどっと疲れる」「こちらまで憂鬱になる」と思われたら最悪です。同じ悩み事でも「建設的で前向き」なアドバイスと求めるよう努めましょう。

 

4・去ろうとしている相手に、追いすがったことがある


夜のクラブで働くホステスが最も恐れているのが「指名替え」です。お客さまが店に来なくなることよりも、「同じ店で、別なホステスに指名客を取られるほうがイヤ」という声が多いのです。

しかし、ここで感情をむき出しにしては、女の格が下がるというもの。モテる女は、ニッコリ笑って「残念だけど、また気が向いたら指名してね」と送りだしてあげるのです。

すると不思議、時間を経て戻ってくるお客さまが意外と多いのです。

恋愛も同じこと。去っていく相手にどんなにすがったところで、うざがられるだけ。別れ際はさっと美しく。そのほうが、あなた自身もずっと美しく輝きます。

 

いかがでしょう。1・面倒くさい女からの脱却、2・包容力と寛容を忘れずにいる、3・食事や酒の席ではネガティブな話題は禁物。建設的な言い回しにする。4・去る者は追わず、にこやかに送りだす。この4項目を心がけ「追われるモテ女」を目指しましょう。

 

 

スポンサーリンク

【みんなが言わない秘密の話】40代女性が本当に男性と出会える場所は◯◯だった!

何年も彼氏がいない友人からよく聞くのが、「気づけば40代で、いまだ独身。どこで男性と知り合えばいいの!?」という話。確かに周りには既婚が増えてきて、自然な出会いが…

【男の本音】40代女性はあなたの恋愛・結婚の対象になりますか?

別に悪いことをしてきたわけでもないのに、ただ年齢を重ねたというだけで男性に対してどこか引け目を感じてしまう、そんな瞬間はありませんか?40代になるとだんだんと若々…

【男性心理】浮気に走る本当の理由は◯◯だった!?浮気しやすいタイプも解説

働き盛りの30~40代の男性たち。仕事にも余裕が出てきて、浮気をする時間もお金も持っているので、さまざまな女性と交流するチャンスもゴロゴロ。前回の浮気されやすい女性…

僕たち、独女のコレに弱いです!男性が思わず「ドキドキする瞬間」3つ

思いもしなかった瞬間に欲に襲われることって、ありますよね。40代独女のどんな姿にムラムラする? と男性に尋ねてみたところ、ズバリ「無防備な姿」にやられる、という声…

【男性心理】40代バツイチ男を落とすコツと、選ばれる女になる理由とは?

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返る連載第2…

いちばん「冷たい男」が多い血液型って…? ダントツでアノ型でした!

交際している恋人に対し「こんなに冷たい人だったなんて……」と、愕然とした経験はありますか?お付き合いに至る前には優しい男性でも、“自分のもの(!)”になった途端に、…

優しい男性がいちばん多い血液型って?なんとアノ血液型でした!

「お付き合いするなら優しい男性がいい!」「結婚するなら、妻に優しい男じゃないと」と思っている女性のみなさん。優しい男性は、どんな血液型に多いと思いますか?今回も…

「なぜ彼女は独身なの?」40代独女の本音とは【新連載】

はじめまして。イラストレーターのNobbyです。大学を卒業してすぐフリーランス人生が始まり、絵を描いたりトロンボーンを吹いたり歌ったり、とにかく好き放題で生きてきま…

【男の本音】こんな40代独身女性になってない?男性ががっかりする原因3つ

現在恋人のいる40代独女の皆さま、楽しいお付き合いをしていますか? いくつになっても男性の目は厳しいもの、気を抜いていると「もうやーめた!」と恋心を放棄されてしま…

【男の本音】美人じゃないのに「なぜかモテる女」8つの特徴

あなたの周りにも、美人でもスタイルが良くもないのに、なぜか男性からモテたり、彼氏が途切れないタイプの女性はいませんか? かたや、美人で仕事もできてスタイルバツグ…

【男の本音】結婚の決め手は何だった?「男が逃したくない女性」4つの特徴

男女ともに既婚率が低下している昨今。しかし、幸福の一つの選択肢として「結婚」が揺るぎないのも事実です。では、男性たちの結婚の決め手となったものは何でしょう?CA歴4年、クラブママ歴10年の筆者が男性陣…

クラブママ伝授!ホステスに学ぶ「元カレと復縁」する4つの方法

出会いと別れは紙一重。どれほど甘い恋愛期間を過ごしていても、ある日突然、別れがやって来るかもしれないのです。「どうしても元カレと復縁したい」と熱望するあなた、高級クラブのホステスたちの思考や接し方がと…

「彼女、美人だよね」と言われる人のごく当たり前の10の習慣

50歳を過ぎても、ナチュラルな色香を放ち、男性が放っておかない女性っていますよね。彼女たちに共通しているのは、ひとえに「女を忘れない」心がけ。若い女性と張り合うのではなく、成熟した自分を受け入れたうえで…

50代でも「モテまくる女」のごく当たり前な10の習慣って…?

内面が充実してくる一方で、容姿の衰えは否めない50代。当然ながら、男性からのお誘いや扱い、モテにも大きく影響しており――。モテを左右するのは、ひとえに「女を捨てない」心がけ。そんな50代のモテ女性の習慣…

美人じゃなくてもここまでモテる!40代女性の「アリな色気」4つの極意

美女なのにいまいち男性と縁がない女性がいる一方で、容姿はそこそこでも、周りに男性が絶えない女性が存在します。私自身、10年間にわたり六本木のクラブママを勤めましたが、必ずしも「ナンバーワンホステス=ス…

実はここならモテモテ?40代独女が「理想の独身男性」と出会える場所って

40代独女の婚活が、厳しさの一途をたどるのは周知の事実。「平成駆けこみ婚」を焦るあまり、流されるまま、お見合いパーティや街コンに参加し、お手軽に知りあった男性に遊ばれてしまったり、「こんなはずじゃなか…

「婚活開始から1年以内にゴール」できた40代女性の3大共通点って?

「婚活疲れ」は、社会現象のひとつとなっています。「ちょっとだけ休もうかな」「でも、ここまで頑張ったんだし」と行ったり来たりを繰り返す女性が多い一方で、短期決戦で見事勝利を収めた女性も大勢いるのが実情で…

ウソ…もしかして私「セカンド女」?疑わしいカレの挙動7つ

彼との「愛情の温度差」を感じることってありますよね?常にスマホをチェックして落ち着かなかったり、別れ際が以前より素っ気なかったり、次のデートの約束を「忙しいから、こっちから連絡するよ」と大よその予定さ…

一発アウト!40代女性が即恋愛圏外にされる「ゲンメツ臭」4つ

30歳を過ぎると、気になる人が多いと言われる加齢臭やミドル脂臭。汗をかきやすい夏が終わっても、ニオイとの戦いは一生続きます。今回は冬場の「女性のゲンメツ臭」に注目。男性に「女性のニオイに関するガッカリ…

また恋がうまく始まらない…もしかして私「友だちどまりオンナ」?3つのダメポイント

数回デートを重ねると、彼と疎遠になってしまう。デート中はいい雰囲気なのに、イマイチ愛情に温度差を感じて常に心配。尽くせば尽くすほど、彼が遠ざかっていく。――もしかして、良かれと思っていることが裏目に出て…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

LOVEに関する最新記事