「ダメ財布」でわかるオバサン度診断!あなたのマネー年齢はいくつ?

「肌年齢」や「見た目年齢」など、実年齢とは違う年齢があります。

フィナンシャルプランナーとして多くの方のお話を伺っていると、マネー感覚にも年齢があるように思えてきます。

今回はいつもと趣向を変えて、「財布でわかるオバサン度診断」をお送りします。ぜひ楽しみながら試してみてください。

 

これからあなたの財布にまつわる6つの質問をします

回答は3択。A:5点、B:10点、C:20点 として計算してください。

合計点によって判定いたします。

 

質問1 財布の材質は?

A 布 または ビニール

B シックな皮革製

C お金の貯まる黄色のヘビ革

 

質問2 財布の中身は思い出せる?

A 小銭ばっかり

B 小銭が少し&紙幣

C 思い出せない

 

質問3 財布にレシートが入ってる?

A レシートはもらわない

B 数日分入っているが、ためないようにしている

C レシートがぎっしり、紙幣より多い

 

質問4 ポイントカードは入ってる?

A 財布とは別のケースを使っている

B その日使うものだけ数枚

C ぎっしり入っていて探すのに一苦労

 

質問5 お守りを入れている?

A アイドルの写真

B 大吉のおみくじ

C 打ち出の小槌と鈴のチャーム

 

質問6 その他に入れている物は?

A 絆創膏

B ポチ袋

C 買物メモ(いつのものか不明)

 

 

質問は以上です。

では結果判定です。

 

合計点数 ~40点

オバサン度10%未満 夢見る少女は財布も少女

マネー年齢が少女の女性は、お金に対する執着があまりないようです。お金はあれば使うし、なくなれば我慢する。お小遣いの延長のようなマネー感覚ですが、不思議とお金には困りません。

ただし、このままでは経済的な計画性が養われないのが心配です。行き当たりばったりなので貯蓄も苦手。困った時に頼れる人がいるうちは、これでもいいのですが、やはり将来のために貯蓄はしておきたいですね。

そんな女性にオススメなのは、2018年1月から始まった「つみたてNISA」。年間40万円を上限に、最長20年間も運用益が非課税で、長期の積み立て投資に適しています。つみたてNISAの対象商品は金融庁が認めた投資信託のみ。手数料が安く抑えられているのも、うれしいポイントです。取扱いは銀行や証券会社などの金融機関です。

 

 

合計点数 45~95点

オバサン度40% みんなの憧れ大人の女性

大人の女性は経済的にも自立しています。マネー感覚もバランスがよく、使うべきところでは使い、締めるところではしっかり締めています。

堅実な家計で、貯蓄も苦手ではありません。

しかし貯蓄をしていても、マイナス金利政策が続く昨今では、普通預金や定期預金の利息収入はすずめの涙。そこで今年は一歩進めて、投資にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

投資とは言っても、将来のことを考えればリスクは小さく抑えたいですね。そこでオススメなのが「iDeCo」(イデコ=個人型確定拠出年金)です。iDeCoは節税しながら老後資金を準備できる制度。運用益が非課税になるだけではなく、掛け金が全額所得控除になります。つまり、所得税と住民税が節税できるということ。2018年からはボーナス時の一括拠出もできるようになって、ますます注目されています。

 

 

合計点数 100点~

オバサン度100% あぁはなりたくない?正真正銘オバサン

オバサンには世間の荒波を渡るたくましさがあります。財布の中身が整理されていなくて、お金やポイントカードを出すのに時間がかかっても何のその。レジで人を待たせても、マイペースは崩しません。自分にとって何が一番大事か、常にぶれないハートは見習ってもよさそうです。

そんな女性にオススメなのは、株主優待に注目した「株式投資」。株主優待とは、企業が株主に対して自社製品や割引クーポンなどを提供する、一種の利益還元策です。

化粧品会社や食品会社による自社製品の詰め合わせ、外食チェーンやホテルの割引クーポンなど、うれしい株主優待を実施している企業が増えていますので、お気に入りのメーカーなどの株式情報を調べてみるのもいいですね。

しかも、2~3月は決算期末で株主優待の権利を確定する企業が多いので、これからの時期はねらい目です。これからは「ガメツイ」などとは言わせない、一味ちがった女性を目指しましょう。

 

 

 

結果判定はいかがだったでしょうか。

今年もよい一年にしてまいりましょう。どうぞよろしくお願いいたします。

↓ダメ財布カイゼンのマネー相談はリンク先から!スカイプ相談もOK↓

(FPCafe登録パートナー   タケイ啓子

 

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

「信じられるのはお金だけ」世代!? 40代の平均貯金額とは

「信じられるのはお金だけ」という名言を残したマツコ・デラックスさん。老後のことを考えてお金を貯めているとのことでしたが、この言葉に激しく同意したアラフォー女性は…

お弁当越えのコスパ!「ランチ1回140円」で済ませる裏ワザ

お弁当vs外食ランチの差は一ヶ月どれくらい?仕事もプライベートも何かと忙しい40代。朝早く起きてお弁当づくりするのは大変です。話題のお店でご褒美ランチを楽しむことは…

ほったらかしでも貯まる!「お財布を休ませる」方法って?

