コレは出会いを逃す!男性に不評な40代女性の飲み会NGメイクって?

「今年こそ、出会いたい」と婚活への意欲が強くなると、ちょっとした飲み会にも気合いが入る40代女性が多いのではないでしょうか。

職場も出会いの宝庫ではあるけれど、オフィスラブに発展しない出会いばかりだと、やっぱり新たなる出会いを求めたくなるのが婚活女性の心理です。

「今度の飲み会で、必ず出会う!」と、決意を新たにしていらっしゃる40代女性のみなさま、こんにちは。時短美容家の並木まきです。

「出会いたい!」が強くなりすぎると、メイクにも気合いが入りすぎて、かえって男性がドン引き……なんてこともあるので、40代の飲み会は“品格”を忘れずに臨みたいシーンです。

今回は、男性から不評になりやすい40代女性の飲み会NGトレンドメイクをお話します。

 

NG1:「うさぎメイク」だけでない囲み目メイク全般

 

今年に入ってからリアルトレンド旋風が吹き荒れている“囲み目メイク”は、目のまわりをグルリとアイシャドウやアイライナーで囲み、目元にインパクトを出すメイク手法。淡い色のアイシャドウなら、40代でも使えるトレンドテクニックのひとつです。

しかし飲み会での囲み目メイクは「がんばってます!」「気合い入れてます!」を想像する男性が少なくないだけに、出会いたい飲み会ほど、避けたほうが無難なメイクにも。また、レッド系で囲む“うさぎメイク”は、男性から理解されないことも多いので、特にデンジャラスです。

トレンドすぎるメイクは、ときにミーハー的な印象を与えることもあります。品格を出したい日には、王道かつ定番なほうが好感を狙いやすいのです。

 

NG2:ナチュラルを狙いすぎたカラーレスベース

 

ナチュラルメイクを意識し、カラーレスに走りすぎてしまった肌は、男性の目からは意外と不評です。

カラーレス仕上げのつるんとした肌をつくろうと思うと、結構な厚塗りにしないとあの質感は生まれませんが、ちょっと人間らしからぬアンドロイド的な“のっぺり”した印象を与えるだけでなく、飲み会ではアルコールが回ってくると肌がテカりやすいこともあって、ドロドロに崩れた肌が目立ちやすいのです。

会社にいるときには美しく見える肌でも、お酒が入ってメイクが崩れやすくなる事態を想定したベースにしたほうが、飲み会では品格を崩さずにいられます。

 

NG3:友達と丸かぶりなお揃いメイク

 

若い女性が「お揃いメイク!」「ここをリンクさせてる!」と言っている“女友達の仲良しアピール”には微笑ましいものがあるけれど、40代になって「今日は口紅をおソロにしてきたんです!」「アイシャドウもアイラインも同じ色を使ってきました!私たちって、仲良しなんです!」アピールをしてしまうと、幼稚な印象を抱く男性が少なくありません。

40代女性には落ち着いた品格を求める男性も多いので、ミーハー感を出してしまった時点で、どんなにトレンドの素敵なメイクでも安っぽいイメージを与えがち。「お友達とお揃いのメイク:は飲み会慣れしていない女性ほど安心感があるものだけれど、大人の女性としてはやっぱり“個性”を活かすオリジナルメイクのほうが素敵に見えます。

わざわざ口にしなければ気づかない男性も多いので、発言に気をつけておけば、本当は“お揃い”でも気づかれないで済むケースもあるかもです。

 

出会いを求めて参加する飲み会だからこそ、トレンドメイクで気合いを入れたいのが女心。しかしトレンドメイクには、ときとして男性には理解されないものもあります。

飲み会では、“自分らしさ”を活かした40代にふさわしい品格を備えたメイクのほうが、実はモテへの近道だったりもします。ぜひ意識してみてください。

 

【もっと読む】

40代の美容

マイナス5歳見え!

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

40代はゼッタイNG!オバサン顔一直線の口紅の選び方

2017年は様々なブランドから口もとを薄づきに仕上げるアイテムが登場しています。ひと塗りすればまるで唇を染め上げたように唇になじみ落ちにくいティントタイプのものや、…

40代にふさわしいアイラインの引き方とは?3つのNG例と対策方法

アイラインを引くと、目元にシャキッとしたインパクトが出るけれど「40代の目元にふさわしい描きかたができている?」と聞かれれば「イマイチ自信がない」という方も少なく…

もともと美人じゃなくても! 「美人見え」させる4つの秘訣【40代からの美容道】

世の中、美人は約2割といわれています。残る7割が普通で、1割がブスなのだとか……。きびしい話ですが、8割のかたは美人ではないということです。美人か否かはもともとの顔立…

あの人痛々しい…!老け見えするリップの「3大おばさんカラー」

口紅は、それひとつでさまざまなルックが楽しめるから、メイクでは重要なカギを握るアイテム。ところが! せっかくのリップメイクなのに、ご自身のイメージと合っていなか…

