男が二度と誘いたくない!「40代女性のドタキャン」3大NGって?

男性とデートの約束をしていても、社会的な立場ある40代女性ともなれば、急な仕事やトラブルで“ドタキャン”せざるをえないときだってあります。

そして、そんなドタキャンの申し出をするシーンでは、スグにリスケ日程が決まる女性と「じゃあまた」と言われながら、二度とその「また」が訪れない女性がいらっしゃいます。

ドタキャンの申し出は、相手がそのデートを楽しみにしていたであろうときほど、男性に配慮した断りかたをしたいシーン。

そこで今回は、男性が「二度と誘いたくない」と思いやすい、40代女性のドタキャンにまつわる特徴に迫ります。

 

1:「仕事だから当然」と言っているかのような態度

社会人であれば、誰しもそれぞれに忙しいものですが、ドタキャンの理由が仕事にある場合に「私は管理職だから仕方ないでしょ。男性ならそのくらい、わかるでしょ?」と受け取れるような態度でドタキャンしてしまうと、断られた側の男性としては苛立ちを抱くと同時に「こんな女性とは、二度とデートの約束をしたくないな」と思いがちです。

「私は立場があるから忙しい」が本当だったとしても、それを態度に出された時点で「俺だって忙しいのに」「多忙な合間をぬって調整していたのに」などの反発心を抱くのも、多くの男性の心理です。

 

2:友達を優先しているように聞こえる断りかた

40代ともなれば長年付き合っている友人、いわゆる「親友」と呼ぶ間柄の友達が、何人もいて不思議ではありません。

そして、何か事情があれば、最近出会った男性よりも長年にわたって友情を温めてきた“親友”を大事に思ってしまうのは、いたしかたのないところ。

しかしそんな本音をドタキャン連絡でさらしてしまうと、男性としてはムッとすると同時に、自分がないがしろにされたような気持ちになり、次のデートに誘う気力も失いやすい傾向にあります。

「今日は、急に友達と会うことになっちゃって。なかなか会えない子なので、デートはまたにしてもらえる?」なんて言ってしまった瞬間、男性の内心では「俺より大事な友達がいるなら、そっちと仲良くしていけば!」という心境になりやすく、次のデートに誘う気力も失せてしまうのです。

 

3:深刻すぎる口調での「体調不良」によるお断り

デートのドタキャンをする理由には“体調不良”も一般的ですが、40代女性が体調を理由にお断りを入れる際には、深刻すぎる口ぶりは避けたほうが無難なこともあります。

まだそこまで深い仲になっていないときに、やたら深刻な口ぶりで「体調が悪い」を伝えられてしまうと「40代」という年齢のせいで「なにか大きな病気を抱えているのか!?」などと、無用な推測も働きがちに。

ちょっとした風邪でドタキャンをしているだけでも「ずっと熱が下がらず、体もだるいのが続いていて、足腰も背中も痛いし、なんだか胃の調子も悪くて……」などと病状を事細かに伝えてしまうと、なかなか次に誘いにくくなるのも男性心理なのです。

細かく病状を伝えるより「昨日から熱が出ちゃって、風邪かも。ごめんなさい!」くらい、簡単な理由は告げつつもライトにお断りしたほうが「じゃあ、熱が下がったら会おう!」と、そのままリスケに繋がりやすい傾向があります。

 

やむをえない事情でドタキャンをしなくてはならないとしても、“次”に繋がらない断りかたをしてしまうと、せっかくの恋のチャンスも逃してしまいがちです。

ドタキャンは本来避けるべきなのは言うまでもありませんが、やむをえずしなくてはならないシチュエーションでは、“次”に繋がりやすい断りかたを心がけたほうが、チャンスを逃さずに済みます。言ってみれば、ドタキャン美人になることも、恋愛上手になる近道のひとつです。

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

【みんなが言わない秘密の話】40代女性が本当に男性と出会える場所は◯◯だった!

何年も彼氏がいない友人からよく聞くのが、「気づけば40代で、いまだ独身。どこで男性と知り合えばいいの!?」という話。確かに周りには既婚が増えてきて、自然な出会いが…

【男の本音】40代女性はあなたの恋愛・結婚の対象になりますか?

別に悪いことをしてきたわけでもないのに、ただ年齢を重ねたというだけで男性に対してどこか引け目を感じてしまう、そんな瞬間はありませんか?40代になるとだんだんと若々…

【男性心理】浮気に走る本当の理由は◯◯だった!?浮気しやすいタイプも解説

働き盛りの30~40代の男性たち。仕事にも余裕が出てきて、浮気をする時間もお金も持っているので、さまざまな女性と交流するチャンスもゴロゴロ。前回の浮気されやすい女性…

僕たち、独女のコレに弱いです!男性が思わず「ドキドキする瞬間」3つ

思いもしなかった瞬間に欲に襲われることって、ありますよね。40代独女のどんな姿にムラムラする? と男性に尋ねてみたところ、ズバリ「無防備な姿」にやられる、という声…

【男性心理】40代バツイチ男を落とすコツと、選ばれる女になる理由とは?

