コレは出会いを逃す!男性に不評な40代女性の飲み会NGメイクって?

「今年こそ、出会いたい」と婚活への意欲が強くなると、ちょっとした飲み会にも気合いが入る40代女性が多いのではないでしょうか。

職場も出会いの宝庫ではあるけれど、オフィスラブに発展しない出会いばかりだと、やっぱり新たなる出会いを求めたくなるのが婚活女性の心理です。

「今度の飲み会で、必ず出会う!」と、決意を新たにしていらっしゃる40代女性のみなさま、こんにちは。時短美容家の並木まきです。

「出会いたい!」が強くなりすぎると、メイクにも気合いが入りすぎて、かえって男性がドン引き……なんてこともあるので、40代の飲み会は“品格”を忘れずに臨みたいシーンです。

今回は、男性から不評になりやすい40代女性の飲み会NGトレンドメイクをお話します。

 

NG1:「うさぎメイク」だけでない囲み目メイク全般

 

今年に入ってからリアルトレンド旋風が吹き荒れている“囲み目メイク”は、目のまわりをグルリとアイシャドウやアイライナーで囲み、目元にインパクトを出すメイク手法。淡い色のアイシャドウなら、40代でも使えるトレンドテクニックのひとつです。

しかし飲み会での囲み目メイクは「がんばってます!」「気合い入れてます!」を想像する男性が少なくないだけに、出会いたい飲み会ほど、避けたほうが無難なメイクにも。また、レッド系で囲む“うさぎメイク”は、男性から理解されないことも多いので、特にデンジャラスです。

トレンドすぎるメイクは、ときにミーハー的な印象を与えることもあります。品格を出したい日には、王道かつ定番なほうが好感を狙いやすいのです。

 

NG2:ナチュラルを狙いすぎたカラーレスベース

 

ナチュラルメイクを意識し、カラーレスに走りすぎてしまった肌は、男性の目からは意外と不評です。

カラーレス仕上げのつるんとした肌をつくろうと思うと、結構な厚塗りにしないとあの質感は生まれませんが、ちょっと人間らしからぬアンドロイド的な“のっぺり”した印象を与えるだけでなく、飲み会ではアルコールが回ってくると肌がテカりやすいこともあって、ドロドロに崩れた肌が目立ちやすいのです。

会社にいるときには美しく見える肌でも、お酒が入ってメイクが崩れやすくなる事態を想定したベースにしたほうが、飲み会では品格を崩さずにいられます。

 

NG3:友達と丸かぶりなお揃いメイク

 

若い女性が「お揃いメイク!」「ここをリンクさせてる!」と言っている“女友達の仲良しアピール”には微笑ましいものがあるけれど、40代になって「今日は口紅をおソロにしてきたんです!」「アイシャドウもアイラインも同じ色を使ってきました!私たちって、仲良しなんです!」アピールをしてしまうと、幼稚な印象を抱く男性が少なくありません。

40代女性には落ち着いた品格を求める男性も多いので、ミーハー感を出してしまった時点で、どんなにトレンドの素敵なメイクでも安っぽいイメージを与えがち。「お友達とお揃いのメイク:は飲み会慣れしていない女性ほど安心感があるものだけれど、大人の女性としてはやっぱり“個性”を活かすオリジナルメイクのほうが素敵に見えます。

わざわざ口にしなければ気づかない男性も多いので、発言に気をつけておけば、本当は“お揃い”でも気づかれないで済むケースもあるかもです。

 

出会いを求めて参加する飲み会だからこそ、トレンドメイクで気合いを入れたいのが女心。しかしトレンドメイクには、ときとして男性には理解されないものもあります。

飲み会では、“自分らしさ”を活かした40代にふさわしい品格を備えたメイクのほうが、実はモテへの近道だったりもします。ぜひ意識してみてください。

 

【もっと読む】

40代の美容

マイナス5歳見え!

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

その髪で5歳老け見え!40代女性が今すぐやめるべき「シャンプー後の3大NG習慣」

実年齢よりもみずみずしい印象を与える「若見えの美髪」を育みたい40代女性は多いはずです。しかし、どんなに美髪ケアに意識を向けていたとしても、ちょっとしたNG習慣のせ…

40代はゼッタイNG!オバサン顔一直線の口紅の選び方

2017年は様々なブランドから口もとを薄づきに仕上げるアイテムが登場しています。ひと塗りすればまるで唇を染め上げたように唇になじみ落ちにくいティントタイプのものや、…

40代にふさわしいアイラインの引き方とは?3つのNG例と対策方法

アイラインを引くと、目元にシャキッとしたインパクトが出るけれど「40代の目元にふさわしい描きかたができている?」と聞かれれば「イマイチ自信がない」という方も少なく…

あの人痛々しい…!老け見えするリップの「3大おばさんカラー」

口紅は、それひとつでさまざまなルックが楽しめるから、メイクでは重要なカギを握るアイテム。ところが! せっかくのリップメイクなのに、ご自身のイメージと合っていなか…

