放送禁止ギリギリの下世話ワードが爽快な女4人の友情『ラブラブエイリアン2』

「女の友情は儚い」と聞くけれど、そんなことを望んだ女性はどれだけいるのだろうか。1日は24時間しかないのに、そのうち日々8時間を仕事に占拠されている。残りわずかな余暇は好きな男性にだって会いたい。ついでに睡眠時間は確実にキープしたい。そうなると単純に友情に費やす時間が足りないだけのことで、友情を無下にするつもりなんて毛頭ないのだ。できることなら友達にも会っていろいろ話したいのに。

そんな働くアラフォーの心情を突くようなドラマ『ラブラブエイリアン2』(フジテレビ系・毎週月曜・24:55〜)が放送中。どこがどんな風に視聴者を揺さぶってくるのか? そのポイントを探っていこうではないか。

フジテレビ『ラブラブエイリアン2』公式ホームページより

女の口の悪さも本音も上等! の気持ち良さ

あらすじ:石橋園美(新木優子)と松永ミコト(野崎萌香)が暮らす一軒家に、再び現れた宇宙人の2体。人形のように小さな体で次から次へと不思議な力を使って、園美たちのトラブルを解消してくれる。口癖は「NASAには言わないで」。一軒家にたびたび訪れる友人・サツキ(太田莉菜)とチズル(久松郁実)の相談にものる宇宙人。さて今日は4人からどんなお願いが飛び出すのやら?

男と女、友情、仕事……そんな内容をドラマ化した作品はゴールデンタイムに数多く放送されている。『ラブラブエイリアン2』も扱っているテーマは前出とさほど変わらない。じゃあ何が違うのか? といえば放送禁止ギリギリに近いセリフがポンポン飛び交うことである。

第一話では専業主婦を強要する彼氏から逃げるため、ミコトが園美たちの元に逃げてくる。仕事を続けたい、専業主婦なんてまっぴらごめん。ブチ切れたミコトは彼氏を強烈に罵倒する。

 

「こいつ、女を(セックスするための)穴と(子供を生むための)袋としか思ってないんスよ!」

 

ゴールデンタイムに放送したら速攻で各所から苦情の電話がかかってきそうである。さらにこのセリフを面白くさせるのは4人の言葉使いの荒さだ。酒をどうしてもやめられないサツキは

 

「検事っていう仕事を今まで培ってきた学歴や知識、スキルでやってると思ってんでしょう? ……そんなわけねえだろ、全て酒で乗り切ってんだよ!

 

と、理解不能の自己主張を展開。もう可愛いの域に突入している。ちなみに私がシリーズ1で印象に残ったのは宇田川由日子(森絵梨佳)が放った

 

てめえらのレベルで簡単に女が抱けると思うなよ! 優しくて生活力のある男しか、タダで女とやれないシステムになってんだよ、この日本は!!

 

このセリフ。聞いた瞬間、軽く興奮しました。こういうゴールデンタイムには絶対ランクアップできないような下世話さがこの作品のツボなのだ。

 

愛情、友情、欲情。この三つ巴が揃った深夜の爽快コメディドラマ

 

ドラマだからこそ、の話だけど4人はものすごく仲がいい。宇宙人や園美が住むシェアハウスにしょっちゅう集合している。みなさんも学生の頃を思い出して欲しい。お金はなかったけれど時間だけはあって、意味なく集まって、遊んで……そんなゆるい時間。時にはケンカもするけれど、すぐに仲直り。毎日一緒にいるのに飽きもせず続くくだらない会話。

大人になるとなかなかキープするのが難しくなってくるそんな贅沢な時間がこの作品には詰まっているのだろうな、と思う。

世間では「男は一生、中二病」だとよく言われていて、そのひと言ですべて許されると思っている風潮は否めない。ならば「女だって一生、高二病」と主張してもいいじゃないか。そういう大人の女の主張が詰まったドラマこそ『ラブラブエイリアン2』なのだ。

シリーズ2を迎えて4人のキャラクターが一斉に力強くなっている。そして反するように主役クラスの宇宙人の存在が薄くなっているのは否めないけれど、また来週月曜深夜が楽しみでならない。そして(録画を)見終わったら女友達に電話しよう。あいつ、どうしているかな。

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

フィギュア宇野昌磨「ド天然語録」振り返り!尊すぎて全地球が救われる

けして暗い話なわけではありませんが、独身女性が思いを馳せるかのように気に留めてしまうもののひとつに”母性”があるのではないでしょうか。街中を歩いてると無邪気に笑う…

東京でひとり映画に行くなら? おひとりさまオススメ映画館ガイド

OTONA SALONE大人気記事、どこまで一人で行ける? 女の「おひとりさまレベル」を10段階にしてみたでは「おひとりさまレベル3」。意外とおひとりさま初心者でも…

40代のゲイが「高橋一生ブーム」を考察!だって妙に色っぽいんだもの

大ヒットドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』の後番組として、今年1月から放送開始。視聴率自体はそれほど伸びていないものの、セリフやストーリー展開の面白さ、伏線回収の…

40代独女が、中谷美紀と篠原涼子のアラフォー独女ドラマを考察してみた 

アラフォー独女が主人公のドラマ『私結婚できないんじゃなくて、しないんです』(TBS系・金曜22時~)が、実際のアラフォー独女から注目されています。結婚しようと思えば…

40代にしかわからない!カラオケでなぜか踊ってしまう曲 10選

年齢によるジェネレーションギャップを感じやすいもののひとつに、カラオケがあります。会社の後輩や部下などと一緒にカラオケへ行くと「その曲、誰のですか?」などと言わ…

40代のモテないゲイが『逃げ恥』をみて思った恋愛のこと byエスムラルダ

昨年秋から冬にかけて放送され、話題となった、ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(以下、『逃げ恥』)。みなさんはご覧になっていたかしら?アタシ自身は、最初のうちは食…

少女漫画『キャンディ・キャンディ』の男性キャラ、誰が好きだった?