40代が「痛々しくならない」マツエクのベストオーダー5原則!【40代の時短美容】

40代女性がマツエク(まつ毛エクステンション)をすると、ときとして“やりすぎ”な雰囲気が醸し出されます。メイクの手間を減らせるから“時短美容”にはなるけれど、年齢不相…

スッピンよりおばさん見えする!?「失敗」メイク3つ【40代の時短美容】

メイクで“キレイ”を引き出すつもりが、“おばさん”な仕上がり!これ、40代女性にとっては「最もショック」と言っても過言ではない事態ですよね。「メイクは時短で済ませたい…

外見は綺麗なのに…「おばさんだよね」と言われる40代女性の3大NGな仕草

外見が美しくても、周りから「おばさんだよね」と言われちゃう残念な40代女性もいらっしゃいます。メイクやファッションに気を使っていても、ちょっとした仕草のせいで「や…

一瞬で華やぎ肌が手に入る「シェーディング」【40代の時短美容】

みなさん、こんにちは。時短美容家の並木まきです。今回から、「40代の時短美容」についてお話していきます。初回にあたる今回は、40代前後になると急激に気になりだす“く…

植松晃士 脱オバサン! 素敵な女性でいるために、40代こそ始めてほしいこと

みなさん、こんにちは。植松晃士です。11月、だいぶ冷え込んできていますよね。みなさん、体調は崩していないかしら? OTONA SALONE世代は年齢的にも健康が気になる頃だか…

【オバサン認定注意】アラフォーがやりがち!NGベースメイク6選

アラフォーは年齢特有の“劣化”が肌にも現れやすいだけに、メイクでしっかりフォローしてみずみずしい印象を狙っていきたいところです。なかでもベースメイクは最も年齢が出…

プラス10歳老け見えも…!? 確実に「うっかりオバ見え」を招くベースコスメ3選

使っているコスメによって「年齢以上のオバ見えを招いていた……!」なんて事態になれば、悔やんでも悔やみきれません。これまでの連載では、「この3色がワナ!40代の“うっかりオバ見え”ナチュラルチーク」「これがワ…

まさか使ってないですよね…?「うっかりオバ見え」を招く眉メイクアイテム4選

「うっかりオバ見え!」の原因が、デイリー使いのコスメにあるとしたら、だいぶショックです。これまでの連載では、「この3色がワナ!40代の“うっかりオバ見え”ナチュラルチーク」「これがワナ!“うっかりオバ見え”…

誤解なのに…「僕のほかにもパートナーがいそう」と思われる40代女性のLINE

誤解であっても事実であっても「この女性は、ひょっとして二股をかけようとしているのではなかろうか」と一度男性に思わせてしまえば、その後、あまりいい展開は望めなくなります。他方、真剣にパートナーを探してい…

「残念な眉メイク」になってない?40代にありがちな3大NGはコレ

「あの人、眉を描くのが下手すぎる」なんて思われていたら「だいぶショック」です。昨今はまだまだナチュラルメイクがトレンドですが、眉は顔の印象を大きく左右するパーツだけに、ちょっと失敗しているだけで「残念…

騙されたと思ってやってみて!40代の「マスカラ下手」が治るちょいコツ3つ

「マスカラを使うと、どうしてもダマになってしまって」や「マスカラの“ちょうどいいボリューム”が、わかりません」などの理由から、40代になってから“マスカラ離れ”をしてしまう女性も少なくありません。他方、若い…

口まわりのニキビ、40代はどうカバーする?「オバ見え回避」のコンシーラー術

口のまわりにブツブツが出てしまって、ファンデーションを塗ってもなかなかの主張をしている……。こんなシチュエーション、40代女性ならお心当たりがある方も、少なくないのではないでしょうか。かくいう私も、この原…

スッピンを諦めない! 「ノーファンデなのに美肌」を目指す40代の4つのマスト

ナチュラルメイクが流行を超えて定番となっている昨今だけに、40代のメイクでも“厚塗り感”や“白浮き感”のあるベースメイクは、ご法度とされがち。しかし、年代的に“スッピン”には自信がなくなってくる女性も少なくあ…

チーク下手な40代は必見! 誰でも「オバサンくさくならない」チークメイク3つのコツ

濃すぎても薄すぎても、“オバサンっぽさ”に繋がりやすいパーツメイクと言えば、真っ先に「チーク」が挙げられます。と同時に「私って、本当にチーク使いがヘタだわ……」と頭を抱えている40代も意外と多く「チークを使…

「この女、育ちが悪い…」一発ジャッジに繋がる40代女性のデンジャラスなLINE

40代にもなって身近な人から「育ちの悪い女だなぁ……」なんて思われるのは「とても不名誉」だと感じる女性は多いのではないでしょうか。しかし男性たちは、恋のお相手を探しているときほど「この子は、どんな背景があ…

アイライン下手すぎ…? 脱「ケバすぎオバサン」、ナチュラルに描く3つのコツ

「アイラインを描くと、どうもケバくなってしまう……」と頭を悩ませている40代女性って、意外と少なくありません。しかし若い頃と比べれば、自分比で目元の印象が弱くなってくる年代でもあるだけに、アイラインをデイ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

BEAUTYに関する最新記事