その老け見え、コレが原因? 40代の「オバ毛穴」を加速する3大NGスキンケア

40歳前後を節目に「なんだか、毛穴が残念なことになっている」を痛感している女性も少なくなくなります。「たるみ毛穴」に、小じわが目立つ「ライン毛穴」など、“毛穴どう…

もともと美人じゃなくても! 「美人見え」させる4つの秘訣【40代からの美容道】

世の中、美人は約2割といわれています。残る7割が普通で、1割がブスなのだとか……。きびしい話ですが、8割のかたは美人ではないということです。美人か否かはもともとの顔立…

40代が「痛々しくならない」マツエクのベストオーダー5原則!【40代の時短美容】

40代女性がマツエク(まつ毛エクステンション)をすると、ときとして“やりすぎ”な雰囲気が醸し出されます。メイクの手間を減らせるから“時短美容”にはなるけれど、年齢不相…

スッピンよりおばさん見えする!?「失敗」メイク3つ【40代の時短美容】

メイクで“キレイ”を引き出すつもりが、“おばさん”な仕上がり!これ、40代女性にとっては「最もショック」と言っても過言ではない事態ですよね。「メイクは時短で済ませたい…

外見は綺麗なのに…「おばさんだよね」と言われる40代女性の3大NGな仕草

外見が美しくても、周りから「おばさんだよね」と言われちゃう残念な40代女性もいらっしゃいます。メイクやファッションに気を使っていても、ちょっとした仕草のせいで「や…

植松晃士 脱オバサン! 素敵な女性でいるために、40代こそ始めてほしいこと

みなさん、こんにちは。植松晃士です。11月、だいぶ冷え込んできていますよね。みなさん、体調は崩していないかしら? OTONA SALONE世代は年齢的にも健康が気になる頃だか…

男がひと目でギョッとする…「ダメな40代おばさん」にありがちな化粧ポーチのダメ中身3選

深い仲になった女性の持ち物は、意外と細かい部分まで、チェックしている男性も少なくない実情にあります。「この子は、もしかして浪費家かもしれない」「持ち物を見る限りでは、いい加減な女性っぽいな」など、持ち…

呆れてモノも言えない…男が心底ゲンナリした40代女性の「非常識メール」3選

今どきは、メールよりもLINEでコンタクトをとる男女が一般的。でも、まだLINEのアカウントを交換していないタイミングでは、メールでのやりとりも一般的。特に、名刺交換だけを済ませている間柄だと、名刺に書かれて…

ゲッ、この女とは付き合いたくない…男が見た40代女性の「ダメなバッグの中身」3選

日々の持ち物には、性格が出やすいと言われます。仕事やデートに持っていくバッグの中身も、男性は見ていないようで、意外とチェックをしていることが。そこで今回は、魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得…

男ウケ最悪!「調子こいてるオバサン」と思われる40代女性のLINE3選

「この女、調子に乗ってるな」と男性たちから思われれば、恋愛にも悪影響。しかし関係が順調に進んでいるときほど、うっかりテンションが上がりすぎて失態をおかしてしまうのも、男女関係にはつきものかもしれません…

お節介オバサンすぎる…男が「余計なお世話」だと思った40代女性の気づかい3例

「良かれ」と思って、彼にしてあげたことでも「余計なお世話」と感じさせてしまう言動は、意外とあります。40代女性ともなると、経済的にも経験値的にも若い頃と比較して余裕があって然るべきですが、女性が彼のため…

「二度と一緒に泊まらない!」男が決意した40代女性のホテルでの振る舞い3つ

本格的な行楽シーズンが到来し、愛しの彼と休日のたびにプチ遠出を楽しんでいる女性も少なくない時期です。秋は紅葉や旬グルメなど、このシーズンならではの“お楽しみ”もたくさん。本格的な遠出をして、ホテルステイ…

シェアドコスメって知ってる?男性と一緒に使って愛を深めて♡

彼や夫とシェアして使えるアイテムがあると、今よりももっと大きな顔(!)をしてデイリーの美容に取り組めると思っていらっしゃる40代女性も、決して少なくないのではないでしょうか。実際、限られたスペースを埋め…

やっぱりデパコスは頼りになる…!40代が「ガチ自腹買い」して大満足だったこの秋の名品3選

プチプラコスメにも名品はたくさんあるけれど、デパコスには、40代女性にとって頼りになる名品が揃っているのも、また事実。個人的には、スキンケアでもメイクアップでも、デパートに進出しているブランドのアイテム…

立つ鳥跡を濁しまくりオバサン…二度と会いたくない「デートの去り際」40代女性の3選

デート終盤の去り方によって、その日1日がいい思い出になることもあれば、微妙な感想で終わる引き金にもなるほど、“去り際”は意外と男の脳裏に残るもの。それはまさに「終わりよければすべてよし」になることもある…

気づけば恋愛対象外…! 「ムダに勝気なオバサン」に見える40代女性のLINE

勝気な女性を「強がっている感じが、かわいい」と口にする男性もゼロではないものの、恋人にするとなると「うーん、ちょっとご遠慮したい」などと言い出すのも珍しくないお話。友人としてなら許せても、自分のパート…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事