50歳ぺたんこ髪のハリ・コシが復活!はちみつの秘密とは…

50歳のラインを超えると、途端に「毛」そのものが弱く細くなってくる、ということを実体験している今日この頃です。前回ご紹介した時のまつ毛もそうですし、体毛すらも弱弱しくなるし。でも、やっぱり他人の目にも明らかになるのは髪の毛。うす毛、白髪といった最大の難関を迎えますよね……。

 

【取材で巡りあった今ときめいているコスメby中尾慧里#3】

私は抜け毛が多すぎる!盛るのにも限界が!

幸い白髪はほぼないんです。きっと遺伝が大きいのでしょうが、それよりも抜け毛。そもそもネコッ毛で細くてボリュームのない髪だったのが、産後の抜け毛で驚くほど抜け、その後回復してないんじゃない?っていうくらいのうすさに。40歳過ぎての出産だったからよっぽど体力を使ったのか、すべてがなかなか元に戻らなくて(体重は戻りましたけどね…)髪はどうあがいてもぺったんこ。すっかり老化した感じでした。

ヘアスタイルは、見た目のエイジングをすごく左右します。肌はメイクでごまかせるし、ボディのたるみなんかもファッションでなんとかカバーできる。が、髪の毛はそれこそウィッグとかつけ毛に頼らない限り、盛るのに限界があります。

お仕事がら、たくさんのヘアアイテムをいただき、さんざん試してそれなりに回復していたところ、お友達の紹介で出会ったのが「MY HONEY REMEDY(マイハニーレメディー)」の「ハニーケア シャンプー・トリートメント」。最初は「はちみつか。最近多いし、ありがちなコンセプトだな」と興味が薄かったんですが、サンプルをもらって試してみたら、1回でまるでサロン帰りのようなふっくら髪になったんです!

 

天然・非加熱の生はちみつを20%以上配合したとろ~り濃厚なシャンプー

左から、MY HONEY REMEDY(マイハニーレメディー)  ハニーケア シャンプー 250ml  4,200円、同トリートメント 190g 4,200円(ともに税抜)/MY HONEY

 

https://myhoneyremedy.com/

何がほかのはちみつ配合シャンプーと違うの???と疑問に思って尋ねたところ、特殊製法により、世界で初めて、天然・非加熱の生はちみつを20%以上も配合できているのだそう。だから、はみみつ本来が持っている生きた酵素やビタミン類といったたっぷりの栄養はもちろん、洗浄作用や殺菌作用、保湿&保護作用といったメリットが、化学成分を多用することなく存分に発揮されるのだそうです。

 

しかも、鉱物油も合成着色料もシリコンもフリー。通常シャンプーの9割が精製水で作られているところ、ミネラル豊富な海洋深層水を使うといったこだわりよう。まるで食べる蜂蜜を思わせるとろみのある淡いイエローのシャンプーは、香りもほんのり蜂蜜で、ふわふわで濃厚な泡立ちも特徴です。地肌から髪までまるごと洗え、はちみつの効果で手が荒れることもなく、しっとりした仕上がりに。ケラチンやコラーゲン、シルクといった成分の働きで、傷んだ髪も補修してくれます。

 

なにより、私のぺたんこ髪が根元から立ち上がるようにふんわりしたことに感動。さらさらとしながらも、適度なボリュームが出てまとまりのある髪に仕上がるんです。1回目は、「翌朝の寝ぐせがなくてまとまってるな」くらいの印象だったのが、続けるうちにふんわりしてきて、髪1本1本にしっかりとしたコシが出てきたのかツヤもいいし、スタイリングしやすい!