多くの40代女性が幼少のころにハマった少女漫画といえば『キャンディ・キャンディ』があげられます。主人公は孤児院で暮らす明るく元気な少女・キャンディ。彼女を取り巻く…

NHK有働由美子アナ「あさイチ」卒業へ。48歳の独身女性が出す結論とは?

OTONA SALONEの読者のみなさま、初めまして。ライターのスナイパー小林と申します。各所でエンタメに関するコラムを書かせてもらっているのですが、今回からこちらで『ライ…

中年男子が可愛い!「おっさんずラブ」が世に残した功績が大きすぎる

ドラマ『おっさんずラブ』(テレビ朝日系・毎週土曜11時15分〜)が熱い。深夜放送なのに毎週放送後にネットが騒つくほど人気を見せています。ただドラマが男同士の恋愛を取…

嵐・櫻井翔主演ドラマ『君に捧げるエンブレム』感動の原案とは?

年末年始はテレビをなんとなく見て過ごす予定という人も多いのでは?「ながら見」もいいけれど、是非おすすめしたいドラマがあります。それが2017年1月3日(火)夜9時から…

春ドラマ「あないえ」「花晴れ」「朝ドラ」から見る3人のヤバイ女

最近、ぼんやり考えていることがあります。結局のところ、一般的に女性から嫌われるような女性こそが幸せを掴むのではないかと。好きな男性を落とすためならなりふり構わず、猪突猛進。端から見ているとみっともない…

金22「あなたには帰る家がある」が不倫・離婚・ダメ人間だらけすぎて見どころ満載!

青春胸キュンもの、復讐劇、おっさんの恋愛となかなか楽しい春ドラマも終盤へ。中でも『OTONA SALONE』編集長がお気に入りということで今回書くのは『あなたには帰る家がある』(TBS系・毎週金曜22時放送)について…

ジャニーズの新王子たち、King&Princeが私たちをシンデレラにしてくれる

「♪キミはシンデレラガール my precious one」ここ最近、テレビやラジオからよく流れてくる『King&Prince』のデビュー曲『シンデレラガール』。ジャニーズの新生6人グループで、都内中にもアドトラックが疾走中、…

40代独女が鬼モテする地方一人飲みの法則まとめ【保存版】

たまたま取材で長期間を地方で過ごすことになった私。東京で過ごす普段通りに一人で飲みに出かけたら、アラフォーらしからぬとんでもないモテ方をして天国を見た……というお話。ここまで第一回、第二回、第三回、第四…

中年男子が可愛い!「おっさんずラブ」が世に残した功績が大きすぎる

ドラマ『おっさんずラブ』(テレビ朝日系・毎週土曜11時15分〜)が熱い。深夜放送なのに毎週放送後にネットが騒つくほど人気を見せています。ただドラマが男同士の恋愛を取り上げたというだけで盛り上がっているわけ…

40女がひとり飲みするならカウンターのこの人が重要!

女もいい年齢になると一人でお茶を飲む、ランチをするのは当たり前。「え、私、ひとりでなんて飲食店に入れないから!」なんていうのが通用するのは20代までだと思います。だいたい仕事も恋愛も友情も忙しくなるわけ…

40代独女は今すぐ移動して。「天国のようにモテる」意外なこの場所

週末ごとに東京都内で、同じメンツで飲んでいた私。恋愛アドバイザーやら結婚コンサルタントやらに言ったら、3秒でぶった斬られそうな独身生活を送っていた私……! そんなところにたまたま長期で、地方へ取材に出か…

独身40代オンナのモテ天国はここにアリ?私が巡り合った新聖地とは

以前「たまたま地方取材中にひとりで飲んだら、東京とは比べものにならないほどモテた。結婚したい女性は地方で遊んだほうが絶対に効率がいい」という個人的なネタを書きました。これがまさかまさかの大好評と編集部…

プレイバック花男。私たちのアオハルがよみがえる「花のち晴れ」

アラフォー世代が必要以上に気合を入れなければいけないことのひとつに”恋愛”があると思います。ほんの10年前まで、ちょっと酒が入ればすぐに誰かのことが好きになれたあの感覚は一体どこに消え去ってしまったのでし…

菜々緒のドSっぷりと美脚を拝見「人事の悪魔・椿眞子」

春ドラマが開幕。年に4回訪れるドラマスタートの時期は忙しくもあり、楽しくもありです。最近はドラマ黄金期と言われた90年代のドラマがフィーチャーされているケースがとても多いと思う。書籍での90年代ドラマ分析…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

CULTUREに関する最新記事