篠原涼子がお手本!カラーレスメイク、のつもりがオバサン化する3大NGって?

アラフォー女性の「憧れの女性」的なランキングで、常に上位をキープし続けている芸能人のひとりが、篠原涼子さん。去年末まで放送していた『民衆の敵 世の中、おかしくないですか!?~』(フジテレビ系)では、主演で市議会議員や市長を演じ、新たな境地を切り拓いた感もありました。

「篠原涼子みたいな顔に憧れています!」な40代女性のみなさま、こんにちは。時短美容家の並木まきです。

さて今回は、篠原さんの顔に近づきたくてメイクを真似する女性が、周囲から違和感を抱かれやすいNGポイントをお話していきます。

芸能人のメイクはデイリーメイクで真似たいポイントもたくさんあるけれど、そのまま落とし込んでしまうと違和感を抱かれやすいポイントもあるのです。

 

■■オバサン見えを回避する時短美容!並木さんの人気記事ベスト10はこちら

 

NG1:「THE・篠原涼子」な眉の幅と形

 

篠原さんと言えば、真っ先にあの個性的な眉を思い浮かべる方も多いはず。細眉時代もなかったわけではありませんが、流行に左右されず常に太眉を貫いているイメージも強い女性です。

先日のドラマでは役柄が政治家だったこともあり、控えめながらも意思の強い眉でご出演なさっていましたが、あの眉は篠原さんだからこそ違和感なく仕上がっている眉。40代女性がそのままリアルな生活に落とし込もうとすると、やや色が暗すぎるうえにリアルトレンドと比較してアーチが微妙に異なるため、悪目立ちしやすいデザインです。

 

NG2:小顔だから美しいカラーレス風のベース

 

ここ数年は、ずっとナチュラルメイクが定番になっている篠原さんですが、ベースメイクはどちらかというとカラーレスな仕上がりがお好みな様子です。透明感がありツヤっとした薄づき風の肌は、40代のリアルメイクにも落とし込みやすい反面、実生活ではややメリハリに欠ける仕上がりになりがちなだけに、実はそのまま真似るのは意外と難しい肌感です。

チークも控えめに入れているので、くすみや乾燥が出やすい40代の肌で“篠原流カラーレス”を目指してしまうと、途端にのっぺりとした表情に見えるデメリットが危惧されます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

おすすめ記事

BEAUTYに関する最新記事