 

蜂蜜のことなら任せとけ!の会社が作る、手肌にもやさしいヘアアイテム

そもそも「MY HONEY」という会社、ご存知の方も多いかも。というのも、女優さんやモデルさんなどの間で話題となった「ナッツの蜂蜜漬け」を作っている会社なんです。こちらはほかにも天然蜂蜜と有機ココアパウダーでのみ作った「THE SPOON」という100%無添加食品チョコレートも大人気。つまり、蜂蜜&ナチュラルに関して、徹底した研究と愛情を注いでいます。その中から誕生したのが「ハニーケア シャンプー・トリートメント」というわけ。

 

ママにも嬉しいのは、子供と一緒に使えること。天然素材を使っているから安心だし、手肌にもマイルド。すすぎもさっと素早く、次の日も髪がまとまっているからスタイリングもラクです(笑)。いわゆる時短ですね。ほのかな甘い香りにも癒されるから髪を洗う時間も楽しいし、香りは子供にも好評です。

 

クセッ毛や広がりやすい髪の毛で悩んでいるママ友にもおすすめしてみたら、さっそくリピート買いする人が続出。私とは違う髪質ながら、まとまりやすい! 広がらない!と、その仕上がりを気に入った様子でした。はちみつ効果が地肌にも働くことで健康な土台ができあがり、次に生まれてくる髪の毛もいきいきとしてきて、いい循環になるんでしょうね~。これで「白髪が生えなくなった!」という結果が出るとものすごいことだと思いますが、それは夢かもしれないとしても、使い続けることでもしかしたら?という期待を生んでくれるような髪にしてくれます。

 

髪は女の命。肌や体型のようにごまかせないからこそ、毎日コツコツと、エイジングに負けない髪を育んでいきたいと切に願っている中尾でした。

 

スポンサーリンク

ひと手間で「オバ髪」解消! 40代のヘアアレンジ4選

40歳を過ぎると、肌の衰えだけでなく、髪の老化も一気に加速。その影響なのか、これまで通りのヘアスタイルに違和感を感じてきた……。そんな感覚に陥ったアラフォー女性、多…

1つ結びもサマになる!「ぎりぎり結べるボブ」がいま40代に人気

年齢を重ねるとトレンドのヘアスタイルよりも扱いやすさを重視する傾向に。髪悩みも増えてきますから、当然といえば当然ですよね。「扱いやすさ」には乾かしやすい、スタイ…

一つ結びをおしゃれアレンジにする秘訣って?

シンプルな一つ結びは無難ですが、ただ結ぶだけでは“疲れたおばさん”になりがちという落とし穴が。そこで、手間をかけずにできるおしゃれなひとつ結びの方法をご紹介します…

その髪で5歳老け見え!40代女性が今すぐやめるべき「シャンプー後の3大NG習慣」

実年齢よりもみずみずしい印象を与える「若見えの美髪」を育みたい40代女性は多いはずです。しかし、どんなに美髪ケアに意識を向けていたとしても、ちょっとしたNG習慣のせ…

ゴムだけ簡単ヘアアレンジ。苦手な人にも試してほしい3種類

本格的なヘアアレンジにピンが必要なのは分かってる、けど持ってない……。そんな女性、実は意外と多いと思うんですよね。私も髪をのばしていた時期がありましたが、ゴムは数…

植松晃士「やってはいけない! 大人の女の前髪のハナシ」

みなさん、こんにちは。植松晃士です。一月は行く、二月は逃げる、三月は去るというように、あっという間に新年気分も吹き飛びますね~。今年の目標、決めましたか?さて。…

40代、50代に「前髪」は必要!白髪も薄毛もカバーできる【前髪×ボブ】

なぜか、頭頂部や顔周りに集中して生えてくる白髪。鏡を見ると、分け目からピョンピョン元気に飛び出して気になります。もちろん毛穴が傷つくので抜くのはNG。染めるといっ…

40代の伸ばしかけ肩上ボブもOK!簡単ヘアアレンジ3選

40代女性の間では、ミディアムと同様にボブヘアも人気。手入れが楽で、髪のダメージも抑えられ、しかも女性らしい雰囲気も出せるといいことばかり。「でも、アレンジできな…