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返る連載第2…

いちばん「冷たい男」が多い血液型って…? ダントツでアノ型でした!

交際している恋人に対し「こんなに冷たい人だったなんて……」と、愕然とした経験はありますか?お付き合いに至る前には優しい男性でも、“自分のもの(!)”になった途端に、…

優しい男性がいちばん多い血液型って?なんとアノ血液型でした!

「お付き合いするなら優しい男性がいい!」「結婚するなら、妻に優しい男じゃないと」と思っている女性のみなさん。優しい男性は、どんな血液型に多いと思いますか?今回も…

【男性心理】40代バツイチ男と結婚するために大切なこと

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返ります。

【男の本音】美人じゃないのに「なぜかモテる女」8つの特徴

あなたの周りにも、美人でもスタイルが良くもないのに、なぜか男性からモテたり、彼氏が途切れないタイプの女性はいませんか? かたや、美人で仕事もできてスタイルバツグ…

【男の本音】こんな40代独身女性になってない?男性ががっかりする原因3つ

現在恋人のいる40代独女の皆さま、楽しいお付き合いをしていますか? いくつになっても男性の目は厳しいもの、気を抜いていると「もうやーめた!」と恋心を放棄されてしま…

失礼ながら、幸薄そう…! 男が「貧相な顔」認定する40代女性のメイク癖3例

自分では、きちんと身なりを整えているつもりでも、男性目線だと「幸薄そう」「貧相」などの不名誉なジャッジをくだされていることもあります。では、男性たちが、そんなネガティブな評価をくだしがちな顔の特徴とは…

いい雰囲気だったけど…男が一瞬で「付き合うのは遠慮しておこう」と感じた40代独女のニオイって?

意中の男性と、いい雰囲気になっていたのに、理由もわからずに距離を置かれてしまった……という話は、そう珍しくもありません。とは言っても、気に入っている相手から避けられているのは、いくつになっても女性にとっ…

もしや腹黒…? 男が一瞬で警戒した「40代独女の不用意なひと言」3パターン

男女の出会いでは、不用意に発した言葉ひとつで「この人の本性は、きっとこんな感じなんだろう……」を邪推されるリスクもあります。本人にはそこまでの悪意がなくとも、それを聞いた男性が「もしかして、この女性は“…

オフィスで印象最悪…「いかにもオバサン」な40代女性のお仕事姿3選

社内恋愛を狙っていてもそうではなくとも、オフィスでの印象は、上げておくに越したことはないもの。そして、デスクでのちょっとした振る舞いは、思っている以上に男性たちの目に留まっているのも傾向のようです。魑…

頼もしい…! 男が「この人を大事にしなくちゃ」と40代彼女に感じた瞬間3パターン

ご縁あって交際に発展しても、おつきあいを重ねていく過程で「この子を大事にしなくちゃ」と、より愛おしさが増すこともあれば、その逆もあるのが男性心理。では、いわゆる“本命”として付き合っている相手のふとした…

スニーカーもパンプスも…!? 男が一発で「ナシ」認定した40代女性の足もと3パターン

先日、こちらの記事『踵パカパカよりヤバいのは…? ダメな40代女性ほど履きがちな「パンプス」ワースト3とその対策』にて、ダメな40代のレッテルを貼られかねないデンジャラスなパンプスの特徴をご紹介しました。足も…

「この人はキープでいいや」と男に思われる…?アウトな40代女性の言動って

40代の恋愛でも「キープ」や「セカンド」の話は皆無ではなく、むしろ「いい具合に年齢を重ねているし、物分かりがよさそうだ」などの男側の勝手な誤解によって、真剣恋愛の対象から外されてしまっている女性もいます…

男から「育ちが悪そうに見える40代女性」のメイク直しにまつわる振る舞い3選

実際の育ちがどうであれ「育ちが悪そうに見える女」を嫌う男が多いのも、実情です。デート中のちょっとした振る舞いによって「ひょっとすると、育ちが悪いタイプだな」などとジャッジをうけてしまえば、関係の行方に…

その顔、どうしちゃったの…!? 男が引いた「40代女性の気合メイク」3パターン

「その顔、どうしちゃったの!?」なんて思われるのは、相手が誰であれ、避けたいのが私たちのホンネ。しかし気合いを入れたメイクや、「今日だけは失敗したくない!」と思う日に限って、ふだんより“力んだメイク”にな…

踵パカパカよりヤバいのは…? ダメな40代女性ほど履きがちな「パンプス」ワースト3とその対策

周囲からの好感度が高く、“デキる”イメージの女性ほど、“足もと”にも気を配っていると言われます。実際、ワーコルが2月10日の「パンプスの日」にちなんで実施した『働く女性の靴(パンプス)に関する意識調査』によ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

LOVEに関する最新記事