触れない日はないといえるお財布。私たちも休みがないと疲れ切ってパワーがなくなってしまうように、お財布も休みがないとお金が貯まるパワーがなくなってしまいます。お金…

銀行口座を分けるだけで月5万貯まる?カンタン貯蓄の仕組みづくり

貯蓄は必要だと思っても、お財布にお金が入っているとついつい使ってしまうものです。かといって、我慢ばかりではストレスがたまって逆効果。貯蓄を成功させるには、手間が…

お金のプロって「1年で100万」どう貯めるんですか?FPタケイさんの場合

OTONA SALONEでマネー記事を連載している3人のFPに、まったく同じ「1年で100万貯めてくださいと言われたら、自分ならどうしますか?」という質問しました。三者三様の貯…

月の手取り23万でも年100万円貯めた!40代女性のテクニック

1ヶ月の手取りが23万円、ボーナス37万円が年に2回、合計で1年間の手取り年収350万円。そんなに多い方ではないかもしれないこの年収で、1年間で100万円貯めた女性がいらっし…

40歳時点で必要な貯蓄額を、定年から逆算してみると…えっ500万も?

世の中の40代は貯蓄をしっかりしているだろうと周りが気になるものの、お金の話は友人にはしづらいものです。貯蓄ができないことを何年も心の片隅にあるものの、一向に貯蓄…

ああ、勘違い…コレやってる人は貯まらない!お金が逃げるやりくり習慣5つ

あなたが「やりくりのつもり」でしている習慣、実はお金が貯まらない習慣かもしれません。当てはまることがあれば要注意。貯まる体質になるためにチェックしてみましょう。…

40代は借金世代!? 40代の平均「住宅ローン」残高とは

40代で住宅ローンを抱えている人の平均残高はいくらくらいなのだろう? 先日、アラフォーのときに都内の2LDKマンションを購入した知人の40代後半独女が「今年じゅうには住…

今から「40代の平均貯金額」〇〇〇万に追いつける?3つの方法

これから貯蓄をスタートしたいけれど、銀行に預けても金利が低くどんな金融商品で預けたらいいのかという相談も少なくありません。40代になってから貯蓄をスタートとなると…

ほったらかしで年6000円もおトク!電子マネーを使うだけのカンタン節約技

電子マネーとは、レジで読み取り機にかざすだけで支払いができる、便利な「お金」のこと。カード型が多く、nanaco、WAON、Suica、PASMO、楽天Edyなどがあります。これらの電子マネーを使うと、ポイントがたまって現…

ヘアケアの正解をコストで比較すると?白髪・ボリューム・うねり【特集オトナの髪悩み】

困りごとをお金で解決、というと、まるで札束を積んで問答無用のイメージですが、意外と身近にありふれています。荷物が重いときに、頑張って抱えるよりもお金を払って配送にする。急いでいることきに、走るよりもタ…

節約に見えて実は浪費?!やるだけ損のダメ節約4

限られたお金は大切に使いたいものです。節約できるところはしっかり節約して、有効なお金の使い方をしたいですね。ところが、節約のように見えて実は浪費になっていることがあります。節約の頑張りが報われないどこ…

銀行預金が無意味になるかも?10年後に損しない40代のお金知識

銀行ATMの手数料が実質値上げになったり、銀行の営業日が平日9~15時までとは限らなくなったりなど、銀行のサービス内容が少しずつ、しかし確実に変わってきていることにお気づきでしょうか。今回は、変わりゆく銀行…

女性FPがそっと教える「お金にまつわるおいしい話のウソ」 3つの見抜き方

おいしい話にはウラがある、とはよく言われます。それでも、おいしい話に乗った挙句、損をさせられてしまう人は後を絶ちません。だましのウソはますます巧妙になり、「私だけは大丈夫」と思っている人が、実は一番危…

お金のプロって「1年で100万」どう貯めるんですか?FPタケイさんの場合

OTONA SALONEでマネー記事を連載している3人のFPに、まったく同じ「1年で100万貯めてくださいと言われたら、自分ならどうしますか?」という質問しました。三者三様の貯め方ノウハウ、いったいどんな内容なのでし…

銀行口座を分けるだけで月5万貯まる?カンタン貯蓄の仕組みづくり

貯蓄は必要だと思っても、お財布にお金が入っているとついつい使ってしまうものです。かといって、我慢ばかりではストレスがたまって逆効果。貯蓄を成功させるには、手間がかからず、放ったらかしでもお金が貯まる仕…

新年度の「かくれ値上げ商品」はコレ!値段ではなく量に注意すべし

新年度が始まり、新たなスタートをきった方も多いのではないでしょうか。新しい環境になっても、お金の収支はきちんと守っていきたいですね。冬の間は野菜の高値が続きましたが、最近は落ち着いてきています。しかし…

4月から生命保険料が変わる!見直してもいい人とダメな人

春、新しいことが始まる季節。実は生命保険も新しい保険料になります。生命保険は、5~10%程度の値下げとも言われています。これは、平均寿命が延びて長生き時代になったため。この機会に保険の見直しを考える人も…

給与天引き派なら10年20万以上トクできる?イデコ・ニーサ「基本のき」

毎月の収入の中からコツコツお金を貯めるのは、貯蓄の基本です。しかし、それだけではなかなか増えていかないのも現実。長く続くマイナス金利の影響で、金融機関に預けていても、利息は0.001%という金融機関は少な…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

MONEYに関する最新記事