明日からできる!「オバサンひとつ結び」を回避するお手軽3テク

ここ数年、アレンジヘアがブームですが、ゆるふわな無造作ヘアは40代になると挑戦しにくくなりますよね。何かと忙しく、鏡をゆっくり見られない朝は手っ取り早くゴムでひと…

脱オバさん! 結局40代女性に一番似合う最強ヘアって?【特集オトナの髪悩み】

オトナサローネで「脱オバさん」ファッション連載を担当する私は、実は元美容師です。ファッション誌でライターを始めるまでは、実家が美容師だったこともあり、美容師の国…

日焼け止めのオススメは何?美容ライターが今年リアルにお気に入りのUV3選

長いゴールデンウィークのあと、五月病にすらなれないほどバタついておりますが、みなさんはいかがお過ごしでしょうか。今回は、日焼け止めについて超個人的なセレクトをお送りしたいと思います。もしかして、日差し…

40代はスキンケア断捨離がマスト!じょうずな捨て方のコツと、最後に残るものは…?

新元号が「令和」と決まり、字体そのものはクールな感じだけど、昭和の響きに似ていてちょっと安心感を感じている中尾です。さて。新学期がスタートしました。新たな場所で学ぶ人、働く人が多いことでしょう。私も今…

このコスメが2019年の美を作る!気になるコスメトレンドランキング

こんにちは、美容ライターの中尾です。今年もよろしくお願いします。さて、平成最後の年と言われてますが、同世代の皇太子が天皇になられる、という事実に感動してます。あんなに小さかったのに~。同じだけ年を取っ…

美容ライター中尾さんの「超個人的ベスト」は?【オトナサローネ2018ベストコスメ】

2018年もあと少しですね。流行りぽく言えば、平成最後の12月、ということですね。各誌、各WEBでベストコスメを特集されていますが、こちらでも勝手に個人的なベストコスメを発表させていただきたいと思います。【オ…

【美容ライターが提言】40代50代の「たるみ毛穴」をキュッと締め上げる!化粧水・美容液・クリームはコレだった

抗老化生活を模索している中尾慧里です。今回のテーマは「たるみケア」とのことなんですが、50歳を過ぎると、すべてにおいて重力には逆らえない状態。いろいろなことを試している最中なので、何を話していいやら?と…

爽快!50代「枯れかけボディ」のめぐりを促す美容鍼で背中のハミ肉撃退

猛暑の中、老体に鞭打って仕事をこなすライター・中尾慧里です。最近は肌表面のトラブルだけではなく、健康面でもいろいろと心配ごとが増えてきました。50歳を越えてくると、シミだの吹き出物だの言ってる場合ではな…

突然ポツンと吹き出物が。美容のプロが愛用のオススメ2品とは…?

ごぶさたしております。ライター中尾慧里です。気になっていた、老け感を増幅させるシミがなくなって、日々快適に過ごしております(前回記事でもご報告しましたが、クリニックでレーザーを…)。シミがない素肌って…

流行りの「太眉」、40代・50代はついゴン太眉になりがちだけど…

ごぶさたしております。ライター中尾慧里です。3月はクリニックでの「シミとり大作戦」を決行しておりまして、ついついこちらのブログから離れておりました。その大作戦のことは、シミのビフォー&アフター写真と共…

以前より「シワが深い、シミが濃い!」と思うこと、ありませんか?

ある日ふと、鏡を見ていて「シワが深くなってる!」「シミが濃くなってる!」とか、写真を撮ったとき「横顔がたるんでる!」といったことに気づくことはありませんか?深くなる肌悩み、あなただけではありません!40…

[PR]

「20年ぶりのマツエク」で申し訳なさそうに言われたこととは…

もう20年ほど前にまつエクが流行り出した頃、お仕事のおつきあいもあってさっそく最先端のまつエクをやっていました。その前はまつ毛パーマにハマっていたので、やはり20~30代はぱっちりとした印象的な目を演出した…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

BEAUTYに関する最新記事